映画「十八歳、海へ」


森下愛子                                  永島敏行

今回は藤田敏八監督1979年製作「十八歳、海へ」をピックアップする。
本作は中上健次氏の原作「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章を映画化したもので、内容は1970年終焉を背景に青春の苛立ちと倦怠を “自殺ゲーム“ に獲り憑かれた予備校生男女の末路を描いたものだ。撮影は1979年6月27日にクランクインし8月3日にアップしたそうだ。


小林薫                                  島村佳江

【ストリー】
森本英介(小林薫)は、5年間も東京で浪人暮しをしており、郷里で病院を経営する父(鈴木瑞穂)とは、裏口入学のことでモメて以来、音信がない。ある夜、鎌倉で、英介は暴走族のリーダー(深水三章)と喧嘩になり、海に潜って、先に顔を上げた方が敗けという勝負をした。翌日、英介は予備校で有島佳(森下愛子)という女の子に声をかけられる。彼女は昨夜の一部始終を見ており、一緒にいた桑田敦夫(永島敏行)と、英介の真似をして、心中と間違えられたという。いきなり話しかけられてとまどう英介は、ホテルのボーイをしながら予備校に通っていることを彼女に話す。佳は、この夏、釧路から夏期講習を受けるために上京し、姉・悠(島村佳江)のところに居候していた。桑田は同じ予備校に通う二浪の男だ。ところで、佳は心中ごっこのとき、死と隣り合わせの瞬間に、このうえもない喜悦を感じたことで英介に興味を持ったのだ。そして、佳と桑田は英介のバイトするホテルで心中未遂を起こしてしまう。二人の収容されている病院に見舞いに行った英介は、そこで、佳の姉の悠と出会う。悠は小学校の給食をつくる仕事をしている。暫くして、悠は、ホテルの一件以来、自分のところから離れていた佳に、ロタ島行きのキップを渡してくれと英介に話す。それは、桑田から佳を離そうとする悠の心づかいだった。しかし、佳はキップを受け取ろうとせず、英介は悠と一緒にロタ島に行った。二人は旅を満喫する。旅から帰り、ホテルでバイトをしていた英介は、学会で上京していた父(鈴木瑞穂)と出会った。父は学会の開かれる箱根のホテルで話し合おうと話すが、英介は憎しみしか覚えなかった。その頃、経済的に行きづまった佳と桑田が、英介に助けを求めてきた。英介は、二人を父の名で、箱根のホテルに泊まらせることにした。翌日、英介は箱根の警察から連絡を受けた。箱根のホテルにいた佳と桑田の死の知らせであった。心中ごっこが本当の心中になるとは……。鋭い衝撃が英介を襲った。夏の終り、鎌倉の海に英介と悠の姿があった。二人は佳と桑田の行為を語りながら、自分たちが、別々の道を歩みはじめたことを感じていた。そして今、英介は自分のとまどいの季節が終ったことを意識しながら……。


小沢栄太郎、永島敏行、森下愛子                鈴木瑞穂、小林薫

題名:十八歳、海へ
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:佐々木志郎、結城良煕
原作:中上健次 「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章
脚本:田村孟、渡辺千明
撮影:安藤庄平
照明:新川真
録音:高橋三郎
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:チト河内 主題曲:ゴダイゴ 唄:加橋かつみ
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保郎
色彩計測:杉本一海
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、永島敏行、島村佳江、小林薫、鈴木瑞穂、小沢栄太郎、深水三章、下絛アトム、小松方正、堀永子、小中陽太郎
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
十八歳、海へ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


森下愛子、永島敏行                        小林薫、島村佳江

映画「人生劇場」


松坂慶子                       永島敏行

今回は深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫、共同監督による1983年製作「人生劇場」をピックアップする。
尾崎士郎氏原作による”人生劇場”は、本作で13度目の映画化であるそうである。「青春編」「愛欲編」「残侠編」を東映の看板監督達が豪華出演陣を采配して製作したが、纏まりのない作品だった。


