映画「社長洋行記」

社長洋行記

社長洋行記社長洋行記
森繁久彌                  加東大介、三木のり平、小林桂樹
社長洋行記社長洋行記
加東大介                                                               森繁久彌、新珠三千代

今回は杉江敏男監督1962年製作「社長洋行記」「続 社長洋行記」をピックアップした。
“社長”シリーズ第14,15作は、前編・後編に分かれており、シリーズ初の海外ロケ(香港)を行った。高度成長時代のサラリーマンのメンタルが良く出ている内容で、世相が大きく変わった事を痛感する。香港の商社の秘書を演じる尤敏(ゆうみん)は、当時香港映画界で活躍してたスター女優。ラストに三船敏郎さんがカメオ出演している。

社長洋行記社長洋行記
久慈あさみ                    中真千子、江原達怡

【ストリー】
サクランパスという貼り薬で知られる桜堂製薬は、このところ香港を中心とする東南アジアで敵会社椿パスターに押されぎみだった。これは由々しき問題と本田社長(森繁久彌)は原因究明にのりだした。営業部長東海林(加東大介)の話では、国外販売は加藤清商事にまかせきりだという。それなら加藤社長(東野英治郎)に直接談判と、本田はマダム悦子(新珠三千代)のいる香港亭へ彼を招待した。だが相手は、たかがアンマ膏と頭から相手にしない。業を煮やした本田は、自らの手で国外に売り出そうと決心した。随行員は南(小林桂樹)と中山(三木のり平)。初めての洋行に有頂天の中山は、あやしい英語で人をケムにまき、はてはお手盛の送別会を準備する図々しさ。こんな中山をさすがに本田社長ももてあましたが、そんな時、東海林の愛人あぐり(草笛光子)の義兄が、香港で商事会社にいることがわかり、中山のかわりに彼を随行員にした。送別会の当日、そのことを知った中山はションボリうなだれ、一同もホロリとする始末。いよいよ香港出発となり、ジェット機にのり込んだ本田たちは、香港亭の悦子にばったり会った。彼女も香港支店へ行くところだ。香港で、街を歩いていた南は、大学の後輩柳宗之(洪洋)に出会った。柳は妹の秀敏(尤敏)と共に香港を案内してくれたが、南は彼女の美しさに心もそぞろだった。一方、悦子を訪ねて道をまよった本田は、今南と別れたばかりの秀敏に親切に案内され、そのしなやかな柳腰に見とれるばかり。東海林までが、マーケットでみやげを買うのに言葉が通じず困っているところを、通りがかりの秀敏に助けられた。その夜、三人は同じ女性とも知らずめぐり会った香港美人の話でもちっきり。ところが夜中に本田社長は蛇の食べ過ぎでのたうって苦しんだ。明日から売り込みだというのに、肝心の社長は、逃げ出すように香港を立ち去るのだった。

社長洋行記社長洋行記
フランキー堺                   草笛光子、加東大介

題名:社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、東野英治郎、西条康彦、小沢直好、英百合子
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
社長洋行記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
社長洋行記社長洋行記
加東大介、森繁久彌、小林桂樹         森繁久彌、加東大介、小林桂樹

続 社長洋行記

続 社長洋行記続 社長洋行記
森繁久彌                       三木のり平
続 社長洋行記続 社長洋行記
小林桂樹                         三木のり平、小林桂樹

【ストリー】
貼り薬“サクランパス”の海外進出のため、東海林営業部長(加東大介)、南秘書課長(小林桂樹)と共に香港に乗り込んだ桜堂製薬の本田社長(森繁久彌)は、商談半ばで奇病のため日本に引きあげた。残された二人は、食事代も節約して孤軍奮闘するが、仕事はいっこう進まない。業を煮やした社長は、妻の滝子か(久慈あさみ)や娘のめぐみ(中真千子)に年寄り扱いされる腹いせもあって、再び香港にやってくる。前に一度浮気しそこなった香港亭のマダム悦子(新珠三千代)のお色気にフラフラとなってナイトクラブへ行った本田社長は、そこではからずも東海林部長と南課長とハチ合せ。東海林はタカリ専門のインチキ日本人坂田(フランキー堺)にひっかかって、ある商事会社を口説きおとそうと大わらわであり、南は大学の後輩の柳(洪洋)とその妹で一流商社の社長秘書をつとめる秀敏(尤敏)と共に、柳の誕生祝いにここへきていたのである。おかげで本田社長はマダムとつき合うわけに行かず、マダムは怒って帰ってしまい、頼みの坂田はタカリ屋と判って、浮気も仕事もお手上げだ。ところが、秀敏の機転でサクランパスは彼女の動く美麗公司と契約をするチャンスがきた。宗社長(斎藤達雄)は東京で調査の上、正式に代理店契約を結ぶという。喜び勇んで三人が帰国すると、意外にも彼らが香港芸者と浮気したというデマがとんでいるのにビックリ。そのため社長は妻の滝子から、東海林は恋仲の飲み屋のあぐり(草笛光子)から南は相愛の敬子(藤山陽子)からやっつけられた。調べてみると、香港へ行きそこなった中山課長(三木のり平)の仕業らしい。さて、美麓公司から桜堂製薬の実績と経営状態調査に派遣されてきたのは秀敏で、宗社長も続いて来日、両社の提携記念パーティーが椿山荘で催された。彼女の美貌に魂を奪われていた南は、今日こそプロポーズをと思っている。だが彼の前にあらわれた秀敏は、アメリカから香港へ帰る途中の中国青年(三船敏郎)を連れていた。それは秀敏の婚約者であった。

