映画「十階のモスキート」

十階のモスキート
「十階のモスキート」内田裕也
十階のモスキート十階のモスキート
内田裕也                         吉行和子

今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。
本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。
内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。
破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食(若松孝二監督1979年)」「水のないプール(若松孝二監督1981年)」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。

十階のモスキート
「十階のモスキート」中村れい子
十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                        佐藤慶

【ストリー】
男(内田裕也)は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE(吉行和子)はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE(小泉今日子)を引き取って離婚していた。娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO(中村れい子)とのセックスだ。男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。

十階のモスキート十階のモスキート
小泉今日子                        アン・ルイス
十階のモスキート十階のモスキート
横山やすし                      ビートたけし

題名:十階のモスキート
監督:崔洋一
企画:内田裕也
製作:結城良煕
脚本:内田裕也、崔洋一
撮影:森勝
照明:小山勲
録音:佐藤富士男
音効:坂井三郎
美術:細石照美
装飾:落合亮司、橋本良二
結髪:榊原暁美 (山田かつら)
衣裳:第一衣裳
記録:中川初子
編集:山田真司
音楽:大野克夫 挿入歌:白竜「誰のためでもない」選曲:小野寺修
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
製作進行:小橋孝裕
俳優担当:笹岡幸三郎
助監督:磯村一路
監督助手:平山秀幸、福岡芳穂、増本千尋
撮影助手:喜久村徳章、寺沼範雄、五十嵐英弘
照明助手:金沢正夫、白石宏明、井上英一、関野高弘
美術助手:山田正徳
編集助手:北沢良雄
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
制作協力:内野二郎
車両:富士映画
スチール:中島俊雄
出演:内田裕也、吉行和子、中村れい子、風祭ゆき、宮下順子、小泉今日子、アン・ルイス、佐藤慶、ビートたけし、横山やすし、阿藤海、清水宏、下元史朗、梅津栄、小林稔侍、安岡力也
1983年日本・ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
十階のモスキート -DVD-
2019年6月現在、DVDレンタルはありません。

十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                       風祭ゆき
十階のモスキート十階のモスキート
十階のモスキート

映画「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」


池玲子                           賀川雪絵

杉本美樹                        渡辺やよい

今回は鈴木則文監督1971年製作「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第1作目である。”スケバン”という言葉はこの映画から生まれ、”女番長”と書いて”すけばん(スケバン)”と読む事が最初になされた。主演の池玲子さんは、巨乳を惜しげもなく見せつけて初のトップレス番長を演じ、上半身ヌードにサテン地のパンタロン、プラットフォーム・ブーツを着こなし、アクションまで見せるカッコ良さで、人気を決定的にした。
(ウィキペディア参照)

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」杉本美樹

天知茂                         安部徹

【ストリー】
関西を根城にするやさぐれグループ“アテネ団”の女番長玲子(池玲子)は、真弓(杉本美樹)、サセ子(一の瀬レナ)、モコ(河崎いち子)、宏美(山田みどり)、妙子(西来路ひろみ)、宥子(渡辺やよい)、ジュン(賀川雪絵)ら団員を従えて、万引き、喧嘩、ギャンブル、自動車泥棒と非行の限りをつくしているが、そんな玲子に地元の愚連隊・北神会の巽次郎(流健二郎)はまいっていた。そして、神戸のやくざ秋本組の幹部として吸収される日を夢みて、玲子を専属の女にしようと機会をうかがっている。一方単車を駆って跳りようする学生愚連隊の杉岡英二(一ノ瀬謙)も玲子の美ぼうに目をつけ、執拗にアテネ団につきまとっている。阪神連合会長の跡目を狙う秋本組組長・秋本剛(安部徹)は勢力を拡大するための手段として、そんな北神会やアテネ団を適当に利用している。ある時、目下青春歌手No1で売出し中の篠原由紀ンマンショーが開催された。歌手を目ざして一緒に勉強したことのある妙子は、アテネ団の仲間と彼女を訪ねるが、冷たくあしらわれる。怒った妙子はトップ屋の牛島一六(山城新伍)から買った、篠原由紀(潤まり子)と代議士志水(名和宏)のスキャンダルをもとに、志水を恐喝するが、駈けつけた秋本組に袋だたきにされてしまう。怒った次郎たちは、深夜のマンションで由紀の帰りを待ち伏せし、エレベーターの中でかわるがわる凌辱してうっ噴を晴らし、赤新聞にネタを売りつけて、ひともうけした。一方、秋本組では急に三千万の金が必要となり、高利貸のご気嫌をとるため、次郎を介して、一夜玲子をその相手に当てがおうとしたが、英二たちと遊んでいた玲子は次郎との約束をすっぽかしてしまう。次郎の面目は丸つぶれだが、団の統制を乱したかどで、玲子はモーターボートにロープでつながれ水上スキーさながらのリンチを受ける。こうして高利貸からの借入れに失敗した秋本は、塩酸フェニールから1キロ2億円もする覚醒剤が作れるという事を知るや英二が秋本に盾ついたとの口実を理由に彼を人質にして父親の康平(小松方正)をゆすり、フェニールをださせようとする。トップ屋牛島からこの情報をキャッチした玲子、次郎たちは、秋本に一泡ふかせようと、現場に先廻りするが、英二を救ってフェニールの入ったカバンを奪取しようとした次郎は殺されてしまう。英二はカバンを奪い返すと玲子をオートバイに乗せ、後を追ってきた秋本の車をヘアピンカーブから崖下に落す。翌日、トップモードを身につけたアテネ団の面々は何事もなかったように町を闊歩していた。


