映画「リオの若大将」

「リオの若大将」星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                          星由里子

今回は岩内克己監督1968年製作「リオの若大将」をピックアップする。
若大将シリーズ第12弾の本作は、若大将がフェンシング競技に参戦する。1961年に「大学の若大将」でスタートした本シリーズの大学生編最終作になり、次作「フレッシュマン若大将」より社会人編になる。本作のリオデジャネイロ・ロケは、スケジュールの関係で、加山雄三さん・中尾ミエさん・田中邦衛さん・ランチャーズは渡航しているが、星由里子さんのリオでの登場シーンは、すべて日本国内で撮影されたそうだ。封切り時の併映は「年ごろ(監督:出目昌伸 出演:内藤洋子、黒沢年男)」であった。

リオの若大将リオの若大将
中尾ミエ                         田中邦衛

【ストリー】
京南大学の若大将田沼雄一(加山雄三)は、恩師平山博士(宮口精二)の助手としてリオ・デ・ジャネイロの造船所に招待され、ご機嫌な毎日を送っていた。その上リオ滞在最後の晩、技師長、谷村(北沢彪)に案内された日本料理店で押田澄子(星由里子)に出会った。澄子は東京極東観光の営業部員で、在留邦人に日本旅行のPRに来ていた。そして接待中の客が急病で倒れた時、それを救ってくれた雄一に好意をもつようになった。東京に帰った雄一は、谷村の娘江美子(中尾ミエ)に谷村から預った手紙を届けた。江美子は清明女子大に在学中で、大学バンド合戦を前に闘志を燃やしていた。二人は負けた方が食事をおごる約束をした。だが、雄一のバンドは青大将の演奏ミスで江美子のバンドに敗退。声援にかけつけた澄子を前に、江美子と約束のデートに出かけなければならなかった。夏休み、雄一は平山教授の代理で再びリオに行くことになった。ところが機内で、父親のもとに帰る江美子とバッタリ。雄一に気のある江美子は、豪華な観光旅行に招待した。コパカバーナの浜辺にやって来た二人は、そこでランチャーズの面々に出会ってビックリ仰天。青大将(田中邦衛)が演奏旅行と称し、連中を連れてきていたからだった。無一文のランチャーズ。雄一はリオのクラブでアルバイトをはじめた。そこで澄子と再会したか、ハレンチな青大将の横やりが入って、二人のデートもむちゃくちゃ。心と心は結ばれながら、雄一には江美子、澄子には現地の有力者宇野の孫一郎(久保明)と別のカップルが出来上ってしまった。ある日、雄一に造船会社から就職試験の合格通知が届いた。「田能久」の跡とりが店をつがないと父親の久太郎(有島一郎)は烈火のごとく怒ったが、おばあちゃん(飯田蝶子)が雄一の肩をもちその場はおさまった。雄一の学生生活最後の試合のフェンシング大会が近づいてきた。雄一は邪念をはらうため豪海和尚(今東光)の寺にこもり修業、見事優勝の栄誉に輝いた。やがて卒業式がやってきた。そこには、田能久の婿養子を決意した江口(江原達怡)、それに澄子から愛をうちあけられた雄一の晴れやかな顔があった。

リオの若大将リオの若大将
加山雄三、江原達怡                 有島一郎、飯田蝶子、中真千子

題名:リオの若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:斎藤孝雄
照明:石井長四郎
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:村木忍
小道具:杉本茂
結髪:藤本美穂子
記録:梶山弘子
編集:小川信夫
音楽:服部克久 主題歌:加山雄三「ある日渚に」「シェリー」中尾ミエ「恋のさだめ」「シェリー」
現像:東京現像所 合成:松田博
製作担当:根津博
製作進行:森知貴秀
演技事務:吉竹悠一
助監督:高橋薫明
監督助手:大森健次郎、河崎義祐
撮影助手:市原康至、松尾民夫
照明助手:羽田昭三
録音助手:小川恵正
美術助手:櫻木晶
小道具助手:秋元和男、武富光弘
宣伝:白井泰二
協力:パンアメリカン航空、石川島播磨重工業
スチール:秦大三
出演:加山雄三、星由里子、中尾ミエ、田中邦衛、有島一郎、飯田蝶子、江原達怡、中真千子、久保明、藤木悠、宮口精二、浦島千歌子、松原光子、小林夕岐子、北沢彪、中村伸郎、左卜全、内田裕也、今東光
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー104分35mmフィルム
リオの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

