映画「カポネ大いに泣く」


「カポネ大いに泣く」萩原健一

萩原健一                         沢田研二

今回は鈴木清順監督1985年製作「カポネ大いに泣く」をピックアップする。
本作は、全編の8割を占めるアメリカ・サンフランシスコのシーンを全て国内撮影、主に横浜で撮影した鈴木清順監督第45作になる。主演は、惜しくも2019年3月26日に急逝した萩原健一さん。サンフランシスコの見立てには無理があるものの、美術センスは素晴らしい作品である。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

田中裕子                        加藤治子

【ストリー】
昭和初期、芸者の小染(田中裕子)は、旅回りの役者の順之助、のちの桃中軒海右衛門(萩原健一)と出会い、深い仲になる。小染は、昔、旦那の目を盗んで浮気をしたことがバレ、背中に蛸の刺青を彫られてしまった。順之助は浪花節語りの桃中軒雲右衛門(柄本明)に憧れ、一座を逃げ出したのだ。小染の旦那が監獄から出ることになり、一方、一座も順之助を連れ戻しに来たので、二人はサンフランシスコに逃げた。浪花節で日本人移民を慰問するという気宇壮大な出発だったが、口入れ屋にだまされ、有り金は底をつき、小染のアクセサリーも賭博で取られ、小染は女郎に、海右衛門は乞食になる。そんな時、二人は大西鉄五郎(沢田研二)<通称ガン鉄>と出会う。ガン鉄は横浜ハウスに巣喰う快男児で、街頭で狼花節をうなる海右衛門を見かねて、高級ナイトクラブに連れていさ、浪花節は通用しないと、新しいショーを見せた。そこで踊っていたダンサーのリリアン(ローリー・ベリス)が和服の海右衛門をサムライ!と一目惚れしてしまう。その頃のサンフランシスコは中国人、日本人など様々な人種が入り乱れる欲望の街で、シカゴのギャング、カポネ(チャック・ウィルソン)も西部進出を狙い、弟のフランク・カポネ(ランディ・レイス)を派遣して来た。フランクはサンフランシスコの密造酒を独占しようとし、一方、ガン鉄、海右衛門、小染たちも、つくり酒屋の息子だった海右衛門に“シスコ正宗”を作らせて対抗する。三人はシカゴに行ったりするが、だんだんと追いつめられていく。そんな中で、小染は自動車事故で死んでしまう。さらにガン鉄もフグを食べて中毒死。海右衛門はリリアンに介錯させ切腹するのだった。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

樹木希林、柄本明                      梅宮辰夫、萩原健一

チャック・ウィルソン                    萩原健一、田中裕子

題名:カポネ大いに泣く
監督:鈴木清順
企画:奥山和由、C.C.J
製作:櫻井五郎
原作:梶山季之「カポネ大いに泣く」
脚本:大和屋竺、木村威夫、鈴木岬一
撮影:藤沢順一、高田昭
照明:大西美津男
特機:NK特機
録音:福島信雅
音効:酒井三郎
美術:木村威夫
装飾:安田彰一
大道具:佐藤信昭
衣裳:坂下英明、佐藤貞子
結髪:中村さき
美粧:中村恭子
化粧:山口和子、竹島綾子
ヘアー・メイク:高原宏
ボディ・メイク:小林照子
擬斗:岡田勝
カースタント:高橋義浩、前川広一
特殊効果:芳賀真人
記録:内田絢子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
フィルム:富士フィルム(報映産業)
撮影機材:日本映樹
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所
音楽:井上尭之
プロデューサー:中村賢一
アシスタントプロデューサー:莟宣次
コウ・プロデューサー:内田誠、三上祥一、森田亜男
プロダクションマネージャー:今井博彦
製作主任:高橋文雄
製作進行:福島聰司、山川元
助監督:高橋正治
監督助手:渡辺孝好、中井俊夫、滝坂裕二、藤嘉行
撮影助手:栢野直樹、佐藤和人、有田勝美
照明助手:鈴木豊、落合文雄、松島五也、奥村誠、鈴木喜三郎
録音助手:斎藤道夫、小高勲、阿部茂
美術補佐:丸山裕司、池田育代
装飾補佐:松下照夫、桜井陽一、嵩村裕司、藤木光次
編集補佐:村山勇二
企画協力:角川春樹事務所
製作事務:吉田弘美
演技事務:碓井義徳
制作作宣伝:大久保信雄
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
浪曲監修:芝清之 浪曲指導:東家菊燕
三味線指導:東家栄子
河内音頭指導:目崎明美
方言指導:大原穣子、東隆明
英語通訳:松原由利子、ロイド・ハント
キャスティング・コーディネーター:アット・ワーク
ロケ協力:横浜ドリームランド、日光ウエスタン村、他
スチール:金田正
出演:萩原健一、沢田研二、田中裕子、チャック・ウィルソン、ローリー・ベリス、柄本明、平田満、加藤治子、樹木希林、梅宮辰夫、峰岸徹、牧伸二、苅谷俊介、常田富士男、ランディ・レイス、高倉美貴、たこ八郎、阿藤海、ベンガル
1985年日本・ケイエンタープライズ/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
カポネ大いに泣く -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「カポネ大いに泣く」萩原健一

