映画「時の娘」


真喜志きさ子                       橋水光

今回は内藤誠監督1980年製作「時の娘」をピックアップする。
本作は「ツィゴイネルワイゼン」に続いて荒戸源次郎氏が率いるシネマ・プラセット第2回作品であり、東映の専属監督だった内藤誠監督のフリー第1作になった。出演は劇団天象儀館の俳優とベテラン映画俳優の布陣で、寺山修司ティストの鈴木清順原作の世界観を描いている。


梅宮辰夫                        加賀まりこ

【ストリー】
江戸情緒の面影もすっかりなくなった元吉原。想太郎(梅宮辰夫)の母と花火師富造(松本克平)は、昔、恋仲であったが、富造は、江戸花火師の意地と、床についたまま明日も知れぬ昔の惚れた女の為、仲間の花火職人と語らって、今は語り草でしかない江戸前の大花火を、法を破っても打ち上げようとしていた。しかし、名人気質で、死んだ母をかえりみなかった父親の職人としての情熱をかなしく恨んでいた娘の紋(真喜志きさ子)は、警察に通報しても、それも止めようとする。江戸の華はついに打ち上がらず終りかと思えたが……。


橋水光、加賀まりこ                     藤井千代美

松本克平                            殿山泰司

題名:時の娘
監督:内藤誠
企画:小田知雄
製作:荒戸源次郎
原案:鈴木清順
脚本:佐々木守、内藤誠
撮影:鈴木史郎
照明:斉藤政弘
録音:八木降幸
音効:伊藤克己
整音:岩田広一、山本逸美
美術:多田佳人
化粧:橋本直枝、川村美加
記録:大鶴由子
編集:菅野順吉
音楽:殿原秀男
現像:東映化学
製作進行:平沼善幸
製作事務:宗像栄子
助監督:祭主恭嗣
監督助手:酒井直人、高橋徹、中島竹彦、宮下真
撮影助手:遠藤政史、黒沢常男、下元寺郎、下元哲
照明助手:岡本滝河、丸山幸雄
美術助手:平松正之、小間豊
編集助手:井手真人
スチール:志水誠
出演:真喜志きさ子、橋水光、梅宮辰夫、加賀まりこ、藤井千代美、松本克平、殿山泰司、牧口元美、岸田今日子(NA)
1980年日本・シネマ・プラセット/ビスタサイズ・カラー80分35mmフィルム
時の娘 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


時の娘

映画「風来坊探偵」

今回は深作欣二監督1961年製作「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」と「風来坊探偵 岬を渡る黒い風」をピックアップする。
第一作の「岬を渡る黒い風」は深作欣二監督のデビュー作であり、千葉真一さんの初主演作である。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇
風来坊探偵 赤い谷の惨劇

【ニュー東映とは】
1958年月に株式会社東映テレビ・プロダクションの社名で設立されたが、1959年2月に東映テレビ映画株式会社、同年5月8日に第二東映株式会社と商号変更した。1961年2月にニュー東映株式会社と改称したが、その後10か月後の同年12月の製作・配給を中止、東映に吸収合併した。同社は東映の子会社ではあるが、現存する株式会社東映テレビ・プロダクションとは別の会社である。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
千葉真一                       曽根晴美

深作欣二監督のデビュー作「風来坊探偵 赤い谷の惨劇(1961年)」の製作当時は、日本映画黄金期であり、東映は業績が良かったので、次々と映画を量産して行く狙いがあったそうだ。本作は、降雪した浅間山にセスナ機を置いてオープンセットを立てたり、セスナ機の墜落では特撮を使用しふんだんに予算を使っている。雪渓での格闘やダイナマイトに吹き飛ばされ、乗馬しながらのガンファイトなど、スタントマンなしで演じる千葉さんのアクションの原点と言っても良い作品だ。この無国籍的なウエスタン調の作品が国内でヒットした事で、数年後にやって来るマカロニウエスタンブームの下地が出来た様に思う。共通点はアンチ・ビフテキウエスタン(アメリカ製西部劇)だ。この後、深作監督・千葉真一コンビは17作品を製作した。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
小林裕子、北原しげみ                故里やよい

