映画「夏の妹」


「夏の妹」栗田ひろみ

栗田ひろみ、石橋正次                 りりィ

今回は大島渚監督1972年製作「夏の妹」をピックアップする。
私は、1972年8月にATGで公開された本作を新宿ATGで観た。大島渚監督が、自らの制作会社である創造社で撮った最後の作品である。私は「これって大島渚監督作品?」って驚きで、3回も劇場に足を運んだ。後にも先にも3回も封切り映画を入場料を払って観たのは、本作をおいて他にない。
本作は、1972年にアメリカから返還された直後の沖縄県を舞台に、オール沖縄ロケーションで16mmで撮影され、完成原版は、35mmにブローアップしている。

本土復帰に沸きかえる沖縄を舞台に、戦中、戦後を通じて日本と沖縄を引き裂いた愛と憎しみを、沖縄の美しい自然を背景に、少女の心情を通して描いている。
主演は本作がデビュー作の栗田ひろみさん、シンガーソングライターの “りりィ”さんは、本作出演と共に歌手デビューした年だったが、数々の作品を残して2016年11月11日に惜しくも亡くなっている。

作品リスト

「ONION」りりィ

夏の妹

「夏の妹」栗田ひろみ

殿山泰司                          小松方正

佐藤慶                           戸浦六宏 

小山明子                      殿山泰司、栗田ひろみ。石橋正次

【ストリー】
夏休みも近い日、素直子(栗田ひろみ)の許に一通の手紙が届いた。大村鶴男(石橋正次)という沖縄の青年からで、彼の父は、彼が小さい時死んだものだと思っていたが、最近、母から素直子の父菊地浩佑(小松方正)が鶴男の父らしいと知らされたというのである。そして夏休みには沖縄へ遊びに来てほしい、と結んであった。夏休みが来た。素直子は彼女のピアノの家庭教師で父が再婚しようとしている若い女性、小藤田桃子(りりィ)に鶴男のことを打ちあけ、鶴男を探しに二人で沖縄へ旅立つ。姉妹のように仲むつまじい女同志の船旅。船中で二人は、桜田拓三(殿山泰司)という老人と知り合った。彼は戦前、戦中の沖縄への熱い憧憬と深い贖罪の念を抱き、誰か自分を殺してくれる相手を探しに沖縄へ行く、と言うのであった。やがて船は那覇へ着いた。そこで素直子は沖縄語を観光客に教えて金を稼いだり、ギターで流す一人の若い男と知り合った。彼は、実は鶴男なのだが勿論お互いに気付かない。二人は親しさを増していった。兄妹のように、恋人同志のように。一方、桃子はホテルに届けられた鶴男から素直子宛の手紙を受取り、素直子に黙って、ひそかに鶴男に会った。鶴男は桃子を素直子と思い、また桃子は、鶴男に惹かれていき、人違いであることを告白出来なくなる。浩佑が沖縄にやって来て国吉(佐藤慶)に会い、又鶴男の母ツル(小山明子)とも再会していた。その席に照屋林徳(戸浦六宏)が現れた。彼は名人といわれる琉歌の老歌手で、沖縄戦において体験した日本軍の残酷行為に深い怨みを抱き復讐の一念に燃えている男である。桜田拓三も同席した。殺されたい男、殺したい男桜田と照屋が対峙する。日本と沖縄の戦中、戦後史を貫く彼らの愛と憎しみと怨念が激しく葛藤する。桃子、素直子も加わり、一同に会した。そこで素直子はツルに問出すもはぐらかされる。翌日桃子は鶴男と会い二人は愛を交わす。その現場を素直子が物陰から目撃していた。桃子のバカヤロー、ギターのバカヤロー、鶴男を探しもしないであんなことを……素直子の瞳には大粒の涙が光っていた。砂浜で浩佑たちが歓談していた。そこに素直子が現われる。遅れて現われた鶴男と桃子。そこで素直子はギターの青年こそが鶴男だと知らされる。昔話が始まる。浩佑は大学時代、親友の国吉から妹だといってツルを紹介され、国吉が学生運動で入獄中にツルを犯した。国吉は出獄してツルからそのことを聞き、彼もまたツルを犯した。男二人の間に座って、今は見事な女丈夫となったツルはもう心揺らぐことなく静かに微笑むのだった。翌日、浩佑と桃子がひと足先に帰京。素直子も帰京すべく鶴男に別れを告げる。船中から素直子は一隻の小舟に乗っている桜田と照屋を見た。「あいつらまた魚を釣ってお酒を飲むつもりだ」とあきれた素直子は立ち去る。小舟の上では二人が取っ組み合いを始め、そして桜田が照屋を海に投げ落とすのだった…。


