映画「動乱」


「動乱 第1部海峡を渡る愛」高倉健、吉永小百合      吉永小百合

永島敏行、小林稔侍                   田村高廣

今回は森谷司郎監督1980年製作「動乱」をピックアップする。
二部構成の本作は、第一部「海峡を渡る愛(48分)」と第二部「雪降り止まず(102分)」でインターバルはない。内容は昭和史の起点となった515事件から226事件までを背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛を中心に描いている大作だ。


佐藤慶                      米倉斉加年、高倉健

桜田淳子、にしきのあきら               志村喬

【ストリー】
第一部「海峡を渡る愛」(48分)
昭和7年4月、仙台連隊。宮城啓介大尉(高倉健)が隊長をつとめる中隊の初年兵、溝口(永島敏行)が脱走した。姉の薫(吉永小百合)が貧しさから千円で芸者に売られようとしていたからだ。溝口は捜索隊の上司を殺してしまい、宮城は弁護を申し出るが聞き入れられず、溝口は銃殺刑に処せられた。宮城は父に用立ててもらった千円を香典として渡す。当時、日本は厳しい経済恐慌に包まれ、これを改革すべく、一部の海軍将校と陸軍士官候補生らが決起した。5・15事件である。クーデターは失敗に終り、陸軍内部の皇道派と統制派の対立を激化させた。この影響は仙台にいる宮城にまで及び、部下から脱走兵を出した責任で朝鮮の国境守備隊へ転任を命じられる。そこは、朝鮮ゲリラへ軍需物資の横流しが平然と行なわれる腐敗したところだ。官城は将校をねぎらう宴に招待され、そこで芸者になった薫と再会する。薫を責める宮城。数日後、薫が自殺を図った。宮城は軍の不正を不問にすることで、薬を入手し薫の命を救う。その頃、国内では統制派によって戦争準備が押し進められていた。

第二部「雪降り止まず」(102分)
昭和10年10月、東京。宮城は第一連隊に配属になり、薫と共に居をかまえた。
しかし、二人の間にはまだ男と女の関係はなかった。官城の家には多くの青年将校が訪れ、“建設か破壊か”と熱っぽく語り合っていく。憲兵隊の島謙太郎(米倉斉加年)はそんな宮城家の向いに往みこんで、四六時中、見張りを続けていた。ある日、宮城は恩師であり皇道派の長老格でもある神崎中佐(田村高廣)を薫と伴に訪れた。神崎の家庭の幸せを見て、薫は「私の体は汚れているから抱けないんですか」と宮城につめよる。数日後、宮城が決行を決意していた軍務局長暗殺を神崎が単身で陸軍省におもむき果してしまった。この事件は青年将校たちに“時、来る”の感を持たせ、昭和維新への機運いっきに高まった。官城たちの行動に、心情的には同調しながらも、憲兵という職務から事を事前にふせごうと島は苦悩する。決行の日が決まり、宮城は実家に帰り父に薫のことを頼むと、はじめて彼女を抱くのだった。決行の日が来た。時に昭和11年2月25日。夜半から降りはじめた雪は、男たちの熱い思いと、女たちの哀しい宿命をつつみこんで、止むことなく降り続いていた……。


米倉斉加年                       吉永小百合

題名:動乱
副題:第1部海峡を渡る愛 第2部雪降り止まず
監督:森谷司郎
企画:池田静雄、坂上順、岡田裕介
脚本:山田信夫
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
音効:原尚
美術:中村州志、今村力
装置:中村文栄
装飾:田島俊英
衣装:河合啓一
美粧:入江荘二
美容:宮島孝子
記録:高津省子
編集:戸田健夫
音楽:多賀英典 主題歌:小椋佳「流れるなら」
現像:東映化学
進行主任:小島吉弘
製作担当:東一盛
助監督:沢井信一郎
演技事務:和田徹
スチール:遠藤努
出演:高倉健、吉永小百合、米倉斉加年、田村高廣、桜田淳子、志村喬、佐藤慶、田中邦衛、にしきのあきら、川津祐介、戸浦六宏、小林稔侍、田中邦衛、小池朝雄、岸田森、日色ともゑ、永島敏行、相馬剛三
1980年日本・東映+シナノ企画/シネスコサイズ・カラー150分35mmフィルム
動乱 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「動乱 第2部雪降り止まず」

