映画「大根と人参」

大根と人参大根と人参
笠智衆                         乙羽信子

今回は澁谷実監督1964年製作「大根と人参」をピックアップする。
本作は小津安二郎監督が「秋刀魚の味」の次回作として企画・立案していた脚本を監督の逝去(1963年12月12日)により澁谷実監督が映画化した経緯がある。小津監督作品と決定的に違う点は、スタンダードサイズからシネスコサイズへ、50mmレンズ1本撮りから普通のレンズ選択、ローアングルの固守から標準的なポジションでのキャメラの使い方をしている。小津安二郎監督は1923年~25年に松竹蒲田撮影所で撮影助手としてスタートした。その経験と知識からアンリ・カルティエ=ブレッソンのごとく50mmレンズとスタンダートサイズに最後まで拘った。その意味で本作は澁谷実監督作品であり、小津監督とは作風が違うので”小津安二郎記念映画”と銘打つには疑問が残る。

大根と人参大根と人参
長門裕之                        加賀まりこ

【ストリー】
山樹東吉(笠智衆)は内外商事の総務次長だ。長女の京子(岡田茉莉子)、次女の夏子(有馬稲子)、三女の晴子(司葉子)はすでに嫁いで、現在は妻の信代(乙羽信子)と末娘の恵子(加賀まりこ)との3人暮しの毎日だ。その恵子も、東吉の同窓鈴鹿剛平の息子三郎(三上真一郎)と婚約して、やがて巣立とうとしている。或る夜、山樹は同窓会の席上、ガンで療養中の秋山(信欣三)にその病名を知らせる可きか否かで鈴鹿(山形勲)と口論となり、ついに恵子、三郎の縁組もあぶなくなった。だが若い二人の心は、幸せでふくらんでいた。こんな山樹に、小さな事件が訪れた。東吉の世話で、内外商事に入社した弟の康介(長門裕之)が、会社の公金を100万使い込んだのだ。後始末を頼まれた東吉は、30年かけて築きあげた地位を守らんため、預金70万を康介に手渡した。そして残りの30万を証券会社から受け取ったまま、山樹は謎の失踪をした。急拠集まった娘夫婦や、康介は、今はやりの人間蒸発ではないかと、各人各様な推理を働かせては、信代を不安に陥し入れた。河野美枝(岩下志麻)が山樹家を訪れたのは、そんな時であった。美しい娘の登場に“事件の陰に女ありと”思わせたが、実は、美枝は戦争中山樹の愛人だった美枝の母との間に生れた娘であったのだ。そして、結婚の仲人を頼みに来たのだった。山樹が家出して10日たった。こちらは大阪のジャンジャン横丁。ポン引き、コールガールのたむろするホルモン焼き屋で、快気焔をあげる山樹東吉のうれしそうな顔がある。一方山樹家では、半ばあきらめて二週間目をむかえた。そんなある日、玄関の戸を開けて“帰ったよ”と平凡な声をかけて入って来た東吉の姿に、信代をはじめ、娘たちは呆然とした。恵子と三郎の結婚も決り、山樹家に静けさが訪れた頃、秋山は遂に死亡した。数日後、山樹は、鈴鹿に失踪の理由を「動機も理由もなく、美しい空を見ていたら、いつの間にか汽車にのっていた」と語った。

大根と人参大根と人参
岩下志麻                        有馬稲子

題名:大根と人参
監督:澁谷実
製作:城戸四郎
原案:野田高梧、小津安二郎
脚本:白坂依志夫、渋谷実
撮影:長岡博之
照明:小泉喜代司
録音:大村三郎
美術:芳野尹孝
編集:杉原よ志
音楽:黛敏郎
スチール:長谷川宗平
出演:笠智衆、乙羽信子、岩下志麻、加賀まりこ、長門裕之、山形勲、岡田茉莉子、司葉子、森光子、三宅邦子、有馬稲子、加東大介、三上真一郎、信欣三、池部良、桑野みゆき、加藤芳郎
1964年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム

大根と人参大根と人参
岡田茉莉子                       加東大介 
大根と人参大根と人参
笠智衆、乙羽信子                  笠智衆、山形勲

映画「喜劇 駅前団地」


森繁久彌                    伴淳三郎、フランキー堺

今回は久松静児監督1961年製作「喜劇 駅前団地」をピックアップする。
東宝駅前シリーズ第2作は、小田原線の「百合ヶ丘」駅と、その隣の「西生田駅(現:読売ランド前駅)」を舞台にして駅周辺に広がる百合ヶ丘第一団地で起きる土地問題を取り上げた内容になっている。