夏の妹

栗田ひろみ

題名:夏の妹
監督:大島渚
製作:葛井欣士郎、大島瑛子
脚本:田村孟、佐々木守、大島渚
撮影:吉岡康弘
美術:戸田重昌
録音:安田哲男
録音協力:西崎英雄
音効:本間明
記録:山口友理
編集:浦岡敬一
音楽:武満徹
制作担当:上野尭
助監督:小笠原清、佐藤静夫
撮影助手:倉田文彦、山口誠
出演:栗田ひろみ、石橋正次、りりィ、小松方正、殿山泰司、戸浦六宏、小山明子、佐藤慶
1972年日本・創造社+日本ATG/スタンダードサイズ・カラー96分16mmフィルム
夏の妹 -DVD-
2018年11月現在、DVDレンタルはありません。


「夏の妹」石橋正次、栗田ひろみ

栗田ひろみ、石橋正次                  戸浦六宏、殿山泰司

栗田ひろみ                              夏の妹

映画「讃歌」


河原崎次郎、渡辺督子                  乙羽信子 

今回は新藤兼人監督1972年製作「讃歌」をピックアップする。
本作は谷崎潤一郎氏原作の「春琴抄」を映画化したもので、新藤監督自身が鴫沢てる(乙羽信子)にインタビューするところから始まる文芸作品である。新宿のアートシアターで観た記憶がある作品だ。従えようとする少女と、従おうとする少年との“掠奪”と“献身”のすさまじい葛藤、それはやがて常識の域をふみこえた美的恍惚の世界へと向かうという内容である。


原田大二郎                       渡辺督子、河原崎次郎

【ストリー】
春琴(渡辺督子)と佐助(河原崎次郎)の墓は同じ場所にあったが、佐助の墓は春琴の半分くらいで、あたかも主人に仕えるごとくひっそりと立っていた。この墓に詣でた作者は鴫沢てる(乙羽信子)という78歳の老姿を知った。やがて、その老姿は春琴と佐助の物語を話し始めた--。春琴の家は代々鵙屋安左衛門と称し、薬種問屋の中でも名の聞えた老舗であった。そこの二女お琴は、9歳で失明したが、琴三弦を弾かせては並ぶ者のいない程の実力であった。その上、生まれつきの美貌と、我ままいっぱいの環境が彼女を驕慢にしていた。お琴は使用人の左助だけに身の回りを見させていた。その佐助が、知らず知らずに三味線を覚え、お琴に本格的に教示してもらうようになったが、お琴の指導は過酷を極めた。しかし佐助は、お琴の食事、風呂から厠の世話まで親身になってするのだった。お琴が妊娠した。しかしお琴は「一生独り身で暮すわたしには子は足手まといでございます」と涼しい顔で言い、生まれた子を里子に出した。やがて、お琴は師匠の看板を上げ、佐助と女中てると共に一戸をかまえた。それからというもの佐助は今まで以上にお琴に献身的に奉仕するのだった。弟子の中にはお琴の美しさを目あてに通う者も多かった。美濃屋九兵衛の伜利太郎(原田大二郎)きもその一人だった。ある夜。利太郎はお琴の寝室に忍び入ったが、誤って熱湯の入った鉄びんをお琴の頭上からあびせてしまった。無残な火傷をとどめたお琴の顔。「おまえにだけはこの顔を見られとうない」としつこく佐助に頼むお琴に、佐助も答えた、「お師匠さま、必ず見ないようにします」。数日後、佐助は我と我が眼を針で突いて、失明した。「佐助はお師匠さまと同じ世界へ参りました。うれしく思います」。佐助にとって見えるものは眼の底にしみついたお琴の美しい顔ばかりであった。盲目の二人の世界は、こまやかに厚く結ばれた。これこそたった二人の世界であった。


渡辺督子

題名:讃歌
監督:新藤兼人
製作:新藤兼人、葛井欣士郎、赤司学文
原作:谷崎潤一郎「春琴抄」
脚本:新藤兼人
撮影:黒田清巳
照明:岡本健一
録音:辻井一郎
音効:東洋音響
美術:渡辺竹三郎
化粧:小林重夫
衣裳:新井喜一
編集:近藤光雄
音楽:林光
現像:東京現像所
製作主任:櫻井勉
助監督:星勝二
監督助手:国上敦史、菊池昭典
撮影助手:高尾義照、金徳哲
照明助手:磯崎敏信、小山勲
美術助手:大谷和正
編集助手:近藤充雄
時代考証:高津年晴
書:貞広観山
録音所:アオイスタジオ
衣裳:京都衣裳 小道具:高津映画装飾
制作宣伝:花安静香
制作経理:吉野三保子
スチール:新関次郎
出演:乙羽信子、渡辺督子、河原崎次郎、原田大二郎、武智鉄二、殿山泰司、戸浦六宏、初井言栄、草野大吾、新藤兼人
1972年日本・近代映画協会+ATG/スタンダードサイズ・カラー102分35mmフィルム
讃歌 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新藤兼人監督(本人役)                 乙羽信子

