映画「 処刑の島」


新田昌                           岩下志麻

今回は篠田正浩監督1966年製作「処刑の島」をピックアップする。
本作は武田泰淳氏原作の「流人島にて」を石原慎太郎氏が脚色して映画化したものだ、
松竹退社後の篠田監督フリー第1作である。ロケーション撮影は、八丈島と八丈小島で行われている。
(八丈島フィルムコミッションHP参照)


三国連太郎                       新田昌、信欣三

【ストリー】
太平洋に本島と小島という孤島が浮んでいた。昔から“流人島”として知られ、戦後も感化院がある。ある日、本島に一人の男が現れ、セールスマンというふれこみで船主野本(富田仲次郎)に宿を頼んだ。この男は三郎(新田昌)といい20年前、島にいたことがあった。三郎の父西原弦一郎はアナーキストで、そのため三郎は父母と兄とを特務の憲兵毛沼曹長(三國連太郎)に惨殺されていた。軍はこの残虐行為を隠すため三郎と毛沼を島に流したのだった。毛沼が島に流されたことは、三郎は知らなかった。三郎はサブと呼ばれ牛や山羊を飼っている大嶽(=毛沼曹長)に牛馬以下にこきつかわれた。何度か脱走を企ったが、その度血みどろになる迄打たれた。仲間の松井(佐藤慶)は三郎を裏切るし、教師の黒木(信欣三)は小心な傍観者だった。ある日三郎は半死半生のまま大嶽に海へ投げ込まれた。その時漁師に助けられた三郎は、20年後再び島に現われたのだ。他所者が20年前の三郎だと知って驚く松井、今は土建会社の社長だった。荒涼としたこの島にも美しい娘がいた。亜矢(岩下志麻)といった。亜矢は感化院の少年に襲われたところを三郎に助けられ好意を抱いた。だが三郎の気持ちは複雑だった。亜矢は大嶽の娘だったのだ。やがて三郎は松井と対決した。松井はジープで三郎をひき殺そうとして崖から落ちて死んだ。そして三郎が老いぼれた大嶽を訪ねると、大嶽は三郎だと気つかず流人が彫った仏像を渡した。三郎も何故かためらいそのまま帰った。だが、仏像に浮び上がった大嶽の指紋は、毛沼軍曹の指紋写真とぴったり一致していた。翌日、恵を決した三郎は短刀を手にして大嶽に迫った。亜矢は必死で父をかばうのだった。三郎は結局、大嶽に指をつめさせることで結着をつけた。流人サブの墓を立てようと帰ってきた三郎の使命は終った。今こそ暗い過去は葬り去られたのだ。


木村俊恵                         信欣三

題名:処刑の島
監督:篠田正浩
企画:石原慎太郎
製作:石原慎太郎、米山彊、中島正幸
原作:武田泰淳「流人島にて」
脚本:石原慎太郎
撮影:鈴木達夫
照明:海野義雄
録音:西崎英雄
音効:本間明 録音所:太平スタジオ
美術:戸田重昌
装置:菊川常太郎
装飾:荒川大
編集:篠田正浩
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作主任:岸田秀男
助監督:宮川照司
スチール:森山大道
出演:新田昌、岩下志麻、三国連太郎、信欣三、木村俊恵、佐藤慶、殿山泰司、小松方正、富田仲次郎、平松淑恵、氏家慎子
1966年日本・日生劇場プロダクション/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
処刑の島 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                        処刑の島

映画「温泉スッポン芸者」


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

杉本美樹                              三原葉子

今回は鈴木則文監督1972年製作「温泉スッポン芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の5作目である。前作に続き東映ポルノ路線であるが、カメオ出演が凄い!団鬼六氏、笹沢左保氏、福地泡介氏と常連の田中小実昌氏が、濡れ場込みで出ている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「温泉スッポン芸者」名和宏、三原葉子

三原葉子                             山城新伍、名和宏

【ストリー】
温泉芸者をしていた姉(松村康世)が交通事故で死んだため、浅井夏子(杉本美樹)は早速その温泉町にかけつけて来た。姉には、服部倉次郎(菅貫太郎)というスッポンの研究をしている変人の恋人がいた。偶然夏子がその町の観光ポスターのモデルになったところ、経総連理事長石橋(殿山泰司)に目をつけられ、芸者置屋の女将富子(三原葉子)の仲介で一夜を共にすることになったが、夏子の名器が、石橋のカラダを放さなくなり、病院に連れ込まれ大騒動。一躍、夏子はスッポン芸者の異名をとどろかすことになった。そんな夏子に、怪し気な研究家毛利高麿(山城新伍)と、偶然再会した昔の恋人信治(成瀬正孝)とがつきまとっていた。その頃、女体ブローカー竿師段平(名和宏)が町に現われた。段平はその精練されたセックステクニックで次々と芸者たちを、骨抜きにしていった。最後に段平は夏子にセックス勝負を挑んで来た。両者相ゆずらぬ白熱のセックス合戦が展開され、勝負はなかなかつかず、夏子は今しも悶絶せんとするが、その時現われたスッポンの幻影に勇気ずけられ、最後の気力をふりしぼった夏子が、遂に段平を倒した。翌日、賞金額を惜しげなく倉次郎に与え、いずこへともなく去って行くのだった。


「温泉スッポン芸者」田中小実昌(右)

成瀬正孝、金子信雄、大泉滉                    城恵美

題名:温泉スッポン芸者
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:掛札昌裕
脚本:関本郁夫、鈴木則文
撮影:増田敏雄
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:荒木一郎 主題歌:杉本美樹「温泉スッポン芸者」
進行主任:上田正直
演技事務:伊駒実麿
助監督:関本郁夫
スチール:中山健司
出演:杉本美樹、城恵美、潤まり子、三原葉子、成瀬正孝、菅貫太郎、金子信雄、殿山泰司、大泉滉、山城新伍、名和宏、殿山泰司、女屋実和子、笹沢左保、田中小実昌、団鬼六、福地泡介、一条さゆり、川谷拓三、菅原文太、松村康世、岡八郎、月亭可朝、川谷拓三
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
温泉スッポン芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉スッポン芸者」杉本美樹

