映画「十階のモスキート」

十階のモスキート
「十階のモスキート」内田裕也
十階のモスキート十階のモスキート
内田裕也                         吉行和子

今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。
本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。
内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。
破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食(若松孝二監督1979年)」「水のないプール(若松孝二監督1981年)」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。

十階のモスキート
「十階のモスキート」中村れい子
十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                        佐藤慶

【ストリー】
男(内田裕也)は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE(吉行和子)はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE(小泉今日子)を引き取って離婚していた。娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO(中村れい子)とのセックスだ。男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。

十階のモスキート十階のモスキート
小泉今日子                        アン・ルイス
十階のモスキート十階のモスキート
横山やすし                      ビートたけし

題名:十階のモスキート
監督:崔洋一
企画:内田裕也
製作:結城良煕
脚本:内田裕也、崔洋一
撮影:森勝
照明:小山勲
録音:佐藤富士男
音効:坂井三郎
美術:細石照美
装飾:落合亮司、橋本良二
結髪:榊原暁美 (山田かつら)
衣裳:第一衣裳
記録:中川初子
編集:山田真司
音楽:大野克夫 挿入歌:白竜「誰のためでもない」選曲:小野寺修
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
製作進行:小橋孝裕
俳優担当:笹岡幸三郎
助監督:磯村一路
監督助手:平山秀幸、福岡芳穂、増本千尋
撮影助手:喜久村徳章、寺沼範雄、五十嵐英弘
照明助手:金沢正夫、白石宏明、井上英一、関野高弘
美術助手:山田正徳
編集助手:北沢良雄
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
制作協力:内野二郎
車両:富士映画
スチール:中島俊雄
出演:内田裕也、吉行和子、中村れい子、風祭ゆき、宮下順子、小泉今日子、アン・ルイス、佐藤慶、ビートたけし、横山やすし、阿藤海、清水宏、下元史朗、梅津栄、小林稔侍、安岡力也
1983年日本・ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
十階のモスキート -DVD-
2019年6月現在、DVDレンタルはありません。

十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                       風祭ゆき
十階のモスキート十階のモスキート
十階のモスキート

映画「唐獅子株式会社」


「唐獅子株式会社」予告編より

横山やすし                        伊東四朗

今回は曽根中生監督1983年製作「唐獅子株式会社」をピックアップする。
本作は、伝説の天才漫才師横山やすしさんを主演で、小林信彦氏原作の同名小説の映画化したものだ。当時、テレビのレギュラー番組だけで9本もある横山やすしさんは超多忙だった為に、撮影は、週3日で、トータル30日の香盤が組まれ、1983年9月中旬~11月中旬に東映東京撮影所内でのスタジオ撮影が行われ、撮影の中盤には1983年10月に数日、大阪と神戸でロケーション撮影が行われたそうだ。


