映画「続・座頭市物語」


勝新太郎                        城健三朗(若山富三郎)

今回は森一生監督1962年製作「続・座頭市物語」をピックアップする。
本作は、前作「座頭市物語」のヒットにより直ちに製作された続編になる。
勝新太郎さんの兄で東映から大映に移籍した城健三朗(若山富三郎)が、劇中でも市の兄・与四郎を演じている。

座頭市シリーズ


水谷良重                         万里昌代

【ストリー】
下総、取手川の渡しでやくざ達が一人のあんま(市=勝新太郎)を川へ突き落そうとした。瞬間、勘造(水原浩一)が顔を斬られた。驚愕した仲間の森助(伊達三郎)らは市を取り囲んだ。が、突然、片腕の浪人与四郎(城健三朗=若山富三郎)が邪魔に入り退散させた。去って行く彼を無言で見送る市。二人の間には何か曰くがありそうだ。座頭市は大名黒田越前守(春本富士夫)のもみ治療の帰途、家中の侍に襲われた。狂っている殿様の秘密を封ずる手段だ。が、居合斬りの名人座頭市は一瞬三人を斬り捨てた。あわてた黒田家臣は市暗殺の賞金を出した。張り切った与四郎の子分三蔵(中村豊)は市に斬りかかったが、なぜか与四郎は手出しをしない。ただ市がお節(水谷良重)を抱いて去って行くのを見ているだけだ。その夜、座頭市はお節と一夜を明かして今度逢う時は、昔の恋人お千代の身代りでなくお節自身として来ると約した。そしてお節の世話で舟をやとい水路笹川へ向った。飯岡助五郎(柳永二郎)の鉄火場で、かつて座頭市と相思相愛だったおたね(万里昌代)が、飯岡一家がお尋ね者渚の与四郎召捕りと市を斬る策略を知った。彼女は市が来ているという西光寺へ駈けつけた。そこには以前笹川飯岡の喧嘩で平手造酒を斬った市が回向をつとめていた。黒田家から市を斬るよう命ぜられた勘兵衛一家は、市を取り巻き斬りかかったがもとより彼の敵ではない。ついに勘兵衛一人になってしまった。それを見た与四郎は勘兵衛から斬り賃二十両をせしめて抜刀した。彼は市の実兄であり、市の女お千代を奪ったことがあった。が、お千代が死んだと知ると矢庭に与四郎を切った。ちょうどそこへ助五郎を先導とする八州捕方の一団が来た。市は与四郎をかばって水中に姿を消した。まもなく、市たちが溺れ死んだと嘲笑し合っていた助五郎と勘兵衛たちの行手に、抜刀を下げて立ちふさがった黒い影は。その痛快な啖呵と凄じい剣法でまぎれもない座頭市その人だった。


「続・座頭市物語」万里昌代

「続・座頭市物語」勝新太郎

題名:続・座頭市物語
監督:森一生
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:本多省三
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
製作主任:大管実
助監督:井上昭
スチール:浅田延之助
出演:勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)、水谷良重、万里昌代、中村豊、柳永二郎、沢村宗之助、山路義人、水原浩一、伊達三郎、春本富士夫
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ72分35mmフィルム
続・座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「続・座頭市物語」万里昌代

城健三朗(若山富三郎)、勝新太郎

「続・座頭市物語」撮影風景        ※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「座頭市物語」


「座頭市物語」勝新太郎

勝新太郎                       天知茂

今回は三隅研次監督1962年製作「座頭市物語」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズ(全26作)の記念すべき第一作になる。原作は子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」に収録された短編「座頭市物語」で前年から続く「悪名」シリーズと共に勝新太郎を大スターに押し上げた作品である。

座頭市シリーズ


万里昌代                                                        万里昌代、勝新太郎

【ストリー】
下総飯岡の貸元助五郎の所へ草鞋を脱いだ異風なやくざは、坊主で盲目で人呼んで座頭市(勝新太郎)。ツボ振りでも居合抜きでも目明きの及ばぬ市の腕を見込んだ助五郎(柳永二郎)は、彼を客分扱いにし乾分蓼吉(南道郎)を世話係につけた。やくざ嫌いでやくざの飯を食う市は、釣で逢った病身の浪人平手造酒(天知茂)と心をふれ合う思いをしたが、その造酒は助五郎とは犬猿の仲の笹川親分の食客となった。助五郎は新興勢力の笹川一家を叩き潰す機会を狙っているが、その時は市と造酒の面白い勝負が見られると乾分たちにうそぶいた。その頃、身投げしたか落されたか蓼吉の女お咲(淡波圭子)が水死体となって溜池に浮かんだ。何気なくそこを訪れた市は再び造酒と逢い、その夜二人は酒をくみかわした。お互いに相手の剣に興味を持ったが、やくざの喧嘩に巻込まれて斬り合うのは御免だと笑い合った。この時造酒を訪れた笹川の繁造(島田竜三)は、市が飯岡の客分と知り乾分(中村豊)に市を斬るよう命じた。帰り途、市を襲った乾分は市の刀に一たまりもなかった。市の腕前に驚いた繁造は、造酒に喧嘩の助勢を頼んだが造酒は頭から断った。一方、市は昨夜の答礼に酒を贈ろうと思い蓼吉にその使いを頼んだが、代りに行った弟分の猪助は間もなく無惨な死体となって飯岡の鉄火場で発見された。笹川は、この機会を利用して喧嘩を売る決意をしたがそんな時、造酒が血を吐いて倒れてしまった。それを知った助五郎は好機到来とばかり喧嘩支度にかかった。笹川の繁造は、飯岡勢を笹川宿場の迷路へさそい込み座頭市は鉄砲でうちとる策略を立てた。それを知った病床の造酒は鉄砲をうつことだけはやめてくれ、その代り自分が働くと繁造に頼むのだった。そこへ造酒を訪ねた市は、彼が友情のため死を決して喧嘩に加わったことを知った。笹川の作戦は功を奏し飯岡方は苦戦に陥った。血をはきながら斬りまくる造酒。その行手には座頭市が立っていた。ついに二人の宿命的な対決の時が来たのであった。座頭市の剣に造酒は倒れた。そしてこれに勢いづいた飯岡勢が勝利することとなった。市は造酒の弔いを寺の小僧に頼む。そして仕込み杖も一緒に埋めさせるのだった。市を慕うおたね(万里昌代)は川沿いの道で彼を待っていたが、市は裏道を独り下総を去っていくのだった。


