映画「若大将対青大将」


「若大将対青大将」酒井和歌子

加山雄三                        酒井和歌子

「若大将対青大将」吉沢京子

大矢茂                        吉沢京子

今回は岩内克己監督1970年製作「若大将対青大将」をピックアップする。
本作は、1971年1月9日に公開された若大将シリーズの第17作になる。
同時上映は「初めての旅(監督:森谷司郎 出演:岡田裕介、二谷英明)」であった。

本作をもって若大将は、加山雄三さんから大矢茂さんに”若大将”をバトンタッチされる内容だが、次作で実現されなかった。
翌1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。こうした状況で、若大将シリーズの次作は、1975年になり、草刈正雄さん主演の3代目若大将で「がんばれ!若大将(監督:小谷承靖)」が制作されたという経緯がある。


田中邦衛                       高松しげお

【ストリー】
8年がかりでやっと京南大学を卒業した青大将こと石山新次郎(田中邦衛)の卒業祝いが、後輩のモータークラブ員の太田茂夫(大矢茂)の提案で、茂夫の母春江(三条美紀)の経営するドライブ・イン「ピット」の店内で開かれた。モータークラブ元キャプテン田沼雄一(加山雄三)と茂夫のクラスメートの令子(森るみ子)、悦子(早坂八千代)たちが駈けつけ、青大将も感激のあまりオイオイ泣きだした。それからほど近い、ある日、新次郎の父親、石山剛造(松村達雄)の経営する石山商事株式会社の営業部に勤務する雄一のもとへ、新入社員として新次郎が配属されてきた。新次郎は出社第一日目にして、さっそく美人タイピストの節子(酒井和歌子)に一目惚れ、猛アタックを開始した。しかし同僚の富士子(太田淑子)から節子と雄一が相思相愛の仲だと知らされ、大ショックを受けた。新次郎は何とか節子を手に入れようと策略をめぐらし、たまたま、父の剛造から、英語の達者な若手を営業部からニューヨーク支店へ送るということを聞き、雄一を推薦。恋仇の転勤をまんまと成功させた。雄一は日本を留守の間、茂夫に、新次郎の手から節子を守ることを託すと、アメリカへ飛び立っていった。学期末、茂夫たちのモータークラブでは、グランプリにそなえて、鈴鹿サーキットで合宿練習をすることになった。新次郎はそのすきに節子に接近しようとするが、茂夫のために失敗する。新次郎はたびたびの邪魔に破れかぶれとなり、茂夫と恋人の圭子(吉沢京子)の仲をぶちこわしにかかった。サーキットにやってきた圭子は、新次郎から節子と茂夫の仲をほのめかされ、怒って東京に帰ってしまい、アメリカからバイヤーを案内して日本にやってきた雄一と節子の仲も新次郎にぶちこわされかかってしまう。こうしてグランプリ当日がきた。今は茂夫からことの真相を知らされた節子、そして雄一から茂夫の気持を聞いた圭子は、雄一と茂夫のいる鈴鹿サーキットヘ駆けつけた。スタートにつまづき、苦戦をしいられている茂夫を心配そうにピットで見守る雄一たち。だがレースは後半になって、圭子の姿を目にした茂夫はたちまちラスト付近から次々と他の車を追い抜いていった。遂に茂夫は先頭に立ってゴールイン。晴れてグランプリ・レースに優勝した。


松村達雄                        千石規子

三条美紀                        大矢茂

題名:若大将対青大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:原一民
照明:小島真二
特機:田中豊夫、加賀見正友
録音:吉岡昇
整音:東宝録音センター
美術:薩谷和夫
装置:蜷川修治
小道具:秋元和男、高津幸一、永山勝美
電飾:山口清
衣裳:後藤信義
美粧:高橋勝巳
結髪:上田美穂子
擬斗:宇仁貫三
記録:木村靖子
編集:岩下広一
音楽:萩原哲晶 主題歌:大矢茂「「アダムとイブのように」」
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
製作担当:村上久之
製作進行:大門正雄
演技事務:小倉斉
助監督:吉松安弘
監督助手:岡田文亮、中野俊一
撮影助手:上田正治、古山正、五十畑幸勇、山田健一
照明助手:清水博、友成富男、畑日出夫、大場明、後藤一男、高瀬昇、小池文夫、矢吹圭司
美術助手:大竹久彌、鈴木儀雄
録音助手:林頴四郎、池田昇、近田進、佐藤祐史
編集助手:砂原泰子、船沢昌介
製作宣伝:鹿野英男
スチール:中尾孝
出演:加山雄三、大矢茂、田中邦衛、酒井和歌子、吉沢京子、松村達雄、三条美紀、太田淑子、千石規子、南利明、人見明、高松しげお、江戸家猫八、森るみ子、早坂八千代
1970年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー83分35mmフィルム
若大将対青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


