映画「影の車」


「影の車」岩下志麻

岩下志麻                         加藤剛

今回は野村芳太郎監督1970年製作「影の車」をピックアップする。
松本清張氏原作の映画化で定評ある橋本忍さんと野村芳太郎さんのコンビが、日常性の奥に潜む恐怖を描いた作品である。主な舞台を東急田園都市線・藤が丘駅周辺の”ささおやま団地”として浜島の勤務先を旅行代理店、妻・啓子の職業をフラワー教室とするなど、時代背景を高度経済成長の進行を踏まえた設定にしている。また浜島の幼年期の回想シーン(潜在意識による被害妄想)は、多層分解処理を用いた映像効果で表現している。


「影の車」多層分解カット

【多層分解】
撮影を担当された川又昂氏と光学技術担当の石川智弘氏は、大船撮影所内に現存していた旧式のオプチカルプリンターを駆使して撮影した後のポジ・フィルムから3原色分に分解したネガを3本作り、それぞれを8~4コマ分ずらしてポジに焼く事で、全体の色がズレた画面を創り上げ、この色ずれしたフィルムの最初のネガからカラーポジと白黒ポジ2本焼いて、さらに撮影風景の明るい部分だけの素粒子を強調するハイコンポジをもう1本焼いた上で、この3本のポジを重ね焼きした。この3色分解とレリーフ効果を合わせた映像効果を多層分解と言う。


小川真由美                   岩崎加根子、滝田裕介

【ストリー】
浜島幸雄(加藤剛)はある日、幼馴染の小磯泰子(岩下志麻)の呼びかけにふりかえった。この偶然こそ、平凡な男の生涯を根底からゆさぶる運命の声であった。浜島は旅行案内所に勤続12年の係長で妻の啓子(小川真由美)は万事に社交好きで陽気である。毎日が会社と団地の往復、生活も仕事も単調で味気ない浜島は、泰子に会って同じバスに乗っただけで軽い興奮があった。二度目に泰子に会った時、すすめられるままに泰子の家を訪ねた。4年前に夫に死なれた泰子は6歳の健一(岡本久人)と二人暮し。保険の集金と勧誘でつつましい生活だ。健一は父親がないためか、孤独癖のある無口な子供だった。夢多き思春期の共通の追憶に話がはずみ、浜島の泰子への傾斜は急ピッチであった。やがて、狭い泰子の家では、健一の眼が浜島には苦手な存在になった。だが、自然の成り行きで二人は結ばれた。初夜のように白無垢の長襦袢で浜島を迎えた泰子がいじらしかった。浜島は健一を手なづけようと、心をくだいたが、その都度失敗した。浜島にも幼い日に夫を失った母と伯父との間に立たされた忘れ得ぬ記憶があったから健一の反感が必要以上に応えた。そして、健一が自分を殺そうとしている突飛な幻想に悩まされはじめた。一度は妻と別れて泰子と結婚しようと決心しながら、健一のことを考えるとまた泰子を諦らめようかと思い迷った。空閨を癒やされた泰子は啓子への後ろめたさも、浜島を見る健一の白い目にも心を向けず、ひたすら愛欲の歓びに溺れた。紅葉のころ、浜島苦心のドライブ旅行も小さな健一の本能的な男性にはね返されてしまった。浜島は再び幻影の虜になった。宿命というには、余りにも似かよった浜島自身の幼年期の体験。あの時のように俺は健一に殺される。泰子は浜島のノイローゼを満ちたりた笑いで一蹴した。しかし、おそるべき運命の符合は、悪魔のいたずらか、結末が逆になった。浜島が健一の首をしめてしまったのだ。浜島は6歳の子供である健一が鉈をふりかざして、浜島に迫った殺意を信じている。たとえ世間のすべての人が否定しようとも、かつて6歳の浜島が自覚した殺意の衝動、憎悪の瞬間を事実として告白し、一生叫びつづけなければならないのだ。


「影の車」岩下志麻

岩下志麻、加藤剛                  加藤剛

題名:影の車
監督:野村芳太郎
製作:三嶋与四治、杉崎重美
原作:松本清張「潜在光景」
脚本:橋本忍
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
整音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
編集:浜村義康
音楽:芥川也寸志
現像:東洋現像所 光学合成:石川智弘
製作主任:吉岡博史
製作進行:玉生久宗
監督助手:山根成之
スチール:赤井博且
出演:岩下志麻、加藤剛、小川真由美、岩崎加根子、滝田裕介、芦田伸介、近藤洋介、岡本久人、永井智雄、小山梓
1970年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
影の車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「影の車」岩下志麻

