映画「馬鹿まるだし」


ハナ肇                              桑野みゆき

今回は山田洋次監督1963年製作「馬鹿まるだし」をピックアップする。
本作は、”馬鹿シリーズ”の第一作であり、撮影の高羽哲夫氏のデビュー作、山田監督の喜劇初作品である。
1969年から山田監督と組んで”男はつらいよ”シリーズ全48作と続く。

1963年「馬鹿まるだし」共演:桑野みゆき
1964年「いいかげん馬鹿」共演:岩下志麻
1964年「馬鹿が戦車でやって来る」共演:岩下志麻


長門勇                             渥美清

【ストリー】
シベリヤ帰りの松本安五郎(ハナ肇)は、外地に抑留される和尚をもつ浄念寺にころがりこんだ。若くて美しい住職の妻の夏子(桑野みゆき)に安五郎は秘に恋慕していた。堂々たる風貌と腕ぷしの強さで安五郎は、早くも町の人気者となった。そのきっかけは、町の劇場に出演中の怪力スーパーマンを負かした事件が、町中に広まったからだ。以来、安五郎には乾分(犬塚弘)も出来、又一軒の家を構えて、町のボスとなった。インフレの波がこの瀬戸内海の小さな町にも押しよせて来た。町の工場にも労働争議が起きた。おだてられた安五郎は、赤木会長(小沢栄太郎)に面談し、工員の要求を貫撤させた。ただ夏子に一言ほめてもらいたい、それが安五郎の行動の全ての動機なのだ。英雄となった安五郎の日々も、町の勢力を革新派が握ったことから急変した。何となく冷くなった町の人達の眼、そして夏子との間が噂となり浄閑寺への出入り禁止と痛手は大きかった。がある日ダイナマイトを持った脱獄囚の三人組が辰巳屋の静子(清水まゆみ)を誘拐して裏山ににげた。この時人の口にのぼったのが、大力をもつ安五郎だ。人の好い安五郎は名誉挽回と裏山にゆき静子を救ったが、その足元でダイナマイトが爆発し、両眼を失った。それから2年後、唯一筋に愛しぬいた夏子の、再婚の花嫁姿を見守る、杖にすがった盲目の老人。あの気風のいい、安五郎の変り果てた姿が白木蓮の匂う浄念寺にあった。夏子の涙にぬれた眼が安五郎に優しくそそがれているのも知らぬまま……。


ハナ肇、犬塚弘

題名:馬鹿まるだし
監督:山田洋次
企画:市川喜一
製作:脇田茂
原作:藤原審爾「庭にひともと白木漣」
脚本:加藤泰、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:戸井田康国
録音:松本隆司
調音:戸井田康国
美術:佐藤公信
装置:中島好男
装飾:鈴木八洲男
衣装:田口ワシエ
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純
語り:植木等
現像:東京現像所
助監督:不破三雄
色彩計測:倉橋芳宏
撮影助手:青木澄夫
照明助手:内田嘉夫
録音助手:鈴木正男
製作進行:末松昭太郎
スチール:梶本一三
出演:ハナ肇、桑野みゆき、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、長門勇、三井弘次、花澤徳衛、小沢栄太郎、渥美清、藤山寛美、高橋とよ、清水まゆみ、植木等(ノンクレジット)
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
馬鹿まるだし -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋エータロー、桑野みゆき                   植木等

映画「ハナ肇の一発大冒険」


ハナ肇                               入川保則、倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1967年製作「ハナ肇の一発大冒険」をピックアップする。
本作は「喜劇 一発勝負」に続く”一発シリーズ”の第二弾になる。
1968年「ハナ肇の一発大冒険」1969年「喜劇 一発大必」と松竹大船撮影所で制作された。


野村昭子、武智豊子                         桜井センリ、犬塚弘

【ストリー】
東京の下町で肉屋を営む間貫一(ハナ肇)は、陽気な好人物で、客に人気があった。ある日、レストランで好物の特大ビフテキを食べている時、貫一は美しい女性亜子(倍賞千恵子)と会い、鞄の中のダイヤを悪漢の手から守ってほしいと頼まれた。平凡な日常の中で、美女を助ける役目などは、そうざらにあることではない。貫一は喜んで引受け、ライトバンで逃避行を開始した。悪漢の目をくらますため、千葉に出て、さらにフェリーボートで横須賀に渡り、横浜に向かった。彼女の目的地は富山で、そこで相手側にダイヤを渡せばいいのだった。しかし、悪漢は執拗に二人を追っていた。やがて、二人を乗せた車は信濃路に入った。貫一は美人を乗せ、晩秋の美しい紅葉の中で車を走らせているのでごきげんだった。途中、二人は腹痛で苦しんでいる登山者真田(入川保則)を助け、近くの温泉場に連れていった。その夜、ダイヤの入った鞄が悪漢に奪われてしまった。責任を感じた真田は単身悪漢を追跡し、格闘の末、鞄を取戻して帰ってきた。この騒ぎで悪漢は警察に逮捕された。亜子はもう鞄を狙われる心配がなくなったと、安堵の胸をなでおろした。真田と亜子を乗せた貫一の車は、一路、新雪に輝くアルプスの麓を富山に向かった。三人は途中で一軒の山小屋にたどり着いた。ところがそこには警察に追われた殺人犯が潜んでいて、真田は彼の銃弾に殺されてしまった。貫一と亜子は危うくその場を逃れ、警察に事件を報告した。やがて、車は富山に着いた。亜子は別れを悲しむ貫一の頬に優しく接吻すると去って行った。貫一は再び平凡な日々の生活に帰って行った。一力月後、フランスにいる亜子から美しい絵葉書が届いた。貫一はそれを見るたびに、亜子との冒険旅行を思い出すのである。


