映画「忍ぶ川」



栗原小巻                        加藤剛

今回は熊井啓監督1972年製作「忍ぶ川」をピックアップする。
熊井監督が病気療養中に原作を読み1966年にシナリオを書きあげ、吉永小百合さん主演、日活での制作を企画するが、ヌードシーンなどの懸念で吉永さんの両親の反対があり、さらに日活自身がロマンポルノに転換して頓挫する。熊井監督は長い闘病生活のあと日活を退社してから東宝と俳優座の提携制作が11年を経て決まり、栗原小巻さんが志乃役に起用され、結果として成功した。
(ウィキペディア参照)


加藤剛、栗原小巻                   井川比佐志

【ストリー】
哲郎(加藤剛)と志乃(栗原小巻)は料亭“忍ぶ川”で知りあった。哲郎は“忍ぶ川”の看板娘だった志乃に、初めての合った時から惹かれ、“忍ぶ川”に通うようになった。ある夜、話が深川のことに及んだ時、志乃は、私の生まれた土地で、もう8年も行っていないと言う。哲郎は志乃を誘い、薮入りの日に深川を案内することになった。志乃は洲崎パラダイスにある射的屋の娘で、父は郭(信欣三)では“当り矢のせんせ”と呼ばれていが、志乃が12歳の時、戦争で一家は栃木へ移住したのだ。やがて志乃だけが、弟や妹たちをおいて東京に働きに出ていたのである。深川から帰った夜、哲郎は志乃に手紙を書いた。「今日、深川で言いそびれた私の兄弟のことを、ここに記します。私は六人兄弟の末っ子です・・・」哲郎には兄が二人、姉が三人いて、上の姉二人は自殺、長兄は失踪、次兄はしっかりもので、哲郎を大学へ入れてくれたが、3年前に自分で木材会社を設立するという名目で逐電していた。一番最初に次姉が自殺した日が、よりによって哲郎の6才の誕生日だったため、それ以来彼は誕生日を祝ったことがない。哲郎の身の上を打ち明けた手紙に、志乃からの返事が来た。「来月の誕生日には私にお祝いさせて下さい。」7月末、志乃に婚約者(滝田裕介)がいることを知らされた哲郎が志乃に問いただすと、婚約はしたけれど、気はすすまず、栃木の父も反対しているという。哲郎は志乃に、その人のことは破談にしてくれ、そして、お父さんにあんたの好みにあいそうな結婚の相手ができたと、いってやってくれと言うのだった。秋の終わり、志乃の父の容態が急変した。志乃からひと目、父に会ってくれとことづかった哲郎は、急ぎ栃木の志乃の元へ--。「いたらぬものですが、志乃のことはなにぶんよろしゅうお願い申します」といい残し志乃の父は死んだ。その年の大晦日、哲郎は志乃を連れて故郷へ帰って来た。体の悪い父(永田靖)、老いた母(瀧花久子)、そして目の不自由な姉(岩崎加根子)、残された哲郎の家族は皆、志乃を気に入ってくれた。そうしてあくる二日、哲郎の家族だけで哲郎と志乃の結婚式があげられた。初夜。馬橇の鈴のさえた音に、二人は裸のまま、一枚の丹前にくるまり、馬橇の通りすぎるのをいつまでも見ていた……。翌朝、新婚旅行に近くの温泉へ向かう汽車の中から志乃は「見える、見える、あたしのうち!」と子供のようにはしゃぐのだった。


