映画「竜馬暗殺」


中川梨絵、原田芳雄                   石橋蓮司

今回は黒木和雄監督1974年製作「竜馬暗殺」をピックアップする。
本作は、16mmフィルムで撮影され35mmにブローアップして上映された作品である。
白黒フィルムは、EKプラスエックス、ダブルエックスを使用したと思われるが、狙いで増感現像し粗粒子にしている。オリジナルネガから新たに作られたニュープリントをHDVテレシネしたD5テープを基に、DVD用オーサリングでNTSC方式に変換したデジタルぺーカムを使用したそうだ。それをキャプチャーしてデータ化(MPEG圧縮)したのがDVDである。ブローアップにこの工程で、暗部は潰れハイライトは飛んでいる。幕末青春群像の雰囲気は出ているが、35mm上映プリントで観たかった。


桃井かおり                        松田優作

【ストリー】
慶応3年11月13日。氷雨の下、京の街並を走り抜けていく男がいた。海援隊の常宿“酢屋”から“近江屋”の土蔵へ身を移す、坂本竜馬である。新しい時代を求めて、抗争と内紛の絶えなかったこの頃、身の危険を感じての竜馬の逃亡だったが、佐幕派の密偵がこれを見逃すはずがなかった。佐幕派はもちろん、大政奉還後の権力のせめぎあいから、勤皇派からもさえ竜馬は“危険な思想家”として狙われていた。しかし近江屋へ移った竜馬は意外なほど悠然とかまえていた。竜馬はすぐ隣の質屋に囲われている幡と知り合い、急速に接近した。だが、幡の許に通っている男が、新撰組隊士・富田三郎であることは知る由もなかった。そんな竜馬を狙わざるを得ない立場に追い込まれたのは、かつての同志、陸援隊々長・中岡慎太郎である。竜馬への友情を棄てきれない慎太郎は、竜馬を自分以外の男の手にはかけさせない、と決心していた。その慎太郎には近江屋の娘・妙という恋人がいた。妙は竜馬のかつての恋人である。一方、竜馬を狙う薩摩藩士・中村半次郎配下のテロリストで右太という瀬戸内の漁村から出奔した少年がいた。右太は幡の弟であった。十一月十四日。集団舞踏“ええじゃないか”を待つ町人や百姓たちをよそに、竜馬を狙う右太、慎太郎、そして幕府の密偵たち。狙われていることを知りながら慎太郎への友情を棄てきれない竜馬は、慎太郎に会うために女装して“ええじゃないか”の群にまぎれ込んだ。一方、幡は痴話喧嘩のはずみで、富田を殺害していた。その頃、“権力”は慎太郎をも抹殺することを決意していた。十一月十五日。この日、土蔵から近江屋の二階に移った竜馬と慎太郎は、何者かの手にかかって暗殺された。竜馬と慎太郎を殺し、右太をも葬り去ったのは、一体何者だったのか。“竜馬暗殺”を目撃した唯一の証人、幡は、折から叶屋になだれこんだ“ええじゃないか”にまぎれ込んで、二度と姿を現わすことがなかった……。


田村亮                         中川梨絵

題名:竜馬暗殺
監督:黒木和雄
企画:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄
製作:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄、宮川孝至
脚本:清水邦夫、田辺泰志
撮影:田村正毅
照明:上村栄喜
録音:加藤一郎
音効:中村幸雄
美術:山下宏
装飾:金杉正弥
衣裳:福富英治 (京都衣裳)
抜髪:福山善也
結髪:大沢菊枝
殺陣:久世竜
記録:安藤豊子
編集:浅井弘
音楽:松村禎三
撮影機材:三和映材社、記録映材社、青林舎
照明機材:東洋照明、加藤澄弘、C.T.C
現像:東京現像所
助監督:後藤幸一
監督助手:中田新一、李学仁
撮影助手:川上皓市、小林達比古、篠田昇
照明助手:栗田泰冶、淡路俊之、小原輝明
録音助手:矢野勝久
編集助手:鶴淵允寿、松永恒男
製作助手:岩城信行、山口秀矢
美術協力:阿部三郎、新富浩之、村山義博
抜髪助手:山崎邦夫
製作デスク:小松幸子
録音スタジオ:セントラル録音
題字:野坂昭如
協力:映像京都、東放制作、久世七曜会、人力舎
スチール:浅井慎平、佐々木美智子
出演:原田芳雄、松田優作、桃井かおり、石橋蓮司、中川梨絵、山谷初男、外波山文明、平泉征、田中筆子、田村亮、田中春男、粟津號、野呂圭介、川村真樹、天坊準、石井宣一、伴勇太郎、秋元健、西村克己、赤石武生
1974年日本・映画同人社+日本ATG/スタンダードサイズ・モノクロ118分16mmフィルム
竜馬暗殺 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中川梨絵、原田芳雄、松田優作、石橋蓮司         竜馬暗殺

