映画「この子の七つのお祝いに」


岩下志麻                       根津甚八

今回は増村保造監督1982年製作「この子の七つのお祝いに」をピックアップする。
本作はミステリー小説を映画化したものだが、早い段階で犯人が分かってしまうという構成だ。そう思いつつも、岸田今日子さんの怪演と岩下志麻さんの感情を殺した熱演に見入ってしまう作品である。


杉浦直樹、岩下志麻               室田日出男、小林稔侍

「美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道」 (春日太一著・文藝春秋刊)より
A:岩下志麻 Q:春日太一
————————————————————————-
Q:次にうかがいたいのは「この子の七つのお祝いに」です。
A:この映画のことは、今回見直すまでほとんど忘れていました。というのも、増村監督の演出と私が全く合わなかったんです。それでも最終的には監督に従ってやりましたけど。増村さんは独自の演出のされ方でした。例えばレンズから覗いていて「この1メートルの横幅の中で動いて下さい」とか、そういう要求をなさるんですよ。そうすると、こちらはとても不自然な動きになります。それが私は耐えられなくて。自然にやれないので。それがまずできなかったのと、それと声の出し方です。私が演じたのは怨念を持った女でしたが、表向きは自然にやっていて、実は裏に怨念を持っていた女という役作りをしていたら、監督が「低い声で、しゃがれた声で、恨みを持った声で」と言って、ちょっとでも高い声を出すとNGが出るんです。「もっともっと」って。監督としては岸田今日子さんが演じられたような、ああいうおどろおどろしさが狙いでした。
Q:たしかに、増村監督は芝居にある種の分かりやすさを求める傾向があります。
A:ですから、杉浦直樹さんに「愛してるわ」と言うセリフでも、普通に「愛してるわ」というとNGで、くっきりはっきり低い声で「愛してるわ!」と言うとOKでした。怨念を持って、低い声で、芝居がかって言うとOKなんです。その辺が、私が持っていた麻矢という女の人のイメージと異なっていました。でも、今見直すと監督の狙いもよく分かります。たしかに、私が考えたように普通にやっちゃうと怨念劇にならなかったかもしれません。自分の父親への復讐だけのために気が狂ったように。怨念だけで一生を生きているわけですから。
でも、当時は自然にできないのがどうも耐えられなくて。根津甚八さんも抵抗していらっしゃいました。根津さんはアングラ系劇団のご出身の方ですから、芝居が自然体なんですよ。根津さん、「ヨーイ、スタート」と言われても芝居を始めなかったこともありましたし。最終的に根津さんし自分の自然体をかなり生かしておやりになったんじゃないかと思います。Q:たしかにあの作品では根津さんだけがいつもの「根津流」で通しているといいますか、増村さんの芝居のスタイルと違いますね。声もあまり張っていませんし。
A:根津さんは違っていました。でも杉浦さんは、「増村さんの狙いがあるから。僕はこの演出方法はとてもよく分かる」とおっしゃっていました。私が「分からない」と言ったら、「それでも増村監督に従ってやらないとこの作品は失敗作に終わるから、従ったほうがいい」って。
Q:杉浦さんは大映テレビのドラマで増村さん脚本の作品に出ていますので、流儀が分かっていたのかもしれませんね。
A:それから、これは今思うと私でも信じられないことなのですが、「この子の七つのお祝いに」は「疑惑」後半の一部が掛け持ちだったんです。私としては「疑惑」に神経が行っていたんだと思います。それもあって「この子の七つのお祝いに」は疑問を持ちながら演じたのでわりと記憶から飛んでいたんですよ。

