映画「風の視線」


園井啓介                        新珠三千代

今回は川頭義郎監督1963年製作「風の視線」をピックアップする。
本作は、松本清張氏原作のメロドラマであるが、冗長な流れで展開する三角関係で終始する。60年代の世相、男女の地位などが明確に反映された背景が現代ではありえず、逆におもしろかった。


岩下志麻                          佐田啓二

【ストリー】
亜矢子(新珠三千代)は夫重隆(山内明)との愛なき結婚にすっかりつかれ果てていた。外国に赴任している夫の留守を、視力を失った母堂總子(毛利菊枝)と暮らしていた。そうした美貌の人妻亜矢子に、新進のカメラマン奈津井(園井啓介)は憧れを持っていた。だが、彼女のすすめるままに千佳子(岩下志麻)と簡単な見合結婚をしてしまった。千佳子は亜矢子の夫重隆に誘惑されて、短かい愛の交渉をもった暗い過去があった。この結婚にはこういった暗い影があった。亜矢子は、夫の留守中に知り合った大新聞の事業部の次長久世(佐田啓二)が、心のよりどころとなりそれが愛にかわっていた。久世は、画期的な企画に敏腕をふるって業界にその名を知られていたし、若い芸術家達に絶大な信頼があった。しかし、彼もまた亜矢子と同じように、愛なき結婚で結ばれた名前だけの妻(奈良岡朋子)と別居した生活を送っていた。そんなところへ、重隆が突然帰国してきた。この帰国は複雑な人間関係に大きな波紋を投げかけた。この帰国を知った千佳子は、荒廃した自分の中に真実の愛を確かめようとして重隆を訪れた。しかし、彼はただ千佳子の身体を求めるだけだった。彼女は現在の生活までも捨てようとした自分の愚かさを知って、奈津井のアパートから姿を消した。一方、久世の妻英子は夫と亜矢子の仲にしっと心をもやし、帰国早々の重隆に中傷した。重隆は亜矢子との離婚を認めず、最後まで彼女を苦しめようと図った。そんな時、重隆は密輸であげられた。亜矢子はこれで夫とは絶対別れられないと決心し、久世を川治温泉に誘って一夜を過ごした。そうした亜矢子の心を知って久世は、みずから進んで、佐渡の支局へ転勤した。そんな頃、荒んだ生活の奈津井のもとに千佳子が帰ってきた。若い二人はお互の愛の傷を見詰め合うことによって、新しい愛の生活に出発しようとする勇気と意志を持ったのだ。一方、英子は東京から佐渡へ渡る気になれず、自分から久世に別れを告げた。そして、獄窓の重隆も亜矢子との離婚に心から同意するようになっていた。亜矢子と久世の結ばれる日は、もう間近なのだ。


岩下志麻、新珠三千代                    山内明

奈良岡朋子                          園井啓介

題名:風の視線
監督:川頭義郎
製作:脇田茂
原作:松本清張
脚本:楠田芳子
撮影:荒野諒一
照明:飯島博
録音:松本隆司
整音:沼上精一
美術:岡田要
装置:佐須角三
装飾:深沢重雄
衣裳:吉田幸七
編集:杉原よ志
音楽:木下忠司
進行主任:峰順一
助監督:中新井和夫
撮影助手:内海収六
照明助手:荒木勝
録音助手:佐藤広文
渉外事務:秦野賢児
スチール:堺謙一
出演:岩下志麻、新珠三千代、園井啓介、佐田啓二、山内明、滝田裕介、奈良岡朋子、加藤嘉、高宮敬二、山内明、毛利菊枝、中村たつ、小林トシ子、松本清張
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ105分35mmフィルム
風の視線 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