信欣三                       栗原小巻、加藤剛

山口果林                         忍ぶ川

岩崎加根子                       滝田裕介

題名:忍ぶ川
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:三浦哲郎
脚本:長谷部慶次、熊井啓
撮影:黒田清巳
照明:岡本健一
録音:太田六敏
音効:東洋音響効果
美術:木村威夫
美粧:井上静枝
衣裳:東京衣装
記録:吉田榮子
編集:井上治、丹治光代
音楽:松村禎三
現像:キヌタラボラトリー
製作担当:森園忠
製作進行:藤澤穆
監督補佐:宮川孝至
助監督:佐川功
演出助手:森川一雄、相澤徹、鈴木光義、稲田直也
撮影助手:高尾義照、西條正、金徳哲
照明助手:佐澤仁郎、前田基男、尾村厚
美術助手:佐久間聡、上田文雄
演技事務:入澤清
製作宣伝:本間宏
題字:加茂牛道人
録音スタジオ:櫂の会
協力:米沢市役所、米沢新聞社
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、加藤剛、永田靖、信欣三、岩崎加根子、滝花久子、稲葉義男、滝田裕介、井川比佐志、可知靖之、山口果林、菅井きん、木村俊恵、片山まゆみ、阿部百合子、鹿野浩四郎、大西加代子
1972年日本・東宝+俳優座/スタンダードサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
忍ぶ川 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


瀧花久子、永田靖、岩崎加根子、加藤剛、栗原小巻       加藤剛、栗原小巻

加藤剛、栗原小巻

映画「続・新悪名」

続・新悪名続・新悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「続・新悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第4作になる。
秀逸なプロットとベテラン俳優陣の演技、その中に子役の赤城まりさんが、重要な役どころをこなしているのに、全体の演技レベルの高さが伺える。朝吉と清次のキャラクターも一作毎に熟成されて行く。

悪名シリーズ

続・新悪名続・新悪名
水谷良重、勝新太郎                 赤城まり、近藤美恵子、勝新太郎

【ストリー】
戦後の闇市を追放された村上朝吉(勝新太郎)は故郷の河内へ帰ったが田舎が嫌になり大阪へ出て、靴磨きの少女ひろみ(赤城まり)を拾った。そして宿へ帰ると、昔の知人おぎん(茶川一郎)にバッタリ会った。今はおかまの特技を生かし女剣劇一座にいるが、演芸館主、玉島(遠藤辰雄)の横槍で興行が出来ないでいた。朝吉は女座頭五月淳子(近藤美恵子)に会い尽力を約束し、早速玉島の事務所を訪れ偶然用心棒に雇われている清次(田宮二郎)に会った。興行は無事終ったが、一座のギャラを前借した大磯(杉田康)が姿を消していた。困った朝吉は自分の体を手形に借金し金は因島の麻生親分に借りて払うと言った。ひろみを清次に託した朝吉は玉島と共に因島へ渡ったがそこで親分の死を知り万策つきた朝吉は、玉島にシルクハット親分(永田靖)の許へつれ込まれた。が、シルクハットの連絡で琴糸(水谷良重)が訪ねてきた。彼女は以前遊廓から朝吉に救われ、その時の恩返しのため金を持って来たのだ。一方、清次はひろみの歌の素質を見抜き、彼女をのど自慢に出させ入賞確実とみられたとき、愚連隊が乱入し邪魔をした。怒った清次は連中を蹴散らしたが、脚をピストルで射たれた。その騒動の中でひろみは、大磯が因島へ行くことを聞いた。ひろみ、お政(ミヤコ蝶々)、負傷の清次らも因島へ向った。ひろみから大磯のことを知った朝吉は彼を探したが分らない。が、夜、大磯が現われ、いきなり短刀で突っかかって来たが所詮朝吉の敵ではない。彼の自供によると、黒幕はなんと玉島だったのだ。急遽朝吉は大阪へ帰った。玉島は新しい演芸館の棟上げ祝い中だったが、大磯と現われた朝吉を見ると、祝場はたちまち修羅場と化した。朝吉の頭突きと清次の松葉杖が冴えて、玉島は組み敷かれた。無事、玉島から金を取り戻した朝吉は、お政とひろみを楽団の一行に預け、金を女剣劇一座へ郵送すると、清次と共に肩を列べて去って行くのだった。

