映画「怪談本所七不思議」


明智十三郎                            天知茂

今回は加戸野五郎監督1957年製作「怪談本所七不思議」をピックアップする。
本所七不思議は、東京都墨田区本所に江戸時代ころから伝承される奇談・怪談を言うそうだが、江戸時代の典型的な都市伝説の一つであり、古くから落語など噺のネタとして庶民の好奇心をくすぐり親しまれてきたそうだ。1937年に新興キネマで「本所七不思議」が製作され本作はそのリメイクである。


山下明子                               松浦浪路

【ストリー】
江戸本所七不思議のうち「おいてけ堀」--いましも一匹のいたずら狸が、化けそこなって通行人に寄ってたかって生捕られたが、折から通りすがった旗本小宮山左膳(林寛)と息子弓之助(明智十三郎)の計いで助けられた。数日後、弓之助は武道修業に上州へ門出した。弓之助と入れ違いに、左膳の甥に当る権九郎(天知茂)が久々に小宮山家を尋ねて来た。嘗て叔父甥の縁を切られた無頼の徒で、金を無心に来たのだが、左膳の後妻おさわ(山下明子)に気がつくとハッとした。二人は、その昔おさわが茶屋に働いていた頃、深い仲だったのである。再びよりを戻した権九郎はある夜、花見帰りの左膳を向島土手に待伏せして斬殺してしまった。生命の恩人の危機に、火の玉となって駈付けた、いつかの狸--長兵衛も一足違いで遅かった。弓之助の乳兄妹の八重は、独り悲嘆に暮れ弓之助の帰りを待ち焦れていた。そんな彼女に眼をつけた権九郎は、ある夜彼女の部屋に忍び込み手ごめにしようとしたが、その時旅姿の弓之助が現われ難を逃れた。慌てた権九郎は五助(沢井三郎)に命じて弓之助を殺させてしまった。しかし、死んだはずの弓之助が再び小宮山家の庭先に現われた。そこへまた、上州の弓之助が帰って来た。さては、前の弓之助は化物と権九郎は色を失った。八重(松浦浪路)も驚いたが、やがて片一方の弓之助は実は左膳に助けられた長兵衛狸で弓之助の身代りになっていたのだと知った。一切の事情を知った弓之助は、化物を恐れて寺に逃げ込んだ権九郎を追った。そして、狸が化けた一ツ目小僧や三ツ目入道などの助力で、遂に父の仇を見事討つことができた。


天知茂、山下明子

題名:怪談本所七不思議
監督:加戸野五郎
企画:佐川滉
脚本:林音弥、赤坂長義
撮影:鈴木博
照明:折茂重男
録音:根岸寿夫
美術:宮沢計次
編集:笠間秀敏
音楽:伊藤宣二
製作主任:山本喜八郎
助監督:武部弘道
出演:明智十三郎、松浦浪路、天知茂、林寛、山下明子、沢井三郎、鮎川浩、小高まさる、橘美千子、菊地双三郎
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ56分35mmフィルム
怪談本所七不思議 -DVD販売-
怪談海女幽霊/怪談本所七不思議[DMMレンタル]


怪談本所七不思議

映画「座頭市千両首」

座頭市千両首座頭市千両首
勝新太郎                            坪内ミキ子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市千両首」をピックアップする。
本作は“座頭市”シリーズ”第6作目になる。「続・座頭市物語」から2年ぶりに勝新太郎さんと実兄である若山富三郎さんの共演作品となっている。クライマックスの馬上の仙場十四郎と座頭市の鞭を使った対決は、マカロニ・ウエスタンで見かけるシークェンスだが、1963年「赤い砂の決闘」1964年「ミネソタ無頼」「荒野の用心棒」でもインスパイアされるシーンはなく1966になって「「真昼の用心棒」で鞭を使った対決は違った形で描かれている。

座頭市シリーズ

座頭市千両首座頭市千両首
勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)               長谷川待子