※1982年野村芳太郎監督「疑惑

【ストリー】
次期総理の座を狙う大蔵大臣磯部の私設秘書・秦一毅(村井国夫)の元お手伝い・池畑良子(畑中葉子)が殺された。ルポライター、母田耕一(杉浦直樹)は政界の謎をあばこうと秦の身辺をさぐっていた矢先の事件で秦の内妻、青蛾(辺見マリ)が奇妙な手型占いをするという噂をきく。しかもその的中率を頼んで大物政治家、財界人等が己れの手型を持って続々と詰めかけており、秦自身もこの占いのお陰で現在の地位を築いたというのだ。母田は青蛾の影を追い始める。そんなある日、後輩の事件記者須藤(根津甚八)に、ゆき子(岩下志麻)という変り者の美人ママがいるというバーに連れて行かれる。母田は彼女に強くひかれ、彼のマンションで密会するようになった。だが母田は何者かによって殺害され、須藤は危険を承知で母田の仕事を引き継ぎ、彼の残した足跡を探る。昔、ある麻布のバーに占いのよく当たる娘がいたという事、ママの名前は麗子。そして秦の内妻、つまり青蛾の正体が麗子である事をつきとめる。やがて彼は謎の占いの娘の写真を見せられるが、それは青蛾ではなく倉田ゆき子だった。追いうちをかけるように、須藤のもとに青蛾惨殺の報が届いた。さらに、ホテル王高橋佳哉(芦田伸介)にゆき子から呼び出しがかかった。高橋に同行した須藤の前にゆき子が姿を現わした。ゆき子の告白によれば高橋は母の仇だという。敗戦の混乱の中、妻と生き別れて満州から引き揚げてきた高橋は真弓(岸田今日子)と結ばれ、赤ん坊が生まれた。だがその赤ん坊はすぐに病死し真弓はショックのあまり精神に異常をきたした。高橋はふとした偶然で生き別れていた妻と再会し、真弓の前から姿を消して別に家庭を持った。二人の間に生まれた赤ん坊は、復讐鬼となった真弓に盗まれ、30数年が経過した。その間、真弓に育てられたのが盗まれた赤ん坊のゆき子で、高橋に復讐する事だけを徹底的に教え込まれ、占いという特殊能力を生かし、青蛾を使って高橋が目の前に現われる日を待っていたのだが、途中、おじ気づいた青蛾を殺害した。高橋に、真弓の本当の娘でない事を教えられたゆき子はあまりの残酷さに発狂寸前だった。


村井国夫、辺見マリ                中原ひとみ、根津甚八

題名:この子の七つのお祝いに
監督:増村保造
製作:角川春樹
原作:斉藤澪
脚本:松木ひろし、増村保造
撮影:小林節雄
照明:川崎保之丞
録音:井家眞紀夫
音効:佐々木英世
美術:間野重雄
装置:荒井新一
装飾:神田明良
衣装:相沢登記雄 (松竹衣裳)
美粧:入江壮ニ
結髪:馬場利弘、沢辺満代
記録:山之内康代
編集:中静達治 ネガ編集:南とめ
音楽:大野雄二
現像:東洋現像所
プロデューサー:岡田裕介、中川完治
製作主任:高橋文雄
製作担当:生田篤
製作進行:宮本恵司、大崎裕伸、八鍬敏正
助監督:近藤明男
監督助手:藤由紀夫、加藤仁
撮影助手:竹沢信行、岩本道夫、笠間公夫
特機:塚本貞重
照明助手:国本正義、本田純一、大坂章夫、清野俊博、岡秀雄
美術助手:和田洋 セット付:藤田雄幸
録音助手:舛森強、小川健司
編集助手:大橋富代
スチール:清水紀雄
出演:岩下志麻、根津甚八、杉浦直樹、室田日出男、小林稔侍、辺見マリ、芦田伸介、岸田今日子、中原ひとみ、村井国夫、神山繁、畑中葉子、坂上二郎、名古屋章、戸浦六宏
1982年日本・角川春樹事務所+松竹/ビスタサイズ・カラー111分35mmフィルム
この子の七つのお祝いに -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岸田今日子                   芦田伸介、根津甚八

