映画「雁」


「雁」若尾文子

若尾文子                              小沢栄太郎

今回は池広一夫監督1966年製作「雁」をピックアップする。
本作は、1953年に同じ大映で豊田四郎監督が高峰秀子さん主演で製作した森鶴外の原作「雁」のリメイクになる。若尾文子さんが実に美しい。


山本学                                山岡久乃

【ストリー】
口入屋おさん(武智豊子)はお玉(若尾文子)に妾になれとしきりに勧めていた。お玉には嫌なことだったが一度男に騙されて傷物になった身だし、貧乏暮しの父親善吉(伊井友三郎)に対する孝行かもしれないと思って承知した。旦那の末造(小沢栄太郎)は大きな呉服屋の主人で女房に死なれたから、お玉は本妻同様ということだった。末造は優しくしてくれたし、善吉の面倒もよくみてくれた。無緑坂に住むようになったお玉は幸せだと思うようになった。だが長くは続かなかった。商店では妾呼ばわりされて売ってもらえないし、末造の本妻(山岡久乃)は死んではいなかったのだ。善吉は、今の良い生活を捨てたくないので騙されたのに黙っていた。お玉は自分が暗い、惨めな日陰者だということをしみじみ感じるのだった。ぼんやりと外を眺めて暮す日が多くなった。ある日、毎日同じ時刻に無緑坂を通る学生が蛇に襲われたお玉の紅雀を助けてくれた。お玉は紅雀が自分のような気がした。岡田(山本学)というその学生に明るく広い世界へ紅雀のように救い出してもらいたかった。そんな期待と共に、お玉は岡田にほのかな想いをいだきはじめた。そして何とか小鳥のお礼をいい、自分の境遇を話したかったが機会はなかった。毎日無縁坂を通る岡田を見ているばかりだった。ある日、末造が商用で家に来ないとわかった。お玉は女中(姿美千子)を帰し、いそいそと食事の仕事をして、岡田が通るのを門の前で待っていた。だがその日の岡田は友だちを連れていた。二人の話しではドイツ留学が決まったらしい。お玉は声をかけることもできないほどがっかりしてしまった。岡田はお玉の切ない気持ちがわかったがどうしようもなかった。静かな夕暮れの無線坂を岡田は去っていった。その時、不忍池から一羽の雁が飛び立った。お玉はじっと立ちつくしていた。無縁坂で会った二人は、しょせん縁の無い人間だったのだ。


「雁」若尾文子

藤原礼子、若尾文子。姿美千子、水戸光子 小沢栄太郎、武智豊子、伊井友三郎、若尾文子

題名:雁
監督:池広一夫
企画:仲野和正
原作:森鴎外
脚本:成澤昌茂
撮影:宗川信夫
照明:田熊源太郎
録音:三枝康徐
美術:仲美喜雄
編集:中静達治
音楽:池野成
製作主任:林秀樹
助監督:岡崎明
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、小沢栄太郎、山本学、姿美千子、山岡久乃、水戸光子、藤原礼子、伊井友三郎、井川比佐志、石黒三郎、武智豊子、篠田三郎(デビュー作)
1966年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
雁(1966)-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山本学、若尾文子

映画「婦系図」



市川雷蔵                       万里昌代

今回は三隅研次監督1962年製作「婦系図」bestをピックアップする。
新東宝の専属女優だった万里昌代さんが、新東宝が倒産してから大映に移籍して第二作目の作品である。本作は、万里昌代という女優の資質を開花させた三隅監督に敬意を表すると共に、彼女の魅力に感動する優れた作品である。その表情と所作は美しく絶品であり、観る者は必ず引き込まれる。

※大映移籍第1作は「お兄哥さんとお姐さん」1961年(監督:黒田義之 共演:勝新太郎)


三條魔子                  千田是也、木暮実千代、市川雷蔵

【ストリー】
帝大教授酒井俊蔵(千田是也)の恩情で立派な教育を受けた早瀬主税(市川雷蔵)は、兄妹のようにして育った酒井の娘妙子(三条魔子)が自分に恋をよせているのを知り、これを受けては義理ある先生にすまぬと、酒井家を出た。そして魚屋めの惣の世話で、かねてから恋仲だった柳橋の芸者お蔦(万里昌代)と、先生には内証で世帯を持った。かつての酒井先生の情人で、妙子の実の母であるお蔦の姉芸者小芳(木暮実千代)は、身分違いの恋の不幸を主税に説くが、主税は、芸者を妻にするのが出世の妨げなら出世せぬまで-と、初志を変えない。ところが、ふとしたことで主悦に恨みを持つ、静岡の権勢家の息子で同窓の河野英吉(片山明彦)は、さまざまな策動をして主税をスキャンダルにまきこみ、さらにお蔦のことを酒井先生に告げて処分を迫った。酒井は主税をかばいつつも、お蔦とは別れさせるといわざるを得ない。酒井から、俺か女かどちらかを選べと迫られ、主税はやむなくお蔦と別れることを決心し、散歩にことよせてお蔦を湯島境内へさそった。思いもかけぬ別れ話にお蔦は歎き悲しむが、ついに得心して身を引くことを承知した。そして、髪結いをしているめの惣の家内のところで、すき手として働くことになった。河野の卑劣な行為を怒った主税は、めの惣(船越英二)から、河野の当主の夫人がお抱えの御者と密通し、子までなしたいきさつを知り、この事実をもって復讐しようと、静岡へ去った。河野一家に接近してドイツ語私塾をひらいた主税に、政略結婚で河野家の不幸な娘はぐんぐんひかれてきた。その娘に、主税は母親の秘密を暴露する。それを立聞きした夫人(南美江)の銃弾で、主税は重傷を負い、病床の人となった。一方、お蔦は風邪をこじらせて死の床にあった。たまたま訪ねた妙子の連絡で酒井も駈けつけた。酒井の命令で、めの惣が静岡に飛ぶが、主税は帰らない。「芸者にも真実な女がいますよ」と、お蔦は酒井に訴えて息絶えた。ようやく傷のいえた主税は、河野家の当主が夫人を射殺した日、東京へ帰った。今は亡きお蔦との思い出深い湯島天神にたたずむ主税の背に、梅の花が散った。