【ストリー】
市(勝新太郎)が3年前こころならずも斬った男の墓参に板倉村を訪れた所、折りしも起きた千両箱強奪事件にまきこまれた。やったのは忠治一家の者だといい、また座頭市も、その一人に数えられた。真実を確めるため忠治(島田正吾)に会った市は、樵悴した忠次や、二足わらじをはき代官の先棒をかつぐ紋次(天王寺虎之助)に自分の罪のないことを弁明するのだった。事の次第を理解した忠次だが、紋次は代官(植村謙二郎)に密告した。鳴子笛の響く中、市は見事な刀さばきできりぬけた。とある廓に来た市は紋次と代官、用心棒十四郎(城健三朗)がたくらんで忠治にぬれ衣をきせる工作と聞き、忠治の許へ急ごうとした市は、村に入って知りあった千代(坪内ミキ子)に近道だと案内された吊橋で紋次一味に出会い命を危機にさらした。それから数日後、千両箱の紛失は、二人の処刑にまで発展した。千両箱紛失の犯人と目された座頭市は、必ず千両箱をみつけて身の潔白を証明しようとした。朝靄深い宿場の入口、全身を聴嗅覚にして茶屋の屋根に身をふせた市は、千両箱を運び出そうとする紋次らに会い代官と紋次を斬り千両箱を見事とりかえすのだった。喜ぶ村人を後に、吉蔵の供養と千両箱を千代に渡すと、市は千代の前から遠ざかったが、なおもそれを追う十四郎の姿があった。

座頭市千両首座頭市千両首
島田正吾                       長谷川待子、勝新太郎

題名:座頭市千両首
監督:池広一夫
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚色:浅井昭三郎、太田昭和
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:田中省三
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、坪内ミキ子、長谷川待子、城健三朗(若山富三郎)、島田正吾、石黒達也、丹羽又三郎、植村謙二郎、天王寺虎之助、林寛
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市千両首 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市千両首
「座頭市千両首」勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)
座頭市千両首座頭市千両首
座頭市千両首

座頭市千両首座頭市千両首
「座頭市千両首」撮影風景            撮影:宮川一夫氏

映画「海女の戦慄」


前田通子                                            前田通子、天城竜太郎

今回は志村敏夫監督1957年製作「海女の戦慄」をピックアップする。
新東宝の看板スター前田通子さんは、1956~57年の2年間で20本の作品に出演し、”戦後のグラマー女優第1号”と呼ばれ一躍スターダムへ邁進した。その後に山本富士子さん、田宮二郎さんと共に映画会社の”五社協定”の最大の犠牲者としても知られる。


前田通子、三ツ矢歌子               万里昌子、三ツ矢歌子

【ストリー】
ミス海女に選ばれたチエ(三ツ矢歌子)は、雑誌社の座談会に出席するため海女のユキ(万里昌子)と上京したのだが、一泊の予定が5日たっても帰って来ない。そんなある日、「いかり亭」に高級車が止まり、紳士姿の木島(九重京司)と人相の悪い三人連れが降り立った。それから数日後、岩礁地帯の沖合に傷だらけのユキの海女姿になった溺死体が浮上った。そこへ風来坊と称する船員風の男俊介(天城竜太郎)が「いかり亭」に投宿した。彼はユキの溺死の謎について深い関心を寄せ、チエの姉ヨシ(前田通子)にくわしい話を聞くのであった。ヨシは、無口で優しい俊介が好きになった。その頃、無人島のかげの舟上で、海女姿のチエが、木島たちに魔の海に強引に潜り込まされようとしていた。数日前、ユキはこれを拒んだために殺されたのだ。海底には駆潜艇の残骸が黒々と横たわっている。この駆潜艇には、戦時中民間から徴発したダイヤモンドが秘められているのだ。--一方、俊介は木島一味が根拠地としている洞窟を度々探っていた。彼は実は刑事だったのだ。とある日ヨシが捕えられてしまった。ヨシは、チエを人質にダイヤモンドの探索を強制され、彼女の手でその箱が舟上に揚げられると、木島たちはヨシとチエを殺そうとした。その時、洋上に巡視艇が現われ、俊介たちと木島との間に激しい拳銃戦が展開されたが、ついに木島たちは全員斃され、ヨシやチエは危く救われた。

題名:海女の戦慄
監督:志村敏夫
企画:小野沢寛
原案:志賀弘
脚本:内田弘三、坂倉英一
撮影:岡戸嘉外
照明:関川次郎
録音:片岡造
美術:朝生治男
編集:金子半三郎
音楽:レイモンド服部
製作主任:川田信義
助監督:渡辺祐介
出演:前田通子、天城竜太郎、三原葉子、吉田輝雄、三ツ矢歌子、松本朝夫、桂京子、万里昌子、林寛、有田淳子、小倉繁、長谷川恵子
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ73分35mmフィルム
海女の戦慄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


海女の戦慄

1 2