映画「大人と子供のあいのこだい」

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
浜田光夫                       松原智恵子

今回は若杉光夫監督1961年製作「大人と子供のあいのこだい」をピックアップする。
本作は松原智恵子さんのデビュー作だが、驚くほど出番とカラミが少ない。「キューポラのある街」と比べると見劣りする内容とテーマの追求である。プロダクションノートに書いてある教配スタジオ(目黒区柿の木坂・旧目黒スタジオ)を使用しているそうだが、どのシーンだかは分からなかった。70年代後半~90年代前半までCF撮影で、特に徹夜の仕事で通ったのを思い出す。2002年に教配スタジオは売却され、跡地にはUR都市機構シティコート目黒が建った。余談になるが、それから6年経た2008年10月に東宝ビルド(東京美術センター)も閉鎖、解体され、跡地は集合住宅として再開発された。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
鈴木瑞穂、浜田光夫                 佐々木すみ江、宇野重吉

【ストリー】
平井明夫(浜田光夫)は下町の中学三年生だ。父親の国造(松下達夫)は小さな工場の工員、母親のマサ(小夜福子)は内職、姉の加代(高田敏江)も工員をして貧しい家計を助けている。国造は、工場の不況で月給も遅れがちになのに、毎日酒を飲み、競輪や競馬にうつつをぬかしていた。明夫は、そんな父親に憤りを感じるとともに、“専門学校までいった父ちゃんに日雇い仕事までさせたくない”と文句も言わず、苦しい家計をやりくりしている母親にも不満だった。学校で生徒会役員の選挙があった。成績優秀な彼は友人たちに推されて立候補し、役員に選ばれた。喜んだ親友の杉下京一(鈴木寿雄)は明夫を自分の家へ誘い、家族に明夫の演説ぶりを話した。その晩、楽しい夕飯をご馳走になった明夫は、食後に京一から「坂口智佐子(松原智恵子)が好きなんだろう」と言われた。国造の働いている工場が潰れた。次の仕事は中々見つかりそうもない。そのうえ加代も無理がたたって病気になり、療養所へ入ってしまった。しかし明夫はいじけなかった。学校では役員として活躍し、高校入試模擬テストでは全国でも優秀な成績をとった。明夫は毎日日記をつけている。「貧乏なのはしかたがない。俺は俺の力で争うだけだ」と書いた明夫は、昼間働き、夜間の高校へ行くつもりで勉強していた。明夫を高校へ進学させたい担任教師・田口先生(鈴木瑞穂)と京一の父親・洋介(宇野重吉)が相談し、明夫を自分の家に預った。明夫と京一は励まし合って勉強し、二人と見事に合格した。合格の当日、明夫は療養所へ駆けつけた。姉の佳代も合格を喜んでくれるものと思っていた明夫だったが…。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
高田敏江                        松下達夫

題名:大人と子供のあいのこだい
監督:若杉光夫
企画:大塚和
原作:渡辺照男
脚本:岩田重利、米山彊
撮影:井上莞
照明:鈴木貞雄
録音:丸山国衛
美術:岡田戸夢
編集:青山一郎
音楽:林光
製作主任:小林吉男
助監督:佐川功
スチール:寺本正一
出演:浜田光夫、松原智恵子、宇野重吉、高田敏江、梅野泰靖、松下達夫、武智豊子、小夜福子、鶴丸睦彦、鈴木瑞穂、佐々木すみ江、大滝秀治、鈴木寿雄
1961年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ70分35mmフィルム

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
大人と子供のあいのこだい

映画「やくざと抗争」


安藤昇                        菅原文太

今回は佐藤純彌監督1971年製作「やくざと抗争」をピックアップする。
本作は、新宿の盛り場を舞台に雑草の様に生き、”爆弾マッチ”と呼ばれ、最盛期には500人以上の構成員が在籍した安藤組の組長である安藤昇氏の自伝を基に本人が主演した作品である。1964年に安藤氏の意思で組は解散し、1965年に自らの自叙伝を映画化した「血と掟(松竹制作/湯浅浪男監督)」に主演し映画俳優へ転向した。本作は1967年に東映に移籍した後の作品である。


