映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」


倍賞美津子                       平田満

今回は森崎東監督1985年製作「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」をピックアップする。
本作の時代背景は、1979年に起きたスリーマイル島原発事故以降、原発に対する不安が世界的に高まり原発への信頼は急激に揺らぐ中、本作公開の翌年に歴史上最大の原発事故が、ロシアのチェルノブイリ原発で起きる。そして2011年3月11日に起こった東日本大震災は、15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1~5号機で全交流電源を喪失し、原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生し、大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故である。これで原発は絶対安全という神話は根底から崩壊した。

本作は、時代を先取りし正しい視点に立った作品であり、原発ジプシー、ジャパユキサン(出稼ぎに来た女性外国人労働者)、コザ暴動(1970年12月20日)、校内暴力など深刻な社会問題をプロットに組み入れ、問題提起した優秀な作品だ。


倍賞美津子、原田芳雄               平田満、倍賞美津子、上原由恵

【ストリー】
旅回りのストリッパー、バーバラ(倍賞美津子)が名古屋に帰って来た。沖縄集落の中のタケ子(小林トシ江)が経営する飯み屋の二階が彼女の住居で、内縁の夫・宮里(原田芳雄)と親友のアイコ(上原由恵)が待っているはずだった。その日は、バーバラの弟の正(片石隆弘)とタケ子の娘、タマ枝(竹本幸恵)、和男(久野真平)の不良中学生三人が修学旅行からはずされた腹イセに積立金強奪騒動を起こし、人質の野呂教諭(平田満)が縛られ、物干し台に転がされていた。宮里は原発を転々と渡り歩く労働者・原発ジプシーでヤクザの仲間入りをしている。バーバラとは沖縄のコザ暴動以来の間柄で、彼女はそろそろ、二人で堅気の仕事に就いて結婚したがっていた。バーバラは宮里の顔を見るや、アイコのことを聞く。アイコは福井の美浜で原発労働者相手の娼婦をさせられていて、宮里の手引きで逃げて来たが、前日、美浜へ帰ってしまっていた。バーバラは、宮里がやくざに寝返ってアイコを帰したと思い込み、学校をクビになった野呂を鞄持ちとして再びドサ回りの旅に出た。そして、美浜に向かう。殺されたと思っていたアイコは元気だった。彼女は好きな男、安次(泉谷しげる)を葬ったところであった。学校を追われた正たちも宮里と共に美浜に来ていた。事故で死んだという安次は、本当は原発で作業中に廃液漏れで被爆し、事故隠しの為にボート小屋に監禁されたのだった。アイコは一計を案じ、安次を死んだことにして埋葬するが、後日、やくざの目を盗んで安次を墓から掘り出し、バーバラと野呂を仲人に墓場で結婚式をあげる。二人は浜を急ぐが、海上の船から銃で撃たれてしまう。バーバラや正たちは、アイコと同じ境遇にあるフィリッピン女性のマリア(ジュビー・シバリオス)にもやくざの魔の手が迫っているのを知り、マリアを連れて名古屋にもどる。そして、老船長(殿山泰司)の船でフィリピンまでマリアを連れて密航しようと考えた。マリアを追ってやって来たやくざの戸張(小林稔侍)は、宮里にアイコ殺しの代人として自首しろという。宮里は拒否し、戸張を銃で撃つが、暫く後、戸張の子分に撃たれてしまう。よろよろと外に出る宮里をやくざとつながっている鎧刑事(梅宮辰夫)が待っていた。そして、瀕死の宮里から銃をもぎ取ったバーバラが刑事めがけて発砲する。


殿山泰司                         左とん平 

題名:生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言
監督:森崎東
製作:木下茂三郎
脚本:近藤昭二、大原清秀、森崎東
撮影:浜田毅
照明:長田達也
特機:NK特機
録音:武進
整音:席勇次郎
音効:帆苅幸雄 (東洋音響)
美術:高橋章
装飾:佐藤結樹、遠藤光男、中山誠
美粧:小張えり子 (STUDIO 717)
衣裳:京都衣裳
特効:大平火薬
記録:森田溶子
編集:菅野善雄 ネガ編集:辻井好子
音楽:宇崎竜童 主題歌:五木ひろし「あほう鳥」
現像:東洋現像所
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
録音スタジオ:アオイスタジオ
プロデューサー:中沢敏明
製作担当:越智貞夫
製作進行:山口吉郎、中島一
企画協力:市川康満
監督補:下村優
助監督:武内孝吉
監督助手:室岡信明、元波正平、当摩寿史、早川喜貴
撮影助手:井上明夫、図書紀芳、田中潤
照明助手:渡辺孝一、岡尾正行、豊見山明長
録音助手:中村淳、飴田秀彦、岩橋政志
美術助手:正田俊一郎
編集助手:阿部浩英
スチール:竹内健二
出演:倍賞美津子、原田芳雄、平田満、片石隆弘、竹本幸恵、久野真平、小林トシ江、ジュビー・シバリオス、上原由恵、乱孝寿、梅宮辰夫、河原さぶ、小林稔侍、左とん平、殿山泰司、泉谷しげる
1985年日本・キノシタ映画+ATG/ビスタサイズ・カラー105分35mmフィルム
生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子