園井啓介、岩下志麻                     風の視線

映画「ゼロの焦点」

ゼロの焦点
高千穂ひづる、久我美子
ゼロの焦点ゼロの焦点
久我美子                      有馬稲子

今回は野村芳太郎監督1961年製作「ゼロの焦点」をピックアップする。
松本清張氏原作の本作は、北陸地方を舞台に、太平洋戦争直後に端を発する時代の傷痕が生んだ連続殺人事件を描いたものだが2009年に犬童一心監督(出演:広末涼子、中谷美紀)でリメイクされた。
本作を観て確信を持った事がある。1970年代から今に於いても作り続けているテレビサスペンスドラマで、必ず犯人が断崖絶壁で事件の真相を告白して結末を迎えるというステロタイプのパターンは、本作のラストシーンの焼き増しである。視聴率があるから何の懐疑もなく粗製乱造する安物の映像=ビデオで撮ったテレビドラマとはそんなものだ。
本作は映画として脚本が良いだけでなく、シャープな演出、重厚なモノクロトーン、引き込まれる芝居 …. 優秀な作品である事は間違いない。今のテレビドラマを見る時間があれば、例えDVDでも特に邦画は1960年代の作品を観るべきだと思った。

ゼロの焦点ゼロの焦点
南原宏治、高千穂ひづる               西村晃

【ストリー】
禎子(久我美子)は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一(南原宏治)を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一はある広告社の金沢出張所長だったが、結婚を機会に東京本社に栄転となり、今度は後任の本多と事務引継ぎをするための金沢行きだった。予定の十二日をすぎても憲一は帰ってこなかった。十一日の夜金沢を発ったということなのに。会社で憲一の同僚(穂積隆信)を事情調査に金沢へ派遣することになったので、禎子も同行することにした。
しかし、憲一が金沢在任中に暮らしていたはずの下宿の所在さえ分らなかった。憲一が親しかったという室田耐火煉瓦の社長室田(加藤嘉)を訪ねた。室田も、夫人の佐知子(高千穂ひづる)も禎子を慰めてくれるだけで憲一の失踪については心当りがないという。手がかりが掴めないので、禎子は一旦帰京した。後のことは義兄の宗太郎(西村晃)が金沢へ来たので任せることにした。禎子は憲一が広告社に勤める前に一年半ほど立川署の巡査をしていたのを知った。憲一が風紀係としてパンパンの取締りに当っていたのも分った。禎子にはすべて初耳だった。金沢にいた宗太郎が死んだ。青酸カリ致死量による中毒だった。禎子はこの事件が憲一の失踪に関係があると思った。犯人がパンパン風の女だということは、憲一が風紀係だったことに結びつく。禎子は室田の会社を訪ねた時、受付にいた女がパンパン独特の癖のある英語を使っていたことを思い出した。室田の会社へ行ったが、その女田沼久子(有馬稲子)は三日ばかり前から休んでいるということだった。久子には曽根益三郎という内縁の夫があったが、十二月十二日に死亡しているという。憲一が失踪した日だった。曽根の生前の住所は能登の高浜町であった。禎子は高浜の町へ赴いた。曽根とは他ならない憲一であった。憲一は佐知子の秘密を握っているために殺されたのだった。佐知子は憲一が風紀係をしていた頃パンパンをやっていたのだ。今は名士となった彼女は、秘密を知る憲一を、秘密をかぎつけた宗太郎を殺したのである。禎子と佐知子は能登金剛の断崖で対決した--。

ゼロの焦点
能登金剛の断崖
ゼロの焦点
加藤嘉、高千穂ひづる、久我美子

題名:ゼロの焦点
監督:野村芳太郎
企画:若槻繁
製作:保住一之助
原作:松本清張
脚本:橋本忍、山田洋次
撮影:川又昂
照明:佐藤勇
録音:栗田周十郎
整音:堀川修造
美術:宇野耕司
装置:山本金太郎
装飾:宗田八郎
衣装:長嶋勇治
編集:浜村義康
音楽:芥川也寸志
製作主任:池田善徳
制作進行:沼尾鈞
監督助手:杉岡次郎
撮影助手:坂巻佐平
照明助手:高橋利丈
録音助手:小林英雄
スチール:小尾健彦
出演:久我美子、高千穂ひづる、有馬稲子、南原宏治、西村晃、沢村貞子、加藤嘉、永井達郎、桜むつ子、穂積隆信、十朱久雄、織田政雄、佐々木孝丸、高橋とよ
1961年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
ゼロの焦点-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ゼロの焦点ゼロの焦点
久我美子、沢村貞子