続 社長洋行記続 社長洋行記
尤敏                          藤山陽子

題名:続 社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎、村木忍
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、三船敏郎、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、河津清三郎、西条康彦、小沢直好、英百合子、塩沢とき、斎藤達雄
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー90分35mmフィルム
続・社長洋行記 -DVD-

続 社長洋行記続 社長洋行記
新珠三千代、森繁久彌                  三船敏郎

映画「駅前旅館」


森繁久彌                         淡島千景、伴淳三郎

今回は豊田四郎監督1958年製作「駅前旅館」をピックアップする。
“駅前シリーズ”は、1958年から1969年まで東京映画で制作された喜劇である。
レギュラー陣はほぼ変わらず25作品が作られた。

【東京映画・駅前シリーズ】
1958年「駅前旅館」
1961年「喜劇 駅前団地」「喜劇 駅前弁当」
1962年「喜劇 駅前温泉」「喜劇 駅前飯店」
1963年「喜劇 駅前茶釜」
1964年「喜劇 駅前女将」「喜劇 駅前怪談」「喜劇 駅前音頭」「喜劇 駅前天神」
1965年「喜劇 駅前医院」「喜劇 駅前金融」「喜劇 駅前大学」
1966年「喜劇 駅前弁天」「喜劇 駅前漫画」「喜劇 駅前番頭」「喜劇 駅前競馬」
1967年「喜劇 駅前満貫」「喜劇 駅前学園」「喜劇 駅前探検」「喜劇 駅前百年」
1968年「喜劇 駅前開運」「喜劇 駅前火山」
1969年「喜劇 駅前桟橋」


フランキー堺                              淡島千景

【ストリー】
“私、駅前の柊元(くきもと)旅館の番頭でございます”生野次平(森繁久彌)は30年の経験をもつ「お帳場様」である。上野界隈も昔とはずい分変ったものだ。柊元旅館は今日も修学旅行の団体客でごったがえしている。馴染みの旅行社の添乗員・小山(フランキー堺)が忙しく中学生をさばく。次平は山田紡績の社長一行のなかの女客に二の腕をつねられた。その女客は女中のお京(三井美奈)に伝言を残すと発っていった。次平には気の合った番頭仲間が四人いた。そのうちの高沢(伴淳三郎)に尻尾をつかまれ、今度の慰安旅行の幹事にされた。その役は艶聞を立てた者に振りあてられることになっていたのだ。馴染みの飲み屋・辰巳屋のお辰(淡島千景)のところで行先を江の島と決めた。夏の江の島には全国から番頭たちが客引の腕をみがきにくる。昔、ここで次平や高沢は芸を張り合ったものだ。次平は彼をつねった女のことをやっと思い出した。於菊(淡路恵子)--江の島時代の旅館の豆女中だった。間もなく、例の山田紡績の女工たちの団体がやってきた。於菊が保健係の先生と共に引卒していた。次平は席を設けて於菊と会ったが、“旅の恥はかきすてというような気持……”といった於菊の言葉が彼のカンにさわった。社長の妾で工場の寮長に納って満足気な女の手前勝手だ。“お前、宿へ帰んなよ”彼には昔流の意地があった。--下級旅館の強引な客引・カッパの連中が格元に泊った女学生三人を怪我させた。次平は主人から怒鳴られ、小山は自分の客から怪我人が出てクサった。次平は一計を案じ、上野駅前浄化運動を始め、カッパ連中を締め出す看板を一帯にめぐらした。本部は辰巳屋に置いた。カッパ連は次平を出せと柊元に押しかけた。因っているお内儀を助けようと、次平は暇乞いの口上を述べたが、主人(森川信)がそれを利用し、本当に彼をクビにした。彼はさっと最後の客引きの手際を見せるとそのままを消した。その夜、小山もお京を連れて柊元を出、大阪を目指した。次平は追ってきたお辰と一緒に日光行の二等車に収っていた。住み慣れた上野の火がのろのろと二人の目前を動いていった。


