映画「座頭市あばれ凧」

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                         久保菜穂子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市あばれ凧」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第7作目になる。初めて甲州路に足を踏み入れた座頭市が、人情味のある仏の文吉と欲の深い安五郎の対立に、善悪明確なキャラクターの対立構図で物語を分かり易くしている。

座頭市シリーズ

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
渚まゆみ                         遠藤辰雄
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
江田島隆                        五味龍太郎

【ストリー】
甲州の宿場外れで功名心に燃えた旅のやくざ清六(江田島隆)から、鉄砲で射たれた座頭市(勝新太郎)は、彼を救い治療費までおいて行った名も知らぬ恩人を追って鰍沢へと旅発った。鰍沢は富士川を挟んで、津向の文吉(香川良介)と竹屋の安五郎(遠藤辰雄)が対立していた。文吉は、今年も河原で花火をあげて近在の人々を喜ばせようと、江戸の花火師久兵衛(左卜全)を招き、姉娘お国(久保菜穂子)を迎えにやったのだが、市を救ったのはこのお国であった。鰍沢についてこれを知った市は、お国に厚く礼を言い、自分はしがない按摩として文吉の家に厄介になった。吃安と仇名さる安五郎は、妹お仙(毛利郁子)が代官の妻、という立場を利用して、文吉の縄張りを狙い、ことある毎に文吉に因縁をつけていた。だが、柔和な文吉は取り合わず、血気にはやる乾分をなだめていた。そんなところに清六が文吉の家に帰って来た。清六は文吉の息子で、親姉妹にさんざんの迷惑をかけて出奔していたのだった、清六は市をみてびっくりした。彼は渡世人の中で名高い座頭市を討って、男をあげようとしたのだ。だが、盲目の市は清六と会っても己を射った人間だとは、知る由もなかった。この清六が、吃安の罠にかかって捕えられた。縄張りをよこすか、清六の命かというかけあいに、市は密かに吃安宅に侵入し無事清六を救出した。吃安は、風のごとく清六を擢っていった按摩が、兇状持で有名な座頭市と知って、代官所に座頭市召捕りの願いを出した。それを知った文吉は、市の身辺を慮って、事情を明かさず早立ちさせた。邪魔者の市が去ったとみるや、吃安一家は、用心棒の天玄(五味龍太郎)を先頭に、文吉宅に殴り込みをかけた。不意討ちをうけた清六、文吉はてもなく倒された。だが、戦勝に酔う吃安宅に疾風のごとく現われたのは、怒りに身をふるわせた座頭市の姿であった。

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
毛利郁子、勝新太郎                勝新太郎、左卜全
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                      座頭市あばれ凧

題名:座頭市あばれ凧
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:竹村康和
照明:加藤博也
録音:大角正夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:池野茂
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:野本一雄
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、久保菜穂子、渚まゆみ、五味龍太郎、香川良介、遠藤辰雄、杉田康、毛利郁子、中村豊、左卜全、香川良介、江田島隆、水原浩一
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市あばれ凧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「透明人間と蝿男」

透明人間と蝿男透明人間と蝿男
北原義郎                      品川隆ニ

今回は村山三男監督1957年製作「透明人間と蝿男」をピックアップする。
本作は1957年(昭和32年)の羽田空港、江戸川橋、皇居周辺、有楽町などが見られ資料的な価値は高い作品だ。撮影は名匠村井博氏、特撮は的場徹氏が担当されている。

透明人間と蝿男透明人間と蝿男
叶順子                       毛利郁子

【ストリー】
姿なき殺人魔の跳梁にこのところ都民は恐怖におののいていた。旅客機上の密室殺人事件をはじめ、被害者はいずれも白昼の繁華街か完全な密室で殺され、手がかりといえば現場附近で聞かれた蠅のような羽音だけ。若林捜査一課長(北原義郎)をはじめ捜査陣は全く翻弄された形だった。一方、その頃若林の友人で少壮物理学者の月岡博士(品川隆二)は、早川博士(南部章三)の指導で宇宙線研究の途上、偶然にも透明光線を発見した。この発見を知った殺人鬼はこれを奪わんと遂に早川博士を殺害した。恩師の死に月岡は決然と還元装置が未完成のまま透明光線の前に立ち、自分の姿を消して若林ら捜査陣に協力することになった。そして殺人鬼は、一瞬にして体を縮め、蠅の姿になる、即ち蠅男だということを知った。正体を暴露された蠅男は、しかしなおも捜査陣の追及を逃れ、ナイトクラブの踊子美恵子(毛利郁子)、葉山刑事(浜口喜博)と次次に惨殺した。だが、この頃南米帰りと称する謎の大富豪楠木の正体を追っていた月岡は、彼が南方の島から旧日本軍の秘密兵器、姿を蠅に変え人に残忍な心を与える魔薬のアンプルを持って帰ったことを知った。殺人鬼蠅男は、この楠木(伊沢一郎)の手先なのだ。楠木は敗戦の時、彼一人に戦犯の罪を着せて日本へ逃帰った上官、同僚たちに復讐しようとしていたのだ。
かくて、透明人間月岡と仮面を捨てた楠木との決戦がはじまった。自ら蠅となって逃れる楠木。そしてついに追いつめられた彼は、透明光線の装置を寄越さぬと全都を壊滅させると宣言した。そしてそれを証明するように、彼は有楽町のガードにさしかかった満員電車を、ガード諸共爆破してしまった。不安と恐怖におののく都民。その行交う足元で楠木は面白そうに笑う。その取引の夜、死の街と化した丸の内のあるビルの屋上で、ついに透明光線装置は楠木の手に渡った。得意の彼はヘリコプターで逃去ろうとしたが、その時再びヘリコプターが着陸して楠木がよろめき出た。その後にピストルをかざしているのは、早川博士の娘章子。彼女は月岡に励まされながら、ついに還元装置を完成すると透明光線で姿をかくし楠木の意表をついたのだ。いまはこれまでと、楠木は章子の拳銃を奪うと拳銃を乱射しながら逃げようとした。しかし、応戦する若林の一弾が見事命中、楠木はビルの上からもんどりうって転落した。