藤浩子                        渡瀬恒彦

【ストリー】
昭和初期、帝国陸軍が満州平野へ侵入した頃、新宿で通称爆弾マッチ(安藤昇)、舎弟分のオートンの勝(渡瀬恒彦)、フーテンの政(藤竜也)、小光(堀田真三)らの愚連隊が羽振りをきかせていた。ある日、過激左派党員の三人が銀行を襲い逮捕された。実はこの三人、政界の黒幕高橋(渡辺文雄)にそそのかされたのだが、過激左派党を壊滅せんと特別高等警察と高橋が仕組んだとは知らなかったのである。また、この事件で使用された拳銃が以前、マッチの所有していたものだと判明マッチは捕えられ、リンチを受ける。しかし証拠は得られず釈放となった。マッチには娼婦のお栄(藤浩子)という恋人がおり、足抜きをさせるのには300円がどうしても必要だった。ところが大木戸一家の賭場であり金取られてしまい、一計を案じたマッチ、オートン・フーテンたちは自分達で賭場を開くことにする。しかし、黙っている大木戸(天津敏)ではなかった。早速、代貸梅津(菅原文太)らを賭場へ指し向け、つぶしてしまった。怒り狂ったマッチは梅津目がけてドスで斬りかかるが、逆に片腕を斬られてしまう。梅津はその足で警察へ自首。数ヵ月後、梅津が出所、その放免祝いの席上に殴り込んだマッチだったが、傷が痛みだし、その場に倒れてしまう……。その後、マッチは命の恩人の梅津と義兄弟の契りをかわし大木戸のやっかいになった。第二回普通選挙。ある立会演説会場で、大木戸組の押す柏原(山岡徹也)と、無産者同盟の白木(近藤宏)が火花を散らす演説が行われていた。白木は以前、傷ついたマッチを看病したことがあり、お栄とも親しい間柄だった。突然、その白木の事務所に大木戸狙が殴り込み、丁度居合せたお栄を死なせてしまった。やがて白木が当選。マッチは白木の家で初めてお栄の死を聞かされる……。そこへ梅津が突び込み、白木を刺し殺し、自らもドスを腹に突き刺し死んでしまう。数日後、ある寺の本堂。祭壇に飾られている梅津の写真。大木戸組の面々が並び、高橋が厳かに弔辞を読み上げている。その高橋目がけて、マッチがドスを持って突進、崩折れる高橋。マッチは若い衆たちに押し包まれドスで突き刺されるが、最後の力をふりしぼって大木戸に飛びかかり、ドスを突き刺す。二人は重なりあって倒れた……。


近藤宏                       渡辺文雄

藤竜也                       天津敏

題名:やくざと抗争
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇「極道一代 やくざと抗争」
脚本:石松愛弘、佐藤純彌
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:米沢一弘
美粧:入江壮二
美容:宮島孝子
衣装:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:日暮雅信
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:橋本新一
演技事務:和田徹
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、菅原文太、渡瀬恒彦、藤浩子、藤竜也、天津敏、渡辺文雄、山岡徹也、藤山浩二、武智豊子、室田日出男、近藤宏、堀田真三、小林稔侍、沢彰謙、森しげみ、土山登志幸、相馬剛三
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
やくざと抗争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


室田日出男、菅原文太                  安藤昇

映画「赤い蕾と白い花」


吉永小百合

吉永小百合                     浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作「赤い蕾と白い花」をピックアップする。
本作は、石坂洋次郎氏の原作「寒い朝」を映画化したもので、1959年に松竹製作で「若い素顔(監督:大庭秀雄/主演:桑野みゆき)」に続いて2度目の映画化となるが、高峰三枝子さんが、同じ岩淵真知子役で演じている。本作のロケは、東京都大田区田園調布、羽田空港、世田谷区二子玉川などで行っている。


高峰三枝子                     金子信雄

【ストリー】
三輪重夫(浜田光夫)と岩淵とみ子(吉永小百合)は高校三年仲の良いクラスメイトである。重夫は小さい時に母親を亡くし、とみ子は父親を亡くして母親に育てられた。似たような境遇が、二人を一層親密にさせた。彼等には片親の子にあり勝ちな暗い影はみじんもなかった。或る日、とみ子の母親真知子(高峰三枝子)が風邪をひいて寝こんだ。とみ子は三輪医院に電話した。それから毎日、重夫の父貞一(金子信雄)が真知子の診察に来た。重夫ととみ子は、父と母がそれぞれ仲良くつきあっていけるようにいろいろと気を使った。そんな頃、とみ子の祖母おかね(北林谷栄)が上京して来た。真知子は貞一と語らっておかねを羽田空港へ連れてゆき、遊覧飛行機に乗せた。その時、真知子が捻挫したため、貞一が彼女を抱いているところを、真知子が校長をしているドレス・センターの生徒達が写真に撮った。その写真は家に送られて来た。ちょうど、重夫ととみ子が試験勉強をしている時だったので、とみ子はその写真をみた。スカートから白い足を露わに貞一に抱かれている写真なのでとみ子は、「汚らしいわ!」と言うと泣き出した。とみ子は親たちへのレジスタンスのために家出を決意した。重夫も不承不承同意した。重夫は、とみ子一人に家出させるのは危険と思ったのだ。真知子は二人の書き置きをみて仰天した。真知子は早速貞一の家にかけつけた。ちょうど、そこに旅館“柳家”のお内儀(武智豊子)から電話がかかってきた。お内儀が三輪医院の患者で、偶然重夫の顔を見知っていたのであった。貞一と真知子がかつけると、二人は一室で寝ていた。部屋の隅と隅にフトンが敷かれ、真中には机が置かれてあった。安心した貞一と真知子も“柳家”で一泊することにした。翌朝、重夫、とみ子の二人は旅館に近い堤防で自然に抱きあうのだった。


武智豊子                       北林谷栄

金子信雄                       左卜全

題名:赤い蕾と白い花
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎「寒い朝」
脚本:池田一朗
撮影:岩佐一泉
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
美術:佐谷三平
記録:新関良子
編集:鈴木暁
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:二反田実
助監督:白鳥信一
色彩計測:小栗準之助
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、高峰三枝子、金子信雄、北林谷栄、左卜全、武智豊子
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
赤い蕾と白い花 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰三枝子、金子信雄              吉永小百合、浜田光夫

1 2 3 7