映画「吉原炎上」


名取裕子                       根津甚八

今回は五社英雄監督1987年製作「吉原炎上」をピックアップする。
本作は、明治末期の吉原遊郭を再現した絢爛豪華なオープンセットを東映京都太秦に作り、花魁の生き様をドラマチックに描いたもので、斉藤真一氏の原作を中島貞夫監督が脚色を担当された。また撮影の森田富士郎氏(※)によると、富士フィルムACE500を選択し、倍の露光(ASA250相当)で撮影をしたネガを減感現像する方法によって、階調を柔らかくし、艶めかしさを表現したそうだ。本作をご覧になれば分かるが、艶っぽくしっとり、ぽゃっとはせず、適度に黒が締まっているバランスの取れたルックである。フラッシング処理の柔らかさより、私は好きなトーンだ。この国産映画用フィルムは、ウォルフガング・ペーターゼン監督1981年製作「Uボート(DAS BOOT)」で世界に名声を馳せた。

※2002年11月15日「講演映画技術の行方デジタルとの融合」より
※単位:ASA=ISO
※現在、富士フィルムは映画用フィルムの製造をしていない


二宮さよ子                      西川峰子

【ストリー】
その昔、東京浅草の一隅に、吉原遊廓と呼ばれる歓楽の別天地があった。そこでは借金に縛られた娘たちが六年の年季が明けるまで、春を売っていた--。久乃(名取裕子)がここ吉原の“中梅楼”に遊女として売られてきたのは十八歳の春。明治の末のことである。
〈春の章〉中梅楼には花魁の筆頭とも言うべき、お職の九重(二宮さよ子)をはじめ、二番太天の吉里(藤真利子)、三番太天の小花(西川峰子)に次いで、菊川(かたせ梨乃)などさまざまな遊女がそれぞれ艶を競っていた。お職の身にありながら、宮田(井上純一)という学生と抜きさしならない仲になっていた九重は久乃に不思議な魅力を感じていた。九重の下につき見習いをはじめた久乃にやがて、娼妓営業の鑑札が下り、若汐という源氏名を貰った。ところが初見世の時、若汐は突然客のもとを飛び出し、裸足で逃げだしてしまった。そして、店のものに追われる途中、救世軍で娼妓の自由廃業運動を展開中の古島信輔(根津甚八)と出会う。若汐は結局、店のものにとり押えられ、連れ戻されるが、このことに激怒した九重は、自らの身体で若汐に廓の女の作法を教えるのだった。彼女に不思議な魅力を感じていた九重は、この時自分が廓の女であることを忘れ身悶えてしまった。そして、数日後、店への借金を成算するとどこへともなく吉原を去っていった。
〈夏の章〉一年後--。中梅楼のお職の座には吉里がついていた。ある日、娼妓の菊川が品川に住み替えとなった。菊川は気のいい女で若汐とも仲がよかっただけに、彼女は一抹のさびしさを感じていた。そんなある夜、若汐の前に信輔があらわれた。信輔は今や先代の急死で古島財閥の若き当主となっていた。そしてこの日を境に信輔は若汐のもとに通いつめた。がしかし、一度も彼女を抱こうとしなかった。やがて、お職の吉里が、熱をあげていた男にフラれた腹いせに、剃刀を持ってあばれだし、白昼、自らの首に剃刀を当て死んでいった。吉里は酒と情人に弱い女だったのだ。
〈秋の章〉ふたたび一年後。若汐の美しさはますます磨かれて、姉さん格の小花と艶を競うまでになっていた。翌年の年季明けをめざして小花はよく客をとっていた。しかし、このことが災いしてひどい喀血の末、病院送りとなってしまった。そして、小花に替わって若汐がお職の座につき、楼主と女将のすすめもあって花魁名跡“紫”を継ぐことになった。十月恒例の“仁和賀”で湧き立つ仲之町。お職の位に出世した紫の豪華な“積夜具”が部屋へ運び込まれた。その部屋はもとの小花の部屋。店のものがうっとりとそれらをながめていると突然、幽気のような小花が現われた。そしてお座敷から信輔と一緒に戻った紫の前で小花はその夜具をこなごなに切りさき、絶叫の中、死んでいくのだった。
〈冬の章〉それからさらに一年後の冬。楼主と女将に呼ばれ部屋へ行く紫。とそこには信輔がいた。信輔は二千円という大金を彼女にさし出し、好きなように使えという。そして彼女の前から姿を消してしまった。紫はその金でかねてから考えていた“花魁道中”をやることにした。ある日、紫は菊川と再会した。一度は身受けしてもらったものの再び廓に身を落とし今では安女郎の菊川。二人の差は年月以上に大きなものだった。やがて、めぐりくる桜の季節となり、紫の豪華な花魁道中が行なわれた。彼女は信輔がお春という女郎のもとにいることを知ると、すぐに駆け付けるが、そんな彼女を菊川がとがめた。そして、紫は馴染みの客の坪坂の願いもあって、吉原を去ることにした。二人を乗せた人力車が吉原を出ようとする時、お春があやまって倒した火がもとで吉原全体が猛火につつまれ紫が育った中梅楼も、信輔もすべてが灰となってしまった。彼女は、燃えあがる吉原を万感の思いで見つめていた。


