映画「山口組外伝 九州進攻作戦」


菅原文太                        渡瀬恒彦

今回は山下耕作監督1974年製作「山口組外伝 九州進攻作戦」をピックアップする。
本作は「仁義なき戦いシリーズ」の大ヒット以降、東映が実録ヤクザ路線と銘打ち、各地の暴力団抗争をモデルとした映画を製作した。特に同年「山口組三代目」が大ヒットし、山口組の全国進攻は実録路線の元ネタとしては最適であった為、これを題材とする映画を次々製作したが、このうち山口組の急先鋒として西日本を暴れまわった伝説の男・夜桜銀次(本名:平岡国人)をモデルとしてその一生を描いたものが本作である。
(ウィキペディア参照)


渚まゆみ                        佐藤慶

【ストリー】
夜桜銀次こと平尾国人(菅原文太)と、石野組々長・石野一郎(梅宮辰夫)は、愚連隊時代からの兄弟分であった。昭和32年3月、別府市で開催される博覧会の施設の利権をめぐって、新興石野組と旧勢力坂口組が対立した。銀次は石野が坂口組に狙撃され、重傷を負ったために、坂口組幹部を殺害し、内妻のふさ子(渚まゆみ)を伴って九州を脱出、大阪の柳川組々長・大東武司(室田日出男)の許へ身を寄せた。そんなある日、パチンコ店で暴れていたチンピラ真三(渡瀬恒彦)を引きとった銀次は、何かと面倒を見るようになった。昭和33年3月、石野は神戸兵藤組三代目・田岡一雄の盃をうけて若衆となり、兵藤組の力を借りて北九州制覇を企んだ。しかし、兵藤組七人衆の山地行雄(佐藤慶)、関本貫一(伊吹吾郎)、吉村弘(津川雅彦)、郡司正一(松方弘樹)らに低姿勢な西野を見た銭次は、彼の真意が理解できず、不愉快だった。急速に勢力を拡大してきた元達文率いる大阪双竜連合会は、大阪市内いたるところで暴虐のかぎりをつくしており、ついにクラブで遊んでいた田岡一雄に徐甲竜ら天竜会組員が喧嘩を売り、兵藤組と双竜会は真っ向から対立することになった。兵藤組系の柳川組、石野組をはじめとしてえりぬきの精鋭が秘かに大阪に集結した。そんな時、しばらく消息を絶っていた銀次が現われ、野獣のように双竜会の子分を傷めつけていった。やがて、郡司が徐を倒したことによって、この抗争も終結した。元達文が全面降伏をしたのである。警察当局の厳しい追求から逃れ、銀次は、博多の兵藤組若衆・海津健三の許に身を寄せることになった。福岡においても銀次は暴れまくった。鹿谷組々長・鹿谷弥肋の情婦・陽子を横取りし、さらに温厚な高須組々長・高須有三が後見する運送会社を破壊した。さらに、鹿谷組の賭場で侮辱をうけた鉄次は、賭場を荒しまくった。そして、恐怖にかられた鹿谷は河島組々長・河島元哉に助けを求めたため、事態は急変していった。一触即発の空気が福岡に流れた昭和36年1月16日午前11時、陽子と一緒に旅行の準備をしていた銀次は、久留米の二人の米田組々員が放った4発の銃弾に撃たれて即死した……。こうして銀次暗殺事件により史上最大規模といわれた、兵藤組九州進攻作戦の火ぶたが切って落された……。


室田日出男                       梅宮辰夫

題名:山口組外伝 九州進攻作戦
監督:山下耕作
企画:日下部五朗、田岡満、今川行雄、橋本慶一
原作:飯干晃一
脚本:高田宏治
撮影:山岸長樹
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:温井弘司
装飾:松原邦四郎
背景:西村和比古
美粧・結髪:東和美粧
衣装:松田孝
技斗:三好郁夫
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:八木正生
フイルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
演技事務:西秋節生
ナレーション:酒井哲
スチール:中山健司
出演:菅原文太、渡瀬恒彦、渚まゆみ、伊吹吾郎、津川雅彦、堀越陽子、三島ゆり子、橘麻紀、佐藤慶、梅宮辰夫、志村喬、葉山良二、松方弘樹、内田朝雄、室田日出男、渡辺文雄、戸浦六宏、川谷拓三、志賀勝、山本麟一、片桐竜次、天津敏
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
山口組外伝 九州進攻作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、内田朝雄                  菅原文太

映画「人生劇場」


松坂慶子                       永島敏行

今回は深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫、共同監督による1983年製作「人生劇場」をピックアップする。
尾崎士郎氏原作による”人生劇場”は、本作で13度目の映画化であるそうである。「青春編」「愛欲編」「残侠編」を東映の看板監督達が豪華出演陣を采配して製作したが、纏まりのない作品だった。