船越英二                      藤村志保

題名:婦系図
監督:三隅研次
企画:鈴木晰成
製作:永田雅一
原作:泉鏡花
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:加藤博也
録音:大谷巖
美術:内藤昭
装置:三輪良樹
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:大菅実
助監督:井上昭
色彩計測:青柳寿博
スチール:小牧照
出演:市川雷蔵、万里昌代、三條魔子、船越英二、木暮実千代、千田是也、水戸光子、片山明彦、南美江、上田吉二郎、藤村志保
1962年日本・大映/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
婦系図 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


万里昌代、市川雷蔵

映画「雨月物語」

雨月物語雨月物語
田中絹代                       森雅之

今回は溝口健二監督1953年製作「雨月物語」をピックアップする。
本作は1952年製作「西鶴一代女」に続いて、ヴェネチア映画祭で銀獅子賞を受賞し、溝口健二監督の世界的名声を決定的なものとした。小津安二郎監督の「東京物語」と並んで日本映画の最高傑作であるとも言われている。日本の伝統的な美意識を撮影されたのは、巨匠宮川一夫氏だ。

雨月物語雨月物語

【ストリー】
琵琶湖周辺に荒れくるう羽柴、柴田間の戦火をぬって、北近江の陶工源十郎(森雅之)はつくりためた焼物を捌きに旅に上った。従う眷族のうち妻宮木(田中絹代)と子の源市は戦火を怖れて引返し、義弟の藤兵衛(小沢栄太郎)はその女房阿浜(水戸光子)をすてて通りかかった羽柴勢にまぎれ入った。彼は侍分への出世を夢みていたのである。合戦間近の大溝城下で、源十郎はその陶器を数多注文した上臈風の美女にひかれる。彼女は朽木屋敷の若狭(京マチ子)と名乗った。注文品を携えて屋敷を訪れた彼は、若狭と付添の老女から思いがけぬ饗応をうける。若狭のふと示す情熱。もう彼はこの屋敷からのがれられなかった。一方、戦場のどさくさまぎれに兜首を拾った藤兵衛は、馬と家来持ちの侍に立身する。しかし街道の遊女宿で白首姿におちぶれた阿浜とめぐりあい、涙ながらに痛罵される。日夜の悦楽から暫時足をぬいて町に出た源十郎は、一人の老僧(青山杉作)に面ての死相を指摘される。屋敷に戻った源十郎は若狭たちに別れを切り出す。怒りの中引き留めようとする若狭たちだが、彼に触れることが出来ない。源十郎の背中には呪符がかかれていたためであった。翌朝源十郎は廃墟の中で目覚める。若狭たちは織田信長に滅された朽木一族の死霊だったのである。源十郎はとぼとぼと妻子のまつ郷里へ歩をかえした。戦禍に荒れはてた北近江の村。かたぶいた草屋根の下に、彼は久方ぶりでやせおとろえた宮木と向いあう。しかし一夜が明けて、彼女も幻と消えうせた。宮木は源十郎と訣別後、落ち武者の槍に刺され、すでにこの世を去っていたのである。源十郎は爾後の半生、宮木を弔いつつ陶器つくりに精進した。その傍らには、立身の夢破れて帰村した義弟、藤兵衛と阿浜の姿もあった。

雨月物語雨月物語
京マチ子

【追記。訃報】
女優の京マチ子(本名・矢野元子=やの・もとこ)さんが、2019年5月12日に心不全のため都内の病院で亡くなったと、14日、東宝が発表した。享年95。京さんの生前の遺志により、この日、石井ふく子さん(92)ら数名の友人の立ち会いのもと、密葬が営まれた。石井さんによると、数年前、京さんがハワイへ赴き、自ら手配したお墓に入るという。京さんは49年に映画会社の大映に入社し、女優デビュー。映画「羅生門(1950年)」「雨月物語(1953年)」など数々の名作に出演した。遺作は2006年の舞台「女たちの忠臣蔵(石井ふく子演出)」。
スポーツ報知5/14(火) 17:25配信


題名:雨月物語
監督:溝口健二
企画:辻久一
製作:永田雅一
脚本:川口松太郎、依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:岡本健一
録音:大谷巖
美術:伊藤熹朔
装置:山本卯一郎
背景:太田多三郎
装飾:中島小三郎
衣裳:吉実シマ
美粧:福山善也
結髪:花井りつ
擬斗:宮内昌平
記録:木村恵美
編集:宮田味津三
音楽:早坂文雄、齋藤一郎 作詞:吉井勇
製作主任:橋本正嗣
製作進行:大橋和彦
演技事務:松浪錦之助
監督助手:田中徳三
舞・謡曲指導:小寺金七
風俗考証:甲斐荘楠音
スチ-ル:浅田延之助
出演:京マチ子、水戸光子、田中絹代、森雅之、小沢栄太郎、青山杉作、羅門光三郎、上田吉二郎
1953年第11回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞
1953年日本・大映京都撮影所/スタンダードサイズ・モノクロ96分35mmフィルム
雨月物語 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

雨月物語雨月物語
小沢栄太郎、水戸光子              森雅之、京マチ子