森下愛子                   松方弘樹、室田日出男

【ストリー】
大正7年、東京で早稲田の貧乏学生の日々を送る青成瓢吉(永島敏行)にとって、故郷、三州吉良には、いろいろな想いがある。没落したとはいえ、男の誇りだけは失っていない父、瓢太郎(三船敏郎)の心意気、幼なじみ、おりん(叶和貴子)との淡い初恋、そして、何くれとなくかばってくれた侠気の男、吉良常(若山富三郎)など。特にこの吉良常は、瓢吉が原因で起った喧嘩で人を殺め、獄窓につながれていった。その頃、瓢吉は吹岡や横井たちと知り合い、やがて大隈重信夫人銅像建設反対運動など、一連の学生運動に熱中していく。そんな瓢吉は、はじめての女であるお袖(松坂慶子)と知り合った。お袖も瓢吉の純粋さに惚れこみ、二人は急速に燃え上がる。しかし、学生運動は内部分裂を繰り返し、瓢吉は大学を捨てる決意をする。その頃、横浜、本牧の侠客、飛車角(松方弘樹)はおとよ(中井貴恵)という女郎に惚れぬいていた。そして、おとよに身受け話が持ち上がり、二人は開港60周年の港祭りの夜、足抜けを実行し、兄弟分、奈良平に紹介され、小金一家に身を寄せる。一方、瓢吉は作家を目指しながらも、お袖との愛欲の日々からも抜け出せず、イラ立ちも感じていた。そして、中学時代の名物先生、黒馬(菅貫太郎)と再会、女流作家を目指す小岸照代(森下愛子)と出会う。その頃、出所した吉良常は故郷、三州に戻ると、瓢太郎は瓢吉に遺書を残して自殺してしまう。父の死の報せを受けた瓢吉は帰郷、久しぶりに吉良常、母やおりんと再会する。飛車角とおとよは小金の世話でささやかな世帯を持っていたが、丈徳一家と出入りが起り、飛車角は義理を果たすため、丈徳を斬った。しかし、出入りの最中に、奈良平はおとよを売ってしまい、怒った飛車角は奈良平も斬ってしまい、逃げこんだ近くの寺で、小説に取り組む瓢吉と吉良常に出会った。吉良常の説得で自首した飛車角は懲役七年の刑を受け前橋刑務所に入った。文学にいそしむ瓢吉と照代は懸賞小説の一席、二席を分ち合い、これを機に同棲生活に入る。瓢吉と別れて以来、流浪の生活を送っていたお袖は、玉の井の「鱶野」の女郎になるが、そこで、やはり売られてきたおとよと知り合った。そのおとよは、小金一家の宮川と再会、飛車角に通じるものを感じ、深い仲にはまりこんでいく。一方、瓢吉に中国大陸取材旅行の話が入り、出版社に打ち合せに向かうが、その時、変り果てたお袖と出会った。逃げ出したお袖は、その後、行方不明となる。お袖の身を案じ、中国行を断念する瓢吉。再びさすらいの旅に立つ吉良常。道ならぬ愛に苦しむおとよと宮川。そして出所し、おとよを探す飛車角。人々の様々な想いをからませ、年月が過ぎていく。


「人生劇場」松坂慶子、永島敏行

「人生劇場」

「人生劇場」

「人生劇場」松方弘樹、中井貴恵

三船敏郎                        若山富三郎

題名:人生劇場
監督:深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
企画:高岩淡、佐藤雅夫、豊島泉、斎藤一重、高杉修
原作:尾崎士郎
脚本:野上龍雄、深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
撮影:安藤庄平、並木宏之、北坂清
照明:中山治雄、海地栄、金子凱美
録音:中山茂二、平井清重、荒川輝彦
美術:佐野義和、井川徳道
装置:三浦公久、野尻裕
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸、宮崎智恵子
美粧・結髪:東和美粧
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江、石田照、中野保子
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:内藤やす子「こころ乱して運命かえて」
現像:東映化学
製作主任:野口忠志、菅田浩
助監督:土橋亨、武久龍一、藤原敏之
スチール:中山健司、金井謹治
出演:永島敏行、松坂慶子、中井貴恵、風間杜夫、森下愛子、叶和貴子、奥田瑛二、風間杜夫、平田満、三船敏郎、若山富三郎、松方弘樹、成田三樹夫、西村晃、平田満、菅貫太郎、萩原流行、蟹江敬三、片桐竜次、平田満
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー138分35mmフィルム
人生劇場(1983) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


成田三樹夫                   松方弘樹、中井貴恵

松坂慶子

映画「影の軍団 服部半蔵」


影の軍団 服部半蔵

渡瀬恒彦                        緒形拳

今回は工藤栄一監督1980年製作「影の軍団 服部半蔵」をピックアップする。
本作は、忍者・服部半蔵がもしも2人いたらというユニークな着想で描かれたものだ。当初は千葉真一さんが服部半蔵役を予定していたが降板し、渡瀬恒彦さんが起用されたという経緯がある。


