映画「日本のいちばん長い日」

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
役所広司                      本木雅弘

今回は原田眞人監督2015年製作「日本のいちばん長い日」をピックアップする。
本作は、太平洋戦争が、昭和天皇や閣僚達の御前会議において降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午から宮城事件、そして国民に対してラジオ(日本放送協会=NHK)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。1967年に東宝で岡本喜八監督により製作された「日本のいちばん長い日」のリメイク版だ。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
山崎努                        松坂桃李

【ストリー】
1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

題名:日本のいちばん長い日
監督:原田眞人
製作総指揮:迫本淳一
製作:榎望、新垣弘隆
原作:半藤一利
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
照明:宮西孝明
録音:照井康政
整音:矢野正人
音効:柴崎憲治
美術:原田哲男
美粧:吉野節子
特殊メイク:中田彰輝
衣装:宮本まさ江
配役:石垣光代
殺陣:森聖二
操演:スプリーム・エフェクト
編集:原田遊人
記録:山内薫
音楽:富貴晴美
助監督:落合俊一
SFX/VFXスーパーバイザー:小田一生
ガンエフェクト:BIGSHOT
企画協力プロデューサー:城戸史朗
エグゼクティブプロデューサー:関根真吾、豊島雅郎
ライン・プロデューサー:芳川透
出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努、松山ケンイチ、蓮佛美沙子、キムラ緑子、戸田恵梨香
2015年日本・松竹(120周年記念作品)/シネスコサイズ・カラー136分デジタルシネマ
日本のいちばん長い日 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

映画「新聞記者」

新聞記者新聞記者
シム・ウンギョン                    松坂桃李

2019年6月28日に全国で劇場公開された藤井道人監督2019年製作「新聞記者」bestを7月1日に満員の新宿ピカデリー・スクリーン6で観て来た。本作は東京新聞の敏腕記者望月衣塑子さんの同名著書「新聞記者」を原案としているが、私は原作を読んでから本作を観たが、ほぼオリジナル脚本で作られている。
内容は、森友・加計問題や伊藤詩織さんの準強姦訴訟、元文部科学事務次官・前川喜平氏の出会い系バー不正報道など、虚偽答弁、事実隠蔽、公文書改竄を平然と続ける安倍政権を巡る数々の事件だ。これらはすべて “総理のご意向” を基に内閣情報調査室が暗躍している現実を的確に描いている。本作はフィクションでありながら、現実社会と直結するテーマに切り込む意欲的で優秀な作品である。なお、内閣情報調査室のロケセットは、埼玉県新座市の市役所本庁舎内で行われたそうだ。

東京新聞記者・望月衣塑子氏のノンフィクションを原案に、「デイアンドナイト」など本格的な人間ドラマで定評ある藤井道人監督が、映画オリジナルの脚本を練り上げて実写化したポリティカルドラマ。これが今、試写を見た業界関係者の間で大変な話題になっているのだ。その内容を、映画批評家の前田有一氏が驚きを隠せぬ様子で語る。
「タイトルこそ著書に合わせていますが、映画版はもはや“安倍政権の闇”とでも題したくなるほど現政権の疑惑を網羅した内容です。最近ハリウッドでは、チェイニー副大統領を描いた『バイス』など政治批判の映画が話題ですが、しょせんは過去の話。本作は現政権の、現在進行中の未解決事件を映画化した点で前代未聞です。ハリウッドでさえ、こんなことをしようという無謀な映画人はいない。社会派映画史に刻まれるべき偉業です。藤井監督ら3人の脚本チームの力作ですが、感情的にならず、報道等で判明しているファクト中心に構成した点に誠実さを感じます。数年分の事件を凝縮した2時間を見終えた時、我々はなんと異常な政権の元で生きてきたのかと愕然とさせられます。芸能界全般が忖度ムードに包まれる中、松坂桃李や本田翼をはじめ、出演した人気俳優たちの勇気も称えるべきです。安倍政権のもと、ここまで危険水域に踏み込んだ日本映画はかつてなく、映画としての出来もすこぶる良い。これほどの映画がもしヒットしなかったら、もう日本で社会派映画に挑戦する映画人なんていなくなってしまいますよ。」
映画は女記者(シム・ウンギョン)が、加計学園がモデルとおぼしき特区の新設大学にまつわる内部告発を受け取材を始めたところ、あらゆる手段で政権を守ろうとする内閣情報調査室から激しい妨害にあう様子を、重厚な演出で描く。実名こそ出さないものの、伊藤詩織さん暴行揉み消しや、公文書偽造を強いられた官僚の自殺をはじめ、これでもかと出てくるエピソードが現実とリンクしていることは誰が見てもすぐにわかるようになっている。
批評家が絶賛 映画「新聞記者」が暴いた安倍政権の“暗部” 日刊ゲンダイDIGITALより
「民主主義国家で生きている以上、政治とは無縁ではいられない。一人一人の生身の生活と政治は切り離せない。政治から遠ざかれば、民主主義からも遠ざかる。国民が何も知らなければ、権力によって意のままに分断されてしまう。そこに「政治に無関心」の怖さがある。そうした事が政治による同調圧力に屈してしまう下地になっている。」
「新聞記者」スタッフ談より

