映画「悪名一代」


勝新太郎                        田宮二郎

今回は安田公義監督1967年製作「悪名一代」をピックアップする。
本作は、勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。素手で相手を倒す事をモットーとする朝吉が、遂にドスを使ってしまったという”悪名シリーズ”の異色作になる。

悪名シリーズ


長門勇                              森光子


森光子、上田吉二郎、勝山まゆみ              浜田ゆう子

【ストリー】
行先も定めずふらりと山陰線の汽車に乗った朝吉(勝新太郎)は、渡り仲居のお澄(森光子)に初恋の男と間違われた。朝吉は人の善いお澄に勧められるままに、彼女の勤める旅館に泊った。ところがそこには、近くアメリカから帰国する伯母から三億円の遺産を相続することになっているという蔦江(浜田ゆう子)が軟禁されていた。見張りは女高校生環(勝山まゆみ)で、彼女の父はかつて朝吉に悪事をあばかれた沖縄の源八(上田吉二郎)だった。源八は朝吉に、3億円に目をつけた二代目シルクハット(長門勇)が蔦江を無理に妾にしたので助け出したのだと語ったが、朝吉は蔦江を奪って、シルクハットの家へ乗り込んだ。意外にも、そこには清次(田宮二郎)がシルクハットの妹お美津(坪内ミキ子)を女房にして住んでいた。朝吉はシルクハットを詰問したが、とても一筋縄でいく男ではなく、様子を見るため、当分の間居候することにした。一方、1年前、刃物を使って親分の朝吉に怒鳴られ、姿を消した清次は、朝吉の怒りを解こうと懸命だった。その頃、源八は3億を山分けすることにして新興やくざのお十夜一家にこの話を持ち込んだ。やがて、盆踊りの太鼓が鳴り出した日、蔦江の伯母お菊(本間文子)が帰ってきた。蔦江を押さえているシルクハット、お菊を抱き込もうする源八とお十夜一家。小さな町にやくざの策略と陰謀が入乱れた。その有様を静観していた朝吉だったが、清次がだまし討ちにあって重傷を負い、しかもお美津までが斬り殺されるに及んで立ち上った。お十夜一家に、乗り込み、初めてドスを手にして暴れ回った。その朝吉にお十夜(小池朝雄)は倒され、助け出されたお菊は蔦江と涙ながらの対面をするのだった。一方、シルクハットは妹のお美津の死にショックを受け、3億円を諦めた。朝吉はこうしてすべてが終った後、ひとり自首するために出ていくのだった。


坪内ミキ子                      勝新太郎

題名:悪名一代
監督:安田公義
企画:奥田久司
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:加藤茂
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村井昭彦
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、田宮二郎、森光子、長門勇、浜田ゆう子、坪内ミキ子、勝山まゆみ、上田吉二郎、小池朝雄、本間文子、早川雄三、北城寿太郎、毛利郁子
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
悪名一代 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山陰本線C57蒸機

映画「座頭市関所破り」

座頭市関所破り座頭市関所破り
勝新太郎                        平幹二朗
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和                        滝瑛子

今回は安田公義監督1964年製作「座頭市関所破り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第9作目になる。座頭市が旅先で知り合う庶民との交流を深めながら、悪党を成敗していくというテンプレートを基本に、座頭市の幼い頃のエピソードが明かされ、父親らしいアル中の老人儀十(伊井友三郎)との交流も描かれ、そこが良かった。残念なのは、回り込みクレーンカットで撮影部の影が入っていた。

座頭市シリーズ

座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、毛利郁子、勝新太郎             毛利郁子、高田美和

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は幼い頃の思い出を忘れかね、今は見えぬ目ながら初日の出を拝もうと妙義山に急いでいた。途中ふとしたことから新助(千波丈太郎)と名乗る旅人から手紙をことづかり、笠間の宿の旅籠、むさしやの女中お仙(滝瑛子)に届けた。市はそこで行方知れずの父を訪ねる、お咲(高田美和)に会った。一方土地の親分甚兵衛(上田吉二郎)は芸人たちの足元を見て、ショバ代を四分六で寄こせと難題を吹きかけてきた。宿の芸人達は怒ったが、代官、加島(河野秋武)と結びついた二足わらじにはどうすることもできなかった。そんなある夜、むさしやに新助が舞いもどった。新助は、代官甚兵衛の命令で、江戸へ強訴したお咲の父を殺した。しかし代官に通じてあるという甚兵衛との約束は被られ、追手におわれて宿に逃げこんだのだった。しかし非情な甚兵衛は、そんな新助をめった斬りにした。ふとしたことからこれを立ち聞した市も何も知らないお咲に真相を打明ける勇気はなかった。そんなある日、市は、甚兵衛の様子をさぐりに、その賭場へ行き得意の居合斬りでイカサマを見破り、甚兵衛、代官加島らのど胆を抜いた。だが居合せた加島の用心棒沖(平幹二朗)は、そんな市の殺気を見抜いていた。市は甚兵衛に狙れているお咲の身を案じて、居酒屋で会った父の思影をやどす老人儀十(伊井友三郎)にあづけた。しかし儀十は酒欲しさにお咲を甚兵衛に売った。代官役宅に閉じ込められたお咲を救い出すために、市は単身関所に向った。怒りにふるえる座頭市必殺の剣は、代官加島、甚兵衛らをなぎたおし、無事お咲を救出した。初日の出を迎えた、太陽が市の孤影を赤々と染めだしていた。