映画「野獣死すべし」


野獣死すべし

松田優作                    松田優作、鹿賀丈史

今回は村川透監督1980年製作「野獣死すべし」をピックアップする。
本作は大藪春彦氏の同名ハードボイルド小説を映画化したものだが、1959年に東宝で須川栄三監督が仲代達矢さん主演で撮っている。本作の方は、原作をペースにしているものの、全く異質の作品に仕上げている。作品の良し悪しは別として、1979年に製作されたフランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」に相当影響を受け、名優松田優作さんの個性が炸裂している事は確かだ。劇場で観たのが懐かしい。

※1959年須川栄三監督「野獣死すべし


「野獣死すべし」松田優作

小林麻美                       室田日出男

【ストリー】
ある夜、警視庁捜査一課の岡田警部補(青木義朗)が殺害され、拳銃が奪われた。数日後、秘密賭博場が襲われ、暴力団3人が射殺され、テラ銭3,000万円が奪われた。使われた拳銃は奪われたものだった。伊達邦彦(松田優作)は、通信社のカメラマンとして、アンゴラ、レバノン、ウガンダなど血と硝煙の戦場を渡り歩き、帰国して退社した今、翻訳の仕事をしている。戦場でめざめた野獣の血、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳の持ち主だ。岡田警部補の部下だった柏木(室田日出男)は、執念深く事件を追い、長身、ガッチリとし体の男という容疑者像を割り出した。そして、伊達の尾行を始める。柏木の尾行をよそに、伊達はコンサート会場で華田令子(小林麻美)に接近したり、優雅な日々を送っている。暫くして、伊達は次の行動に移った。高級宝石店の店員を支払いをするからと銀行に呼び出した。店員が預金カウンターに近づくと、伊達は係の男に、前にいる男に金を渡せと電話をした。係員の防犯の合言葉で、何も知らない宝石店の男は、組み伏せられ、1分30秒後にパトカーが到着した。これは銀行の防犯体勢を調べる伊達の実験だ。大学の同窓会に出席した伊達は、そこで、自分と同じ野獣の血を感じた真田(鹿賀丈史)と出会い、彼を仲間に入れる。伊豆山中での拳銃の練習。真田はアッという間に腕を上げた。同行した恋人、雪絵(根岸季衣)が邪魔になった真田は、伊達に促され動く標的として、彼女に銃口を向けた。銀行襲撃は決行された。巧妙に逃走する伊達と真田。追う柏木。銀行に居合わせた令子も射殺して、伊達は野獣のみちを突き進んでいく……。


野獣死すべし

「野獣死すべし」松田優作、鹿賀丈史

題名:野獣死すべし
監督:村川透
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、紫垣達郎
原作:大藪春彦
脚本:丸山昇一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:福島信雅
音効:坂井三郎
美術:今村力
擬斗:松尾悟
衣装:第一衣装
美粧:入江美粧
記録:今井治子
編集:田中修
音楽:たかしまあきひこ
現像:東映化学
色彩計測:川口徹也
助監督:小池要之助
製作担当:青木勝彦、山本勉
スチール:関谷嘉明
出演:松田優作、小林麻美、鹿賀丈史、室田日出男、根岸季衣、風間杜夫、岩城滉一、泉谷しげる、佐藤慶、青木義朗、安岡力也、トビー門口、岡本麗
1980年日本・角川春樹事務所+東映/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣死すべし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「野獣死すべし」室田日出男               松田優作

「野獣死すべし」松田優作          日比谷公園市政會舘(ラストカット)