峰岸徹                       カポネ大いに泣く

映画「疑惑」


岩下志麻                                 桃井かおり

今回は野村芳太郎監督1982年製作「疑惑」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の同名小説の映画化で作者自身が脚色し、1978年に設立した自らの制作会社である霧プロダクションで作り上げた。本作において野村芳太郎監督が考えたラストは、ヒロインが最後救われるところで終わり。しかし清張はハッピーエンドの後にどんでん返しを用意すべきと主張し衝撃の結末が生まれたそうだ。

「原作をひと度映画会社やテレビ局に渡してしまえば、養子にやってしまうのと同じで、養家先でどのように扱われようと口出しすることはできない」松本清張映像の世界-霧にかけた夢-より


鹿賀丈史                              柄本明

【ストリー】
富山県新港湾埠頭で車が海中に転落、乗っていた地元の財閥、白河福太郎は死亡したが、後妻の球磨子はかすり傷ひとつ負わなかった。しかも、球磨子は過去に情夫と共謀して数数の犯罪を起こしていたことが判明。彼女は夫に三億円の保険金をかけており、この事故も、泳げない福太郎を殺すための擬装ではないかと誰もが疑った。北陸日日新聞の秋谷が積極的に報道を始めた。物的証拠がないまま球磨子は逮捕された。強気の球磨子は弁護士の原山を通じて、東京の花形弁護士、岡村に弁護を依頼するが、彼女の不利な立場に拒否され、原山も健康を理由に辞退。そして、女弁護士の佐原律子が国選弁護人として選ばれた。球磨子は同性でありながら自分とは違いすぎる立場にいる律子に反感を待った。律子も同じ気持だったが、ふとした偶然の事故から福太郎が自殺を企みようとしたことをつきとめた。球磨子は無罪となるが保険金は手に入らなかった。律子は真実をつきとめたが、球磨子を許すことは出来なかった。


仲谷昇                              小林稔侍

題名:疑惑
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、杉崎重美
原作:松本清張
脚本:野村芳太郎、松本清張、古田求
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:原田真一
調音:松本隆司
美術:森田郷平
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
スタイリスト:矢野悦子
衣装:松竹衣装
美粧:八木かつら、馬場利弘
水中撮影:西山東男
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志、毛利蔵人
現像:東洋現像所
製作主任:福山正幸
製作進行:小松譲
監督助手:松原信吾
スチール:金田正
出演:岩下志麻、桃井かおり、鹿賀丈史、柄本明、小林稔侍、真野響子、森田健作、仲谷昇、小沢栄太郎、松村達雄、三木のり平、北林谷栄、伊藤孝雄、内藤武敏、名古屋章、河原崎次郎、丹波哲郎、山田五十鈴
1982年日本・霧プロダクション+松竹/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
疑惑 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


桃井かおり、岩下志麻

映画「セーラー服と機関銃」


「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子 ”カイ…カ・ン”※機関銃はM3グリースガン(ハドソン産業製)

薬師丸ひろ子                                        薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦

今回は相米慎二監督1981年製作「セーラー服と機関銃」をピックアップする。
本作は主演の薬師丸ひろ子さんが、高等学校2年生だった1981年の夏期休暇に合わせて撮影されたそうだ。ゲリラ(不許可)撮影については、新宿通りを暴走するシーンで本物の暴走族を起用しての一発撮り、ラストで星泉(薬師丸ひろ子)が短い髪型に変わり、赤いハイヒールを履いて「七年目の浮気」のマリリン・モンロー風に地下鉄通風口からの風でスカートをひらめかせるシーンは、伊勢丹新宿店の前(新宿通り)で撮影が行われ、数百メートル離れた新宿東映会館上階から長玉を用いて隠し撮りしたそうだ。製作費は1億5,000万円で配給収入は23億円のヒット作となった。
本作で薬師丸ひろ子さんがセーラー服姿で、敵を機関銃で一掃するというキー・イメージは、1973年に志村正浩監督が製作した「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」の池玲子さんがオリジナル・イメージである事は他ならない。