森下愛子                   松方弘樹、室田日出男

【ストリー】
大正7年、東京で早稲田の貧乏学生の日々を送る青成瓢吉(永島敏行)にとって、故郷、三州吉良には、いろいろな想いがある。没落したとはいえ、男の誇りだけは失っていない父、瓢太郎(三船敏郎)の心意気、幼なじみ、おりん(叶和貴子)との淡い初恋、そして、何くれとなくかばってくれた侠気の男、吉良常(若山富三郎)など。特にこの吉良常は、瓢吉が原因で起った喧嘩で人を殺め、獄窓につながれていった。その頃、瓢吉は吹岡や横井たちと知り合い、やがて大隈重信夫人銅像建設反対運動など、一連の学生運動に熱中していく。そんな瓢吉は、はじめての女であるお袖(松坂慶子)と知り合った。お袖も瓢吉の純粋さに惚れこみ、二人は急速に燃え上がる。しかし、学生運動は内部分裂を繰り返し、瓢吉は大学を捨てる決意をする。その頃、横浜、本牧の侠客、飛車角(松方弘樹)はおとよ(中井貴恵)という女郎に惚れぬいていた。そして、おとよに身受け話が持ち上がり、二人は開港60周年の港祭りの夜、足抜けを実行し、兄弟分、奈良平に紹介され、小金一家に身を寄せる。一方、瓢吉は作家を目指しながらも、お袖との愛欲の日々からも抜け出せず、イラ立ちも感じていた。そして、中学時代の名物先生、黒馬(菅貫太郎)と再会、女流作家を目指す小岸照代(森下愛子)と出会う。その頃、出所した吉良常は故郷、三州に戻ると、瓢太郎は瓢吉に遺書を残して自殺してしまう。父の死の報せを受けた瓢吉は帰郷、久しぶりに吉良常、母やおりんと再会する。飛車角とおとよは小金の世話でささやかな世帯を持っていたが、丈徳一家と出入りが起り、飛車角は義理を果たすため、丈徳を斬った。しかし、出入りの最中に、奈良平はおとよを売ってしまい、怒った飛車角は奈良平も斬ってしまい、逃げこんだ近くの寺で、小説に取り組む瓢吉と吉良常に出会った。吉良常の説得で自首した飛車角は懲役七年の刑を受け前橋刑務所に入った。文学にいそしむ瓢吉と照代は懸賞小説の一席、二席を分ち合い、これを機に同棲生活に入る。瓢吉と別れて以来、流浪の生活を送っていたお袖は、玉の井の「鱶野」の女郎になるが、そこで、やはり売られてきたおとよと知り合った。そのおとよは、小金一家の宮川と再会、飛車角に通じるものを感じ、深い仲にはまりこんでいく。一方、瓢吉に中国大陸取材旅行の話が入り、出版社に打ち合せに向かうが、その時、変り果てたお袖と出会った。逃げ出したお袖は、その後、行方不明となる。お袖の身を案じ、中国行を断念する瓢吉。再びさすらいの旅に立つ吉良常。道ならぬ愛に苦しむおとよと宮川。そして出所し、おとよを探す飛車角。人々の様々な想いをからませ、年月が過ぎていく。


「人生劇場」松坂慶子、永島敏行

「人生劇場」

「人生劇場」

「人生劇場」松方弘樹、中井貴恵

三船敏郎                        若山富三郎

題名:人生劇場
監督:深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
企画:高岩淡、佐藤雅夫、豊島泉、斎藤一重、高杉修
原作:尾崎士郎
脚本:野上龍雄、深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
撮影:安藤庄平、並木宏之、北坂清
照明:中山治雄、海地栄、金子凱美
録音:中山茂二、平井清重、荒川輝彦
美術:佐野義和、井川徳道
装置:三浦公久、野尻裕
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸、宮崎智恵子
美粧・結髪:東和美粧
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江、石田照、中野保子
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:内藤やす子「こころ乱して運命かえて」
現像:東映化学
製作主任:野口忠志、菅田浩
助監督:土橋亨、武久龍一、藤原敏之
スチール:中山健司、金井謹治
出演:永島敏行、松坂慶子、中井貴恵、風間杜夫、森下愛子、叶和貴子、奥田瑛二、風間杜夫、平田満、三船敏郎、若山富三郎、松方弘樹、成田三樹夫、西村晃、平田満、菅貫太郎、萩原流行、蟹江敬三、片桐竜次、平田満
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー138分35mmフィルム
人生劇場(1983) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