映画「男はつらいよ・フーテンの寅」


渥美清                       新珠三千代

今回は森崎東監督1970年製作「男はつらいよ・フーテンの寅」をピックアップする。
第3作となる本作のロケ地は三重県湯の山温泉、四日市市、鹿児島県種子島、桜島、霧島神宮、岐阜県中津川などで行われ、封切り時の観客動員は52万6,000人、配給収入は1億2,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は550円、併映は「美空ひばり・森進一の花と涙と炎(監督:井上梅次 出演:美空ひばり、森進一、尾崎奈々、なべおさみ、北上弥太郎)」であった。
本作の演出は、山田洋次監督から森崎東監督になっている。これは第1作のヒットによるもので、次回作のロケハンなど同時準備する必要があった為と思われる。森崎東監督は、TV版「男はつらいよ」と映画版第1作「男はつらいよ」の脚本に携わっており、山田洋次監督・小林俊一監督と共にテレビドラマから映画へ育てた方だ。


倍賞千恵子、前田吟             森川信、渥美清、三崎千恵子、前田吟

【ストリー】
テキ屋渡世で全国を回っていたフーテンの寅こと車寅次郎(渥美清)は、久しぶりに故郷柴又へ帰って来た。すると寅に見合いの話があるという。叔父夫婦(森川信、三崎千恵子)や、妹のさくら(倍賞千恵子)、その夫・博(前田吟)らを喜ばせた寅は、翌日、相手に会ってびっくり。相手は知合いの駒子(春川ますみ)という旅館の女中だった。駒子は亭主の為吉(晴乃ピーチク)と喧嘩して、腹いせに見合いをしたのだった。寅は為吉を呼んでお説教、即座に二人の結婚式をとりもち、飲めや唄えのドンチャン騒ぎになった。それがもとで叔父や博と大喧嘩をやらかし、また柴又を離れた。一ヵ月後、寅は湯の山温泉で旅館・もみじ荘の番頭になっていた。旅館の女主人・お志津(新珠三千代)は美しい未亡人で、寅はひそかな想いを寄せたが、またも片想いに終った。そんなある日、こともあろうに叔父夫婦が慰安旅行で寅のいる旅館に来て、寅と鉢合わせ。二人は、温泉気分もそこそこに帰ってしまった。その日、志津の弟・信夫(河原崎建三)が恋人の芸者染奴に逢いに帰ってきた。寅は二人の仲をとりもってやった。しかし、やがて志津に吉井(高野真二)との縁談がまとまって、寅はまたも失恋の憂目にあった。大晦日の夜、寅はそっと湯の山を去った。年が明けて、鹿児島桜島へのフェリーボートの上で、相変らず威勢のいい台詞で売をしている寅の姿があった。


悠木千帆(樹木希林)、渥美清          左卜全、野村昭子、佐々木梨里

題名:男はつらいよ・フーテンの寅
監督:森崎東
企画:高島幸夫
製作:上村力
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、小林俊一、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木正男
調音:松本隆司
美術:佐藤公信
編集:杉原よ志
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:池田義徳
助監督:熊谷勲
スチール:梶本一三
出演:渥美清、倍賞千恵子、新珠三千代、香山美子、前田吟、三崎千恵子、森川信、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、春川ますみ、悠木千帆(樹木希林)、左卜全、野村昭子、花澤徳衛、晴乃ピーチク、晴乃パーチク、河原崎建三、高野真二、山本幸栄、佐々木梨里、水木涼子
1970年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー分90分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・フーテンの寅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞千恵子、前田吟、春川ますみ、晴乃ピーチク、森川信、三崎千恵子