元TBS記者山口敬之の伊藤詩織さんレイプ事件
元TBS記者山口敬之の伊藤詩織さんレイプ事件で、山口を逮捕する直前に当時の警視庁刑事部長中村格が執行の停止を命じた。それは加害者山口敬之が安倍晋三のオトモダチという事で、安倍晋三の忠実な下僕である中村格が、執行の停止を命じ逮捕は行われなかったのだ。詳しくは伊藤詩織さんの著書「Black Box」を参照されたい。

加計学園問題
安倍政権による国家戦略特別区域に指定された今治市における加計学園グループの岡山理科大学獣医学部新設計画をめぐる”総理のご意向”による認可と生物化学兵器研究「人獣共通感染症を始め、家畜・食料等を通じた感染症の発生が国際的に拡大する中、創薬プロセスにおける多様な実験動物を用いた先端ライフサイエンス研究」そして補助金詐取の事件である。

河村光庸氏(本作プロデューサー)のインタビュー(日刊ゲンダイ)

新聞記者新聞記者
本田翼                        北村有起哉

【ストリー】
東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、大学新設計画にまつわる極秘情報の匿名FAXを受け取り、調査を始める。日本人の父と韓国人の母を持ち、アメリカで育った吉岡はある思いから日本の新聞社に在職していた。かたや内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は、国民に尽くすという信念と、現実の任務の間で葛藤する。

新聞記者新聞記者
宮野陽名                        田中哲司

題名:新聞記者
監督:藤井道人
企画・製作:河村光庸
製作:高石明彦
原案:望月衣塑子
脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
撮影:今村圭佑
照明:平山達弥
録音:鈴木健太郎
美術:津留啓亮
衣装:宮本まさ江
化粧:橋本申二
編集:古川達馬
音楽:岩代太郎 主題歌:OAU
エグゼクティブプロデューサー:岡本東郎
共同プロデューサー:行実良、飯田雅裕、石山成人
演出補佐:酒見顕守
出演:シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司
2019年日本・THE ICON/シネスコサイズ・カラー113分デジタルシネマ
公式サイト

新聞記者新聞記者
松坂桃李                      シム・ウンギョン

映画「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-
綾瀬はるか                                                            松坂桃李、綾瀬はるか

今回は佐藤信介監督2014年製作「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」最悪作品賞をピックアップした。
私は、ピーター・ウェーバー監督2012年製作「終戦のエンペラー」に出演した初音映莉子さんが共演しているという事で注目していた。公開当時、日本映画初のルーヴル美術館内本格ロケが敢行され「ダ・ヴィンチ・コード」以来の撮影という鳴り物入りの宣伝だった。原作は4,000万部を売り上げた松岡圭祐氏の同名小説で、読んでおらず先入観は全くない状態で見たが、説明が多過ぎて退屈する導入部から始まり、凛田莉子(綾瀬はるか)が流泉寺美沙(初音映莉子)のトリックを見破るくだりは、画解きそのものだった。あそこが断崖絶壁だったら土曜サスペンス劇場だ。「日本とフランスを舞台にした壮大なスケールの物語」は誇大広告そのもの。撮影と照明は良い作りだし俳優陣も良かったが、テレビドラマの延長を映画にしたという興ざめる内容だった。もし劇場に足を運んでいたなら、私は怒っていただろう。

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-
初音映莉子

【ストリー】
フランス・ルーヴル美術館が所蔵するレオナルド・ダ・ヴィンチの名画『モナ・リザ』が40年ぶりに日本へ来ることになる。『モナ・リザ』の警備強化を託されたルーヴル同美術館アジア圏代理人の朝比奈(村上弘明)は、卓越した鑑定眼を持つ凛田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推挙する。莉子は彼女を取材する雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)とともにパリへ向かい、採用テストに臨みこれに合格。もう一人の合格者・流泉寺美沙(初音映莉子)と一緒に研修を受けていたところ、次第に莉子に異変が起き、鑑定眼が狂っていく。原因を探ろうと奔走する小笠原は『モナ・リザ』の瞳の中に仕組まれたある事実を知る。一方その頃、『モナ・リザ』をめぐる巨大な陰謀が動き始めようとしていた……。

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-

題名:万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-
監督:佐藤信介
製作:高瀬大樹
原作:松岡圭祐
脚本:宇田学
撮影:河津太郎
照明:中野創平
美術:斎藤岩男
録音:横野一氏工
装飾:篠田公史、大坂和美
操演:関山和昭
衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:本田真理子
VFX:辻野南
絵画制作:塙雅夫
記録:田口良子
編集:加藤ひとみ
音楽:羽深由理、大間々昂
エグゼクティブプロデューサー:濱名一哉
企画プロデュース:平野隆
プロデューサー:下田淳行、辻本珠子
アソシエイト・プロデューサー:山田昌伸、原公男
ライン・プロデューサー:及川義幸
ユニットプロデューサー:大崎裕伸
音楽プロデューサー:志田博英
助監督:李相國
出演:綾瀬はるか、松坂桃李、初音映莉子、ピエール・ドゥラドンシャン、村上弘明、橋本じゅん、角替和枝、児嶋一哉
2014年日本・ツインズジャパン/シネスコサイズ・カラー119分デジタルシネマ
万能鑑定士Q ―モナ・リザの瞳-  [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-