桑名正博                         甲斐智枝美

【ストリー】
3年ぶりに刑務所から出所した須磨組組員ダーク荒巻(横山やすし)は、島田組のチンピラに襲われ、九死に一生を得てようやく組の所在地にたどりついた。ところが、そこには、「唐獅子通信社」の見慣れない看板が……。親分の新し物病が始まったらしく、兄貴分の哲(伊東四朗)は専務と呼ばれ、組の様相は一変していた。翌日、ダークの出所祝が須磨邸で開かれた。シェフは親分の長男・安輝(木村一八)。コック姿で料理を運びやくざ稼業には全く関心がない。そこへ親分、義輝(丹波哲郎)の娘・輝子(斉藤ゆう子)が現れ、「これからはビデオの時代」と提案する。かくて、唐獅子ビデオの看板が掲げられた。さらに、親分は芸能社を作り、どこで見つけてきたのか新人歌手・伊吹ひとみ(甲斐智枝美)を東京のテレビ局主催のスーパースターコンテストで優勝させろと命令する。ところが、ひとみは体は魅力的だが、歌の方はカラッきしダメ。そして、ダークがマネージメント、原田(桑名正博)が歌のレッスンを担当することになった。デビュー曲も出来上がり、東京へ飛んだダークたちは、クラブでまずテレビ局のプロデューサーと評論家を買収する。そこに島田組が現われ、3人は捕まり、監禁された。翌朝、やっとの思いで抜けだしたダークたちは、コンテスト会場にギリギリで到着し、「唐獅子ロック」を歌ったひとみは優勝した。その夜、ダークの自分への愛の独り言を聞いたひとみは、彼に抱いてくれと告げるが断られ外に飛び出した。大阪に戻ったひとみは哲の前で、ダークにベタベタする。ある日、島田組がひとみのマンションにやって来た。居合わせたダークとひとみは逃げだし、やがてモーターボートでの闘争が始まった。そこに、島田組とダークの争いを心配していた栗林警部補(杉浦直樹)が助けに入り、足をゲガする。次の日、栗林を見舞ったダークとひとみは、奥さんに死なれ子供をたくさん抱えて困っている彼の姿を見た。坂津音楽祭当日、子供を連れてお祝いにかけつける栗林に、意を決してダークは「ひとみはあんたが好きだから嫁にもらってくれ」と頼む。そんなダークを哲が「よくやった。惚れた女を他人に渡すはのつらい」と慰めるのだった。


杉浦直樹                         丹波哲郎

題名:唐獅子株式会社
監督:曽根中生
企画:天尾完次
製作:井上眞介、木村政雄、林信夫
原作:小林信彦
構成:笠原和夫
脚本:内藤誠、桂千穂
撮影:鈴木耕一
照明:梅谷茂
録音:川島一郎
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:開米慶四郎
装飾:岡万雄
背景:上田義明
美粧:武藤佳子
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:西本良治郎
刺青:毛利清二
記録:勝原繁子
編集:西東清明
音楽:甲斐正人 主題歌:山本譲二「ローリング・ストーン」
現像:東映化学
製作調整:山田光男
製作主任:酒井喬ニ
演技事務:鎌田賢一
音楽事務:新井明美
水中撮影:中村征夫
助監督:田中雄二
音楽プロデューサー:高桑忠男、石川光
カー・スタント:高橋レーシング
宣伝担当:松田仁、荒井一郎、西嶋光弘、藤沢正博
スチール:関谷嘉明
出演:横山やすし、伊東四朗、桑名正博、甲斐智枝美、丹波哲郎、杉浦直樹、佳那晃子、風祭ゆき、中島ゆたか、斉藤ゆう子、荒勢、小野ヤスシ、岡本信人、成瀬正孝、阿藤快、安岡力也、なぎら健壱、明石家さんま、島田紳助、木村一八
1983年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
唐獅子株式会社 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


斉藤ゆう子                        なぎら健壱

唐獅子株式会社

映画「魚からダイオキシン!!」

魚からダイオキシン!!魚からダイオキシン!!
内田裕也

今回は主演の内田裕也氏が手掛けた脚本をミュージシャン宇崎竜童氏が監督で1992年に製作された「魚からダイオキシン!!」をピックアップした。本作は、実際に内田裕也氏が91年東京都知事選に出馬した際のエピソードが盛り込まれたり、北野武(ビートたけし)監督「その男、凶暴につき」を本人登場で自嘲的に再現したりと新たな手法が試みられたが、若松孝二監督1979年東映「餌食」がベースとなったリメイク作品である。堀越や上村の住むアパートは「餌食」では表参道の同潤会青山アパートだったが、本作は長崎県の軍艦島になっている。「餌食」に参加したスタッフの一人としては、内容に違和感があるが、内田裕也氏のMPVだと思えばそれなりに見れる。でも上村麻美役は水島彩子さんの方が真に迫っていた。

【追記・訃報】
ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが2019年3月17日午前5時33分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。79歳。兵庫県西宮市出身。2017年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。2018年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマだった。
2019/3/19 08:05 スポニチアネックス配信