リオの若大将リオの若大将
久保明、星由里子              飯田蝶子、左卜全、加山雄三
リオの若大将リオの若大将
北沢彪                           内田裕也
リオの若大将リオの若大将
今東光                         加山雄三、星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                      加山雄三、星由里子

リオの若大将

映画「南太平洋の若大将」


「南太平洋の若大将」加山雄三

加山雄三                         星由里子

今回は古澤憲吾監督1967年製作「南太平洋の若大将」をピックアップする。
本作は、若大将シリーズの第10作になる。「アルプスの若大将」に続いて今はなきパンアメリカン航空とのタイアップで、星由里子さんがパンナムのスっちゃん(スチュワーデス=CA)コスチュームを魅せてくれる。海外ロケは、ハワイと当時は未知の島だったタヒチで行われ、クライマックスでは日本武道館を借り切って、日本柔道選手権のシーンが撮影された。


「南太平洋の若大将」星由里子

田中邦衛                     東京モノレール(首都高速1号羽田線)

前田美波里、坪内美詠子、左卜全             有島一郎、坪内美詠子

【ストリー】
水産大学の学生雄一(加山雄三)は、級友の青大将こと石山(田中邦衛)や江口(江原達怡)と共に、練習船で遠洋航海の最後の港ハワイに来た。雄一たちはハワイの日本料理店「京屋」で食事をしたが、そこでチンピラに絡まれているスチュワデス澄子(星由里子)を助けた。雄一は、彼女と親しくなり、再会を約して別れた。練習航海を終って大学に戻った雄一たちは、大学最後の年を迎え、雄一は柔道部の、石山はレスリング部の新入部員を勧誘するのに大わらわだった。人気のあるレスリング部に比べて、新入生が一人も現われない柔道部の有様を見た雄一は、女子学生を入部させることで男子学生の勧誘に成功した。そんなある日、澄子が大学を訪れ、雄一と再会したのだが、彼女に熱を上げる石山は、澄子と二人きりになろうと、しつこくつきまとった。雄一が家に帰ってみると、「京屋」の有田一家が日本に来ると知らせがあった。やがて、有田一家が娘の美奈子(前田美波里)を連れてやってきたが、雄一の家がすきやき屋「田能久」であると知ると、「京屋」に支店を出せばハワイの日本人が喜ぶだろうともちかけてきた。一方、4年生になった江口は就職口を探すのに懸命だったが、石山は父親の会社に専務として入りこむことが決っているので、澄子の飛行機が日本に来るたびに彼女の後を追い回していた。ある日雄一は、父久太郎(有島一郎)の代りとしてすきやきの指導に、再びハワイへ行くことになった。その前夜澄子と二人きりで会った雄一は、自分の未来を語り、二人は急速に親しみの度を増していった。「京屋」で始めた「田能久」のすきやきは好評だった。雄一は美奈子とハワイ見物を楽しんだが、澄子を追ってきた石山も同道していた。石山のしつこさにたまらず澄子はタヒチの地上勤務になったと石山に嘘の手紙を書いたが、驚いた石山と雄一は美奈子と共にタヒチに向った。勿論、澄子はいず、そこの海で溺れそうになった美奈子を助けた雄一は、軽い潜水病になった。病院でうなされる雄一はしきりに澄子の名を言いつづけた。雄一を愛しはじめていた美奈子はそれを知ると、自分の恋を諦らめるのだった。日本に帰った雄一には日本柔道選手権試合が待っていた。一方、澄子は雄一が美奈子を愛していると誤解して雄一から離れていったが、ハワイで美奈子と会い、雄一が自分を愛していることを知った。選手権試合の日、決勝に進んだ雄一はオランダからの留学生ヘイスティングと対し、その巨体を武器にした寝業に苦戦していた。しかし、試合場に駆けつけた澄子の声援に奮起した雄一は、ヘイスティングを破って見事優勝したのだった。夏の一日、雄一が澄子をヨットに乗せて帆走している姿が見られた。