【ストリー】
香山美佐子(北原しげみ)はセスナ機で墜落死した、兄の墜落現場である赤岩岳山麓の村にやって来た。兄は新日本開発会社青雲社長と一緒に遭難したのであった。土地不案内の美佐子は上田牧場の娘、ちか子(小林裕子)に連れられて現場に来たが、何となく兄の死因に不審を待った。そこには、新日本開発会社の依頼をうけた、通称風来坊探偵の西園寺五郎(千葉真一)も来ていた。五郎は、本格的調査をするために上田牧場に泊めてもらうことになった。美佐子もまた、ちか子の勧めで牧場に暫く滞在することになった。上田牧場は孤児達の世話をみる牧場主の上田(宇佐美淳也)と娘のちか子を中心に平和に明け暮れていた。その翌日、地元の北東観光のボス鬼頭(神田隆)と手下が牧場に現われた。鬼頭は日頃から新日本開発を押しのけて附近一帯の観光事業を独占しようとしていた男だ。牧場は新日本開発の土地であるが、鬼頭は青雲社長直筆の土地譲渡書をタテに強引に立退きを追って来たのだ。そんな彼らを五郎が追っ払った。しかし、後でスペードの鉄(曽根晴美)と名乗る鬼頭の用心棒が五郎に決闘を申込んできた。広大な雪渓上で、鉄のルガー拳銃と五郎のウィンチェスター銃との勝負がはじまった。だが、腕は互角だった。二人はこの時、ウマがあうというのかお互に奇妙な友情を感じあっていた。鉄の助言で鬼頭の情婦踏絵(故里やよい)が、もとスチュワーデスと知った五郎は、鬼頭のロッジに忍びこんで一個のパラシュートを発見した。五郎は踏絵を墜落現場に誘い出し、踏絵が鬼頭の命をうけて青雲社長を拉致した後、離陸寸前のセスナ機に潜入、上空で香山操縦士を殴って失心させ自分はパラシュートで降下した墜落の推理を語った。全てを観念した踏絵に、鬼頭の手下の拳銃が火を吐いた。一方、鬼頭は牧場に火を放ち実力行使にでてきた。その火を見て牧場に駆けつけた五郎は、鉄の加勢で鬼頭一味を倒すのだった。 〔岬を渡る黒い風〕 風来坊探偵こと西園寺五郎は、江藤漁業江藤重吉の娘慎喜子に事件を依頼されて房総半島新岬港に向かった。江藤漁業は相次ぐ海難事故のため危機に頻していた。しかもその事故原因が決って時化の金曜日に起ることから重吉は、娘を五郎の迎えにやったのだ。五郎が江藤漁業へついた時に、重吉は水死体となっていた。五郎の活躍が始った。新岬港にはもう一つの漁業会社堀越海運がある。南房水産研究所の仕事を一手に引きうけて繁昌していた。南房水産は所長の南条博士、五味助手、所員の千代子を中心に、プランクトン放流による漁法の研究を課題としていた。その後援者は町の実力者の多々良大造であった。採算がとれそうにもない研究に多々良は絶大な援助を送っていた。水産研究と堀越海運との結びつきに疑問を抱いた五郎に、堀越海運にいるジョーカーの鉄という渡り者が戦いを挑んできた。断崖の岩場に、鉄の拳銃と五郎のウィンチェスターが対決した。だが腕は互角だった。二人の胸にはいつか友情が湧いていた。五郎は時化の日の金曜日、あけぼの丸で水産研究所の実験海域へ密かに潜入した。そこで五郎が見たのは、堀越海運からのチャーター船が、此処で貨物船と麻薬の取引をしている現場だった。江藤海運の沈没船はいずれもこの現場をみたためだった。この海域から離脱しようとしたあけぼの丸は、貨物船に発見され、ダイナマイトを投げつけられた。あけぼの丸は怒濤の中に沈んでいった。この事件で、麻薬団の首領、五味こと蒋石海は、身の危険を知った。南条博士が傀儡のボスとなって堀越一味が沖から運んでくる麻薬を多々良とその情婦紫都子に輸送させていたのだが、麻薬ルートの全ぼうのばれるのを恐れて多々良と紫都子を射殺した。そして堀越剛之助とその幹部も部下に命じて射殺させた。逃げるための楯に慎喜子を捕まえた。その騒ぎの最中に、あけぼの丸と一緒に沈んだはずの五郎が鉄と現われた。二人の拳銃とウィンチェスターに、蒋一味は次々と倒れていった。最後には蒋も断崖まで追いつめられ、やがて消えていったのだった。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
千葉真一、小林裕子                  曽根晴美