西郷輝彦                       森下愛子

原田エミ                       森下愛子

【ストリー】
慶安4年、徳川政権は表向きは安泰の色を呈していたが、江戸城内では、三代将軍・家光が急死したため、混乱のるつぼと化していた。副将軍・水戸光圀(金子信雄)をはじめとする御三家は、光圀の実弟で会津藩主、保科正之(山村聡)を世継ぎ家綱の補作役と決め、事態の収拾を計った。一方、老中筆頭、松平伊豆守(成田三樹夫)は権力を維持するために密かに策を練っていた。伊賀忍者、服部には上下二家があり、上は隠れ名にて常に世人に混わり、下は草に生き機に乗じ時に応じ現われる。上の服部半蔵(西郷輝彦)は隠れ名を由比民部と称した。下半蔵(渡瀬恒彦)は大名屋敷を狙う盗賊の頭でもある。下半蔵は伊豆派の内藤山城守の屋敷に押し入るが失敗し、伊豆守に引き会わされる。下半蔵は、保科正之の首を取れば許してやるという伊豆守の甘い言葉を信じてしまう。伊豆守の影には甲賀忍者の頭目、甲賀四郎兵衛(緒形拳)が控えている。下半蔵は正之の屋敷に忍び込むが、警備に見つかり、上半蔵に助けられ、なんとか脱出する。政権を狙う上半蔵はこの事件を機会に正之に接近。数日後、正之は光圀によって執政職に命じられ、上半蔵の思い通りに事は運んだ。だが伊豆守も金を使い優位な立場にたとうと光圀へ莫大なワイロを送る。そして、家綱の生母、お楽の方(中島ゆたか)に取り入り、四郎兵衛の娘、千里(森下愛子)を大奥へ潜入させることに成功。伊豆守は、家綱側仕えの青山図書(三浦洋一)らの意見を無視して、お世継の日光参詣を強引に決行する。そして、日光へ向う行列の中、家綱(上田孝則)の姿が消えてしまった。四郎兵衛の仕業だ。下半蔵は女忍者小萩(原田エミ)を大奥に潜入させ千里の後をつけ、四郎兵衛の隠れ家をつきとめるが、あと一歩のところでとり逃してしまう。図書は伊豆守の陰謀で、ぬれぎぬを着せられたまま殺され、正之は執政職を返上、上半蔵の由比道場にも、正之に加担していたと伊豆守の手の役人が乱入して来る。上半蔵は道場に火を放ち、下半蔵の隠れ家に逃げ込む。そこへ、家綱は伊豆守の城内鬼門櫓に閉じ込められている知らせが入った。鬼門櫓は初代半蔵が飛騨の工匠によって作らせたもので、櫓を一挙に崩してしまう仕掛が施してあり、それは半蔵家に伝わる秘伝であった。家綱救出に、鬼門櫓に向う上半蔵と下半蔵。櫓上層部に斬り込む上半蔵は応戦する四郎兵衛の腹に大クナイを突き刺す。下半蔵は両者の死闘の脇をすり抜け、家綱を抱え櫓を脱出。その時、凄じい亀裂が櫓全体に走り、最後の呻きのような異様な爆音とともに、上半蔵と四郎兵衛を呑み込んだ鬼門櫓は崩れ落ちていった。翌朝、城中で新将軍家綱御宣下の儀が滞りなく行なわれていた。無称の大名として列座している正之。伊豆守が得意満面で家綱を勅使対面の席に導く。一同が平伏したとき、天井が開き、伊豆守と家綱の前に下半蔵が飛び降りて来た。呆然となる伊豆守。平伏したままで気づかない諸侯。家綱が半蔵を見て笑いかけたとき、下半蔵の抜き討ち一閃。伊豆の絶叫で一斉に顔をあげる一同。しかし、事すでに遅く、伊豆守は血の海に横たわり、死んでいたのだった。


山村聡                        成田三樹夫

題名:影の軍団 服部半蔵
監督:工藤栄一
企画:翁長孝雄、日下部五朗、松平乗道
脚本:高田宏治、志村正浩、 山田隆之
撮影:中島徹
照明:海地栄
録音:溝口正義
美術:井川徳道、山下謙爾
装置:三浦公久
装飾:山田久司
背景:平松敬一郎
衣装:岩逧保
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:菅原俊夫
記録:梅津泰子
編集:市田勇
特撮監督:矢島信男(特撮研究所)
撮影:増田敏雄(特撮研究所)
操演:鈴木昶(特撮研究所)
美術:松原裕志(特撮研究所)
特技:崎津均、竹内誠治、藤川聡、吉田昌雄、黒崎誠輝(特技TAC)
音楽:原田祐臣
進行主任:山本吉応
助監督:藤原敏之
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、西郷輝彦、緒形拳、森下愛子、原田エミ、中島ゆたか、三浦洋一、山村聡、蟹江敬三、成田三樹夫、金子信雄、仲谷昇、藤田まこと、上田孝則
1980年日本・東映/シネスコサイズ・カラー133分35mmフィルム
影の軍団 服部半蔵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


蟹江敬三                     影の軍団 服部半蔵

1 2