名取裕子                     名取裕子、二宮さよ子

二宮さよ子、園佳也子

題名:吉原炎上
監督:五社英雄
企画:日下部五朗、本田達男、遠藤武志
原作:斎藤真一
脚色構成:笠原和夫
監修:近藤富枝
脚本:中島貞夫
撮影:森田富士郎
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:伊藤宏一
美術:西岡善信
装置:稲田源兵衛
装飾:福井啓三
背景:西村三郎
美粧:長友初生
結髪:福本るみ
衣装:森譲
音楽:佐藤勝
記録:田中美佐江
編集:市田勇
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:長岡功
監督補佐:鈴木秀雄
色彩計測:津田宗之
スチール:中山健司
出演:名取裕子、二宮さよ子、藤真利子、西川峰子、かたせ梨乃、根津甚八、園佳也子、速水典子、左とん平、井上純一、河原崎長一郎、成田三樹夫、竹中直人、中島葵、大村崑、緒形拳、小林稔侍
1987年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー133分35mmフィルム
吉原炎上 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


吉原炎上のオープンセット

映画「乱」


今回は黒澤明監督1985年製作「乱」をピックアップする。本作はシェークスピアの「リア王」をベースに毛利3兄弟の骨肉の争いを描く、フランスとの合作で製作費27億円を投じた壮大な時代劇だ。中でも富士山の裾野に作った城のロケ・セットだけでも4億円を投じたそうだ。黒澤監督は、長い芝居を複数台のキャメラを同時に回し、ワンシーン・ワンカットで撮影するという手法を取っている。この手法で俳優・スタッフの緊張感を高め、リアルな迫力ある画になっているが、ライティングに時間が必要な事は予想出来る。

