映画「あげまん」


宮本信子                         津川雅彦

今回は伊丹十三監督1990年製作「あげまん」をピックアップする。
伊丹監督は、リクルート事件のあった1989年5月から脚本を執筆し、舞台を料亭と財政界から採ったそうだ。それはまず芸者さんを描いてみたかったからだそうで、あげまんと関りを持つ「政治家や財界人といった人々は、彼らほどモラルを求められていながらモラルを持たない人たちはいない。モラルを持たないことに自分自身が気付いていない人たち」と言い切っている。
本作で登場するお座敷は、取り壊されてビルになる前の港区赤坂の料亭たん熊が使用され、政界の大物である大倉善武の屋敷は、護国寺の月光殿(重要文化財)が使われた。ほかに日枝神社(千代田区)境内、ホテル虎ノ門パストラル、飯田橋エドモントホテル、原宿パレフランセ、綱町三井倶楽部(映子の家)、森稲荷神社(中央区佃)、渋谷EX、日本橋北陸銀行、日比谷東宝本社屋上などが使われたそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


大滝秀治、石井苗子                          宝田明、島田正吾

【ストリー】
捨て子だったナヨコ(宮本信子)は老夫婦に育てられるが、中学を出てナヨコは芸者の道を歩むことを決心する。そして芸者の置屋に預けられたナヨコはそこで一人前の芸者に成長してゆくがそんなある日、僧呂多聞院(金田龍之介)のもとに水揚げされ、彼女の人生は一変するのだった。ナヨコと暮らすようになって多聞院の位はめきめきと高くなっていったのだ。だが、間もなく多聞院は病死してしまうのだった。何年かたち銀行のOLになったナヨコは、ふとしたことからうだつのあがらない銀行員鈴木主水(津川雅彦)と知り合い、お互い愛し合うようになる、だが同時に政界の黒幕である大倉善武(島田正吾)もナヨコの“あげまん”に目をつけていた。結局主水と結ばれるナヨコだったが、出世街道を走り始めた主水は、出世のために瑛子(石井苗子 )という女と婚約してしまいナヨコと別れてしまうのだった。主水に捨てられたナヨコは大倉のもとへいき、再び芸者となった。そんな時、総理の椅子をめぐって鶴丸幹事長(北村和夫)と争う犬飼政調会長(宝田明)もまたナヨコに目をつける。その頃主水は上役の千々岩(大滝秀治)が鶴丸に政治資金を横流ししていた不正をきせられてピンチにおちいっていた。その事を知ったナヨコは、やはり主水のことが気がかりになっていた。だがその時犬飼から鶴丸が癌で先長くない命であることを知らされたナヨコは、それをネタに主水の危機を救うのだった。そしていつしか二人は永遠の愛で結ばれるのだった。


宮本信子                         橋爪功

題名:あげまん
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
脚本:伊丹十三
撮影:山崎善弘
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斎藤昌利 (東洋音響カモメ) リーレコ:中村洋 アドバイザー:中山義弘
美術:中村州志
装置:新井義行
装飾:山崎輝、富沢幸男、長谷川圭一、栗原牧子、山浦克己
衣装:小合恵美子、岩崎文男、宮越久美子 衣装考証:山田玲子
美粧:小沼みどり SFXメイク:江川悦子
床山:西松忠 (銀座岡米かつら)
配役:笹岡幸三郎
殺陣:中瀬博文
記録:堀北晶子
編集:鈴木晄 ネガ編集:西原昇
音楽:本多俊之
フィルム:富士フィルム (報映産業)
撮影機材:三和映材社
現像:イマジカ
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作担当:川崎隆
製作進行:岩下真司、森太郎
助監督:久保田延廣
演技事務:前島良行
デスク:吉川次郎
監督助手:当摩寿史、永田智春、尾山宏伸
撮影助手:高橋聡、村石直人、福田泉、真塩隆英
特機助手:度会誠司
照明助手:沖田秀則、須賀一夫、鈴木達也、小原法行、泉田聖
美術助手:山崎秀満、近藤成之、樋田浩子
録音助手:桜井敬悟、田中靖志、石井ますみ
編集助手:普嶋信一
スタイリスト助手:石原啓子
フードスタイリスト:石森いずみ
料理コーディネイト:松本庄平
メイク助手:横瀬由美
SFXメイク助手:橋本和典
製作協力:細越省吾事務所
振付:猿若清三郎
指導:猿若清方、赤坂・育子
舞踏監修:猿若清三郎
清元三味線指導:述千八寿
プロデューサー:細越省吾
音楽プロデューサー:立川直樹
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:藤沢俊夫
出演:宮本信子、津川雅彦、大滝秀治、石井苗子、島田正吾、宝田明、北村和夫、金田龍之介、一の宮あつ子、菅井きん、橋爪功、洞口依子、杉山とく子、黒田福美、横山道代
1990年日本・伊丹プロダクション+東宝/ビスタサイズ・カラー118分35mmフィルム
あげまん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