続・新悪名続・新悪名
ミヤコ蝶々                       茶川一郎
続・新悪名続・新悪名
遠藤辰雄、勝新太郎、永田靖           近藤美恵子、赤城まり、勝新太郎

続・新悪名続・新悪名
近藤美恵子                                                                   藤原礼子

題名:続・新悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:岡本健一
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村上忠男
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、水谷良重(水谷八重子)、近藤美恵子、ミヤコ蝶々、茶川一郎、遠藤辰雄、赤城まり、藤原礼子、永田靖、阿井美千子、浜村淳、杉田康
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
続・新悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・新悪名続・新悪名
田宮二郎、勝新太郎                  続・新悪名

映画「風来坊探偵」

今回は深作欣二監督1961年製作「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」と「風来坊探偵 岬を渡る黒い風」をピックアップする。
第一作の「岬を渡る黒い風」は深作欣二監督のデビュー作であり、千葉真一さんの初主演作である。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇
風来坊探偵 赤い谷の惨劇

【ニュー東映とは】
1958年月に株式会社東映テレビ・プロダクションの社名で設立されたが、1959年2月に東映テレビ映画株式会社、同年5月8日に第二東映株式会社と商号変更した。1961年2月にニュー東映株式会社と改称したが、その後10か月後の同年12月の製作・配給を中止、東映に吸収合併した。同社は東映の子会社ではあるが、現存する株式会社東映テレビ・プロダクションとは別の会社である。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
千葉真一                       曽根晴美

深作欣二監督のデビュー作「風来坊探偵 赤い谷の惨劇(1961年)」の製作当時は、日本映画黄金期であり、東映は業績が良かったので、次々と映画を量産して行く狙いがあったそうだ。本作は、降雪した浅間山にセスナ機を置いてオープンセットを立てたり、セスナ機の墜落では特撮を使用しふんだんに予算を使っている。雪渓での格闘やダイナマイトに吹き飛ばされ、乗馬しながらのガンファイトなど、スタントマンなしで演じる千葉さんのアクションの原点と言っても良い作品だ。この無国籍的なウエスタン調の作品が国内でヒットした事で、数年後にやって来るマカロニウエスタンブームの下地が出来た様に思う。共通点はアンチ・ビフテキウエスタン(アメリカ製西部劇)だ。この後、深作監督・千葉真一コンビは17作品を製作した。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
小林裕子、北原しげみ                故里やよい