※Powerd by Meta Slide Pro


「乱」4Kデジタル修復版が2017年4月1日公開!詳しくはこちら


題名:乱
監督:黒澤明
脚本:黒澤明、小国英雄、井手雅人
製作総指揮:古川勝巳
製作:原正人、セルジュ・シルベルマン
撮影:斎藤孝雄、上田正治
照明:佐野武治
録音:矢野口文雄、吉田庄太郎
整音:安藤精八
音効:三繩一郎
美術:村木与四郎、村木忍
衣裳:ワダエミ
視覚効果:中野稔(デン・フィルム・エフェクト)
殺陣:久世竜、久世浩
編集:黒澤明
音楽:武満徹
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
フィルム:イーストマンコダック
現像:東洋現像所
ゼネラル・プロダクション・マネージャー:ウーリッヒ・D・ピカール
プロダクション・コーディネーター:黒澤久雄
プロダクションデザイン:野上照代
演出補佐:本多猪四郎
撮影協力:中井朝一
監督助手:岡田文亮
狂言指導:野村万作
スチール:原田大三郎、佐藤芳夫
出演:仲代達矢、寺尾聰、根津甚八、隆大介、原田美枝子、宮崎美子、井川比佐志、ピーター、油井昌由樹、植木等、加藤武
1985年アカデミー衣裳デザイン賞、英国アカデミー賞メイクアップ賞、外国語映画賞、全米映画批評家協会最優秀作品賞・撮影賞、ニューヨーク映画批評家協会外国語映画賞
1985年日本・フランス/ビスタサイズ・カラー162分35mmフィルム
乱 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

【ストリー】
過酷な戦国時代を生き抜いてきた猛将一文字秀虎(仲代達矢)は七十歳を迎え、家督を三人の息子に譲る決心をした。「一本の矢は折れるが、三本束ねると折れぬ」と秀虎は、長男太郎(寺尾聰)は家督と一の城を、次郎(根津甚八)は二の城を、三郎(隆大介)は三の城をそれぞれ守り協力し合うように命じ、自分は三つの城の客人となって余生を過ごしたいと告げた。隣国の領主藤巻(植木等)と綾部(田崎潤)もこれには驚いた。しかし、末男三郎は三本の矢を自分の膝に当てて無理矢理へし折り、父秀虎の甘さをいさめた。秀虎は激怒し、三郎と重臣の平山丹後の二人を追放した。藤巻はその三郎の気性が気に入り、藤巻家の婿として迎え入れることにした。一方、太郎の正室楓の方(原田美枝子)は、秀虎が大殿の名目と格式を持っていることに不満を抱き、太郎をそそのかして親子を対立させた。実は楓の方は親兄弟を秀虎に滅ぼされた上、一の城もとりあげられているという過去をもっていた。太郎の態度に怒った秀虎は一の城を飛び出して二の城へ向かったが、二の城の次郎とその重臣、鉄(井川比佐志)、白根(児玉謙次)、長沼(伊藤敏八)の野望は一の城を手中にすることにあったため、秀虎は失意のうちに三の城へ向かわざるを得なかった。だがここにも悲劇は待ちうけていた。太郎と次郎が軍勢を率いて秀虎を攻めてきたのだ。三の城は陥落、秀虎の郎党、侍女たちは全員討死し、太郎も鉄の鉄砲に狙い撃たれて死んだ。秀虎はこの生き地獄を目の当りにして自害しようとしたが太刀が折れて果たせず、発狂寸前のまま野をさまよい歩く。夫の死を知らされた楓の方は一の城に入った次郎を誘惑、正室の末の方を殺して自分を正室にするよう懇願した。その頃、藤巻の婿になった三郎のもとに、秀虎と道化の狂阿彌が行くあてもなくなっているという知らせが丹後から届いた。三郎は即座に軍を率いて秀虎救出に向かい次郎軍と対峙した。それを見守る藤巻軍と、あわよくば漁夫の利を得ようとす綾部軍。三郎は陣を侍大将の畠山にまかせ、丹後、狂阿彌(ピーター)と共に父を探しに梓野に向かった。果たして秀虎はいた。心から打ちとけあう秀虎と三郎。が、その時一発の銃弾が、三郎の命を奪い、秀虎もあまりのことに泣き狂い、やがて息絶えた。そして一の城は綾部軍に攻め込まれ、落城寸前だった。一文字家を滅ぼしたのは楓の企みだったとして、鉄は楓を一刀のもとに斬り殺した。梓野では、秀虎と三郎の死体を運ぶ行列が続き、彼方には以前秀虎が滅した末の方の生家梓城の石垣だけが見えている。その石垣の上には以前秀虎に命と引きかえに両眼をつぶされた末の弟の鶴丸の姿があった。

1 2