芦田伸介                       岩下志麻

映画「誘拐報道」

誘拐報道誘拐報道
萩原健一                     小柳ルミ子

今回は伊藤俊也監督1982年製作「誘拐報道」をピックアップする。
本作は、1980年に発生した宝塚市学童誘拐事件を描いた読売新聞大阪本社社会部編の同名ドキュメンタリーを基に作られた。
伊藤俊也監督は、小柳ルミ子さんのヒロイン役に固執し、渡辺プロダクションに何度も直訴したそうだが、拘束期間の長い映画には出させられないと断られた。そこで萩原健一さんが小柳さんを説得し、渡辺プロダクションも折れてようやくクランクインが決定した経緯があったそうだ。出演者の豪華な顔ぶれを見ても分かるが、大作である。故にシークェンスが多く散漫な印象を残し、冗長な流れに観る者の緊張が途切れるサスペンスだった。

【追記・訃報】
ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた萩原健一(はぎわら・けんいち、本名・敬三=けいぞう)さんが2019年3月26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。
2019年3/28(木) 22:07配信 スポニチアネックス

誘拐報道誘拐報道
小柳ルミ子、萩原健一              秋吉久美子、岡本富士太
誘拐報道誘拐報道
秋吉久美子、岡本富士太               三波伸介

【ストリー】
豊中市の私立学園一年生の三田村英之(和田求由)が、下校途中に誘拐された。県警本部の発表で、犯人が英之少年の父で小児科医の三田村昇(岡本富士太)に三千万円の身代金を要求していることが分かった。各新聞社に“報道協定”の要請があり、子供の生命がかかっているため、各社は受けざるを得なかった。三田村家には遠藤警部(伊東四朗)以下六名の警察官が入り込み、昇や妻の緋沙子(秋吉久美子)と共に電話を待った。武庫川の川原に緋沙子が一人で来るようにとの電話があった。川原には英之の学帽とランドセルが置かれてあった。山岳地帯を貫いて、日本海側へ向かう高速自動車道。早朝の不甲峠を一台のムスタングが通過していく。数刻後、そのムスタングからサングラスの男が降り、公衆電話ボックスに向かった。ダイヤルをまわした先は三田村家。男は今日中に金をそろえるように指示して受話器を置いた。この知らせに大阪読売本社は色めきたった。「協定を結んだ以上、取材・報道は自粛するが、協定解除に向けて取材の準備はおこたりなく!」檄をとばす吉本編集局長(永井智雄)。同じ頃、日本海を見下す断崖の上から、犯人が布団袋に入れた子供を投げすてようとするが、密漁者たちがいるために失敗。その足で犯人=古屋数男(萩原健一)は老母のいる実家へ寄る。そこへ数男の妻・芳江(小柳ルミ子)から電話がかかってきた。芳江は喫茶店をだましとられた数男を助けようと造花工場で働いているのだ。気が弱いくせに見栄っばりな数男は娘の香織(高橋かおり)を私立学園に通わせていた。その香織と英之は同じクラスで仲良しだったのだ。実家を出た数男は再び英之を殺そうとするが、袋の中から「オシッコ!」と訴える英之に小用をさせているうちに殺意はしぼんでいった。途中で財布を落とし、持ち金も無くなった数男は、三田村家に電話を入れ、取り引き場所として宝塚市内の喫茶店を指示。捜査本部はあわただしく動き、記者たちも店を張り込んだ。危険を感じた数男は店に近づかなかった。風邪気味だった英之が悪寒を訴えた。このままでは英之が死んでしまう。焦る数男は、最後の指示を三田村家に伝えた。箕面市のレストランだ。三田村夫婦は警察に張り込まぬように哀願し、レストランの前で待った。しかし、数男は路上に張り込んだ刑事たちの姿を見つけた。万事休すだ。子供が死んでしまう。もう身代金は取れない……。翌朝、路上に停車して呆然としている数男が逮捕された。トランクの中の英之は無事だった。