【ストリー】
香山美佐子(北原しげみ)はセスナ機で墜落死した、兄の墜落現場である赤岩岳山麓の村にやって来た。兄は新日本開発会社青雲社長と一緒に遭難したのであった。土地不案内の美佐子は上田牧場の娘、ちか子(小林裕子)に連れられて現場に来たが、何となく兄の死因に不審を待った。そこには、新日本開発会社の依頼をうけた、通称風来坊探偵の西園寺五郎(千葉真一)も来ていた。五郎は、本格的調査をするために上田牧場に泊めてもらうことになった。美佐子もまた、ちか子の勧めで牧場に暫く滞在することになった。上田牧場は孤児達の世話をみる牧場主の上田(宇佐美淳也)と娘のちか子を中心に平和に明け暮れていた。その翌日、地元の北東観光のボス鬼頭(神田隆)と手下が牧場に現われた。鬼頭は日頃から新日本開発を押しのけて附近一帯の観光事業を独占しようとしていた男だ。牧場は新日本開発の土地であるが、鬼頭は青雲社長直筆の土地譲渡書をタテに強引に立退きを追って来たのだ。そんな彼らを五郎が追っ払った。しかし、後でスペードの鉄(曽根晴美)と名乗る鬼頭の用心棒が五郎に決闘を申込んできた。広大な雪渓上で、鉄のルガー拳銃と五郎のウィンチェスター銃との勝負がはじまった。だが、腕は互角だった。二人はこの時、ウマがあうというのかお互に奇妙な友情を感じあっていた。鉄の助言で鬼頭の情婦踏絵(故里やよい)が、もとスチュワーデスと知った五郎は、鬼頭のロッジに忍びこんで一個のパラシュートを発見した。五郎は踏絵を墜落現場に誘い出し、踏絵が鬼頭の命をうけて青雲社長を拉致した後、離陸寸前のセスナ機に潜入、上空で香山操縦士を殴って失心させ自分はパラシュートで降下した墜落の推理を語った。全てを観念した踏絵に、鬼頭の手下の拳銃が火を吐いた。一方、鬼頭は牧場に火を放ち実力行使にでてきた。その火を見て牧場に駆けつけた五郎は、鉄の加勢で鬼頭一味を倒すのだった。 〔岬を渡る黒い風〕 風来坊探偵こと西園寺五郎は、江藤漁業江藤重吉の娘慎喜子に事件を依頼されて房総半島新岬港に向かった。江藤漁業は相次ぐ海難事故のため危機に頻していた。しかもその事故原因が決って時化の金曜日に起ることから重吉は、娘を五郎の迎えにやったのだ。五郎が江藤漁業へついた時に、重吉は水死体となっていた。五郎の活躍が始った。新岬港にはもう一つの漁業会社堀越海運がある。南房水産研究所の仕事を一手に引きうけて繁昌していた。南房水産は所長の南条博士、五味助手、所員の千代子を中心に、プランクトン放流による漁法の研究を課題としていた。その後援者は町の実力者の多々良大造であった。採算がとれそうにもない研究に多々良は絶大な援助を送っていた。水産研究と堀越海運との結びつきに疑問を抱いた五郎に、堀越海運にいるジョーカーの鉄という渡り者が戦いを挑んできた。断崖の岩場に、鉄の拳銃と五郎のウィンチェスターが対決した。だが腕は互角だった。二人の胸にはいつか友情が湧いていた。五郎は時化の日の金曜日、あけぼの丸で水産研究所の実験海域へ密かに潜入した。そこで五郎が見たのは、堀越海運からのチャーター船が、此処で貨物船と麻薬の取引をしている現場だった。江藤海運の沈没船はいずれもこの現場をみたためだった。この海域から離脱しようとしたあけぼの丸は、貨物船に発見され、ダイナマイトを投げつけられた。あけぼの丸は怒濤の中に沈んでいった。この事件で、麻薬団の首領、五味こと蒋石海は、身の危険を知った。南条博士が傀儡のボスとなって堀越一味が沖から運んでくる麻薬を多々良とその情婦紫都子に輸送させていたのだが、麻薬ルートの全ぼうのばれるのを恐れて多々良と紫都子を射殺した。そして堀越剛之助とその幹部も部下に命じて射殺させた。逃げるための楯に慎喜子を捕まえた。その騒ぎの最中に、あけぼの丸と一緒に沈んだはずの五郎が鉄と現われた。二人の拳銃とウィンチェスターに、蒋一味は次々と倒れていった。最後には蒋も断崖まで追いつめられ、やがて消えていったのだった。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
千葉真一、小林裕子                  曽根晴美

題名:風来坊探偵 赤い谷の惨劇
監督:深作欣二
企画:佐藤正道
脚本:神波史男、松原佳成
撮影:飯村雅彦
照明:原田政重
録音:内田陽造
美術:北川弘
編集:鈴木寛
音楽:池田正義
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:白浜汎城
助監督:小西通雄
スチール:遠藤努
出演:千葉真一、曽根晴美、北原しげみ、小林裕子、故里やよい、宇佐美淳也、安藤三男、神田隆、関山耕司、久地明
1961年日本・ニュー東映/シネスコサイズ(東映スコープ)・モノクロ・62分35mmフィルム
風来坊探偵 赤い谷の惨劇 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

風来坊探偵 赤い谷の惨劇風来坊探偵 赤い谷の惨劇
千葉真一、北原しげみ

風来坊探偵 岬を渡る黒い風
風来坊探偵 岬を渡る黒い風風来坊探偵 岬を渡る黒い風
千葉真一                                                                         北原しげみ

