映画「万引き家族」


リリー・フランキー                      安藤サクラ、樹木希林

今回は、2018年6月8日に全国公開(329館)された是枝裕和監督2018年製作「万引き家族」を25日にTOHOシネマズ府中スクリーン1で観て来た。カンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した事もあり、劇場は混んでいた。
是枝監督作品は「幻の光」しか観た事はないが、本作に限らず国内外で高い評価を得ている事を承知している。
監督の言う「血の繋がりについて、社会について、正義について、10年間考え続けてきた事」全てを込めた本作は、年金不正受給問題、育児放棄、子供への虐待、ギャンブル依存症、雇い止め、労災事故=自己責任 等々、現代日本社会が抱え、見え隠れする問題を凝縮したプロットで構成され、祖母の年金を頼りに、足りないものを万引きで賄っている一家が、実親から虐待を受ける少女を迎え入れた事を契機に、この疑似家族は離散するといった鋭い内容だ。
本作のテーマ、演出、配役、角川大映スタジオにセットを組んだ美術も大変素晴らしいものになっているが「青という色を印象的に組み込んで行きたい」という監督のオーダーが、フィルムで撮影しているにも係わらずデジタルシネマカメラ特有の貧弱なトーンに寄って見えたのが残念だ。私は、映像が死んでいる様に見えた。
作品自体は上質の芝居で救われているが、画はとても「幻の光」には及ばない。
しかしながら是枝監督は「映画がかつて、国益や国策と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、大げさな様ですが、この様な平時においても公権力(保守でもリベラルでも)とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないかと考えています」と現政権のエセ祝意を拒否した事は、絶対に支持したい。
また本作が文化庁の製作助成金を受けている事から矛盾する等と言う批判は、全く当たらない。
現政権に迎合して助成を貰った訳ではない。加計学園じゃないんだよ!
かつて世界が認めた日本映画、今の惨憺たる日本映画での超希少な文化的価値からであり、私たちの税金が、有効に正当に使われた事に他ならない。


松岡茉優                                                                   城桧吏

【追記・訃報】
女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだけいこ)さんが、2018年9月15日、午前2時45分、東京都渋谷区の自宅で死去したことがわかった。75歳。東京都出身。樹木さんは、1961年に文学座付属演劇研究所に入り、「悠木千帆」名義で女優活動をスタート。1964年に森繁久彌さん主演のテレビドラマ「七人の孫」にレギュラー出演し、一躍人気を集めた。個性派女優として多くのドラマ、映画、舞台に出演。74年に放送されたドラマ「寺内貫太郎一家」(TBS系)で小林亜星が演じた主役の貫太郎の実母を演じるなど20代から老人の役を演じ、出演するドラマ、映画などでは、その老け役が当たり役となった。
[2018年9月16日 16:49 配信スポニチアネックス]

【ストリー】
再開発が進む東京の下町のなか、ポツンと残された古い住宅街に暮らす一家。日雇い労働者の父・治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、生活のために“親子”ならではの連係プレーで万引きに励んでいた。その帰り、団地の廊下で凍えている幼い女の子を見つける。思わず家に連れて帰ってきた治に、妻・信代(安藤サクラ)は腹を立てるが、ゆり(佐々木みゆ)の体が傷だらけなことから境遇を察し、面倒を見ることにする。祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家は、JK見学店でバイトをしている信代の妹・亜紀(松岡茉)、新しい家族のゆりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていたが……。