透明人間と蝿男透明人間と蝿男

題名:透明人間と蝿男
監督:村山三男
企画:米田治
製作:永田秀雅
原案:山野利一
脚本:高岩肇
撮影:村井博
照明:米山勇、佐藤寛
録音:飛田喜美雄
美術:後藤岱二郎
特殊技術:的場徹
編集:名取功男
記録:立花慎子
音楽:大久保徳二郎
製作主任:奈良原義雄
助監督:石田潔
出演:北原義郎、品川隆ニ、叶順子、毛利郁子、鶴見丈二、浜口喜博、南部章三、見明凡太朗、伊沢一郎、中条静夫
1957年日本・大映/スタンダードサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
透明人間と蝿男 -DVD-
2019年2月現在、DVDレンタルはありません。

透明人間と蝿男透明人間と蝿男

映画「座頭市物語」


「座頭市物語」勝新太郎

勝新太郎                       天知茂

今回は三隅研次監督1962年製作「座頭市物語」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズ(全26作)の記念すべき第一作になる。原作は子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」に収録された短編「座頭市物語」で前年から続く「悪名」シリーズと共に勝新太郎を大スターに押し上げた作品である。

座頭市シリーズ


万里昌代                                                        万里昌代、勝新太郎

【ストリー】
下総飯岡の貸元助五郎の所へ草鞋を脱いだ異風なやくざは、坊主で盲目で人呼んで座頭市(勝新太郎)。ツボ振りでも居合抜きでも目明きの及ばぬ市の腕を見込んだ助五郎(柳永二郎)は、彼を客分扱いにし乾分蓼吉(南道郎)を世話係につけた。やくざ嫌いでやくざの飯を食う市は、釣で逢った病身の浪人平手造酒(天知茂)と心をふれ合う思いをしたが、その造酒は助五郎とは犬猿の仲の笹川親分の食客となった。助五郎は新興勢力の笹川一家を叩き潰す機会を狙っているが、その時は市と造酒の面白い勝負が見られると乾分たちにうそぶいた。その頃、身投げしたか落されたか蓼吉の女お咲(淡波圭子)が水死体となって溜池に浮かんだ。何気なくそこを訪れた市は再び造酒と逢い、その夜二人は酒をくみかわした。お互いに相手の剣に興味を持ったが、やくざの喧嘩に巻込まれて斬り合うのは御免だと笑い合った。この時造酒を訪れた笹川の繁造(島田竜三)は、市が飯岡の客分と知り乾分(中村豊)に市を斬るよう命じた。帰り途、市を襲った乾分は市の刀に一たまりもなかった。市の腕前に驚いた繁造は、造酒に喧嘩の助勢を頼んだが造酒は頭から断った。一方、市は昨夜の答礼に酒を贈ろうと思い蓼吉にその使いを頼んだが、代りに行った弟分の猪助は間もなく無惨な死体となって飯岡の鉄火場で発見された。笹川は、この機会を利用して喧嘩を売る決意をしたがそんな時、造酒が血を吐いて倒れてしまった。それを知った助五郎は好機到来とばかり喧嘩支度にかかった。笹川の繁造は、飯岡勢を笹川宿場の迷路へさそい込み座頭市は鉄砲でうちとる策略を立てた。それを知った病床の造酒は鉄砲をうつことだけはやめてくれ、その代り自分が働くと繁造に頼むのだった。そこへ造酒を訪ねた市は、彼が友情のため死を決して喧嘩に加わったことを知った。笹川の作戦は功を奏し飯岡方は苦戦に陥った。血をはきながら斬りまくる造酒。その行手には座頭市が立っていた。ついに二人の宿命的な対決の時が来たのであった。座頭市の剣に造酒は倒れた。そしてこれに勢いづいた飯岡勢が勝利することとなった。市は造酒の弔いを寺の小僧に頼む。そして仕込み杖も一緒に埋めさせるのだった。市を慕うおたね(万里昌代)は川沿いの道で彼を待っていたが、市は裏道を独り下総を去っていくのだった。


座頭市物語                      勝新太郎

題名:座頭市物語
監督:三隅研次
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:牧浦地志
照明:加藤博也
録音:大谷巖
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
邦楽:中本敏生
製作主任:田辺満
助監督:国原俊明
スチール:松浦康雄
出演:勝新太郎、万里昌代、天知茂、島田竜三、三田村元、南道郎、柳永二郎、島田竜三、中村豊、淡波圭子、毛利郁子、真城千都世
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ96分35mmフィルム
座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


座頭市物語

勝新太郎、天知茂                             座頭市物語

1 2 3