誘拐報道誘拐報道
平幹二朗                     菅原文太

題名:誘拐報道
監督:伊藤俊也
企画:天尾完次、高井牧人
製作:高岩淡、後藤達彦
プロデューサー:松尾守、瀬戸恒雄
脚本:松田寛夫
撮影:姫田真佐久
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:今村力
装置:開米慶四郎
装飾:金田孝夫
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:内山三七子
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
進行主任:小島吉弘
助監督:森光正
スチール:加藤勝男
出演:萩原健一、小柳ルミ子、秋吉久美子、岡本富士太、和田求由、宅麻伸、三波伸介、伊東四朗、なべおさみ、丹波哲郎、菅原文太、平幹二朗、大和田伸也、中尾彬、池波志乃、平幹二朗、藤谷美和子、高沢順子、松尾嘉代、湯原昌幸、永井智雄、小倉一郎、藤巻潤、宮内洋、高橋かおり
1982年モントリオール世界映画祭審査員賞
1982年日本・東映+日本テレビ放送網/ビスタサイズ・カラー134分35mmフィルム
誘拐報道 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

誘拐報道誘拐報道
伊東四朗                    萩原健一

映画「黒い十人の女」

黒い十人の女
黒い十人の女
黒い十人の女黒い十人の女
黒い十人の女
黒い十人の女黒い十人の女
岸 惠子                      船越英二

今回は市川崑監督1961年製作「黒い十人の女」をピックアップする。
本作は、大映の最盛期の傑作で女優陣の競演が凄い作品であると同時に、和田夏十氏の脚本と市川崑監督の演出が冴え渡る。
この時代ならではの作品である。撮影は名匠小林節雄氏、モノクロフィルムとシネスコレンズでテーマの黒を優れたコントラスト、表現域で見事に描いている。

【当ブログで紹介した市川崑監督作品】
1951年「盗まれた恋
1951年「恋人
1956年「処刑の部屋
1957年「満員電車
1957年「
1959年「野火
1960年「女経」※オムニバス
1961年「黒い十人の女

黒い十人の女黒い十人の女
黒い十人の女
黒い十人の女黒い十人の女
船越英二、中村玉緒              岸 惠子、宮城まり子、船越英二

【ストリー】
現代の煩雑な社会の一分子テレピプロデューサー風松吉(船越英二)。メカニズムに押し流されている彼には近づく女も多い。彼と関係した女は十指に余る。妻の双葉(山本富士子)はそんな夫をあきらめて淋しい毎日をレストラン経営にまぎらわしていた。責任のない関係のつもりだったが、女の方では奇妙に風を忘れられない。行きづまりを感じている女優石ノ下市子(岸惠子)もそんな一人だった。女たちは風のことが気になるあまり二言目には「風がポックリ死ねばよい」「風を誰か殺してくれないかしら」と言うのだった。女たちのそんな話を耳にした風本人は、十人の女が自分を謀殺しようとしていると思い込む。根は気の弱い男なのだ。どうして自分が殺されようとしているのか彼にはわけがわからない。思い悩んだ彼の相談相手は、妻の双葉だった。或る雨の夜、双葉のレストランに集まった十人の女たち。彼女らの目の前で双葉の拳銃が火を吹いた。ばったり倒れた風松吉。驚く女たち。果して真実の殺人か狂言か?しかし風は生きていた。
冷静な双葉の芝居であった。だがこの一幕は女達にさまざまな反応を起した。気の弱い未亡人は風を追って自殺した。新しい結婚に踏み切る女もいた。そして双葉は風と離婚した。それを風は市子の家で知った。市子は風を双葉からゆずり受けた形になって同棲していたのだ。それは普通の形の結婚ではなかった。そして市子も、マスコミに追いまわされる自分を嫌って女優を止すと言う。市子の女優サヨナラー・パーティは盛大に行われた。楽しく談笑する双葉と市子。パーティが終ると、市子は沢山の花束をかかえ冷い表情で自動車を夜の闇に走らせるのだった。

黒い十人の女黒い十人の女
岸田今日子
黒い十人の女黒い十人の女
中村玉緒、伊丹十三                    船越英二

題名:黒い十人の女
監督:市川崑
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
脚本:和田夏十
撮影:小林節雄
特撮:築地米三郎
照明:伊藤幸夫
録音:西井憲一
美術:下河原友雄
編集:中静達治
音楽:芥川也寸志
製作主任:中島実
助監督:中村倍也
スチール:薫森良民
出演:岸 惠子、山本富士子、宮城まり子、中村玉緒、岸田今日子、宇野良子、村井千恵子、有明マスミ、紺野ユカ、倉田マユミ、森山加代子、船越英二、永井智雄、大辻伺郎、伊丹十三、佐山真二、中川弘子、浜村純、伊東光一、夏木章、志保京助、ハナ肇とクレージーキャッツ
1961年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ103分35mmフィルム
黒い十人の女 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

黒い十人の女黒い十人の女
ハナ肇とクレージーキャッツ
黒い十人の女黒い十人の女
山本富士子                    山本富士子、岸 惠子

1 2