——————————————————————————————————————

餌食

餌食
1979年6月23日(土)東映系全国劇場公開
==========================
監督:若松孝二
脚本:荒井晴彦、高田純、出口出
企画:向井寛
製作:向井寛 (獅子プロダクション)
撮影:志村敏雄
照明:斉藤正治
美術:井上和夫
録音:東映東京撮影所録音部
編集:中島照雄
音楽:ピーター・トッシュ 、 マトウンビ
現像:東映化学工業 (富士フィルムACE125,250を使用)
助監督:一ノ倉二郎
撮影助手1th(計測):中本憲政
撮影助手2th(フォーカス):岡垣亨
撮影助手3th(フィルムローダー):宮本良博
スチール:金谷肇
配給:東映 ※同時上映作品「地獄」監督:神代辰巳 出演:原田美枝子
出演:内田裕也、多々良純、宮田明、栗田よう子、水島彩子、佐藤蛾次郎、安岡力也、鹿内孝、佐々木剛
1979年日本・東映+獅子プロダクション/シネスコサイズ・フジカラー80分35mmフィルム

※キャメラはARRIFLEX ⅡCBV、Michell Mark Ⅱ、レンズはCooke SpoeedPancro 32mm(イギリス製) Schneider CineXenon 50mm,75mm及び100mm(ドイツ製)がマスターレンズで前アナモフィックレンズを使用。ズームレンズはAngenieux 25-250mm T4.0(フランス製)を使用した。
2014年1月現在「餌食」はDVD化されてません。入手次第ここで詳細の公開を予定します。

同潤会青山アパート古い写真
左写真は当時の同潤会青山アパート(今は表参道ヒルズになっている)
右写真は当時の「餌食」撮影中の筆者のスナップ、後ろは内田裕也氏(ネガを見て顔が見えてない)
——————————————————————————————————————

魚からダイオキシン!!魚からダイオキシン!!
ビートたけし

【ストリー】
1991年、東京。ロックンローラーのYUYAは都知事選を駆け抜けていたが落選。数年後の1990年、ニューヨークへ旅立ったYUYAが突如帰国。旅先 で出会ったクルド人ミュージシャンに衝撃を受けたYUYAは彼らを日本に紹介しようと、かつてのロック仲間のNAKANEに売り込むが、今やロック界を牛 耳る存在にまでのし上がった彼にとって、YUYAは煙たがられる存在にすぎなかった。それどころか麻薬取引にまで手を伸ばしていたNAKANEは、YUYAのかつての恋人ASAMIをクスリ漬けにし、外タレ専門に肉体を提供させ、ヘロイン を横流ししていた。その事実を知ったYUYAは彼らに対する失望とともに強い怒りを覚える。そんな時、パンク青年KENJIとその恋人RIEと知り合った YUYAは、彼らのところに転がり込み、そこで元ヴァイオリニストの片腕の老人GENJIROと出会う。そして彼の持っていた銃を譲り受けたYUYAは、 KENJIとともにNAKANEの事務所を襲撃。ヘロイン資金を強奪し、命縣けのコンサートを開こうとするYUYA。その時、ドス黒い海の彼方から世紀末の日が訪れるのだった。

魚からダイオキシン!!魚からダイオキシン!!
佐藤慶                        高沢順子

題名:魚からダイオキシン!!
監督:宇崎竜童
企画:内田裕也
製作:小口健二
プロデューサー:海野義幸
原作:荒井晴彦、高田純、高橋伴明、小水一男
脚本:内田裕也
撮影:長田勇市
照明:豊見山明長
録音:杉崎喬
美術:山崎輝
編集:村本勝
音楽:大野克夫
助監督:上山勝
スチール:目黒祐司
製作協力:須崎一夫 、 田名部太郎 、 朝隈敏行
出演:内田裕也、本木雅弘、ビートたけし、佐藤慶、高沢順子、鹿内孝、尾藤イサオ、佐藤蛾次郎、横山やすし、景山民夫、安岡力也
1992年日本/ビスタサイズ・カラー121分35mmフィルム
魚からダイオキシン!! [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

魚からダイオキシン!!魚からダイオキシン!!