宮本信子、津川雅彦

映画「クレージーの無責任清水港」


谷啓、植木等                              浜美枝

今回は坪島孝監督1965年製作「クレージーの無責任清水港」をピックアップする。
1966年の正月に公開された本作は「時代劇シリーズ」全4作第3弾で、続編が最終作「クレージーの殴り込み清水港」となる。


ハナ肇、平田昭彦                            団令子

【ストリー】
東海道清水港。売出し中の清水次郎長も経済成長のひずみで一家の台所は火の車。そんなところへ、信州は沓掛の生れの風来坊追分の三五郎がやってきた。しかしこの三五郎は一宿一飯の恩義で、肩のこる思いをするのは真平と、次郎長一家へ草鞋を脱がず、腹をへらしたあげく、無銭飲食で牢へ入った。一方、次郎長一家では、大瀬の半五郎がふとしたことから、次郎長一家の売り出しを恨む鷹岡の勘助の身内と喧嘩になり大瀬の半五郎の身代りを買ってでた、人の良い石松が牢暮しの破目におちいった。牢内で会った石松と半五郎はたちまち意気投合。やがて数日がすぎ出所した石松は次郎長のもとに帰り、三五郎はまた宿無しの身となった。が、ある日、小料理屋「ひさご」で一人娘お美代を相手に、石松から聞きかじっていた、大瀬の半五郎の武勇伝をわがことのようにぶち、悦にいっていた。ところが、これをまわりで聞いていたのが用心棒の大河原玄蕃を雇って次郎長一家へ殴りこみをかける途中の勘助身内の子分たちだった。引っこみがつかなくなった三五郎は、奇抜な計画で玄蕃を倒し逃げだしたものの、仕返しを恐れて石松の居候となった。またそんな時、新助、清次という兄弟が親の仇討ちの助太刀を頼みにやってきた。そこへ勘助が横山隼人という用心棒を雇い、喧嘩状を送ってきた。次郎長は石松に破門を言い渡し、怒った三五郎と石松は恋しいお雪やお美代に別れをつげ次郎長のもとを去った。が、途中三五郎を追ってきた新助、清次の兄弟が、仇とねらう隼人をみつけだし、仕方なく三五郎は、隼人と対して奇策で隼人を倒した。そこへお美代がかけつけ次郎長の窮状を告げた。石松は三五郎のとめるのをふりきって、次郎長を助けるべく勘助との喧嘩場へむかった。三五郎も仕方なく後を追い、自分がカマユデになることを条件に喧嘩を無事おさめ、得意の忍術でカマをぬけだした。数日後、次郎長のもとにたち帰った三五郎は、おどろき、あきれる次郎長をしり目に、またゴキゲンで旅にでていった。


高橋紀子、植木等                         横山道代、植木等

題名:無責任清水港
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、藤本真澄
脚本:小国英雄
撮影:小泉福造
照明:高島利雄
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:育野重一
殺陣:久世竜
編集:武田うめ
音楽:萩原哲晶、宮川泰 挿入歌「小諸馬子唄~ちゃっきり節」「遺憾に存じます」
現像:東京現像所
製作担当:山田順彦
監督助手:坂野義光
スチール:副田正男
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、団令子、浜美枝、高橋紀子、平田昭彦、安田伸、石橋エータロー、桜井センリ、犬塚弘、土屋嘉男、横山道代、藤木悠、田崎潤、塩沢とき
1965年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー94分35mmフィルム
クレージーの無責任清水港 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋エータロー、安田伸                        犬塚弘