松岡茉優、佐々木みゆ                                      安藤サクラ、佐々木みゆ

題名:万引き家族
監督:是枝裕和
製作:石原隆、依田巽、中江康人
脚本:是枝裕和
撮影:近藤龍人
照明:藤井勇
録音:冨田和彦
音効:岡瀬晶彦
美術:三ツ松けいこ
装飾:松葉明子
衣装:黒澤和子
化粧:酒井夢月
配役:田端利江
編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣
プロデューサー:松崎薫、代情明彦、田口聖
アソシエイトプロデューサー:大澤恵、小竹里美
ラインプロデューサー:熊谷悠
製作担当:後藤一郎
助監督:森本晶一
撮影助手:小林拓、大和太、和田笑美加、熊﨑杏奈
撮影機材:ARRICAM ST,ALEXA Mini (三和映材社)
レンズ:Leica Summicron-C
フイルム:イーストマンコダック ( VISION3 500T,5219)
現像:イマジカウェスト  スキャニング:CINE VIVO
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、城桧吏、佐々木みゆ、池松壮亮、緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美、高良健吾、池脇千鶴、柄本明
2018年第71回カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞。
第36回ミュンヘン国際映画祭シネマスターズ・コンペティション部門ARRI/OSRAM賞(外国語映画賞)を受賞。
2019年第44回セザール賞外国映画賞を受賞(フランス)

2018年日本・AOI Pro.(葵プロモーション)/ビスタサイズ・カラー120分35mmフィルム
万引き家族 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


リリー・フランキー、安藤サクラ                                   万引き家族

映画「紙の月」

紙の月
宮沢りえ
紙の月紙の月
宮沢りえ                       小林聡美

今回は吉田大八監督2014年製作「紙の月」をピックアップする。
本作は、2014年1月27日に東京でクランクインし、神戸市の旧居留地や神戸市営地下鉄、実際のラブホテルでも撮影されたそうだ。銀行の撮影には茨城県水戸市の中核施設・オハナコートの一画にある旧常陽銀行双葉台出張所が使われている。私は、宮沢りえさんの卓越した演技に驚かされ、ベテラン俳優の小林聡美さん、石橋蓮司さん、近藤芳正さん、田辺誠一さんなど脇を固める布陣も凄かった。また女優に一本立ちした大島優子さんの自然な芝居が良かった。私は、ラストまでは全てがバランス良く出来た作品だと思ったが、梨花(宮沢りえさん)が窓を破ってからのラストシーンで興ざめた。台無しだ。何も警察に捕まる様なくだりはいらないが、もっと別の結末があった筈だと思う。

紙の月紙の月
石橋蓮司

【ストリー】
1994年。梅澤梨花(宮沢りえ)は、子どもには恵まれなかったものの夫(田辺誠一)と穏やかな日々を送っている。契約社員として勤務する「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上(近藤芳正)からも高評価。支店では、厳格なベテラン事務員の隅より子(小林聡美)や、まだ若くちゃっかり者の窓口係・相川恵子(大島優子)ら、様々な女性たちが梨花と共に働いている。だが一見、何不自由のない生活を送っている梨花であったが、自分への関心が薄く鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある夜、梨花の顧客で裕福な独居老人の平林(石橋蓮司)の家で一度顔を合わせたことのある孫の光太(池松壮亮)と再会した梨花は、何かに導かれるように大学生の彼との逢瀬を重ねるようになる。そんな中、外回りの帰り道にふと立ち寄ったショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円だった。銀行に戻る前にすぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋に戻したが、これが全ての始まりであった。学費のために借金をしているという光太に梨花は「顧客からの定期の申し込みがキャンセルになった」と200万を渡す。さらに顧客から預かった300万を自分の通帳に入れ、自宅で定期預金証書や支店印のコピーを偽造する……。
やがて横領する額は日増しにエスカレートしていくのだった、上海に赴任するという夫には同行せず、梨花は光太と一緒に高級ホテルやマンションで贅沢な時間を過ごすが、光太の行動にも変化が現れ、ある日、光太が大学を辞めたことを告げられる。そんな折、隅が、銀行内で不自然な書類の不備が続いていることを不審に感じ始めていた……。

