映画「赤い蕾と白い花」


吉永小百合

吉永小百合                     浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作「赤い蕾と白い花」をピックアップする。
本作は、石坂洋次郎氏の原作「寒い朝」を映画化したもので、1959年に松竹製作で「若い素顔(監督:大庭秀雄/主演:桑野みゆき)」に続いて2度目の映画化となるが、高峰三枝子さんが、同じ岩淵真知子役で演じている。本作のロケは、東京都大田区田園調布、羽田空港、世田谷区二子玉川などで行っている。


高峰三枝子                     金子信雄

【ストリー】
三輪重夫(浜田光夫)と岩淵とみ子(吉永小百合)は高校三年仲の良いクラスメイトである。重夫は小さい時に母親を亡くし、とみ子は父親を亡くして母親に育てられた。似たような境遇が、二人を一層親密にさせた。彼等には片親の子にあり勝ちな暗い影はみじんもなかった。或る日、とみ子の母親真知子(高峰三枝子)が風邪をひいて寝こんだ。とみ子は三輪医院に電話した。それから毎日、重夫の父貞一(金子信雄)が真知子の診察に来た。重夫ととみ子は、父と母がそれぞれ仲良くつきあっていけるようにいろいろと気を使った。そんな頃、とみ子の祖母おかね(北林谷栄)が上京して来た。真知子は貞一と語らっておかねを羽田空港へ連れてゆき、遊覧飛行機に乗せた。その時、真知子が捻挫したため、貞一が彼女を抱いているところを、真知子が校長をしているドレス・センターの生徒達が写真に撮った。その写真は家に送られて来た。ちょうど、重夫ととみ子が試験勉強をしている時だったので、とみ子はその写真をみた。スカートから白い足を露わに貞一に抱かれている写真なのでとみ子は、「汚らしいわ!」と言うと泣き出した。とみ子は親たちへのレジスタンスのために家出を決意した。重夫も不承不承同意した。重夫は、とみ子一人に家出させるのは危険と思ったのだ。真知子は二人の書き置きをみて仰天した。真知子は早速貞一の家にかけつけた。ちょうど、そこに旅館“柳家”のお内儀(武智豊子)から電話がかかってきた。お内儀が三輪医院の患者で、偶然重夫の顔を見知っていたのであった。貞一と真知子がかつけると、二人は一室で寝ていた。部屋の隅と隅にフトンが敷かれ、真中には机が置かれてあった。安心した貞一と真知子も“柳家”で一泊することにした。翌朝、重夫、とみ子の二人は旅館に近い堤防で自然に抱きあうのだった。


武智豊子                       北林谷栄

金子信雄                       左卜全

題名:赤い蕾と白い花
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎「寒い朝」
脚本:池田一朗
撮影:岩佐一泉
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
美術:佐谷三平
記録:新関良子
編集:鈴木暁
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:二反田実
助監督:白鳥信一
色彩計測:小栗準之助
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、高峰三枝子、金子信雄、北林谷栄、左卜全、武智豊子
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
赤い蕾と白い花 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰三枝子、金子信雄              吉永小百合、浜田光夫

映画「コント55号とミーコの絶体絶命」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
コント55号(坂上二郎、萩本欽一)                   由美かおる

今回は野村芳太郎監督1971年製作「コント55号とミーコの絶体絶命」をピックアップする。
本作は、当時人気沸騰中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)と野村芳太郎監督のコンビによる第7作である。

【東宝製作】
1968年「コント55号 世紀の大弱点」監督:和田嘉訓
1969年「コント55号 人類の大弱点」監督:福田純
1969年「コント55号 俺は忍者の孫の孫」監督:福田 純
1969年「コント55号 宇宙大冒険」監督:福田 純

【松竹製作】監督:野村 芳太郎
1968年「コント55号と水前寺清子の神様の恋人」
1968年「白昼堂々」※ゲスト出演
1969年「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ 三百六十五歩のマーチ」
1969年「チンチン55号ぶっ飛ばせ!出発進行」
1970年「こちら55号応答せよ!危機百発
1970年「俺は眠たかった!!」※製作・監督・脚本・音楽・主演:萩本欽一(浅井企画・松竹)
1970年「コント55号と水前寺清子の大勝負」
1971年「コント55号とミーコの絶体絶命」
1971年「泣いてたまるか」※主演:坂上二郎 監督:宮崎晃
1972年「初笑いびっくり武士道」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子、萩本欽一                  財津一郎
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
小松政夫                        三原葉子