座頭市物語                      勝新太郎

題名:座頭市物語
監督:三隅研次
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:牧浦地志
照明:加藤博也
録音:大谷巖
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
邦楽:中本敏生
製作主任:田辺満
助監督:国原俊明
スチール:松浦康雄
出演:勝新太郎、万里昌代、天知茂、島田竜三、三田村元、南道郎、柳永二郎、島田竜三、中村豊、淡波圭子、毛利郁子、真城千都世
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ96分35mmフィルム
座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


座頭市物語

勝新太郎、天知茂                             座頭市物語

映画「古都」



岩下志麻(千重子)                    岩下志麻(苗子)

今回は中村登監督1962年製作「古都」bestをピックアップする。
本作は、川端康成氏の原作を名匠中村登監督が映画化した作品で、岩下志麻さんの卓越した演技、しかも双子の姉妹という難しい二役を見事に演じ分け、観る者の感情移入を誘う名作であるが、撮影と照明が、巨匠成島東一郎氏と佐野武治氏である。前にも書いたが、私の見習い時代に成島東一郎氏のキャビネット・オブ・エヌで、佐野武治氏とは、キャメラマンになってからCF撮影でお世話になった事がある。流石の映像美!50年以上前に撮られているにも係わらず色褪せていない。なお「古都」は1980年に東宝で市川崑監督(主演:山口百恵、三浦友和)、2016年にYuki Saito監督(主演:松雪泰子)でリメイクされている。


吉田輝雄                           早川保、岩下志麻

【ストリー】
京都平安神宮のみごとに咲いたしだれ桜の下で、佐田千重子(岩下志麻)は幼な友達の水木真一(早川保)に突然「あたしは捨子どしたんえ」と言った。呉服問屋の一人娘として何不自由なく育ったが、自分は店の前のべんがら格子の下に捨てられていたのだと……。とはいっても親娘の愛は細やかだった。父の太吉郎(宮口精二)は名人気質の人で、ひとり嵯峨にこもって下絵に凝っていた。西陣の織屋の息子秀男(長門裕之)は秘かに千重子を慕っており、見事な帯を織り上げて太吉郎を驚かした。ある日千重子は、清滝川に沿って奥へ入った北山杉のある村を訪ねた。そして杉の丸太を磨いている女達の中に自分そっくりの顔を見い出した。夏が来た。祇園祭の谷山に賑う四条通を歩いていた千重子は北山杉の娘苗子(岩下志麻)に出会った。娘は「あんた姉さんや」と声をふるわせた。千重子と苗子は双子の姉妹だった。しかし父も母もすでにこの世にはいない、と告げると苗子は身分の違うことを思い雑踏に姿を消した。その苗子を見た秀男が千重子と間違えて、帯を織らせてくれと頼むのだった。一方自分の数奇な運命に沈む千重子は、四条大橋の上で真一に声をかけられ兄の竜助(吉田輝雄)を紹介された。八月の末、千重子は苗子を訪ねた。にわか雨の中で抱きあった二人の身体の中に姉妹の実感がひしひしと迫ってきた。秋が訪れるころ、秀男は千重子に約束した帯を苗子のもとにとどけ、時代祭の日に再会した苗子に結婚を申し込むのだった。しかし、苗子は秀男が自分の中に千重子の面影を求めていることを知っていた。冬のある日、以前から千重子を愛していた竜助が太吉郎を訪ねて求婚し、翌日から経営の思わしくない店を手伝いはじめた。その夜、苗子が泊りに来た。二階に並べた床の中で千重子は言うのだった。「二人はどっちの幻でもあらしまへん、好きやったら結婚おしやす。私も結婚します」と。


宮口精二                                  長門裕之

題名:古都
監督:中村登
製作:桑田良太郎
原作:川端康成
脚本:権藤利英
撮影:成島東一郎
照明:佐野武治
録音:福安賢洋
美術:大角純一
装置:中村良三
装飾:田尻善一
衣装:加藤春江
技髪:坂上章太郎
結髪:木村よし子
編集:相良久
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作進行:内藤誠
助監督:丹羽康二
色彩計測:野村治平
スチール:田中利男
出演:岩下志麻、吉田輝雄、早川保、長門裕之、宮口精二、中村芳子、東野英治郎、浪花千栄子、田中春男、環三千世、柳永二郎、千之赫子
1962年日本・松竹京都太秦撮影所/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
古都(1963年) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻、中村芳子                            古都

1962年「古都」撮影風景

1 2