映画「怪談海女幽霊」


明智十三郎                                 万里昌代

今回は加戸野五郎監督1960年製作「怪談海女幽霊」をピックアップする。
本作は怪談と言うよりも殺人ミステリーものになるが、新東宝の海女シリーズ「海女の戦慄」「海女の化物屋敷」に比べて色気度は少ない。だが好きなティストで時間は流れる。


若杉嘉津子

【ストリー】
九鬼港沖合の小島“神島”の素封家里村勇作(倉橋宏明)が、終戦直後のある夜シケにあって遭難した。妻の照代(若杉嘉津子)が夫を追って自殺し、一人娘の奈美江(万里昌代)も地獄岩から身を投げた。里村家唯一人の血筋である俊也(御木本伸介)も戦死が判明し、里村家は人手に渡った。数年後、港に勇作と照代の亡霊が出るという噂が出た。その噂を裏書きするように、流れ者の漁師大場為三郎(大谷友彦)と木下源蔵(鈴木信二)が行方不明になった。今は村一番の網元で実権を握る紀州屋の旦那宮内進太郎(九重京司)は、昔は勇作の家で働く漁師だった。娘の京子や使用人達が亡霊の話をすると、笑って打ち消したもののその夜から亡霊に悩まされた。駐在の連絡でやって来た池田警部(明智十三郎)は、調書から為三郎と源蔵の事件を殺しと断定した。捜査を開始してまず浮かんで来たのは紀州屋であった。紀州屋と為三郎が口論したこと、事件の前の晩、妾の家にいた源蔵が見知らぬ男に呼び出されたこと、などが理由だった。しかし、紀州屋は答えず幽霊封じの祈祷を始めた。神島近辺の海女が地獄岩の海底で勇作の幽霊を見勇作の家を買い取った長浜吉次(沢井三郎)が地獄岩の近くで勇作と照代の亡霊に取りつかれて海底に姿を消すという事件が起きた。神島に渡った池田警部は、吉次の伜大吉が奈美江を愛し、大吉が海にはまったのと、奈美江が身投げしたのが同一の日だったことを知った。島の者に導かれて地獄岩にもぐった警部は、岩に安置された勇作と照代の位牌の前に、為三郎、源蔵、吉次三人の苦悶を物語る遺骸を発見した。怨恨による殺しと確信した警部は、里村家の使用人だった亀松(山川朔太郎)から、紀州屋と為三郎が勇作夫婦を殺して、実権を握ったらしいということを聞き出した。惨事を予期した警部が九鬼に引き返したのは紀州屋がかつての勇作夫婦の亡霊に殺害されたあとだった。--かつての里村家の四人の使用人、為三郎、源蔵、吉次、紀州屋を殺したのは、死んだと伝えられた奈美江だった。父勇作を四人に謀殺されたことを知り、自害を装い幽霊の姿を借りて四人に報復したのだった。

題名:怪談海女幽霊
監督:加戸野五郎
製作:大蔵貢
企画:津田勝二
原案:海樹満咲
脚本:松木功
撮影:岡田公直
照明:石森浩
録音:根岸寿夫
美術:宮沢計次
編集:笠間秀敏
音楽:長瀬貞夫
製作主任:毛利幸久
助監督:渡邊祐介
スチール:西崎新
出演:明智十三郎、万里昌代、若杉嘉津子、矢代京子、御木本伸介、倉橋宏明、九重京司、小高まさる、大谷友彦、鈴木信二、沢井三郎、山川朔太郎
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ56分35mmフィルム
怪談海女幽霊 -DVD販売-
怪談海女幽霊/怪談本所七不思議[DMMレンタル]


怪談海女幽霊

映画「怪談本所七不思議」


明智十三郎                            天知茂

今回は加戸野五郎監督1957年製作「怪談本所七不思議」をピックアップする。
本所七不思議は、東京都墨田区本所に江戸時代ころから伝承される奇談・怪談を言うそうだが、江戸時代の典型的な都市伝説の一つであり、古くから落語など噺のネタとして庶民の好奇心をくすぐり親しまれてきたそうだ。1937年に新興キネマで「本所七不思議」が製作され本作はそのリメイクである。