成瀬正孝                                                              菅貫太郎

温泉スッポン芸者

映画「女衒 ZEGEN」


緒形拳                         倍賞美津子

今回は今村昌平監督1987年製作「女衒 ZEGEN」をピックアップする。
本作の構想は20年、香港、マカオ、台湾、マレーシアで大規模なロケ-ションを敢行し、明治後期から昭和初期にかけて東南アジアを舞台に活躍した女衒・村岡伊平治の半生を描いている。制作期間は2年にもわたったそうだ。1983年に東映で「楢山節考」が国際映画賞を齎した事から、本作は8億円の製作費を獲得した。撮影は1986年9月2日に香港からクランクインして1987年2月に最後の北海道ロケが行われクランクアップしたそうだ。内容は、これまでの今村監督作風と違い、大河ドラマ的冗長な展開で、面白味はなかった。興行的にも振るわなかったそうだ。


緒形拳、倍賞美津子                    小西博之

三木のり平、殿山泰司                   河原崎長一郎

【ストリー】
村岡伊平治(緒形拳)が大志を抱いて故郷・島原を捨ててから早や8年が経っていた。伊平治が長太(深水三章)、源吉(杉本哲太)と香港の港に降り立ったときの格好は髪は長くボサボサ、服はボロボロでまるでルンペン。もちろん金もなければ家もない。しかたなく大日本帝国領事館へ駆け込んだ。明治35年正月のことである。伊平治はそこで上原大尉(小西博之)から満州密偵としての役をもらい、シベリア大雪原へ向かった。やがて彼は奉天の女郎屋でトメ(池波志乃)という島原の女と出会い、幼馴染みのしほ(倍賞美津子)がシンガポールに奉公に出ていることを知った。香港へ戻った伊平治は越前屋の朝長(三木のり平)という知り合いを訪ねたが、なんと、しほは朝長の女房となっていた。朝長がシンガポールで身受けしてきたのだ。愛しいしほを買い戻した伊平治は、香港の海賊に捕まっている日本人の娘たちを助け出したのが縁で女衒を始めることになった。オナゴの貿易は国のためと張り切る伊平治は、南洋の島々に渡っては商売に励んだ。一方、しほはかつて海賊で今は英領マラヤのポートセッテンハムに力をもつ王(柯俊雄)に掛け合い、この地に女郎屋を開くことを許可させた。明治37年2月、対露宣戦布告の頃には伊平治は多くの子分を抱え、商売も繁盛、四つの娼館を経営するまでになった。明治45年、夏、伊平治は天皇の逝去に際し、切腹を試みたか失敗した。すぐに立ち直った伊平治は再び仕事に精を出すが、次第に反日感情が強くなり日本娼館も苦しい立場に立たされた。大正8年6月の廃娼制度の誕生は伊平治に決定的な打撃を与えた。世の中は大きく変わろうとしていた。多くの女たちは日本に帰ることを希望し、しほは王と愛し合うようになり伊平治の元を去った。このような時制に、王は伊平治の持つ娼館のすべてとしほを20万ドルで手に入れたのである。昭和16年12月、大平洋戦争が始まる頃、伊平治もすでに70歳に達していたが、彼の女衒根性はそう簡単に消えるものではなかった。日の丸を先頭に上陸してくる日本軍の隊列に向かって伊平治は「兵隊しゃーん、オナゴのことは俺に任しんしゃーい!」と叫んだのである。


緒形拳、寺田農                  緒形拳、倍賞美津子、柯俊雄

題名:女衒 ZEGEN
監督:今村昌平
企画:三堀篤、滝田五郎
製作:杉山義彦、武重邦夫、大庭二郎
脚本:今村昌平、岡部耕大
撮影:栃沢正夫
照明:岩木保夫
録音:紅谷愃一
音効:小島良雄 リーレコ:河野競司
美術:横尾嘉良
装飾:神田明良、沖村国男、高村裕司
造形:杉森憲之
化粧:井川成子、山崎邦夫
結髪:宮島孝子、丸山澄江
記録:石山久美子
編集:岡安肇 ネガ編集:岡安和子
音楽:池辺晋一郎
フィルム:アグファ(日本アグファ・ゲバルト)
現像:東映化学
撮影機材:三和映材社
製作担当:松田康史
製作主任:田上純司
製作補佐:室岡信明
製作進行:飯野久、椎井由紀子、今村広介
製作事務:仲主敏子
助監督:佐藤武光
監督助手:月野木隆、三池崇史
撮影助手:金沢裕、岡雅一、内田良一
照明助手:木村定広、三浦勇次郎、森下徹
録音助手:北村峰晴、塚本達朗
美術助手:稲垣尚夫、竹内公一
編集助手:小島俊彦、中葉由美子
邦楽指導:本條秀太朗
製作宣伝:滝島留一
宣伝プロデューサー:福永邦昭
スチール:加藤光男
出演:緒形拳、倍賞美津子、柯俊雄、三木のり平、小西博之、河原崎長一郎、池波志乃、風間舞子、熊谷真実、殿山泰司、寺田農、常田富士男、深水三章、杉本哲太、石井光三、柯俊雄、趙方豪、吉宮君子、神田紅、レオナルド熊
1987年日本・今村プロダクション+東映/ビスタサイズ・カラー124分35mmフィルム
女衒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳                                女衒 ZEGEN

1 2 3 4 5 14