「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」池玲子

池玲子                         渡辺やよい

題名:女番長ブルース 牝蜂の逆襲
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:小山裕久
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:温井弘司
装飾:宮川俊夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:八田富子「女番長ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:真洋士
助監督:皆川隆之
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、賀川雪絵、杉本美樹、渡辺やよい、天知茂、弓恵子、安部徹、小松方正、一ノ瀬謙、流健二郎、一の瀬レナ、潤ますみ、西来路ひろみ、河崎いち子、山田みどり、片桐竜次、山城新伍、名和宏、左とん平、由利徹、大泉滉、ピーター、梅津栄
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
女番長ブルース 牝蜂の逆襲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


流健二郎                        弓恵子

青空はるお、杉本美樹、池玲子、青空あきお

映画「もっとしなやかに もっとしたたかに」


森下愛子                             奥田瑛二

今回は藤田敏八監督1979年製作「もっとしなやかに もっとしたたかに」をピックアップする。
ニューファミリージェネレーションの風潮の中で、苦悩し彷徨い80年代に向かう若者群像を描いたものだが、森下愛子さんのキャラクターなしには成立しない作品である。撮影は、1979年3月19日~4月16日に行われ、東洋現像所(現:イマジカ)での初号試写が1979年4月25日、28日には全国劇場公開をしたそうだ。


高沢順子                               赤座美代子

【ストリー】
24歳の若さで妻の君枝(高沢順子)に家出された勇一(奥田瑛二)は、カメラマンになる夢も捨てて、息子の大助(藤原友宏)を姉夫婦(赤座美代子、浜口竜哉)に預け、妻を捜すために運送屋に勤めていた。ある日、勇一はロックバンドの親衛隊同士のいざこざで危ないところだった彩子(森下愛子)を助けた。暫くして、勇一のアパートを訪ねて来た彩子は、そこで異常な出血をして勇一の世話になりながらも、勇一の大事にしているカメラを持って逃げてしまう。自分の親切にまんざらでもない勇一は愕然とするのだった。やがて、上司から君枝を青山で見かけたと聞いた勇一は、彩子のことも忘れて、君枝の勤めているというスーパーマーケットに向かった。勇一はスーパーの寮で君枝を激しく詰問し、抱きもしたが、結局、その日は一人で帰った。翌日、勇一がスーパーに行くと、君枝の姿はもうなかった。勇一は仕事もする気になれず、空地に車を止め、物思いにふけっていると、仲間と一緒に売春をしている彩子を見かけた。勇一は彩子にカメラの事を尋ねるが、彼女は身体で返すことしか出来なかった。二人はモーテルに入るが、勇一は君枝のことが忘れられず、彩子を抱くことは出来なかった。しかし、翌日カメラを持って勇一のアパートにやって来た彩子は大助とすぐに親しくなり、その日は三人で遊園地に行って楽しい時を過ごした。勇一にとって、こんなことは久しぶりのことだった。その夜、勇一は君枝を忘れるかのように彩子に挑み、彼女もそれに応じた。しかし、皮肉にも、「君枝が家にいるから会って欲しい」と彼女の兄(河原崎長一郎)が伝えにやってきた。君枝が帰ってくることを心配して、主婦然とする彩子に勇一は腹をたてる。君枝が帰って来た。彩子はいたたまれず、出て行った。行くあてのない彩子は、病院に入院している勇一の父(加藤嘉)の看病をすることにした。暫くして、父は危篤状態になり、姉夫婦、勇一、大助たちが病院にかけつけたが、君枝の姿はなかった。その時、君枝はアパートに訪ねて来た勇一の親友海野(風間杜夫)に求められ、交渉を持ってしまった。父は皆の名を呼び、君枝の名も呼ぶが、手を握ったのは彩子だった。そして君枝が訪れたとき、父はすでに息をひき取った後であった。彩子はいつの間にか病院から抜け出していた。数日後、飲み屋で彩子を見つけた勇一は彼女を抱く。そのあと、彩子を捜していた両親(蟹江敬三、根岸明美)がやって来た。彼女は口論の末、勇一、両親の前から姿を消す。残った両親を批判した勇一は、彩子の父親に突き飛ばされてしまい、通りかかったパトカーにひかれてしまう。その時、君枝は公園で、大助の遊ぶ姿を遠くから何も知らずに見つめているのだった。


「もっとしなやかに もっとしたたかに」森下愛子、奥田瑛二

風間杜夫                                                       河原崎長一郎、奥田瑛二

題名:もっとしなやかに もっとしたたかに
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:三浦朗
脚本:小林竜雄
撮影:前田米造
照明:川島晴雄
録音:橋本文雄
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:篠崎コウヘイ 演奏:SOAP
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
助監督:上垣保朗、根岸吉太郎
色彩計測:森嶋章雄
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、奥田瑛二、高沢順子、風間杜夫、真木洋子、梅津栄、赤座美代子、河原崎長一郎、蟹江敬三、根岸明美、浜口竜哉、絵沢萠子
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
もっとしなやかに もっとしたたかに -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「もっとしなやかに もっとしたたかに」森下愛子、奥田瑛二

奥田瑛二、梅津栄、真木洋子                 根岸明美、蟹江敬三、奥田瑛二

根岸明美、森下愛子                        高沢順子

1 2 3