映画「あばよダチ公」


松田優作                  大門正明、松田優作、河原崎建三

今回は澤田幸弘監督1974年製作「あばよダチ公」をピックアップする。
本作は、松田優作さんの映画初主演作品である。日活がロマンポルノと並行して製作した一般映画で、アウトロー青春アクションものであるが、脚本が良くないのである。この種の内容は、ストリーや整合性に無理があっても気にならないものだが、粗ばかりが浮き出る印象だった。


佐藤蛾次郎、松田優作                 加藤小夜子

初井言栄、悠木千帆                   山本麟一

【ストリー】
3年ぶりに刑務所から帰って来た夏木(松田優作)。かつての漁村も、今では見る影もない。コンビナート群の威容、汚れた海。その死んだ海で釣をしている頭の少々弱い若者、梅(佐藤蛾次郎)。トラックの運転手でシャレ者の雅(河原崎建三)、パチプロの竜(大門正明)、夏木の仲間たちである。3年ぶりの再会で元気の出た4人は、出所祝いと称して乱痴気騒ぎの末、警察のお世話になってしまった。翌日釈放されてからも、4人は目的のない欲望のみで行動する毎日が続く。そんなある日、竜の親戚で家出娘のシン子(加藤小夜子)が訪ねて来た。彼女の父親が補償金つりあげのためにダム工事立ち退きを拒否してたてこもっており、その補償を合法的に奪いたい、というのである。相談の結果、夏木がシン子の婿養子となり、一同シン子の実家へ。ダイナマイトを腰に巻き着けて籠城している父、源太郎(山本麟一)に夏木とシン子は結婚を報告、そして源太郎を小屋から追い出した。夏木とシン子の初夜、むさぼりあう全裸の二人。だが、竜、雅、梅たちは悶々として寝つけない。刺激のない毎日が続き、竜、雅、梅のいらだちは、日増しに高まっていった。そんなある日、猟に来ていたハンターから夏木が銃を奪い取った。この事がきっかけで水源開発公団がようやく動き出した。町の暴力団半田(郷鍈治)に5人を叩き出す事を条件に、ダム工事の下請けを優先的に依頼するというのだった。半田の5人への挑発が始った。配下の鉄砲玉とホステスとのセックスによる挑発。それはセックスに飢えている竜たちには効果満点だった。おさまらない3人の為に夏木はホステス3人を強引に連れて来た。小屋の中はまるでセックスの饗宴である。だが数日後、そのホステスに梅が呼び出され半田に捕われてしまった。4人がこの土地から出て行くのなら梅を帰すというのだ。梅の命にはかえられないと決心した夏木は、シン子と源太郎に補償金問題を託し、町を出ることにした。だが、歩き続けるうちに持ち前の野放図な陽気さが甦って来た4人は、反撃を決意。今度は半田建設へ殴り込み、半田を捕虜にたてこもった。廻りを取り巻く警官たち。飛び込んで来る催涙弾。次第に疲労と焦燥が4人を襲う。折角、半田から取り上げた金が奪われるのは目に見えている。4人は止むなくその日銀券を喰い始めた……。その時、建築用クレーンがまるで怪獣の首のように壁を崩し始めた。4人はクレーンに挑むかのように飛びつき、空中に吊り上げられた。そして何か喚き散らしながら次々と落下していくのだった……。


郷鍈治                            下川辰平

題名:あばよダチ公
監督:澤田幸弘
企画:栗林茂
製作:結城良煕
脚本:神波史男
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:紅谷愃一
美術:徳田博
擬斗:田畑善彦
編集:鈴木晄
音楽:月見里太一 演奏:コスモスファクトリー
現像:東洋現像所
製作担当:天野勝正
助監督:加島春海
色彩計測:鈴木耕一
スチール:目黒祐司
出演:松田優作、大門正明、河原崎建三、加藤小夜子、佐藤蛾次郎、悠木千帆(樹木希林)、初井言栄、下川辰平、砂塚秀夫、山本麟一、郷鍈治
1974年日本・日活/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
あばよダチ公 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


河原崎建三、松田優作、大門正明            あばよダチ公


「あばよダチ公」撮影風景 キャメラはカメフレックスCM3

1 2 3 4