森繁久彌、三井美奈                         淡島千景、森繁久彌

題名:駅前旅館
監督:豊田四郎
製作:佐藤一郎
原作:井伏鱒二
脚本:八住利雄
撮影:安本淳
照明:石川緑郎
美術:松山崇
録音:渡会伸
編集:岩下廣一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所
製作主任:大久保欣四郎
製作補:金原文雄
助監督:廣沢栄
スチール:山崎淳
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、淡島千景、淡路恵子、三井美奈、草笛光子、山茶花究、森川信、藤木悠、都家かつ江、若水ヤエ子、左卜全、多々良純、藤村有弘
1958年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー109分35mmフィルム
喜劇 駅前旅館 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


駅前旅館                            淡島千景、森繁久彌

映画「喜劇 駅前団地」


森繁久彌                    伴淳三郎、フランキー堺

今回は久松静児監督1961年製作「喜劇 駅前団地」をピックアップする。
東宝駅前シリーズ第2作は、小田原線の「百合ヶ丘」駅と、その隣の「西生田駅(現:読売ランド前駅)」を舞台にして駅周辺に広がる百合ヶ丘第一団地で起きる土地問題を取り上げた内容になっている。


森光子、伴淳三郎                  フランキー堺

【ストリー】
東京郊外のマンモス団地。その団地の脇に目下第二団地の建設がおこなわれている。おかげでその辺の土地をもっている百姓の権田孫作家はオール電化。その孫作(伴淳三郎)の幼な友達でやはりこの団地の開設前から開業している外科医戸倉金太郎(森繁久彌)は、妻をなくして一人息子桂一(二木まこと)と父親(左卜全)の三人暮し。このマンモス団地の駅前に小料理屋高砂亭がある。ここの常連といえばマダムの君江(淡路恵子)をお目あての孫作や近所の連中だけ。孫作の長男一郎(久保賢)は父親の意志でいやいやながら予備校に通っている。クラス会の帰りに立寄った高砂亭で一郎は女給の桃子(黛ひかる)と知りあう。戸倉金太郎は第二団地のそばにある孫作の所有地の一部を買って新しい病院を建てようと計画、その土地を見にいった。ところが同じ土地の一部を買ったというブローカーの平太(フランキー堺)と連れの美人があれこれと相談しているのにぶつかった。この連れの美人がこの土地を買って新しく病院を建てようという東京の女医小松原玉代(淡島千景)だったから一大事。いきおいこんで孫作に談じこむと孫作は、ブローカーの平太が住宅を建てるからというので土地を売ったのだと弁明する。その時救急車が戸倉医院に横づけになる。中から運びだされてきたのは、先刻逢ったばかりの女医の玉代だった。土地を見ての帰途、砂利トラックと彼女の乗用車が衝突したとのことだった。商売仇の当の相手と知った玉代もびっくりするが仕方なく入院する。そんな矢先、結婚を反対された一郎と桃子の二人は山の温泉旅館へ家出をしてしまった。心中の前科のある桃子と一緒だけにと孫作は金太郎や君江たちと山の旅館にかけつけてみれば、二人はケロリとしている。そこへ桂一が急病という電話がかかり金太郎は急いで帰宅するが、幸い玉代の適切な処置で回復に向う。そして玉代に母のようになついていく桂一に、金太郎は感心してしまう。だが、玉代と金太郎は土地のことがあるので、どうもしっくりいかない。逢うたびにいがみあっているが、どうやら二人ともお互いに相手を意識しすぎている。半年の後--丘の上には新しい第二団地のアパートがたち並んでいる。駅前の高砂亭も今では平太の改造でバーになっている。今はそこのマスターになっている平太は女房の君江の具合を心配して戸倉病院に電話をしている。どうやらおめでたらしい。電話を切る金太郎。その声に女房兼副院長の玉代が颯爽と往診に出かけていく。


淡島千景                                坂本九

題名:喜劇 駅前団地
監督:久松静児
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:遠藤精一
照明:比留川大助
美術:狩野健
録音:酒井栄三、西尾昇
音楽:広瀬健次郎
編集:広瀬千鶴
スチール:大谷晟
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、森光子、淡島千景、淡路恵子、坂本九、二木まこと、久保賢、黛ひかる
1961年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
喜劇 駅前団地 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺 (背景は小田急線百合丘駅)       伴淳三郎

喜劇 駅前団地

小田急3000形ロマンスカー(SE) ※1957年7月6日より営業運転を開始

1 2 3 4