酒井和歌子、加山雄三                若大将対青大将

映画「お葬式」


山崎努                         宮本信子

今回は伊丹十三監督1984年製作「お葬式」をピックアップする。
本作は、伊丹監督が妻である宮本信子さんの父親の葬式で喪主となった実体験を基に、僅か1週間で脚本を書き上げ、神奈川県湯河原町にある伊丹監督の別荘(元自宅)をロケセットにして、ATG作品でありながら、1億円の製作費で作りあげた監督デビュー作である。製作費は、伊丹監督がCM出演した愛媛県の一六本舗(製菓会社)が出資したそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


菅井きん                        財津一郎

笠智衆                        大滝秀治

【ストリー】
井上佗助(山崎努)、雨宮千鶴子(宮本信子)は俳優の夫婦だ。二人がCFの撮影中に、千鶴子の父が亡くなったと連絡が入った。千鶴子の父、真吉(奥村公延)と母、きく江(菅井きん)は佗助の別荘に住んでいる。その夜、夫婦は二人の子供、マネージャーの里見(財津一郎)と別荘に向かった。一行は病院に安置されている亡き父と対面する。佗助は病院の支払いを里見に頼み、20万円を渡すが、費用は4万円足らず、その安さにおかしくなってしまう。佗助にとって、お葬式は初めてのこと、全てが分らない。お坊さんへの心づけも、相場というのが分らず、葬儀屋の海老原(江戸家猫八)に教えてもらった。別荘では、真吉の兄で、一族の出世頭の正吉(大滝秀治)が待っており、佗助の進行に口をはさむ。そんな中で、正吉を心よく思わない茂(尾藤イサオ)が、千鶴子をなぐさめる。そこへ、佗助の愛人の良子(高瀬春奈)が手伝いに来たと現れる。良子はゴタゴタの中で、佗助を外の林に連れ出し、抱いてくれなければ二人の関係をみんなにバラすと脅した。しかたなく、佗助は木にもたれる良子を後ろから抱いた。そして、良子はそのドサクサにクシを落としてしまい、佗助はそれを探して泥だらけになってしまう。良子は満足気に東京に帰り、家に戻った佗助の姿にみんなは驚くが、葬儀の準備でそれどころではない。告別式が済むと、佗助と血縁者は火葬場に向かった。煙突から出る白いけむりをながめる佗助たち。全てが終り、手をつなぎ、集まった人々を見送る佗助と千鶴子。


高瀬春奈、山崎努

宮本信子、尾藤イサオ、菅井きん              お葬式

題名:お葬式
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、岡田裕
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造、浅井慎平(モノクロ部分)
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:信岡実
音効:小島良雄 リーレコ:河野競司
美術:徳田博
装飾:山崎輝、畠山和久、河端賀恵子
衣裳:岩崎文男
美粧:小沼みどり
スタイリスト:小合惠美子、熊谷澄子
配役:笹岡幸三郎
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:冨田功
音楽:湯浅譲二
現像:東洋現像所
撮影機材:三和映材社
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
プロデューサー:細越省吾
製作担当:藤田義則
製作進行:伊藤正敏、佐藤丈樹
演技事務:宮前寿美子
助監督:平山秀幸
演出助手:泰衛、上野勝
撮影助手:福沢正典、栗山修司、村石直人
照明助手:沖田秀則、本橋義一、三枝隆之、松岡康彦
録音助手:北村峰晴、塚本達郎、細井正次
編集助手:米山幹一
スチール:宮本唯志
出演:山崎努、宮本信子、菅井きん、大滝秀治、財津一郎、高瀬春奈、江戸家猫八、尾藤イサオ、岸部一徳、笠智衆、奥村公延、友里千賀子、津村隆、西川ひかる、海老名美どり、双葉弘子、吉川満子、藤原釜足、田中春男、香川良介、佐野浅夫、津川雅彦、小林薫
1984年日本・伊丹プロダクション+ニューセンチュリープロデューサーズ+ATG/スタンダードサイズ・カラー124分35mmフィルム
お葬式 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