高倉健、吉永小百合

映画「十八歳、海へ」


森下愛子                                  永島敏行

今回は藤田敏八監督1979年製作「十八歳、海へ」をピックアップする。
本作は中上健次氏の原作「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章を映画化したもので、内容は1970年終焉を背景に青春の苛立ちと倦怠を “自殺ゲーム“ に獲り憑かれた予備校生男女の末路を描いたものだ。撮影は1979年6月27日にクランクインし8月3日にアップしたそうだ。


小林薫                                  島村佳江

【ストリー】
森本英介(小林薫)は、5年間も東京で浪人暮しをしており、郷里で病院を経営する父(鈴木瑞穂)とは、裏口入学のことでモメて以来、音信がない。ある夜、鎌倉で、英介は暴走族のリーダー(深水三章)と喧嘩になり、海に潜って、先に顔を上げた方が敗けという勝負をした。翌日、英介は予備校で有島佳(森下愛子)という女の子に声をかけられる。彼女は昨夜の一部始終を見ており、一緒にいた桑田敦夫(永島敏行)と、英介の真似をして、心中と間違えられたという。いきなり話しかけられてとまどう英介は、ホテルのボーイをしながら予備校に通っていることを彼女に話す。佳は、この夏、釧路から夏期講習を受けるために上京し、姉・悠(島村佳江)のところに居候していた。桑田は同じ予備校に通う二浪の男だ。ところで、佳は心中ごっこのとき、死と隣り合わせの瞬間に、このうえもない喜悦を感じたことで英介に興味を持ったのだ。そして、佳と桑田は英介のバイトするホテルで心中未遂を起こしてしまう。二人の収容されている病院に見舞いに行った英介は、そこで、佳の姉の悠と出会う。悠は小学校の給食をつくる仕事をしている。暫くして、悠は、ホテルの一件以来、自分のところから離れていた佳に、ロタ島行きのキップを渡してくれと英介に話す。それは、桑田から佳を離そうとする悠の心づかいだった。しかし、佳はキップを受け取ろうとせず、英介は悠と一緒にロタ島に行った。二人は旅を満喫する。旅から帰り、ホテルでバイトをしていた英介は、学会で上京していた父(鈴木瑞穂)と出会った。父は学会の開かれる箱根のホテルで話し合おうと話すが、英介は憎しみしか覚えなかった。その頃、経済的に行きづまった佳と桑田が、英介に助けを求めてきた。英介は、二人を父の名で、箱根のホテルに泊まらせることにした。翌日、英介は箱根の警察から連絡を受けた。箱根のホテルにいた佳と桑田の死の知らせであった。心中ごっこが本当の心中になるとは……。鋭い衝撃が英介を襲った。夏の終り、鎌倉の海に英介と悠の姿があった。二人は佳と桑田の行為を語りながら、自分たちが、別々の道を歩みはじめたことを感じていた。そして今、英介は自分のとまどいの季節が終ったことを意識しながら……。


小沢栄太郎、永島敏行、森下愛子                鈴木瑞穂、小林薫

題名:十八歳、海へ
監督:藤田敏八
企画:進藤貴美男
製作:佐々木志郎、結城良煕
原作:中上健次 「十八歳、海へ」より「隆男と美津子」の章
脚本:田村孟、渡辺千明
撮影:安藤庄平
照明:新川真
録音:高橋三郎
美術:徳田博
編集:井上治
音楽:チト河内 主題曲:ゴダイゴ 唄:加橋かつみ
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保郎
色彩計測:杉本一海
スチール:井本俊康
出演:森下愛子、永島敏行、島村佳江、小林薫、鈴木瑞穂、小沢栄太郎、深水三章、下絛アトム、小松方正、堀永子、小中陽太郎
1979年日本・日活/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
十八歳、海へ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


森下愛子、永島敏行                        小林薫、島村佳江

映画「黒いドレスの女」


原田知世                        永島敏行

今回は崔洋一監督1987年製作「黒いドレスの女」最悪作品賞をピックアップする。
本作は北方謙三氏のハードボイルド小説を映画化したものだが、すこぶる退屈した。
これは原作の脚色が悪いのかどうか分からないが、全くおもしろくなかった。
俳優陣が全く生かされていない駄作である。


