映画「悪名十八番」

悪名十八番悪名十八番
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1967年製作「悪名十八番」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第14作になる。
1968年1月13日封切りされた。本作は、”悪名シリーズ”で田宮二郎さん最後の出演作となる。

悪名シリーズ

悪名十八番悪名十八番
安田道代(大楠道代)                  森光子

【ストリー】
岡山の喧嘩騒ぎで過剰防衛の罪に問われた朝吉(勝新太郎)が、兄の辰吉(金田龍之介)の奔走で、執行猶予つきながら出所してきた時、辰吉は土地の悪徳ボス中沢(西村晃)のために大怪我をさせられた。辰吉は土地の浄化のために市会議員選挙に立候補したのだが、それが中沢の邪魔になったのだ。折角、兄の仕事を手伝い、堅気の生活に入ろうと決心した朝吉は、こんな状態に巻込まれては、持前の喧嘩好きの性分が頭をもたげてくるのをどうしようもなかった。兄の会社の事務員鈴子(安田道代)に慕われた朝吉は、夜、鈴子と歩いている途中、中沢組の者に襲われ、罠にかかって殺人犯に仕立て上げられてしまった。その上、朝吉の無実を証明出来る鈴子は中沢組に捕われ、大阪に連れていかれたのである。そんな時、新聞で朝吉の急を知った清次(田宮二郎)が、重傷を負って入院している身をおしきって駆けつけて来た。警察の目を逃がれて、鈴子を探すべく大阪へ来た二人は、鈴子を中沢の子分荒雲(松枝錦治)の手から救い出した。そして、鈴子と共に真犯人を知る荒雲を連れて兄の家に戻った朝吉は、辰吉が中沢に連れ去られたことを知った。中沢は辰吉が市議になっては、競輪場をつくってひと儲けしようという計画が潰れてしまうため、辰吉を自動車事故を装って殺そうと計っていたのである。自分の子分を殺しておいて、朝吉をその殺人犯に仕立てたのも、辰吉の当選に不利な事件を起こそうとしてのことだった。朝吉と清次は、そうした中沢の悪だくみを知ると、辰吉が監禁されている場所に乗り込み、派手に暴れ回った。辰吉を助け出した二人は、中沢をさんざんいためつけ警察に引渡した。一方、救い出された辰吉は、朝吉がいてはいざこざが絶えないと、やむを得ず旅に出るよう勧めるのだった。数日後、朝吉と清次は四国への連絡船の中で、辰吉当選のラジオニュースを聞き、満足そうに頬笑み交すのだった。

悪名十八番悪名十八番
西村晃                        金田龍之介
悪名十八番悪名十八番
藤田まこと                    森光子、勝新太郎、藤田まこと
悪名十八番悪名十八番
京唄子、鳳啓助                    芦屋小雁 

題名:悪名十八番
監督:森一生
企画:辻久一
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:美間博
録音:林土太郎
美術:太田誠一
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、安田道代(大楠道代)、森光子、西村晃、藤田まこと、金田龍之介、芦屋小雁、京唄子、鳳啓助、松枝錦治、八泉鮎子、南都雄二、守田学、水原浩一、伊達三郎
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名十八番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名十八番悪名十八番
八泉鮎子                     田宮二郎、勝新太郎