お葬式

映画「男はつらいよ・寅次郎忘れな草」


渥美清                     浅丘ルリ子(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1973年製作「男はつらいよ・寅次郎忘れな草」をピックアップする。
第11作となる本作のロケ地は、北海道網走市、釧路市湿原、東京都品川区五反田、墨田区錦糸町などで行われ、封切り時の観客動員は239万5,000人、配給収入は9億1,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は800円、併映は「チョットだけヨ 全員集合!!(監督:渡辺祐介 出演:ザ・ドリフターズ、小鹿ミキ、寺尾聡)」であった。リリー役の浅丘ルリ子さんは、そのキャラクターのまま本作と「寅次郎相合い傘(第15作/1975年)」編、「寅次郎ハイビスカスの花(第25作/1980年)」編と最終作「寅次郎紅の花(第48作/1995年)」編の4作品に出演した。


浅丘ルリ子                    渥美清、浅丘ルリ子

【ストリー】
柴又。今日は、寅(渥美清)、さくらの父の27回忌である。“とらや”に、おいちゃん(松村達雄)、おばちゃん(三崎千恵子)、さくら(倍賞千恵子)、博(前田吟)が集って御前様(笠智衆)にお経をあげてもらっている。その時、寅が久し振りに戻って来た。だが、寅のおかげで法事はメチャクチャになってなってしまう。ある日、さくらが、満男(中村はやと)にピアノを買ってやりたいと言うのを聞いた寅は、早速、玩具のピアノを買って来て、得意満面。一同、欲しいのは本物のピアノだ、とも言えず寅の機嫌をとるが、やがてその場の雰囲気で気がついた寅、皆に悪態をついて、プイッと家を出てしまった。北海道。夜行列車の中で、派手で何処となく安手の服を着ている女が、走り去る外の暗闇を見ながら涙を流している。じっと彼女を瞶める寅。網走。ヒョンなことから寅は列車の時の女と知り合った。名はリリー(浅丘ルリ子)といって、地方のキャバレーを廻って歌っている、三流歌手である。互いに共通する身の上話をしながら、いつしか二人の心は溶け合うのだった。柴又のさくらに、北海道の玉木という農家から手紙が届いた。寅が心機一転して、玉木(織本順吉)の家で働いたものの日射病と馴れない労働で倒れてしまった、というのである。早速さくらは、北海道へ行き、寅を連れて柴又に帰って来た。
寅が柴又に戻って来て数日後、リリーが尋ねて来た。抱き合って再会を喜ぶ寅とリリー。そして、皆に心のこもったもてなしを受けたリリーは、自分が知らない家庭の味に触れ、胸が熱くなるのだった……。数日後の深夜。安飲み屋をしている母親と喧嘩したリリーは、深酔いしたままで寅に会いに来た。だが、寅がリリーの非礼を諭すと、リリーは涙を流しながら突び出て行った。翌日、寅がリリーのアパートを捜し出して尋ねるが、既に彼女は越した後だった。その日、寅はさくらに、自分の留守中にリリーが来たら、二階に下宿させるように、と言い置いて旅に出た。数日後、さくらは、リリーが寿司屋の板前(毒蝮三太夫)と結婚して、小さな店を出したことを知った。その店を尋ねたさくらは、以前とは想像もつかぬ程血色がよく、生き生きと働いているリリーを見るのだった。その頃寅は、ふたたび北海道の玉木の家を尋ねていた。晴れわたった青空、北海道にも夏が来た……。


三崎千恵子、倍賞千恵子、松村達雄、前田吟、太宰久雄    渥美清、浅丘ルリ子

題名:男はつらいよ・寅次郎忘れな草
監督:山田洋次
企画:高島幸夫、小林俊一
製作:島津清
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、宮崎晃、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
調音:松本隆司
編集:石井巌
美術:佐藤公信
録音:中村寛
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:池田義徳
製作進行:玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
スチール:堺兼一
出演:渥美清、浅丘ルリ子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、松村達雄、吉田義夫、織本順吉、中沢敦子、江戸家猫八、毒蝮三太夫、北原ひろみ、中村はやと
1973年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー100分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎忘れな草 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浅丘ルリ子、毒蝮三太夫                 渥美清