映画「関東無宿」


今回は鈴木清順監督1963年製作「関東無宿」をピックアップかする。
本作は既成の任侠映画ではなく、鈴木清順監督の様式美を貫いた作品である。
演出も意表を突いたものであり、商業映画の既成概念を砕こうとしている。

※Powerd by Meta Slide Pro


題名:関東無宿
監督:鈴木清順
企画:浅田健三
原作:平林たい子「地底の歌」
脚本:八木保太郎
撮影:峰重義
照明:三尾三郎
美術:木村威夫
録音:中村敏夫
音楽:池田正義
現像:東京現像所
編集:鈴木晃
製作担当:二反田実
助監督:葛生雅美
色彩計測:森勝
スチール:式田高一
出演:小林旭、松原智恵子、平田大三郎、伊藤弘子、中原早苗、伊藤雄之助、安部徹、野呂圭介、高品格、殿山泰司、江角英明、木島一郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
関東無宿 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

【訃報】
「ツィゴイネルワイゼン」「オペレッタ狸御殿」などで知られた映画監督の鈴木清順氏(すずき・せいじゅん、本名・鈴木清太郎=すずき・せいたろう)が2017年2月13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため東京都内の病院で亡くなった。93歳。東京都出身。葬儀・告別式は故人の遺志により近親者のみで執り行われた。喪主は妻・崇子(たかこ)さん。1923年(大12)生まれ。1948年に松竹入り、54年に日活に移籍し、56年「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督デビュー。赤木圭一郎主演の「素っ裸の年齢」、小林旭主演「関東無宿」、渡哲也主演「東京流れ者」、高橋英樹主演「けんかえれじい」など独特の色彩感覚を生かした作品で人気を集めた。のちにカルト的な人気となった1967年「殺しの烙印」を最後に「分からない映画ばかり撮る」と日活を解雇されたが、1971年に裁判の末に和解。1977年「悲恋物語」で監督業に復帰した。1980年「ツィゴイネルワイゼン」が国内外で高く評価され、ベルリン国際映画祭で審査員特別賞に輝いたほか、日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞などを受賞。その後、「陽炎座」「夢二」などを発表し、第58回カンヌ国際映画祭で栄誉上映特別作品として招待された2005年の「オペレッタ狸御殿」が遺作となった。1990年紫綬褒章。スポニチアネックス 2017/2/22(水) 14:52配信

【ストリー】
新聞の片隅にある「やくざの出入り、親分射殺さる」の小さな見出し、この小さなみだしの裏には、やくざの掟に反抗しながら、悲惨な宿命を背負った二人の男の物語があった。伊豆組の幹部鶴田光雄(小林旭)は、どこか知的な鋭さをもつ男であった。その鋭さが、彼の印象を非情で、油断のない人間にしていた。親分伊豆荘太(殿山泰司)が、心を許せないのもこんな彼にであった。最近擡頭著しい吉田組と、伊豆組は何にかとおりあいが悪かったが、土建の請負仕事の権利をめぐって、一触即発の状態であった。古田組の乾分、ダイヤモンドの冬(平田大三郎)は、ある日花子(中原早苗)という女子学生に遇ったが、その日から冬は花子が忘れられなくなった。しかし花子は伊豆組の乾分鉄(野呂圭介)に売り飛ばされてしまった。狂気のように探す冬を見た伊豆は、吉田組の復讐を恐れ、鶴田に鉄と花子を探し出すように命じた。ある賭場に来た鶴田は、女博徒辰子(伊藤弘子)に再会した。三年前賭場で知り会った二人は、忘れられない人になっていたのだ。辰子はイカサマ博打師おかる八(伊藤雄之助)と組み、客から金を捲きあげていた。思いあまった鶴田は冬の家を訪ねだが、そこで辰子を見て驚いた。辰子は冬の姉だったのだ。鶴田の胸に顔を埋める辰子、その時から鶴田は、辰子の男、“おかる八”との対決を決意していた。花子を失い、連日連夜賭博にふける冬を心配して相談する辰子と、鶴田の間には、ヤクザの掟はなく慕情だけがあった。突然鉄が、ダイヤモンドの冬に刺されたと聞いた伊豆荘太は、鶴田の無能さをなじった。何事かを決意した鶴田は賭場に返した。突如数人の暴漢にかこまれた鶴田は、二人を一瞬に切って捨てた。その頃冬もまた吉田の命令で伊豆をドスで貫いていた。やくざの黒い掟に押し流された、若い二人はこうして社会から抹殺されていった。

1 2 3 4 15