菅原文太                       藤真利子

【ストリー】
夜明け前の高速道路を朝吹冽子(原田知世)は歩いていた。彼女はBMWに乗ったヤクザっぽい男、アキラ(藤タカシ)に声をかけられる。大井競馬場。田村(永島敏行)と弁護士・山本(時任三郎)が庄司(菅原文太)というヤクザを外国に逃がす相談をしていた。庄司は田村の眼の前で腹を刺されてしまう。刺したのはアキラだった。それを遠巻きから冽子が見ていた。田村の経営するバーに、黒いドレスを着た冽子が現われた。彼女は静岡にいる田村の義理の妹、三井葉子(藤真利子)の知り合いでの店で働きたいと告げる。数日後、田村は冽子の手荷物から拳銃を発見した。それは葉子が冽子に渡したものだった。また、腹の傷が癒えた庄司もバーに転り込んで来、冽子と同居することになった。田村は相棒の立岡(室田日出男)と庄司の逃亡ルートを捜し始め、ルートが決まった日の夜、数人のチンピラが冽子を出せとやって来た。庄司の凄味に圧倒され、彼らは逃げだすが、危険を肌で感じた冽子はバーの二階から姿を消してしまう。冽子は六本木のディスコでアキラと再会した。そして、彼から庄司をどうしても殺らなくてはいけない理由を聞き、逃亡ルートが罠であることを知った。その事を電話で田村に知らせる冽子。葉子の家を訪れた田村は、彼女から冽子が7年前妻を殺したと思われる弁護士、野木原(中村嘉葎雄)に追われていることを聞かされた。また、刑事、大野(成田三樹夫)に呼びとめられ、冽子の義父、英一郎(橋爪功)が不審な死を遂げたことで彼女を追っていると知らされた。逃亡ルートを失った庄司は、暫く葉子の家に匿まわれることになった。彼女は庄司に、英一郎の愛人だったことを告げる。英一郎は野木原に入る金の流れを克明にメモしていた。そのメモの隠し場所を知っているのが冽子だった。田村の前に現われた冽子は、メモを野木原に二億円で売ることにする。メモは冽子が英一郎と暮らしていたマンションにあった。突如、葉子がメモを渡してほしいと冽子から返された拳銃を構える。冽子を追ってベランダに出た彼女は、英一郎を転落死させたことを告白した。怒った庄司が葉子を刺すが、同時に拳銃の弾が彼を射ち抜いていた。翌朝、約束の場所に野木原と彼に金を流していた田村の元同僚、和久田(本間優二)がやって来た。そして、田村と乱闘になるが、田村に呼ばれていた大野たちに逮捕される。田村が振り返ると冽子は2億円と共に姿を消していた。


成田三樹夫                       原田知世、菅原文太、永島敏行

題名:黒いドレスの女
監督:崔洋一
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、青木勝彦
原作:北方謙三
脚本:田中陽造
撮影:浜田毅
照明:長田達也
特機:NK特機 平山茂、加藤宏樹
録音:中野俊夫
音効:坂井三郎 リーレコ:杉本潤
美術:今村力、小澤秀高
装置:浜中一文
装飾:坂本享大、片岸雅浩、大庭信正、日高勇治 セット付:貫井健二
衣裳:山田実 スタイリスト:岡田玲子
ヘアー・メイク:中元睦子、松田和子、直江広武
特殊メイク:原口智生 特殊効果:納富貴久生
カー・スタント:TAKA
擬斗:國井正廣
配役:飯塚滋
記録:内田絢子
編集:冨田功
音楽:佐久間正英 音楽プロデューサー:石川光 主題曲:DIP IN THE POOL「Tambourine」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:トライ・アーツ、三和照明
現像:東京現像所
製作主任:杉崎隆行、坂本忠久
製作進行:市山隆治、松田時吉
演技事務:斎藤謙司
助監督:佐藤敏宏
監督助手:北浜雅弘、佐々部清、園田裕司
撮影助手:栢野直樹、田中潤、鍋島淳裕、細井淳一
照明助手:上田成幸、岡尾正行、豊見山明長、安藤和也、桜井雅章、林大樹
録音助手:楠本龍巳、武市英生、細井正次、菅沢直樹
美術助手:首藤千佳子
編集助手:堀口正則、田中慎二
宣伝:桜井弘道、鎌田真二
スチール:目黒祐司
出演:原田知世、永島敏行、菅原文太、藤真利子、成田三樹夫、室田日出男、一色彩子、橋爪功、中村嘉葎雄、時任三郎、本間優二、藤タカシ
1987年日本・角川春樹事務所/ビスタサイズ・カラー100分35mmフィルム
黒いドレスの女 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤真利子、永島敏行、菅原文太              黒いドレスの女

1 2