「南太平洋の若大将」星由里子

左卜全、飯田蝶子                中真千子、有島一郎、飯田蝶子

題名:南太平洋の若大将
監督:古澤憲吾
製作:藤本真澄、神谷一夫
脚本:田波靖男
撮影:永井仙吉
照明:隠田紀一
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:本多好文
編集:藤井良平
音楽:弾厚作、森岡賢一郎 主題歌:加山雄三「タヒチの夕陽」「君のために」他
現像:東京現像所
水中撮影:東宝フロッグメン・パーティ
製作担当:堤博康
助監督:長野卓
協賛:パン・アメリカン航空、他
スチール:中尾孝
出演:加山雄三、星由里子、前田美波里、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、坪内美詠子、松原光子、北竜二、左卜全
1967年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー106分35mmフィルム
南太平洋の若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


加山雄三                       日本武道館

加山雄三                      星由里子、田中邦衛

映画「アルプスの若大将」


「アルプスの若大将」星由里子

加山雄三                         星由里子

今回は古澤憲吾監督1966年製作「アルプスの若大将」をピックアップする。
本作は”若大将”シリーズ全18作の第7作目になる。「ハワイの若大将」に続いて今はなきパンアメリカン航空とのタイアップ作品でもあり、マドンナ役の澄子(星由里子)がパンナム社員という設定で、同社の極東地区広報支配人だったデビッド・ジョーンズ氏も出演している。ロケーション撮影は、ツェルマット、ウィーン(インターコンチネンタルホテル前)、ローマで行っている。


田中邦衛                   イーデス・ハンソン、有島一郎

【ストリー】
若大将こと京南大学スキー部の主将田沼雄一(加山雄三)は、建築学の論文がヨーロッパの学会に認められヨーロッパ旅行に招待された。そびえたつマッターホルンを颯爽と滑降する雄一は、アルプスの若者の人気を一身に集めた。一方、財閥の父親を口説いて自費で雄一を追ってきた青大将こと石山新次郎(田中邦衛)はパリジェンヌの尻を追っかけまわし、雄一や山下教授(北龍二)に迷惑のかけっぱなしだ。そんな或る日、雄一はツェルマットの町でパンアメリカン航空のローマ事務所員澄子(星由里子)と知りあった。雄一に好意を持った彼女は一日、ローマを案内してくれた。わずかな時間だが、その日の想い出は二人の胸に深く刻みこまれた。帰国した雄一を迎えてスキー部はさっそく合宿の準備にとりかかった。勉強にスポーツに忙しい若大将に、パリ娘リシェンヌ(イーデス・ハンソン)を彼の家すき焼屋「田能久」に下宿させてくれと青大将が頼みにきた。それというのも青大将は自分の父親がだいの青い目嫌いにもかかわらず、パリにいた時、彼女を口説くため東京での再会を約束したのだった。羽田空港にリシェンヌを迎えた雄一は、ぐうぜんにも日本に転勤した澄子と出会った。しかし実情を知らない澄子は、リシェンヌを見てすっかりへそをまげてしまった。そうはいっても、雄一のことが忘れられぬ澄子は合宿所へ彼を追った。捜す途中彼女は、女タラシの赤田(荒木保夫)にだまされ人気のない山小屋に連れこまれた。危機一髪、雄一に助けられたがショックと口惜しさで澄子は山を降りた。さらに澄子がヨーロッパへ帰るというしらせに雄一はすっかり元気を失くしてしまった。周りの心配をよそに、練習に身の入らぬ彼に、選手権の優勝者はヨーロッパに派遣されるという吉報がまいこんだ。澄子に会いたい一心の雄一は、死にものぐるいになって練習した。そして雄一は優勝した。今度こそ誰にも邪魔されない二人は、白銀に輝くマッターホルンを背に愛を確認しあうのだった。


「アルプスの若大将」星由里子

江原達怡                       アルプスの若大将

題名:アルプスの若大将
監督:古澤憲吾
製作:藤本真澄
脚本:田波靖男
撮影:飯村正
照明:隠田紀一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:育野重一
編集:黒岩義民
音楽:広瀬健次郎 挿入歌:加山雄三「君といつまでも」「蒼い星くず」
現像:東洋現像所
製作担当:堤博康
助監督:長野卓
協賛:パン・アメリカン航空会社、苗場国際スキー場
スチール:田中一清
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、イーデス・ハンソン、松原光子、若林映子、荒木保夫、北竜二
1966年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー93分35mmフィルム
アルプスの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


加山雄三                       星由里子、加山雄三

1 2