映画「やくざと抗争 実録安藤組」


安藤昇                        藤浩子

今回は佐藤純彌監督1973年製作「やくざと抗争 実録安藤組」をピックアップする。
前作「やくざと抗争」が予期せぬヒットを記録し、岡田茂東映社長が続編の製作を命じ「やくざと抗争 実録安藤組」というタイトルを付けた。安藤昇氏の原作・主演の第二弾であるが、「安藤組」が結成されるまでの自伝映画は、本作が初めてで、いわゆる“実録安藤組”シリーズの第一作であった。以降、東映は”実録”作品を量産することになる。


安藤昇、佐藤蛾次郎、安岡力也           室田日出男、内田朝雄

【ストリー】
昭和24年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭(安藤昇)をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健(山本麟一)、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗(藤浩子)と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島(丹波哲郎)の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉(佐藤蛾次郎)がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場(諸角啓二郎)を殺し、縄張りを手中に収めた。そんな矢頭に関東桜会の榊原(内田朝雄)と大幹部・蓮見(渡辺文雄)が接近してきた。榊原は渋谷に進出するために、実子の勇吉(郷鍈治)を矢頭の兄弟分にしようと企だてたのである。それと知った矢頭は、地元の十文字一家と関東桜会を鉢合せさせようと画策する。まず、勇吉を痛めつけ、その身柄を十文字一家へ持ち込んだ。そして一方では関東桜会へ通報したのである。やがて矢頭にたぶらかされた大文字一家は関東桜会へ殴り込みをかけ、全滅してしまった。やがて、児島が現われ、矢頭に桜会との手打ちの話を持ってきた。その条件とは渋谷の縄張りを矢頭たちが仕切るというのである。ここに渋谷矢頭「安藤組」が結成されたのであった。


丹波哲郎                    安岡力也、江守徹、小林稔侍

題名:やくざと抗争 実録安藤組
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇
脚本:石松愛弘
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:石井正男
装飾:住吉久食蔵
美容:花沢久子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:日暮雅信 主題歌:安藤昇「血と命」「明日はない」
現像:東映化学
進行主任:入葉一男
助監督:深町秀煕
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、藤浩子、丹波哲郎、佐藤蛾次郎、郷鍈治、安岡力也、深江章喜、内田朝雄、江守徹、山本麟一、諸角啓二郎、渡辺文雄、松井康子、今井健二、室田日出男、小林稔侍、八名信夫、小林千枝、相馬剛三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
やくざと抗争 実録安藤組 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やくざと抗争 実録安藤組

映画「バージンブルース」


秋吉久美子                      清水里絵

今回は藤田敏八監督1974年製作「バージンブルース」をピックアップする。
撮影は1974年10月7日~11月9日に行われ11月19日に東洋現像所(現イマジカ)で初号試写、22日から「あばよダチ公」との併映で、全国日活系劇場で公開された。


秋吉久美子、長門裕之                 高岡健二

【ストリー】
お茶の水予備校女子寮生たちは灰色の浪人生活のうっ憤を晴らすため、時折徒党を組んで万引きをやっていた。が、四谷のスーパーマーケットで発覚し、畑まみ(秋吉久美子)と小林ちあき(清水理絵)だけが逃げのびた。寮に帰れず新宿界隈をうろついていた二人に声をかけたのは中年男の平田(長門裕之)だった。彼は脱サラを試みてラーメン屋を始めており、一年前スナックでちあきと知り合い関係を持ったことがあった。平田は二人をラブ・ホテルに誘ったが、バージンのまみが嫌がり、結局は諦めた。やがて二人は寮の近くの中華料理店の店員、橋本誠(高岡健二)の下宿にころがり込んだ後、二人の実家がある岡山に帰る事にした。旅費を平田から借りようとすると、まみの若い魅力に惹かれている平田も一緒に着いていくと言い出した。岡山駅前でまみとちあきは別れたが、平田は照れながらまみに着いて行った。しかしまみの実家にも警察の手が廻っており、やむなく二人は倉敷に行った。倉敷でまみはアングラ劇団をしている幼な友達の秋山正次(林ゆたか)に会った。まみと平田が宿なしだと聞いた正次は、合宿に合流させることにした。まみたちは「禁酒、禁煙、禁交」をモットーとするこの劇団の下働きをすることになった。まみを仲間に入れた正次には魂胆があった。劇場の小屋主は正次が若い女を沢山動かしているのを利用して、やがてストリップをやらせようとしているのだが、正次はそれを逆手に取って魅力あるまみを使い小屋主たちを誘惑し、小屋を乗っ取ろうと企んだのだ。これを知った平田は憤然となり、「俺にはバージンを守る義務があるんだ!」と叫び正次を殴り倒すと飛び出して行った。まみは脱兎の如く平田の後を追った。それから二人だけの旅が始った。そして、海辺のホテルで二人は激しく求めあった。翌朝、平田が目を覚ますとまみの姿が無い。寝巻がキチンとたたまれていた。まみの美しい肌が波打ちぎわで光っている。やがて、その影はまっすぐに、波に逆って沖に向っていく。「まみー」平田の叫ぶ声に、まみがニッコリと片手を上げた。平田の顔が安堵と不安にゆがんだ。波とたわむれるまみ。波打ちぎわを歩く平田……。


