映画「日本のいちばん長い日」

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
役所広司                      本木雅弘

今回は原田眞人監督2015年製作「日本のいちばん長い日」をピックアップする。
本作は、太平洋戦争が、昭和天皇や閣僚達の御前会議において降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午から宮城事件、そして国民に対してラジオ(日本放送協会=NHK)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。1967年に東宝で岡本喜八監督により製作された「日本のいちばん長い日」のリメイク版だ。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
山崎努                        松坂桃李

【ストリー】
1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

題名:日本のいちばん長い日
監督:原田眞人
製作総指揮:迫本淳一
製作:榎望、新垣弘隆
原作:半藤一利
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
照明:宮西孝明
録音:照井康政
整音:矢野正人
音効:柴崎憲治
美術:原田哲男
美粧:吉野節子
特殊メイク:中田彰輝
衣装:宮本まさ江
配役:石垣光代
殺陣:森聖二
操演:スプリーム・エフェクト
編集:原田遊人
記録:山内薫
音楽:富貴晴美
助監督:落合俊一
SFX/VFXスーパーバイザー:小田一生
ガンエフェクト:BIGSHOT
企画協力プロデューサー:城戸史朗
エグゼクティブプロデューサー:関根真吾、豊島雅郎
ライン・プロデューサー:芳川透
出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努、松山ケンイチ、蓮佛美沙子、キムラ緑子、戸田恵梨香
2015年日本・松竹(120周年記念作品)/シネスコサイズ・カラー136分デジタルシネマ
日本のいちばん長い日 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

映画「アカルイミライ」

アカルイミライアカルイミライ
オダギリジョー                   浅野忠信

今回は黒沢清監督2002年製作「アカルイミライ」をピックアップする。
本作は、とても重く暗い内容の作品だが、藤竜也さんの芝居で最後まで観る事が出来た。
減色したモノトーン調のルックは内容に呼応し、デジタルシネマではなくHDビデオで撮影している点は、製作年度により仕方ないと思った。難しい作品である。

アカルイミライアカルイミライ
藤竜也                      笹野高史

【ストリー】
他人とうまく関わり合えない青年・雄二(オダギリ ジョー)。ある夜、彼が唯一心を許せる同僚の守(浅野忠信)が、勤務先の工場長夫婦を殺害した。刑務所へ面会に訪れる雄二に対して、彼に譲ったペットのアカクラゲのことばかり、守は気にかける。苛立つ雄二は水槽をひっくり返してしまうが、クラゲはそのまま床下に流れ去っていく。それからしばらく後、雄二にだけ分かる“行け”のサインを残して、獄中で守が自殺した。彼の死後、守の父親・真一郎(藤竜也)が営む小さなリサイクル工場に身を寄せることになった雄二は、仕事の手伝いのかたわら、東京のどこかで生きているだろうクラゲのために、川に餌を撒きつづけた。しかし、真一郎には雄二の行動が理解しがたい。分かり合えない二人は喧嘩し、自棄になって工場を飛び出した雄二は、深夜のゲームセンターで知り合った高校生たちと、妹の夫・高木の会社に押し入ってしまう。だが、警報装置の通報によって高校生たちは警察に捕まり、ひとり逃げ延びた雄二は、再び真一郎の世話になる。その頃、テレビでは川に発生したクラゲの大群のニュースを報じていた。いつの間にか、クラゲは東京の水に順応していた。それを目の当たりにした真一郎は、クラゲを追って川の中に入ってゆく。数日後、雄二が去った工場で、真一郎が黙々と作業を続けている。街には、暇を持て余した高校生たちが、どこかに向かって力強く歩き出していた。

アカルイミライアカルイミライ

題名:アカルイミライ
監督:黒沢清
製作:浅井隆、岩瀬貞行、野下はるみ
脚本:黒沢清
撮影:柴主高秀
照明:蒔苗友一郎
録音:郡弘道
音効:斎藤昌利
美術:原田恭明
衣裳:北村道子
装飾:三浦伸一、佐藤信夫
音楽:パシフィック231(蓮実重臣、三宅剛正、三宅治子)主題歌:THE BACK HORN
編集:黒沢清
DV撮影:森下彰三
製作総指揮:浅井隆、小田原雅文、酒匂暢彦、高原建二
企画協力:黒沢弘美、芝田和子
プロデューサー:浅井隆、野下はるみ、岩瀬貞行
アソシエイト・プロデューサー:藤本款
ラインプロデューサー:椋樹弘尚
製作担当:武石宏登
助監督:久保朝洋
ビジュアルエフェクト:浅野秀二
特殊造型:梅沢壮一
テクニカル・スーパーバイザー:森澤克彦、兼山錦二
スチール:黒田光一
出演:オダギリジョー、藤竜也、浅野忠信、笹野高史、白石マル美、りょう、加瀬亮、小山田サユリ、松山ケンイチ
2002年日本・アップリンク+デジタルサイト/ビデオ・カラー115分HDビデオ
アカルイミライ 特別版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

アカルイミライアカルイミライ