1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ(志村正浩監督)」池玲子

風祭ゆき                      薬師丸ひろ子

【ストリー】
4人しか子分のいない小さなヤクザ、目高組の親分が跡目は血縁者にと遺言を残して死んだ。その頃、女高生の星泉(薬師丸ひろ子)は、成田空港の前で車に轢かれて死んだ父・貴志と火葬場で最後の別れを惜しんでいた。泉が帰りかけたとき、中年の男が父の遺骨に線香をあげていた。泉の母はずっと昔に亡くなって、これで彼女は本当の一人ぼっちだ。泉がマンションに帰ると、マユミ(風祭ゆき)という女がおり、彼女は「もし自分が死んだら泉をよろしく」という父の手紙を持っていた。フーテンの様な格好のマユミはとても父の愛人には見えない。その日からマユミと一緒に暮す泉。翌日、黒いスーツを着こんだ大勢の男たちが学校の前に並んでいる。泉のとりまき、智生(柳沢慎吾)、哲夫(藤岡竜也)、周平(光石研)が止めるのを無視して、泉は校門に向った。すると、あの火葬場にいた男が歩み出て「星泉さんですね」と言う。佐久間(渡瀬恒彦)というその男に汚ない事務所に連れていかれた泉は、そこで、目高組四代目組長を襲名してほしいと頼まれた。佐久間の話では、親分の遺言通り血縁者を探しあてると、事故死したばかりだった。それが泉の父だ。だから、跡目は血縁者の泉に回ってきたのだ。かたくなに拒否した泉だが彼らの熱意にしぶしぶ承諾してしまう。目高組は佐久間の他に、政(大門正明)、ヒコ(林家しん平)、明(酒井敏也)の三人しかいない小さなヤクザだ。その日から、泉は佐久間に連れられ大組織の組長、浜口(北村和夫)のところへ挨拶に行った。可愛い組長に浜口は驚くと同時に笑いだすが、佐久間は大真面目だ。数日後、泉のマンンョンが何者かに荒されていた。そこへ、黒木(柄本明)と名乗る刑事がやって来た。黒木は「泉の父の死は、麻薬の密輸が絡んでおり、そのために部屋が荒らされたのでは、そして、マユミは札付きの不良娘だ」と話す。父が麻薬を密輸、泉にはとても信じられない。さらに、マユミも姿を消してしまった。その日から数日後、組の事務所の前にヒコの死体が投げだされていた。暫くして、マユミから泉に電話が入り、二人は会った。マユミの父は、“太っちょ”と呼ばれる、浜口(北村和夫)も恐れるヤクザの大親分だと言う。そして、太っちょが動くときは必ず麻薬が絡んでいるそうだ。泉のマンションが再び何者かに荒され、かつての佐久間の弟分、萩原(寺田農)に、ボディガードの明が殺され、彼女は太っちょの所に連れて行かれた。麻薬を渡せと太ょちょに迫られ、泉があわやというときマユミがやって来て、麻薬のありかを教えるから彼女を助けるように話す。娘の願いで泉を解放する太っちょ。そこへ、あの刑事の黒木が現われた。黒木は刑事の特権を利用して麻薬を密輸していたが、あの日、成田の取締官に追われ、麻薬を隣にいた泉の父のバッグに投げこんだのだ。ところが、その父が死んでしまった。一方、愛人だったマユミは麻薬を見つけ、それを水に溶かしローションの瓶に入れてあると話した。早速、黒木はマンションに向った。その夕、佐久間が現われ、泉を連れて逃げだした。後を追おうとする太っちょの前にマユミが立ちはだかり、父を撃った。そこへ、マンションの黒木から電話が入り、浜口組の奴に麻薬を横取りされたと言うと、息絶えた。泉と佐久間は政を連れて浜口の所へ向った。「太っちょを殺ってくれたし、麻薬も手に入った、お礼に目高組のシマを広げてあげよう」と言う浜口の言葉を無視して、泉は、机の上にあるローションの瓶に機関銃をブッ放した。しかし、そのドサクサで政が殺され、佐久間と二人きりになった泉は目高組を解散することにした。佐久間は堅気になると言って故郷に帰った。数日後、警察から泉に死体を確認してほしいと呼び出しがあった。佐久間だった。サラリーマンになって東京に出張に来た佐久間はヤクザ同士の喧嘩を止めに入って殺されてしまったそうだ。泉のマンションには、佐久間のサラリーマンの名刺に書かれた伝言が置いてあった。「出張で東京に来ました。留守なのでブラブラしてまた来ます」と。泉は話すことのない佐久間の唇に自分の唇を重ねるのだった。


セーラー服と機関銃

題名:セーラー服と機関銃
監督:相米慎二
製作:伊地智啓(キティ・フィルム)、角川春樹、多賀英典
原作:赤川次郎
脚本:田中陽造
撮影:仙元誠三
照明:熊谷秀夫
美術:横尾嘉良
録音:紅谷愃一、信岡実
編集:鈴木晄
記録:正木輝明
音楽:星勝 主題歌:薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」
フィルム:イーストマンコダック
現像:東映化学
制作補佐:山本勉
製作進行:田中雅夫
助監督:森安建雄、黒沢清
スチール:正木輝明、小島由起夫
出演:薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦、風祭ゆき、大門正明、寺田農、三國連太郎、林家しん平、酒井敏也、柄本明、北村和夫、佐藤允、柳沢慎吾、藤岡竜也, 光石研
1981年日本・角川春樹事務所+キティ・フィルム/ビスタサイズ・カラー112分35mmフィルム
セーラー服と機関銃 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


薬師丸ひろ子                   セーラー服と機関銃

1 2 3 6