【ストリー】
坂本次郎(坂上二郎)・金作(萩本欽一)の兄弟は湘南市役所なんでもやる課勤務である。父は戦死、母は台風で死亡。その時次郎は16歳、金作は8歳であった。次郎は金作の手をひいて上京、苦労の末、金作を大学にやった。次郎は、世の中は金だという信念を持っているだけにケチである。従って女には縁がない。一方、金作はなかなかのプレイボーイで、ある日新宿のゴーゴーバーで県会議員の妾腹の娘田所桃代(太地喜和子)と知り合った。翌日、金作は市役所の亀山助役(花澤徳衛)に呼ばれた。桃代が結婚したいというのだ。助役や沼田課長(財津一郎)は、自分たちの昇進のチャンスとばかりこの結婚を急がせた。15年勤務の次郎を通り越して金作は係長に抜擢された。金作はふとしたキッカケで知りあった中川秀子(由美かおる)という、病身の母(浦里はるみ)と妹のために昼間はガソリン・スタンド、夜はゴーゴーバーで働きながら家計を切りまわしている溌刺とした心根の優しい娘にすっかり心を奪われてしまった。ある日次郎は胃に激痛を感じた。そして、勝手に癌だと思い込んだ。金作も、他人のことを話している杉本医師(なかにし礼)の言葉を聞き違え、兄は癌だと錯覚してしまった。その日から金作は一生懸命兄につくした。次郎は余命いくばくもない人生を楽しもうと500万円の預金を解約した。そんなある日、次郎は、ポケットに石をつめ込んで海に身を投じたが勤め帰りの秀子に助けられた。気がついた時は病院のベットの上で、秀子が母の手術代に困っていることを知り金をだそうとしたが、300万円余りの大金は自殺行の時、波にさらわれてしまった。兄弟が相談した手術代の捻出方法は、このまま次郎が死んだことにして香典を集めることだった。数日後、通夜の客たちは香典を持って集まった。そんな夜でも桃代の甘い攻撃は続いた。金作が「不謹慎な!」と桃代を殴り飛ばしたことから押し入れに隠れていた次郎が飛びだして大騒ぎとなった。かくして兄弟の金集めの苦心は水泡にきしたのである。しかし、金作は、次郎が秀子を愛していることを知ると身を引く決心をした。やがて、次郎が癌でないことが判明した。それも自殺行のあとの入院でわかったもので次郎も知っていたことである。金作はむしょうに腹が立ち次郎にかみついたが、秀子のとりなしで仲直りした。それから数カ月後、「次郎ラーメン」の屋台が店開きした。商売は順調であった。そして、秀子の母の手術も、兄弟の苦面した金で無事に終った日、秀子が選んだフィアンセは兄弟のどちらでもなく杉本先生だったのだ。二人のショックはあまりにも大きかった。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
花澤徳衛                      コント55号(萩本欽一、坂上二郎)   
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
倍賞美津子                           田中邦衛
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子                    坂上二郎、和田アキ子

題名:コント55号とミーコの絶体絶命
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美、浅井良二
脚本:野村芳太郎、山根成之、大西信行
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
編集:浜村義康
現像:東洋現像所
音楽:中村八大 挿入歌:由美かおる「地球の裏側」「タバコの火を消して」「風に吹かれて」 和田アキ子「天使になれない」
製作主任:吉岡博史
製作進行:宗本弘美
助監督:山根成之
スチール:赤井博且
出演:坂上二郎、萩本欽一、由美かおる、太地喜和子、花澤徳衛、財津一郎、小松政夫、倍賞美津子、三原葉子、田中邦衛、三木のり平、武智豊子、浦里はるみ、佐々木梨里、和田アキ子、なかにし礼
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
コント55号とミーコの絶体絶命 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
浦里はるみ、由美かおる              コント55号とミーコの絶体絶命

映画「雁」


「雁」若尾文子

若尾文子                              小沢栄太郎

今回は池広一夫監督1966年製作「雁」をピックアップする。
本作は、1953年に同じ大映で豊田四郎監督が高峰秀子さん主演で製作した森鶴外の原作「雁」のリメイクになる。若尾文子さんが実に美しい。


山本学                                山岡久乃

【ストリー】
口入屋おさん(武智豊子)はお玉(若尾文子)に妾になれとしきりに勧めていた。お玉には嫌なことだったが一度男に騙されて傷物になった身だし、貧乏暮しの父親善吉(伊井友三郎)に対する孝行かもしれないと思って承知した。旦那の末造(小沢栄太郎)は大きな呉服屋の主人で女房に死なれたから、お玉は本妻同様ということだった。末造は優しくしてくれたし、善吉の面倒もよくみてくれた。無緑坂に住むようになったお玉は幸せだと思うようになった。だが長くは続かなかった。商店では妾呼ばわりされて売ってもらえないし、末造の本妻(山岡久乃)は死んではいなかったのだ。善吉は、今の良い生活を捨てたくないので騙されたのに黙っていた。お玉は自分が暗い、惨めな日陰者だということをしみじみ感じるのだった。ぼんやりと外を眺めて暮す日が多くなった。ある日、毎日同じ時刻に無緑坂を通る学生が蛇に襲われたお玉の紅雀を助けてくれた。お玉は紅雀が自分のような気がした。岡田(山本学)というその学生に明るく広い世界へ紅雀のように救い出してもらいたかった。そんな期待と共に、お玉は岡田にほのかな想いをいだきはじめた。そして何とか小鳥のお礼をいい、自分の境遇を話したかったが機会はなかった。毎日無縁坂を通る岡田を見ているばかりだった。ある日、末造が商用で家に来ないとわかった。お玉は女中(姿美千子)を帰し、いそいそと食事の仕事をして、岡田が通るのを門の前で待っていた。だがその日の岡田は友だちを連れていた。二人の話しではドイツ留学が決まったらしい。お玉は声をかけることもできないほどがっかりしてしまった。岡田はお玉の切ない気持ちがわかったがどうしようもなかった。静かな夕暮れの無線坂を岡田は去っていった。その時、不忍池から一羽の雁が飛び立った。お玉はじっと立ちつくしていた。無縁坂で会った二人は、しょせん縁の無い人間だったのだ。


「雁」若尾文子

藤原礼子、若尾文子。姿美千子、水戸光子 小沢栄太郎、武智豊子、伊井友三郎、若尾文子

題名:雁
監督:池広一夫
企画:仲野和正
原作:森鴎外
脚本:成澤昌茂
撮影:宗川信夫
照明:田熊源太郎
録音:三枝康徐
美術:仲美喜雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:岡崎明
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、小沢栄太郎、山本学、姿美千子、山岡久乃、水戸光子、藤原礼子、伊井友三郎、井川比佐志、石黒三郎、武智豊子、篠田三郎(デビュー作)
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
雁(1966)-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山本学、若尾文子

1 2 3 6