森光子、伴淳三郎                  フランキー堺

【ストリー】
東京郊外のマンモス団地。その団地の脇に目下第二団地の建設がおこなわれている。おかげでその辺の土地をもっている百姓の権田孫作家はオール電化。その孫作(伴淳三郎)の幼な友達でやはりこの団地の開設前から開業している外科医戸倉金太郎(森繁久彌)は、妻をなくして一人息子桂一(二木まこと)と父親(左卜全)の三人暮し。このマンモス団地の駅前に小料理屋高砂亭がある。ここの常連といえばマダムの君江(淡路恵子)をお目あての孫作や近所の連中だけ。孫作の長男一郎(久保賢)は父親の意志でいやいやながら予備校に通っている。クラス会の帰りに立寄った高砂亭で一郎は女給の桃子(黛ひかる)と知りあう。戸倉金太郎は第二団地のそばにある孫作の所有地の一部を買って新しい病院を建てようと計画、その土地を見にいった。ところが同じ土地の一部を買ったというブローカーの平太(フランキー堺)と連れの美人があれこれと相談しているのにぶつかった。この連れの美人がこの土地を買って新しく病院を建てようという東京の女医小松原玉代(淡島千景)だったから一大事。いきおいこんで孫作に談じこむと孫作は、ブローカーの平太が住宅を建てるからというので土地を売ったのだと弁明する。その時救急車が戸倉医院に横づけになる。中から運びだされてきたのは、先刻逢ったばかりの女医の玉代だった。土地を見ての帰途、砂利トラックと彼女の乗用車が衝突したとのことだった。商売仇の当の相手と知った玉代もびっくりするが仕方なく入院する。そんな矢先、結婚を反対された一郎と桃子の二人は山の温泉旅館へ家出をしてしまった。心中の前科のある桃子と一緒だけにと孫作は金太郎や君江たちと山の旅館にかけつけてみれば、二人はケロリとしている。そこへ桂一が急病という電話がかかり金太郎は急いで帰宅するが、幸い玉代の適切な処置で回復に向う。そして玉代に母のようになついていく桂一に、金太郎は感心してしまう。だが、玉代と金太郎は土地のことがあるので、どうもしっくりいかない。逢うたびにいがみあっているが、どうやら二人ともお互いに相手を意識しすぎている。半年の後--丘の上には新しい第二団地のアパートがたち並んでいる。駅前の高砂亭も今では平太の改造でバーになっている。今はそこのマスターになっている平太は女房の君江の具合を心配して戸倉病院に電話をしている。どうやらおめでたらしい。電話を切る金太郎。その声に女房兼副院長の玉代が颯爽と往診に出かけていく。


淡島千景                                坂本九

題名:喜劇 駅前団地
監督:久松静児
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:遠藤精一
照明:比留川大助
美術:狩野健
録音:酒井栄三、西尾昇
音楽:広瀬健次郎
編集:広瀬千鶴
スチール:大谷晟
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、森光子、淡島千景、淡路恵子、坂本九、二木まこと、久保賢、黛ひかる
1961年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
喜劇 駅前団地 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺 (背景は小田急線百合丘駅)       伴淳三郎

喜劇 駅前団地

小田急3000形ロマンスカー(SE) ※1957年7月6日より営業運転を開始

映画「喜劇 駅前女将」


森繁久彌                           伴淳三郎

今回は佐伯幸三監督1964年製作「喜劇 駅前女将」をピックアップする。
「待ってました! 豪華20大スターの超娯楽大作!」と宣伝された本作は、当時の有名喜劇俳優陣、女優陣を大挙して作られた。喜劇を通じて当時の世相を鋭く描いている。劇場公開時の同時上映作品は、成瀬巳喜男監督「乱れる」だった。


フランキー堺                        淡島千景、森繁久彌、 森光子

【ストリー】
両国駅前にある酒屋「吉良屋」の主人徳之助(森繁久彌)と柳橋に寿司屋をもつ「孫寿司」の主人孫作(伴淳三郎)は兄弟の間柄で、徳之助の女房満子(森光子)は孫作の妹である。この二人は大の仲良しで、いつも行動を共にしている。徳之助には、錦糸町でバーを経営するごひいきの藤子(淡路恵子)がいるが、この藤子にダブル・ベットを買ってやったことから、家庭騒動が起きそうな気配だ。或る日、徳之助は孫作から、かつての恋人景子(淡島千景)の消息を知らされた。今は夫とも死別し両国に帰って来た景子のために、店をもたせようと徳之助は奔走した。そんな時、孫作の家では大騒動がもちあがった。孫作の家に「マゴサク」とネームの入ったガウンと「フジコ」とネームの入った下着が届いたのだ。怒った妻の千代(京塚昌子)はフジコなる女を捜す為、満子の所に走った。それがあのダブルベット事件の足立藤子と同一人と睨んだ満子は、早速錦糸町におもむき、バー「ふじ」で孫作も徳之助も現行犯でつかまえた。徳之助のおかげで全部自分の責任にされた孫作は、おさまらなかった。そこで孫作は満子に景子のこと、そして養子縁組と思っていた次郎(フランキー堺)の相手、染太郎(池内淳子)も実は景子の妹だと告白した。とんだとばっちりをうけた次郎と染太郎は置き手紙をして駈け落ちした。行く先は、伯父の力造のいる銚子だ。徳之助と満子、孫作と千代それに景子(淡島千景)と菊太郎(沢村貞子)の奇妙な関係の六人は呉越同舟で一路銚子へと向った。が、力造(加東大介)の家でも、二人を捜してもう6時間もたつという。しょんぼりした力造の家では、満子も折れて、次郎と染太郎はめでたく結婚を認められた。丁度そこえのんきに帰って来た二人。三枝(中尾ミエ)の音頭で大漁節の歌声の中、次郎のかわりに養子に行く、力造の息子和男(峰健二)と二人のカップルが明るく出発していった。


森繁久彌、淡島千景、沢村貞子、京塚昌子、森光子

加東大介                            大空真弓

池内淳子、フランキー堺                      峰健二(峰岸徹)、池内淳子

題名:喜劇 駅前女将
監督:佐伯幸三
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:黒田徳三
照明:比留川大助
録音:長岡憲治
整音:西尾昇
美術:狩野健
編集:広瀬千鶴
音楽:松井八郎
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
助監督:松本あきら
協力:銚子民芸千鳥会
スチール:大谷晟
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、森光子、三木のり平、山茶花究、淡島千景、淡路恵子、池内淳子、加東大介、京塚昌子、大空真弓、乙羽信子、沢村貞子、中尾ミエ、峰健二(峰岸徹)
1964年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
喜劇 駅前女将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中尾ミエ                           淡路恵子、森繁久彌

1 2 3