映画「妖僧」


「妖僧」市川雷蔵

市川雷蔵                              藤由紀子

今回は衣笠貞之助監督1963年製作「妖僧」をピックアップする。
本作は、女帝を守り風雲を呼ぶ不死身の怪僧を描いた平安時代劇だが、公金横領に権力闘争という現代に通ずる腐敗政治をストリーのベースにしている。衣笠貞之助監督を始め巨匠を輩出した大映映画は、美術セットや照明、森田富士郎氏の特撮など目を見張るカットは数多くあるが、ストリーが陳腐だった。


「妖僧」万里昌代

万里昌代                                近藤美恵子

【ストリー】
厳しい山嶽仏教の修業に百人のうちで唯一人堪えた、行道(市川雷蔵)は、恐るべき魔力を秘めた法力を獲得した。山を下りた行道はその法力を駆使して、病人を治し、やがて、その噂は宮廷に迄およんだ。類まれな美貌の女帝(藤由紀子)が幼時から不自由であった御足が、とみに悪化してきたというのだ。ひそかに招かれた行道は如意輪の秘法をもって遂に御足の痛みを取り去った。喜びの女帝は行道を重宝にし、忌憚のない言葉に耳を傾けた。政権を欲しいままにする太政大臣・藤原良勝(城健三朗)に反感を抱く左大臣・藤原清川(小沢栄太郎)、右大臣・藤原光成(稲葉義男)、大蔵卿犬養(島田竜三)らは、行道の勢力に力を得、良勝が金銭を私している事を行道に告げた。この事実を知った良勝は、女帝の耳に達するのを恐れ、行道に刺客をさしむけた。しかし行道の恐るべき法力は、体を貫く刃に一滴の血も流さなかった。追いつめられた良勝は、かねてから不平をかこつ市原の皇子(成田純一郎)と語らい反逆の兵を挙げた。法術で事を知った行道は、女帝を守るために永久に留まろうと決意、頭を剃り、見違えるような美僧の姿となり名を道鏡と改めた。道鏡の魔力と朝廷側の反撃が功を奏し、良勝の軍は敗走した。女帝の信任をあつくした道鏡は、権力に近づき、女人を愛し、僧の戒律を破った苦悩に悩みつづけた。新に大政大臣に藤原清川が、大政大臣禅師に道鏡が任じられた。女帝の愛寵を深くした道鏡は、天皇の位と同等の法王の位を与えられた。嫉妬に狂った清川は秘かに道鏡を狙った。折も折、女帝は病に犯され必死に如意輪の秘法を念じる道鏡の法力もむなしく、女帝は絶命した。なきながらにとりすがる道鏡の背後から、清川の放った刺客が襲った。かつては、刃も通じなかった道鏡の胸も、今や法力はなく女帝の手を握ったまま崩れた憎の姿があるのみだった。


小沢栄太郎                             城健三朗(若山富三郎)

題名:妖僧
監督:衣笠貞之助
企画:原田光夫
製作:永田雅一
原案:八尋不二
脚本:衣笠貞之助、相良準
撮影:今井ひろし
特撮:黒田義之、森田富士郎、美間博
照明:加藤博也
録音:大谷巖、加藤茂
音効:倉島暢
美術:柴田篤二
装置:山本佐一郎
衣装考証:上野芳生
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
製作主任:田辺満
助監督:黒田義之
スチール:小牧照
出演:市川雷蔵、藤由紀子、万里昌代、近藤美恵子、片岡彦三郎、小沢栄太郎、城健三朗(若山富三郎)、小林勝彦、小林勝彦、丹羽又三郎、中条静夫
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
妖僧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


妖僧