ハナ肇、なべおさみ                           中村晃子、ハナ肇

題名:ハナ肇の一発大冒険
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:川添善治
編集:石井巌
音楽:坂田晄一
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製先進行:池田善徳
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、入川保則、石井均、なべおさみ、野村昭子、武智豊子、久里千春、飯田蝶子、犬塚弘、桜井センリ、中村晃子、倍賞美津子
1967年日本・松竹+渡辺プロダクション/シネスコサイズ・カラー35mmフィルム
ハナ肇の一発大冒険 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子                          ハナ肇の一発大冒険

映画「花のお江戸の無責任」


植木等                            谷啓、植木等

今回は山本嘉次郎監督1964年製作「花のお江戸の無責任」をピックアップする。
時代劇シリーズ第2作めの本作は、戦前から榎本健一主演時代劇を撮り続けた大御所・山本嘉次郎監督が「鈴ヶ森」「助六」などといった歌舞伎のエピソードを散りばめた内容にしたそうだ。クレージー映画の他作品とは全く違うティストで楽しめる。


犬塚弘、ハナ肇、桜井センリ                  団令子

【ストリー】
父親を闇打ちされた古屋助六(植木等)は、仇討のために江戸へ向った。しかし相手の目印は、背中の刀傷だけという心ぼそさ。だが根っから陽性の助六は、そんなことは意に介さず「早いとこパッパッと勝負をつけて、半年ばかり楽しく江戸で遊んでこよう」と最高にゴキゲン。鈴ケ森にさしかかった助六は雲助に因縁をつけられている白井権八(谷啓)を「ブァーッ」と胸のすくタンカで助けだした。そこへ通りかかったのが、今売り出し中の侠客播随院長兵衛(ハナ肇)。助六と権八は、長兵衛の侠気にすっかり感激し、二人は長兵衛の家に居候することになった。ところが、長兵衛の女房おぎん(草笛光子)は大変な女。ちょっとでも逆らおうものなら長ぎせるでポカリ。あげくに二人は、吉原で石焼芋屋をやらされるはめになった。二人は夜桜で賑わう仲の町を「イシヤキイーモー」と世にも情けない顔をして歩くのだった。そんな二人だが、ある日長兵衛の留守中に助けを求めにきた、道具屋の娘お菊(藤山陽子)を白柄組から救けだして男をあげた。長兵衛からほうびにヒマをもらった二人は勇躍して吉原にくりこんだ。助六の目ざす相手は、今を盛りのおいらん揚巻(団令子)だ。そこへやってきたのが、白柄組の親分格髭の意休(進藤英太郎)だ。助六は、いやがる揚巻を口説きおとそうとする意休の前で威勢のいいタンカをきり揚巻の心をつかんだ。一方権八は、幼な友達小紫(池内淳子)を身受けしようと助六の金をゴマカシて貯めるのに大奮闘。そんなうちに助六は揚巻から意休の背中に刀傷があることを聞きだした。助六の求める仇は意休だったのだ。勇躍した助六は意休と対決、見事仇討を果した。折も折、長兵衛が白柄組との出入りで死に、助六が長兵衛の跡をつぐこととなって、目出度く仇討の幕は下りたのだった。


「花のお江戸の無責任」藤山陽子

藤木悠、田崎潤、有島一郎                       池内淳子

題名:花のお江戸の無責任
監督:山本嘉次郎
製作:藤本真澄、渡辺晋
原案:戸板康二
脚本:山本嘉次郎、田波靖男
撮影:遠藤精一
照明:平野清久
録音:斎藤昭
整音:下永尚
美術:植田寛
編集:大井英史
音楽:萩原哲晶、宮川泰
現像:東洋現像所
製作担当:江口英彦
監督助手:児玉進
考証指導:中村芝鶴
スチール:山崎淳
出演:植木等、団令子、藤山陽子、草笛光子、池内淳子、谷啓、ハナ肇、進藤英太郎、犬塚弘、安田伸、桜井センリ、石橋エータロー、有島一郎、田崎潤、藤木悠、若水ヤエ子
1964年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
花のお江戸の無責任 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


草笛光子                               進藤英太郎、植木等

1 2 3 13