藤木悠                               田崎潤

谷啓、植木等                           無責任清水港

無責任清水港

映画「マルサの女」


宮本信子                              山崎努

今回は伊丹十三監督1987年製作「マルサの女」をピックアップする。
本作は、徹底したリサーチに基づいた脚本作りが、秀悦な作品として仕上がっていると思う。
テーマに沿ったストリー展開に釘付けになる演出手法は凄い。それを支える全ての俳優陣の演技に一流を魅せて戴いた。
今の日本映画で、この様に、優秀で非凡な俳優と真正プロフェシュナルのスタッフが作った劇映画が、極めて少ないのは嘆かわしいと思う。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


岡田茉莉子、津川雅彦                        芦田伸介

【ストリー】
税務所の調査官、板倉亮子(宮本信子)は、小柄で顔がソバカスだらけの不美人だが、脱税を徹底的に調べるやり手だった。ある日、彼女は一軒のラブホテルに目をつけ、そこのオーナー権藤英樹(山崎努)が売り上げ金をごまかしているのではないかと調査を始める。権藤には息子の太郎(山下大介)と内縁の妻、杉野光子(岡田茉莉子)がいた。権藤は一筋縄ではいかない相手で、なかなか証拠も掴めない。そんな時、亮子は国税局査察部に抜擢された。彼らはマルサと呼ばれる摘発のプロである。マルサとしての調査経験を積んでいった亮子は、上司の花村(津川雅彦)と組んで権藤を調べることになった。ある時、権藤の元愛人、剣持和江(志水季里子)から彼の今の愛人、鳥飼久美子(松居一代)が毎朝捨てるゴミの袋を調べろとタレコミの電話が入った。亮子たらは清掃車を追いかけ、やっとのことで証拠の書類を見つけた。権藤邸をガサ入れする日が決まった。当日の朝、出かけた光子を亮子は尾行。権藤邸に花村たちが入った途端、他の何人かが権藤の取り引き先の銀行、久美子のマンションをガサ入れする。光子の見張りを交代して権藤邸に向かった亮子は、権藤と喧嘩し、大金を持って飛びだした太郎を追いかけ慰めた。亮子が邸に戻ると、調査はほぼ完了で証拠は何も出て来なかった。花村は権藤に質問し、亮子に眼の動きを追えと命令する。そして、本棚を推定、本の中をしらみつぶしに探すが徒労に終わる。疲れた亮子が立ちあがって、体を伸ばし本棚にぶつかった途端、壁が動き奥の隠し部屋が現われ大金が見つかった。その頃、久美子の部屋では口紅に隠された多くの印鑑が発見された。また、銀行でも架空の名義が確認された。権藤から貸し金庫の鍵は光子が持っていると聞かされた花村は、光子のいる美容室に出かけ鍵を受け取る。半年後、亮子のまえに太郎のことで御礼が言いたかったと権藤が現われた。彼はまだ全部に口を割らず頑張っていた。自分のもとで働かないかと言う権藤に亮子は首を横に振る。突然、亮子が以前忘れたハンカチを出した権藤は、ナイフで指を傷つけ、血でハンカチに残りの貸し金庫の暗号を記して渡した。


大滝秀治                                     伊東四朗

題名:マルサの女
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:桂昭夫
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝
衣装:斎藤昌美
美粧:小沼みどり
衣装:小合恵美子
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄
配役:笹岡幸三郎
音楽:本多俊之 音楽監督:立川直樹
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:東洋照明
現像:イマジカ
製作担当:川崎隆
製作進行:玉置泰、細越省吾
演出助手:久保田延廣
助監督:白山一城
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:宮沢鬼太郎、柏木和明
出演:宮本信子、山崎努、津川雅彦、岡田茉莉子、小林桂樹、芦田伸介、大滝秀治、室田日出男、大地康雄、桜金造、松居一代、橋爪功、伊東四朗、杉山とく子、横山道代、白川和子、絵沢萠子、山下大介、志水季里子
1987年日本・伊丹プロダクション+ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
マルサの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


白川和子                              宮本信子、津川雅彦

1 2 3