題名:風来坊探偵 赤い谷の惨劇
監督:深作欣二
企画:佐藤正道
脚本:神波史男、松原佳成
撮影:飯村雅彦
照明:原田政重
録音:内田陽造
美術:北川弘
編集:鈴木寛
音楽:池田正義
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:白浜汎城
助監督:小西通雄
スチール:遠藤努
出演:千葉真一、曽根晴美、北原しげみ、小林裕子、故里やよい、宇佐美淳也、安藤三男、神田隆、関山耕司、久地明
1961年日本・ニュー東映/シネスコサイズ(東映スコープ)・モノクロ・62分35mmフィルム
風来坊探偵 赤い谷の惨劇 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
千葉真一、北原しげみ

風来坊探偵 岬を渡る黒い風
風来坊探偵 岬を渡る黒い風風来坊探偵 岬を渡る黒い風
千葉真一                                                                         北原しげみ

「風来坊探偵」の第二作「岬を渡る黒い風」は、千葉真一さん、曽根晴美さん、北原しげみさん、小林裕子さん、故里やよいさんと同じ顔ぶれだ。このシリーズは2作で終わり、「ファンキーハットの快男児シリーズ」に移り、深作監督の無国籍映画は「渡り鳥シリーズ(日活)」とは異なるティストで「白昼の無頼漢」まで5作品をニュー東映で撮っている。

風来坊探偵 岬を渡る黒い風 004
曽根晴美

【ストリー】
風来坊探偵こと西園寺五郎(千葉真一)は、江藤漁業江藤重吉の娘慎喜子(北原しげみ)に事件を依頼されて房総半島新岬港に向かった。江藤漁業は相次ぐ海難事故のため危機に頻していた。しかもその事故原因が決って時化の金曜日に起ることから重吉(松本克平)は、娘を五郎の迎えにやったのだ。五郎が江藤漁業へついた時に、重吉は水死体となっていた。五郎の活躍が始った。新岬港にはもう一つの漁業会社堀越海運がある。南房水産研究所の仕事を一手に引きうけて繁昌していた。南房水産は所長の南条博士(宇佐美淳也)、五味助手(小野良)、所員の千代子(小林裕子)を中心に、プランクトン放流による漁法の研究を課題としていた。その後援者は町の実力者の多々良大造(神田隆)であった。採算がとれそうにもない研究に多々良は絶大な援助を送っていた。水産研究と堀越海運との結びつきに疑問を抱いた五郎に、堀越海運にいるジョーカーの鉄(曽根晴美)という渡り者が戦いを挑んできた。断崖の岩場に、鉄の拳銃と五郎のウィンチェスターが対決した。だが腕は互角だった。二人の胸にはいつか友情が湧いていた。五郎は時化の日の金曜日、あけぼの丸で水産研究所の実験海域へ密かに潜入した。そこで五郎が見たのは、堀越海運からのチャーター船が、此処で貨物船と麻薬の取引をしている現場だった。江藤海運の沈没船はいずれもこの現場をみたためだった。この海域から離脱しようとしたあけぼの丸は、貨物船に発見され、ダイナマイトを投げつけられた。あけぼの丸は怒濤の中に沈んでいった。この事件で、麻薬団の首領、五味こと蒋石海は、身の危険を知った。南条博士が傀儡のボスとなって堀越一味が沖から運んでくる麻薬を多々良とその情婦紫都子に輸送させていたのだが、麻薬ルートの全ぼうのばれるのを恐れて多々良と紫都子を射殺した。そして堀越剛之助とその幹部も部下に命じて射殺させた。逃げるための楯に慎喜子を捕まえた。その騒ぎの最中に、あけぼの丸と一緒に沈んだはずの五郎が鉄と現われた。二人の拳銃とウィンチェスターに、蒋一味は次々と倒れていった。最後には蒋も断崖まで追いつめられ、やがて消えていったのだった。

風来坊探偵 岬を渡る黒い風風来坊探偵 岬を渡る黒い風
小林裕子

題名:風来坊探偵 岬を渡る黒い風
監督:深作欣二
企画:佐藤正道
脚本:神波史男、松原佳成
撮影:飯村雅彦
照明:原田政重
美術:北川弘
録音:内田陽造
編集:鈴木寛
音楽:池田正義
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:白浜汎城
助監督:小西通雄
スチール:遠藤努
千葉真一、曽根晴美、北原しげみ、小林裕子、故里やよい、宇佐美淳也、松本克平、須藤健、永田靖、小野良、神田隆
1961年日本・ニュー東映/シネスコサイズ(東映スコープ)・モノクロ60分35mmフィルム
風来坊探偵 岬を渡る黒い風 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

風来坊探偵 岬を渡る黒い風風来坊探偵 岬を渡る黒い風