秋吉久美子、林ゆたか                  野坂昭如

題名:バージンブルース
監督:藤田敏八
企画:栗林茂
製作:伊藤亮爾
脚本:内田栄一
撮影:安藤庄平
照明:松下文雄
録音:紅谷愃一
美術:横尾嘉良
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:武川行秀、ミッキー吉野 主題歌:野坂昭如「バージンブルース」
現像:東洋現像所
製作担当:青木勝彦
助監督:八巻晶彦
色彩計測:田村輝行
スチール:井上俊康
出演:秋吉久美子、長門裕之、清水里絵、高岡健二、林ゆたか、赤座美代子、多々良純、加藤嘉、吉井亜樹子、田中筆子、白石奈緒美、松井康子、野坂昭如
1974年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
バージンブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田敏八監督(中央)                  秋吉久美子

映画「温泉こんにゃく芸者」


温泉こんにゃく芸者

女屋実和子                                  荒木一郎

今回は中島貞夫監督1970年製作「温泉こんにゃく芸者」をピックアップする。
本作は、東映ニューフェイス第13期の女屋実和子さんのデビュー作であり、温泉芸者シリーズ第3弾である。
芸妓400人、置屋30余り、北陸の花街片山津温泉の絶頂期に撮られたものだそうだ。


殿山泰司、小池朝雄、松井康子               上田吉二郎、女屋実和子

【ストリー】
珠枝(女屋実和子)はこんにゃく屋の徳助(殿山泰司)に育てられた孤児であった。不能者の徳助は、同じ悩みに苦しむ男たちを救済するためと称して、性具の研究に余念がなかった。珠枝はそんな徳助の面倒をみていたが、勤めていた避妊具工場が倒産、一時しのぎの金をつくるため、片山津温泉へやってきた。その日、珠枝は退職金代りに貰った避妊具を売りに入った、ヌード・スタジオで店主の荒川(荒木一郎)にあっさり体を与えた。置屋の女将満子(武智豊子)は、そんな珠枝をインスタント芸者に仕立て上げた。最初の客は水源寺の了賢和尚(田中小実昌)であった。そしてミミズ千匹にめぐり会ったという了賢の感激話はパッと広まった。徳助が珠枝と一緒に生活を始めたのもその頃だった。やがて珠枝は製薬会社々長の田中作兵衛(上田吉二郎)という男に身請けされた。だが、まもなく作兵衛は徳助が生涯の夢をかけて瀟洒な妾宅に作った、こんにゃく風呂の中で転倒し、あっけなく世を去った。一方、どうしたことか徳助の男が25年ぶりによみがえった。そして、徳助は隣室のツタ子(松井康子)と恋におちた。結婚話まで決めこんだ二人にとっての障害は、ツタ子のヒモ、池永(小池朝雄)への慰謝料と所帯資金であった。その頃、名器の持ち主としての珠枝の評判は、日本中に広まっていた。日本各地から芸者スカウトが殺到し、札束をつんだ。なかでも、大きく出たのが500万円もの移籍料をつんだ関西の西川(小松方正)だった。徳助は珠枝に、最後の頼みと頭を下げた。珠枝は西川に蒲団の上での勝負を挑んだ。精力くらべである。一対一の三本目、やがて、「勝負ありました」と立会人満子の声と共に、西川が口笛を吹きながら、姿をあらわした。だが次の一瞬、その体は音をたてて崩れ落ちた。身を案じて部屋に馳けこんだ徳助とツタ子に珠枝は、ニッコリと微笑んだ。


小松方正                                菅井きん

題名:温泉こんにゃく芸者
監督:中島貞夫
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:掛札昌裕、金子武郎、中島貞夫
撮影:鈴木重平
照明:金子凱美
録音:溝口正義
美術:石原昭
装置:矢守好弘
装飾:清水悦男
美粧:中野進明
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘眞次
記録:牧野叔子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
現像:東映化学 フィルム:富士フィルム(ノンクレジット)
製作主任:西村哲勇
助監督:篠塚正秀
スチール:藤本武
出演:女屋実和子、荒木一郎、小松方正、松井康子、安城由貴、桜京美、榊浩子、武智豊子、片山由美子、常田富士男、大泉滉、小池朝雄、殿山泰司、上田吉二郎、菅井きん、田中小実昌
1970年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
温泉こんにゃく芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


温泉こんにゃく芸者

1 2 3 4