紙の月紙の月
大島優子

題名:紙の月
監督:吉田大八
製作総指揮:大角正、高橋敏弘、安藤親広
製作:石田聡子、池田史嗣、明石直弓
原作:角田光代
脚本:早船歌江子
撮影:シグママコト
照明:西尾慶太
録音:加来昭彦
整音:矢野正人
美術:安宅紀史
衣裳:小川久美子
編集:佐藤崇
音楽:Little moa、小野雄紀、山口龍夫 音楽プロデューサー:緑川徹
主題曲・主題歌:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ
助監督:甲斐聖太郎
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、小林聡美、近藤芳正、佐々木勝彦、石橋蓮司、中原ひとみ、天光眞弓、伊勢志摩、平祐奈
2014年日本・ロボット/シネスコサイズ・カラー126分デジタルシネマ
紙の月 DVD
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

紙の月紙の月
平祐奈                        宮沢りえ

映画「ラスト サムライ」

ラスト サムライ
真田広之、渡辺謙、トム・クルーズ
ラスト サムライラスト サムライ
トム・クルーズ                   渡辺謙

今回はエドワード・ズウィック監督2003年製作「ラスト サムライ(THE LAST SAMURAI)」をピックアップする。
明治維新直後の日本を舞台にした本作は、兵庫県姫路市にある古刹、書寫山圓教寺、長崎県佐世保市の九十九島(実景)、戦闘場面や村のシーンなどはニュージーランド、街中のシーンはハリウッドのスタジオで撮影されたそうだ。ハリウッド映画が作る日本の時代考証は以前に比べて良くなったが、特に本作は”渡辺謙さんと真田広之さんが制作側に強く直訴した功績”があると封切り当時に聞いた。
“アメリカ人が侍になり、甲冑まで着て日本刀で戦う”というシチュエーションは、日本人と武士道を偏見なく描こうとした意欲作に思える。

ラスト サムライラスト サムライ
真田広之                        小雪

【ストリー】
明治維新の1870年代。西洋式の戦術を日本政府軍に教えるため、南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン(トム・クルーズ)が来日する。だが彼はアメリカ政府のやり方に失望、また自分が果たしたインディアン討伐を悔いており、魂を失っていた。一方、武士の勝元盛次(渡辺謙)も、近代化の波により、自分の信じる武士道が崩壊しかけていることを感じていた。勝元や彼の妹たか(小雪)らと共に武家で生活することになったオールグレンは、外国文化を嫌う武士の氏尾(真田広之)らと対立しつつも、武士道に惹かれ、やがて侍たちとの絆を深めていく。そして侍たちが、政府軍を相手にした最後の戦いに臨む時、オールグレンもそこに参加。侍たちの反乱軍は圧倒的な数の政府軍に対し善戦するものの、結局は壊滅させられる。戦いの中で倒れた勝元は、名誉の死を望み、オールグレンに腹を刺してもらい息絶えた。そして生き残ったオールグレンは、亡き勝元の刀を明治天皇(中村七之助)の下に届けるのだった。

ラスト サムライラスト サムライ

題名:THE LAST SAMURAI
邦題:ラスト サムライ
監督:エドワード・ズウィック
製作総指揮:テッド・フィールド、チャールズ・マルヴェヒル、リチャード・ソロモン、ヴィンセント・ウォード、テッド・フィールド
製作:トム・クルーズ、トム・エンゲルマン、スコット・クループ、ポーラ・ワグナー、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ
脚本:ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ
撮影:ジョン・トール、ジョン・トール
美術:リリー・キルヴァート
編集:スティーヴン・ローゼンブラム 、 ヴィクトール・ドュ・ヴォイス
衣装:ナイラ・ディクソン
音楽:ハンス・ジマー
フィルム:イーストマンコダック、富士フィルム
現像:テクニカラー
出演:トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪、原田眞人、ティモシー・スポール、トニー・ゴールドウィン、池松壮亮、中村七之助
2003年アメリカ/シネスコサイズ・カラー154分35mmフィルム
ラスト サムライ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ラスト サムライラスト サムライ