「風来坊探偵」の第二作「岬を渡る黒い風」は、千葉真一さん、曽根晴美さん、北原しげみさん、小林裕子さん、故里やよいさんと同じ顔ぶれだ。このシリーズは2作で終わり、「ファンキーハットの快男児シリーズ」に移り、深作監督の無国籍映画は「渡り鳥シリーズ(日活)」とは異なるティストで「白昼の無頼漢」まで5作品をニュー東映で撮っている。

風来坊探偵 岬を渡る黒い風 004
曽根晴美

【ストリー】
風来坊探偵こと西園寺五郎(千葉真一)は、江藤漁業江藤重吉の娘慎喜子(北原しげみ)に事件を依頼されて房総半島新岬港に向かった。江藤漁業は相次ぐ海難事故のため危機に頻していた。しかもその事故原因が決って時化の金曜日に起ることから重吉(松本克平)は、娘を五郎の迎えにやったのだ。五郎が江藤漁業へついた時に、重吉は水死体となっていた。五郎の活躍が始った。新岬港にはもう一つの漁業会社堀越海運がある。南房水産研究所の仕事を一手に引きうけて繁昌していた。南房水産は所長の南条博士(宇佐美淳也)、五味助手(小野良)、所員の千代子(小林裕子)を中心に、プランクトン放流による漁法の研究を課題としていた。その後援者は町の実力者の多々良大造(神田隆)であった。採算がとれそうにもない研究に多々良は絶大な援助を送っていた。水産研究と堀越海運との結びつきに疑問を抱いた五郎に、堀越海運にいるジョーカーの鉄(曽根晴美)という渡り者が戦いを挑んできた。断崖の岩場に、鉄の拳銃と五郎のウィンチェスターが対決した。だが腕は互角だった。二人の胸にはいつか友情が湧いていた。五郎は時化の日の金曜日、あけぼの丸で水産研究所の実験海域へ密かに潜入した。そこで五郎が見たのは、堀越海運からのチャーター船が、此処で貨物船と麻薬の取引をしている現場だった。江藤海運の沈没船はいずれもこの現場をみたためだった。この海域から離脱しようとしたあけぼの丸は、貨物船に発見され、ダイナマイトを投げつけられた。あけぼの丸は怒濤の中に沈んでいった。この事件で、麻薬団の首領、五味こと蒋石海は、身の危険を知った。南条博士が傀儡のボスとなって堀越一味が沖から運んでくる麻薬を多々良とその情婦紫都子に輸送させていたのだが、麻薬ルートの全ぼうのばれるのを恐れて多々良と紫都子を射殺した。そして堀越剛之助とその幹部も部下に命じて射殺させた。逃げるための楯に慎喜子を捕まえた。その騒ぎの最中に、あけぼの丸と一緒に沈んだはずの五郎が鉄と現われた。二人の拳銃とウィンチェスターに、蒋一味は次々と倒れていった。最後には蒋も断崖まで追いつめられ、やがて消えていったのだった。

風来坊探偵 岬を渡る黒い風風来坊探偵 岬を渡る黒い風
小林裕子

題名:風来坊探偵 岬を渡る黒い風
監督:深作欣二
企画:佐藤正道
脚本:神波史男、松原佳成
撮影:飯村雅彦
照明:原田政重
美術:北川弘
録音:内田陽造
編集:鈴木寛
音楽:池田正義
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:白浜汎城
助監督:小西通雄
スチール:遠藤努
千葉真一、曽根晴美、北原しげみ、小林裕子、故里やよい、宇佐美淳也、松本克平、須藤健、永田靖、小野良、神田隆
1961年日本・ニュー東映/シネスコサイズ(東映スコープ)・モノクロ60分35mmフィルム
風来坊探偵 岬を渡る黒い風 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

風来坊探偵 岬を渡る黒い風風来坊探偵 岬を渡る黒い風