成田三樹夫                   松方弘樹、中井貴恵

松坂慶子

映画「人生劇場 飛車角と吉良常」


鶴田浩二                         藤純子

今回は内田吐夢監督1968年製作「人生劇場 飛車角と吉良常」をピックアップする。
尾崎士郎氏の自伝小説「人生劇場」は尾崎本人をモデルにした青成瓢吉を主人公とした長編小説だが、長編の各所を活かし、この作品以前に7作、現在までに14作、映画会社や監督を変えて制作され続けている。本作は、内田吐夢監督が永年の念願であった「人生劇場・残侠篇」の任侠道の美しさを、東映オールスターを配してダイナミックに謳いあげた超大作任侠映画の傑作である。


松方弘樹                      藤純子、高倉健

【ストリー】
大正14年。8年ぶりに上海から故郷に戻った吉良常(辰巳柳太郎)は、亡き主人青成瓢太郎の子瓢吉(松方弘樹)を尋ね、東京に出た。瓢吉は文士になるため勉強していたが、中学時代の恩師黒馬(信欣三)と同居していた。吉良常も瓢吉の家に腰をおろすことになった。その頃、砂村の小金一家と貸元大横田の間にひと悶着が起った。飛車角が大横田(遠藤辰雄)がやっているチャブ女おとよ(富司純子)を足抜きさせ、小金一家に匿ったからである。飛車角は宮川(高倉健)や小金(若山富三郎)らと殴り込みに加わり、大横田の身内丈徳(天津敏)を斬って勝利を収めた。しかし、飛車角は兄弟分の奈良平が裏切っておとよを連れ出したことから、奈良平(名和宏)を斬った。そのため飛車角は巡査に追われ、瓢吉の家に逃げ込んだのだった。吉良常はすぐさま何が起ったかを悟り、静かに飛車角に自首を勧めた。自首する直前、飛車角はおとよに会い、小金と大横田が手打ちになったのを知った。しかし、おとよはそのまま行方をくらましたのである。4年の歳月が流れた。宮川は玉ノ井の女に惚れ、毎日通っていた。宮川の知らないことだったが、それはおとよだった。仲間はそれと知って忠告した。小金一家にとって飛車角は大恩人なのだ。しかし、おとよに惚れ込んだ宮川は二人で逃げようとしていた。一方、吉良常はおとよに、飛車角に面会に行くよう勧めた。だが、おとよの心はもう飛車角にはなかったのだ。苦悩するおとよは、瓢吉の青春の想い出となったお袖(左幸子)と共に姿をくらました。やがて飛車角が特赦で出所した。すでに小金は病気で世を去り、丈徳の跡目を継いだデカ虎に寺兼(大木実)も殺されていた。そのころ瓢吉は懸賞小説に当選し、大陸に渡ることになった。吉良常は、瓢吉が男として名を上げるまで墓は建てるな、と遺言して自殺した瓢太郎のために、今こそ墓を建てる時だと思って飛車角と共に吉良港に発った。飛車角はそこで、おとよと再会、ともに昔を偲んだのだが、時の流れに離ればなれになったお互いの気持ちを、どうすることも出来なかった。故郷に戻った吉良常は長年の疲れで病床に伏し、やがて瓢太郎かたみのピストルを銀杏の梢に向けて撃ちつづけながら、その生涯を閉じたのだった。その折り、飛車角を丈徳の仇を狙うデカ虎(山本麟一)、そのデカ虎を狙う宮川も吉良港にやってきた。宮川は単身、デカ虎が草鞋を脱いだ杉源一家に殴り込みをかけ、全身を斬りきざまれながら果てた。そのことを知った飛車角は杉源一家とデカ虎と渡りあい宮川の仇を討ったのだった。飛車角は宮川の死体をおとよに託すとただ一人、吉良港を去って行った。


左幸子、山城新伍                 藤純子、鶴田浩二

題名:人生劇 飛車角と吉良常
監督:内田吐夢
企画:俊藤浩滋、大久保忠幸、吉田達
製作:大川博
原作:尾崎士郎
脚本:棚田吾郎
撮影:仲沢半次郎
照明:梅谷茂
録音:小松忠之
美術:藤田博
装置:松野大三郎
装飾:上原光雄
殺陣:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:白浜帆城
助監督:三堀篤
出演:鶴田浩二、若山富三郎、藤純子、中村竹弥、大木実、松方弘樹、左幸子、辰巳柳太郎、高倉健、島田正吾、山城新伍、八名信夫、信欣三、遠藤辰雄、天津敏、名和宏
1968年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー109分35mmフィルム
人生劇 飛車角と吉良常 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人生劇 飛車角と吉良常

1 2 3 4 7