座頭市関所破り座頭市関所破り
滝瑛子、千波丈太郎                                上田吉二郎

題名:座頭市関所破り
監督:安田公義
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:加藤茂
装置:木村重雄
編集:山田弘
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:今村喬
助監督:渡辺実
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、高田美和、滝瑛子、平幹二朗、河野秋武、伊井友三郎、水原浩一、上田吉二郎、千波丈太郎、富田仲次郎、毛利郁子、寺島雄作、中田ダイマル・ラケット、木村玄、千石泰三
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
座頭市関所破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市関所破り座頭市関所破り
中田ダイマル・ラケット                伊井友三郎
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、勝新太郎                座頭市関所破り

映画「悪名幟」

悪名幟悪名幟
勝新太郎                         田宮二郎

今回は田中徳三監督1965年製作「悪名幟」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第10作になる。
続・悪名」「続・新悪名」で朝吉(勝新太郎)の昔の恋人”琴糸”を演じた水谷良重さんが、“びっくり鍋”という小料理屋の娘を演じている。”琴糸”は重要で気がかりな役柄だっただけに残念だが「男はつらいよ シリーズ」でもあった事だ。

悪名シリーズ

悪名幟悪名幟
水谷良重                         内田朝雄
悪名幟悪名幟
佐藤慶                         勝新太郎、水谷良重

【ストリー】
大阪へ舞い戻った朝吉は“悪名”の足を洗う決心で、清次との別れの宴を“びっくり鍋”という小料理屋で開いた。宴も終り朝吉は、あり金をはたいて清次の旅費として与え、宴の払いは“びっくり鍋”で働いて払うと申しでた。これに同情した、店で働くお米は、稼がせてやろうと朝吉を女ばかりの賭場へ案内した。ここで朝吉は町工場の女社長・お政を相手に百万以上の大金を勝ちとった。窮したお政は、小切手を乱発した。だがこれを使えば小切手は不渡りになり工場はつぶれてしまう。これを知った朝吉は、胴元・遠藤に取りたての延期を頼んだ。しかし遠藤はこれを拒否した。困りはてた朝吉は賭場の元締・春田正太郎という、この土地の親分に話を持ちこんだ。ところが意外にもこの親分というのが“びっくり鍋”のおやじでお米の父であった。清次を送りだした朝吉は翌朝正太郎に直談判した。正太郎も一旦はどなりつけたものの朝吉の男気にほれて、小切手はそのままお政に帰された。そしてお米といい仲になった朝吉はこの土地でラーメン屋の屋台店を出した。が、これを面白く思わない遠藤は、お政をだまして、工場を抵当に借用書を書かせる一方、身内の中津組にたのんでいやがらせをはじめた。ところがこの用心棒の一人は、故郷へは帰らず、今では中津一家のいい顔になった清次であった。この関係を知った遠藤は清次を痛めつけた。一方正太郎はこんな遠藤の非道ぶりをとがめ、達藤を破門した。窮地にたった遠藤は、正太郎を殺し、お政の息子健太郎を誘拐して朝吉を脅迫した。朝吉は工場の権利書と引きかえに健太郎を取り戻すと、“悪名”の血を爆発させ、かけつけた清次と共に遠藤と中津を打ちのめした。二人はまたしっかり手をにぎり合った。

悪名幟悪名幟
ミヤコ蝶々                     水谷良重、勝新太郎

題名:悪名幟
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:奥村雅弘
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:楠本栄一
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:太田昭和
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、水谷良重(水谷八重子)、ミヤコ蝶々、佐藤慶、内田朝雄、千波丈太郎、島田竜三、毛利郁子、ミス・ワカサ
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー81分35mmフィルム
悪名幟 (のぼり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名幟悪名幟
勝新太郎、田宮二郎                   悪名幟
悪名幟

1 2 3