映画「怪談本所七不思議」


明智十三郎                            天知茂

今回は加戸野五郎監督1957年製作「怪談本所七不思議」をピックアップする。
本所七不思議は、東京都墨田区本所に江戸時代ころから伝承される奇談・怪談を言うそうだが、江戸時代の典型的な都市伝説の一つであり、古くから落語など噺のネタとして庶民の好奇心をくすぐり親しまれてきたそうだ。1937年に新興キネマで「本所七不思議」が製作され本作はそのリメイクである。


山下明子                               松浦浪路

【ストリー】
江戸本所七不思議のうち「おいてけ堀」--いましも一匹のいたずら狸が、化けそこなって通行人に寄ってたかって生捕られたが、折から通りすがった旗本小宮山左膳(林寛)と息子弓之助(明智十三郎)の計いで助けられた。数日後、弓之助は武道修業に上州へ門出した。弓之助と入れ違いに、左膳の甥に当る権九郎(天知茂)が久々に小宮山家を尋ねて来た。嘗て叔父甥の縁を切られた無頼の徒で、金を無心に来たのだが、左膳の後妻おさわ(山下明子)に気がつくとハッとした。二人は、その昔おさわが茶屋に働いていた頃、深い仲だったのである。再びよりを戻した権九郎はある夜、花見帰りの左膳を向島土手に待伏せして斬殺してしまった。生命の恩人の危機に、火の玉となって駈付けた、いつかの狸--長兵衛も一足違いで遅かった。弓之助の乳兄妹の八重は、独り悲嘆に暮れ弓之助の帰りを待ち焦れていた。そんな彼女に眼をつけた権九郎は、ある夜彼女の部屋に忍び込み手ごめにしようとしたが、その時旅姿の弓之助が現われ難を逃れた。慌てた権九郎は五助(沢井三郎)に命じて弓之助を殺させてしまった。しかし、死んだはずの弓之助が再び小宮山家の庭先に現われた。そこへまた、上州の弓之助が帰って来た。さては、前の弓之助は化物と権九郎は色を失った。八重(松浦浪路)も驚いたが、やがて片一方の弓之助は実は左膳に助けられた長兵衛狸で弓之助の身代りになっていたのだと知った。一切の事情を知った弓之助は、化物を恐れて寺に逃げ込んだ権九郎を追った。そして、狸が化けた一ツ目小僧や三ツ目入道などの助力で、遂に父の仇を見事討つことができた。


天知茂、山下明子

題名:怪談本所七不思議
監督:加戸野五郎
企画:佐川滉
脚本:林音弥、赤坂長義
撮影:鈴木博
照明:折茂重男
録音:根岸寿夫
美術:宮沢計次
編集:笠間秀敏
音楽:伊藤宣二
製作主任:山本喜八郎
助監督:武部弘道
出演:明智十三郎、松浦浪路、天知茂、林寛、山下明子、沢井三郎、鮎川浩、小高まさる、橘美千子、菊地双三郎
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ56分35mmフィルム
怪談本所七不思議 -DVD販売-
怪談海女幽霊/怪談本所七不思議[DMMレンタル]


怪談本所七不思議

映画「女獣」

女獣
小畠絹子
女獣女獣
松浦浪路                       小畠絹子

今回は曲谷守平監督1960年製作「女獣」をピックアップする。
本作は、新東宝随一の美人女優と言われた小畠絹子さんを起用した潜入捜査ものだ。
婦人警官の瀬川路子(松浦浪路さん)が、犯罪組織に体を張って潜入捜査する事は現実には有り得ないが、荒唐無稽さを感じさせない程度に物語りは展開する。また浅草・松屋デパートの“スカイクルーザー”が登場するのは貴重な記録だ。製作会社である新東宝は、本作のプロデューサーである大蔵貢氏が社長に就任し(1947年創業)1961年に倒産するが、1964年に国際放映に商号変更し復活した。一方、大蔵貢氏は1962年に大蔵映画を設立し、70mm超大作「太平洋戦争と姫ゆり部隊」「明治天皇御一代記」を製作、その後何本かの怪談映画等を経てピンク映画専門の会社になった事は、よく知られている。(大蔵貢氏:1978年没)

女獣女獣
菅原文太、松浦浪路

【ストリー】
現金輸送車襲撃事件を調査中の安藤捜査第一課長(細川俊夫)は、被害者中田秀子の死体についた指紋から共犯者の一人が不良グループの女であることを発見した。婦人警官の瀬川路子(松浦浪路)がズべ公仲間に潜入し、秀子の男関係を洗うことになった。路子は鈴子と名をかえ、秀子にくわしい圭子(星輝美)の友人エミ(青木エミ)を通して圭子に近づこうとした。初めは三郎(小高まさる)という男の出現で失敗した。次の機会を待つ鈴子の前に、圭子は死体になって現われた。鍵本の子分・山村(国方伝)から誘いをうけた鈴子は、山村の拳銃を秘かに調べたが、事件のルーガーではないと判明した。最後の手段として、鈴子は朝子(小畠絹子)に接近しようとした。与太者に扮した刑事杉山は一計を案じた。朝子が鍵本の命令で麻薬の入ったカメラを太陽堂に届ける途中、同僚の刑事がカメラを奪い、鈴子と杉山がそれを朝子に返しに行くというのである。トリックは成功した。朝子の身辺を洗うためアパートを訪れた鈴子は、朝子が殺された父の復讐のためこの道に入っていると聞き、朝子の潔白を信じた。しかし鈴子の持ち出した朝子の拳銃は、事件で使用されたルーガーであることが判明し、逮捕状が出た。朝子は太陽堂の栗林がかつて父親の死因に関して偽証した運転手の田沢に似ていることに不審を抱いた。栗林は鍵本に抹殺されたが、その最後の息の下から、朝子は主犯が娯楽センターの社長河原田徹三であることを知った。婦人警官の身分を明らかにした鈴子は、朝子に拳銃の出所を詰問した。朝子は自分が事件の共犯で拳銃は鍵本のものであると白状するや、鈴子の手から拳銃を奪還した。朝子は河原田邸に向かった。しかしこれを察知した河原田は待ち構え、朝子を捕えた。一味が水風呂につけた朝子を感電死させようとしたところをかけつけた杉山が一網打尽にした。

女獣女獣
菅原文太、松浦浪路                 松浦浪路

題名:女獣
監督:曲谷守平
企画:小野沢寛
製作:大蔵貢
脚本:葉山浩三、志原弘
撮影:平野好美
照明:小山正治
録音:竹口一雄
美術:岩武仙史
音楽:三保敬太郎
出演:松浦浪路、小畠絹子、岬洋二、菅原文太、細川俊夫、青木エミ、国方伝、星輝美、小高まさる、左京路子
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ76分35mmフィルム
女獣 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

女獣女獣
松浦浪路                       小畠絹子