映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「稲妻」


高峰秀子

今回は成瀬巳喜男監督1952年製作「稲妻」をピックアップする。
本作は黒澤明、小津安二郎、溝口健二と並び称される名匠、成瀬巳喜男監督が「おかあさん」に次いで高峰秀子さんを主演に迎えて女の弱さ、醜さ、美しさを描いたものだ。昭和27年の東京の知る由もない風景に感動する。


浦辺粂子、高峰秀子              小沢栄太郎、三浦光子

【ストリー】
清子(高峰秀子)は観光バスの案内嬢をしているが、次姉の光子(三浦光子)も長姉の縫子(村田知栄子)も結婚している。この三人と兄の嘉助(丸山修)とは、母おせい(浦辺粂子)が腹をいため子であったが、四人とも父がちがっていた。縫子が清子に両国のパン屋の綱吉(小沢栄太郎)との縁談を持って来たが、清子には縫子夫婦が、それを種に金儲けのうまい綱吉を利用しようとしている腹が見えていやだった。次姉の夫呂平が急死するが、その後に妾のリツ(中北千枝子)と子供が残されていたことがわかった。光子は泣くに泣けないような気持で、綱吉の新しくはじめた渋谷の温泉旅館へ手伝いに行くが、そこへ縫子は女房気取りでいりびたってしまい、無能な夫の龍三(植村謙二郎)は仕方なくおせいの許へころげ込んで来るのだった。それでも綱吉は図々しく清子を追いかけていたが、彼女がおせいの許を出て、杉山とめの家に下宿して一人の生活をはじめると、自分の望みに見込みのないことを悟り、嘉助の就職の件をご破算にしてしまうような男だった。光子は呂平の保険金がはいると喫茶店をはじめるが、綱吉はその光子の許へも旦那然とはいり込んでしまうのだった。しかし清子はとめの家の隣家国宗周三(根上淳)とその妹のつぼみ(香川京子)と知り合いになり、清らかな生活雰囲気にほっとした気持になるのだった。ある日おぬいが清子の下宿へたずねて来た。縫子と綱吉を間にしてもつれた光子が行方不明になったという。清子になぐさめられ、彼女の虎の子の貯金をもらったおぬいは、折からの稲妻に、稲妻のきらいだった光子はきっと帰ってくるよと、家路へ急ぐのだった。


村田知栄子                    香川京子、根上淳

題名:稲妻
監督:成瀬巳喜男
企画:根岸省三
原作:林芙美子
脚本:田中澄江
撮影:峰重義
照明:安藤慎之助
録音:西井憲一
美術:仲美喜雄
音楽:齋藤一郎
出演:高峰秀子、三浦光子、村田知英子、小沢栄、丸山修、浦辺粂子、植村謙二郎、中北千枝子、根上淳、香川京子
1952年日本・大映東京撮影所/スタンダードサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
稲妻 -DVD-
2019年6月現在、DVDレンタルはありません。

映画「砂糖菓子が壊れるとき」

砂糖菓子が壊れるとき砂糖菓子が壊れるとき
若尾文子                    若尾文子、志村喬

今回は名匠今井正監督1967年製作「砂糖菓子が壊れるとき」をピックアップした。
本作は、曾野綾子氏の同名原作を橋田壽賀子氏が脚色し映画化したものだ。内容は、伝説の女優マリリン・モンローの半生をモデルにして作られたドラマと言ってしまえばそれまでだが、若尾文子さんの魅力満載の作品だった。背景になる大映多摩川撮影所が懐かしい。

砂糖菓子が壊れるとき砂糖菓子が壊れるとき
若尾文子、原知佐子                若尾文子、津川雅彦
砂糖菓子が壊れるとき砂糖菓子が壊れるとき
船越英二、若尾文子                藤巻潤、若尾文子

【ストリー】
千坂京子(若尾文子)は肉体派女優というレッテルのもとにスターの座を得た女だった。その派手な男性遍歴の経験からも、私生活と銀幕から与える京子のイメージは肉体派にふさわしいものと思われていた。しかし、実際の彼女は、初心で、幸せな結婚生活を求めるただの女であった。京子はまだ女優にならない頃、自分のヌードを吾妻(根上淳)に撮らせていた。その可憐な姿を見た映画プロダクションの工藤(志村喬)は、京子を主演に「櫛」を製作した。この映画が一躍京子をスターダムにのしあげたのだ。たちまちのうちに華やかな女優生活に足を踏み入れた京子は、活気のある毎日の中に何かもの足りない心のさびしさを覚えた。純で素朴な彼女にとって、頼りになる男だけが欠けていた。そうした京子が、この華美な世界で次々と男を求めていくのは、きわめて自然と言うことができた。監督の栗原、芸能記者の奥村(津川雅彦)、大学教授天木(船越英二)などがその相手だった。奥村は京子のヌード写真が公表され、芸能界のスキャンダルとして騒がれた時、失意の京子に近づき、慰めてくれたものの、京子の身体が目的であった。芸能界での唯一の友人として奥村を信頼していた京子には打撃であった。また、教養を身につけようと聴講生として大学に通った京子が天木教授を知った時、彼女は自分に必要なのはこの人だと考えて喜んだが、天木に肉体を求められ、彼女は再び深い絶望に陥らねばならなかった。こうして、真の人間としての男を求めている京子は、逆にその男性遍歴を一人の男に満足できないセックス女優として、芸能誌に書き立てられていった。そんなある日、ホームラン王の土岐を知った京子は、間もなく彼と結婚した。健康で明朗な土岐は彼女の、満されぬ心の空洞をうめてくれるはずだった。彼女をよく知る友人で、付人の春江も、京子と土岐の結婚を喜んだ。だが彼女の思惑とは異なり、二人の間には何の精神的な結びつきもなかった。失意の彼女は、春江(原知佐子)と二人で八ケ岳山麓のホテルを訪れた。そこの透明な澄んだ空気を吸った彼女は生き返る心地がした。そんな時、京子はホテルで作家の五木(田村高廣)に会った。五木は京子と話合った後、京子の過去を分析し、京子は一人で生きていかなければならないと教えた。それ以来、五木は京子の支えになった。しかしある日、春江が電話で、京子のナポリ賞受賞を知って、京子の寝室に行くと、京子は受話器を手にしたまま死んでいた。京子が最後に電話をしようとした相手が果して誰なのか誰にも分らなかった。

砂糖菓子が壊れるとき砂糖菓子が壊れるとき
田村高廣、若尾文子                 山岡久乃、若尾文子

題名:砂糖菓子が壊れるとき
監督:今井正
製作:永田雅一
原作:曾野綾子
脚本:橋田壽賀子
撮影:中川芳久
照明:柴田恒吉
録音:奥村幸雄
美術:下河原友雄
編集:鈴木東陽
音楽:渡辺岳夫
現像:東京現像所
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、原知佐子、藤巻潤、船越英二、津川雅彦、田村高廣、志村喬、根上淳、山岡久乃
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
砂糖菓子が壊れるとき [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

砂糖菓子が壊れるとき砂糖菓子が壊れるとき
原知佐子、津川雅彦
砂糖菓子が壊れるとき

1 2