山下明子                               松浦浪路

【ストリー】
江戸本所七不思議のうち「おいてけ堀」--いましも一匹のいたずら狸が、化けそこなって通行人に寄ってたかって生捕られたが、折から通りすがった旗本小宮山左膳(林寛)と息子弓之助(明智十三郎)の計いで助けられた。数日後、弓之助は武道修業に上州へ門出した。弓之助と入れ違いに、左膳の甥に当る権九郎(天知茂)が久々に小宮山家を尋ねて来た。嘗て叔父甥の縁を切られた無頼の徒で、金を無心に来たのだが、左膳の後妻おさわ(山下明子)に気がつくとハッとした。二人は、その昔おさわが茶屋に働いていた頃、深い仲だったのである。再びよりを戻した権九郎はある夜、花見帰りの左膳を向島土手に待伏せして斬殺してしまった。生命の恩人の危機に、火の玉となって駈付けた、いつかの狸--長兵衛も一足違いで遅かった。弓之助の乳兄妹の八重は、独り悲嘆に暮れ弓之助の帰りを待ち焦れていた。そんな彼女に眼をつけた権九郎は、ある夜彼女の部屋に忍び込み手ごめにしようとしたが、その時旅姿の弓之助が現われ難を逃れた。慌てた権九郎は五助(沢井三郎)に命じて弓之助を殺させてしまった。しかし、死んだはずの弓之助が再び小宮山家の庭先に現われた。そこへまた、上州の弓之助が帰って来た。さては、前の弓之助は化物と権九郎は色を失った。八重(松浦浪路)も驚いたが、やがて片一方の弓之助は実は左膳に助けられた長兵衛狸で弓之助の身代りになっていたのだと知った。一切の事情を知った弓之助は、化物を恐れて寺に逃げ込んだ権九郎を追った。そして、狸が化けた一ツ目小僧や三ツ目入道などの助力で、遂に父の仇を見事討つことができた。


天知茂、山下明子

題名:怪談本所七不思議
監督:加戸野五郎
企画:佐川滉
脚本:林音弥、赤坂長義
撮影:鈴木博
照明:折茂重男
録音:根岸寿夫
美術:宮沢計次
編集:笠間秀敏
音楽:伊藤宣二
製作主任:山本喜八郎
助監督:武部弘道
出演:明智十三郎、松浦浪路、天知茂、林寛、山下明子、沢井三郎、鮎川浩、小高まさる、橘美千子、菊地双三郎
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ56分35mmフィルム
怪談本所七不思議 -DVD販売-
怪談海女幽霊/怪談本所七不思議[DMMレンタル]


怪談本所七不思議

映画「無警察」


「無警察」小畑絹子

天知茂                        丹波哲郎

今回は小森白監督1959年製作「無警察」をピックアップする。“無警察地帯”というある地方都市は、静岡県駿東郡小山町あたりのロケーションである様だ。冒頭に「駿河駅(現:駿河小山)」が登場する。この時代のハードボイルド日本映画は、舞台が架空の設定が多く、登場人物が無国籍なものもある。今では見られないこのティストは、逆に新鮮に見える。


「無警察」小畑絹子、丹波哲郎

小畑絹子                        朝倉彩子

【ストリー】
人呼んで“無警察地帯”というある地方都市の出来事である。市会議長・今泉(九重京司)は、市会議員の山口(岬洋二)の口ききで、ボスの松崎(丹波哲郎)とキャバレー「カンパネラ」で会った。茶畑をつぶしてゴルフ場にしようとする松崎は、強引に今泉をくどいた。が、彼は農地法に違反するばかりでなく、市民の生活権を脅やかすと拒否した。松崎に送られ、自分の車と思って乗ったその車の運転台に坐っていたのは松崎の子分だった。パンチをくらって意識不明になった今泉は、陸橋から上り列車の前に車もろとも突き落された。新聞には事故死と報道された。松崎は今泉のポケットにあった印鑑によって、すでに土地売買契約書には捺印ずみで測量にかかった。今泉の娘・玲子(朝倉彩子)の恋人である新聞記者の浩一(天知茂)は、この事件の究明を思い立った。彼は事故現場を訪れ、事故死に疑問を抱く原田刑事(大原譲二)と知り合い協力を約束した。浩一は、「カンパネラ」に行き、女給から事件当日今泉がここで松崎に会っていたことを知った。さらに張り込みを続け、裏口によく立ち現われるキャバレーのホステス・はるみ(小畑絹子)の父(石川冷)と知り合った。はるみは松崎の情婦なのだ。はるみのアパートには、麻薬密売の噂がある××商会の男が監禁されていた。その男が松崎の命令で殺し屋の手に落ちた。ちょうどはるみの部屋に無心に現われた父がその包を見た。松崎はこの老人もバラさねばと思った。翌朝、水死体が上った。そのポケットからはるみの写真が出た。浩一は松崎の仕業と直感した。浩一に説得され、はるみは自首を決意した。その前に、部屋にテープレコーダーを仕掛け、松崎をベッドに誘いながらこれまでの悪事をしゃべらせた。深夜の桟橋で、テープを浩一は受け取った。が一味に発覚、二人は「カンパネラ」の地下室に閉じこめられた。一方玲子からの電話で警官隊が駈けつけた。うち合いの後、松崎ら一味は逮捕されたのだった。


大原譲二                   丹波哲郎

題名:無警察
監督:小森白
企画:岡本良介
製作:大蔵貢
脚本:金田光夫
撮影:岡戸嘉外
照明:傍士延雄
録音:村山絢二
美術:小汲明
編集:金子半三郎
音楽:小沢秀夫
製作主任:高橋松雄
助監督:勝俣眞喜治
出演:天知茂、小畑絹子、丹波哲郎、朝倉彩子、大原譲二、沢井三郎、岬洋二、倉橋宏明、九重京司、岬洋二、石川冷
1959年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ85分35mmフィルム
新東宝映画傑作選 無警察 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「無警察」小畑絹子、天知茂

1 2