映画「二代目はクリスチャン」


志穂美悦子

月丘夢路、志穂美悦子              志穂美悦子、蟹江敬三

今回は井筒和幸監督1985年製作「二代目はクリスチャン」をピックアップする。
原作・脚本はつかこうへい氏が担当した角川映画だ。内容は教会に仕える清純なシスターが、ひょんな事からヤクザの二代目を襲名、抗争事件に巻き込まれるというものだが、クライマックスで「てめえら!!十字を切って悔い改めやがれ。でねぇと一人残らず叩っ斬るぜ! 」と啖呵を吐く志穂美悦子さんが美しい。


松本竜介、岩城滉一               志穂美悦子、かたせ梨乃

【ストリー】
神戸は六甲山の中腹にある聖サフラン教会では、天竜組組長・故天竜源一郎の告別式が行なわれていた。オルガンで讃美歌の伴奏をしているのはシスター今日子(志穂美悦子)。その瞳は神のみを見つめ、端正な横顔はこの世のものとは思えないほど美しく、やさしい。この今日子に惚れているのが、天竜晴彦(岩城滉一)。本来ならば天竜組の二代目を継ぐべきところなのだが、恋は盲目、晴彦にとっては天竜組の代紋より今日子の存在の方が大きいのだ。彼女の気をひくために、毎日、教会のブタ小屋の掃除に余念がない。それどころか、子分の意見を無視して、全員、洗礼を受けさせてしまった。腹巻きの中にはドス、首には十字架というナサケない姿で、ヤクザ仲間からはバカにされる始末。一方、今日子に想いを寄せている男がもう一人。晴彦の幼馴染みで、神戸署の刑事・神代(柄本明)だが、神代の実家が天台宗の寺だけに、二人の間には宗教の厚い壁が立ちはだかっている。しかし、肝心の今日子は、数年前、ある嵐の夜に宿命的な出会いをした英二(北大路欣也)という男に、秘かな恋心を抱き続けていたのだ。天竜会と対立する黒岩会会長の黒岩(室田日出男)は、自分の情婦・百合(かたせ梨乃)をつかって晴彦を罠にかけようとしていた。そして二人が抱き合っている現場をおさえた黒岩は、晴彦を袋叩きにしてしまう。晴彦を救出に行った今日子は、黒岩のところに身を寄せている英二と再会。だが、英二に寄りそう女の姿を見て、その場に立ちつくすのだった。今日子は、ついに晴彦と結婚することにした。式の後で晴彦の二代目襲名披露も行なわれることになった。結婚式当日、今では晴彦に想いを寄せるようになっていた百合が、嫉妬に狂ってナイフで今日子に襲いかかり、彼女をかばった晴彦が刺され死んだ。今日子は、涙の渇く間もなく、神代に連れられて二代目襲名披露会場へ。居並ぶ親分衆の前で亡き晴彦に替って二代目を襲名するのだった。一方、黒岩会は一気に天竜組を潰すべく無差別攻撃に出た。次々と倒れていく子分たち。しかも今日子が世話する子供たちまでも標的にされた。爆破され破壊された教会で呆然と立ちつくす今日子。その時、崩れ落ちたキリスト像の後ろから、油紙で包まれた今日子の亡き父、“狂犬病鬼頭”と呼ばれた父の長ドスが現われた。そのドスを手に、黒岩会に殴り込みに行く今日子。途中、あの英二が行く手をさえぎった。だが英二は、今日子に人の斬り方を教えると、自分から彼女の手にかかって死んだ。神代と子分の次郎(松本竜介)を従えた今日子は、黒岩会の事務所へ殴り込み、凄絶な死闘の末に、黒岩をはじめ、子分たちを倒すのだった。


柄本明、志穂美悦子、松本竜介             北大路欣也

題名:二代目はクリスチャン
監督:井筒和幸
製作総指揮:角川春樹
製作:佐藤雅夫、斎藤一重、豊島泉、菅原比呂志
原作:つかこうへい
脚本:つかこうへい
撮影:北坂清
照明:安藤清人
録音:平井清重
美術:佐野義和
技斗:菅原俊夫
記録:中野保子
編集:玉木濬夫
音楽:甲斐正人 主題歌:BIRDS
現像:東洋現像所
スチール:遠藤功成
出演:志穂美悦子、岩城滉一、柄本明、北大路欣也、室田日出男、かたせ梨乃、蟹江敬三、月丘夢路、山本亨、藤岡重慶、山村聡、松本竜介
1985年日本・角川春樹事務所/ビスタサイズ・カラー101分35mmフィルム
二代目はクリスチャン -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


志穂美悦子                    室田日出男

志穂美悦子

志穂美悦子