映画「喜劇 駅前金融」


フランキー堺                         森繁久彌、淡島千景

今回は佐伯幸三監督1964年製作「喜劇 駅前金融」をピックアップする。
本作は、”駅前シリーズ(1958年~1969年)”の第12作になる。
尾崎紅葉の「金色夜叉」を下敷きにしたパロディを喜劇としてまとめた内容だが、フランキー堺さんのトランペット演奏が見れる貴重な作品である。


伴淳三郎、乙羽信子                   三木のり平、沢村貞子

【ストリー】
場末の繁華街にある金成ビルの管理人伴野孫作(伴淳三郎)と女房のかね子(乙羽信子)は、ホステスや近所の商人相手の高利貸をする金の盲者だ。ある日、ゴールデン・フジのホステスNO1の染子(池内淳子)が、次郎(フランキー堺)のために金を貸りに来た。次郎には、恩師で会計学の権威前川博士(加東大介)の一人娘由美(大空真弓)というフィアンセがいた。だが書生時代前川から見込まれた次郎も、学者を嫌ってバンドマンになった今、前川夫妻の頭痛の種であった。染子はそんなこととは露知らず次郎にぞっこんまいってしまった。そんなある日、前川夫妻は、40歳にして経理士の資格を取った森田徳之助(森繁久彌)を祝うと称して、成金の高岡三平(三木のり平)と由美を料亭“しまの家”で会わせた。三平と徳之助は大学が同期であったが由美の前でダイヤの指輪をちらつかせる三平に、祝の席を奪われてしまった。翌日、染子が工面した金を持って徳之助の所に現われた次郎は、三平の話を聞くとしょげこんだ。アパートへ帰った次郎を、由美が待っていた。由美は、「キャバレー勤めを止めて家に帰って欲しい」と次郎を口説いた。一方、徳之助は、“しまの家”の経理士となった。女将圭子(淡島千景)は、独身の徳之助に、何かと誘惑の手をさしのべた。徳之助は、金成ビルの持主、金成剛造(有島一郎)の妻藤子(淡路恵子)にふられて以来、独身を通してきたのだった。そんな徳之助の所へ、次郎が前川から由美との話を破談にして欲しいと言われたと、血相をかえてやって来た。徳之助に入れ知恵された次郎は、翌朝、由美と母親花子(沢村貞子)を追って伊豆へ向った。三平と由美の部屋へ躍り込んだ次郎は、由美を表につれ出した。三平と結婚の約束を交わしたという由美に、次郎は金の力で負けた恨みを、金で晴そうと、伴野夫妻に弟子入りして高利貸修業に励んだ。やがて時がたち、由美は三平と結婚し、徳之助と圭子も結婚した。だが、景気のよかったゴールデンフジもつぶれ、金成ビルも危機に陥入った。この不景気風は三平のうえにものしかかり、会社はつぶれ、伴野もかね子に逃げられ、徳之助も圭子のケチ哲学に耐えられず家出を決行した。一方次郎は、この変動に気持を変え、またダンスホールのバンドマンとなった。ダンス音楽の流れる町に、由美と三平は屋台をひいて歩いていた。


フランキー堺、加東大介                       大空真弓

題名:喜劇 駅前金融
監督:佐伯幸三
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:岡崎宏三
照明:榊原庸介
録音:長岡憲治
整音:西尾昴
美術:小野友滋
編集:広瀬千鶴
音楽:広瀬健次郎
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
監督助手:秦幸三郎
スチール:横山愈
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、三木のり平、淡島千景、淡路恵子、大空真弓、池内淳子、乙羽信子、有島一郎、加東大介、沢村貞子、松尾和子、山茶花究、山東昭子
1965年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
喜劇 駅前金融 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


淡路恵子                    松尾和子、和田弘とマヒナ・スターズ

映画「喜劇 駅前女将」


森繁久彌                           伴淳三郎

今回は佐伯幸三監督1964年製作「喜劇 駅前女将」をピックアップする。
「待ってました! 豪華20大スターの超娯楽大作!」と宣伝された本作は、当時の有名喜劇俳優陣、女優陣を大挙して作られた。喜劇を通じて当時の世相を鋭く描いている。劇場公開時の同時上映作品は、成瀬巳喜男監督「乱れる」だった。


フランキー堺                        淡島千景、森繁久彌、 森光子

【ストリー】
両国駅前にある酒屋「吉良屋」の主人徳之助(森繁久彌)と柳橋に寿司屋をもつ「孫寿司」の主人孫作(伴淳三郎)は兄弟の間柄で、徳之助の女房満子(森光子)は孫作の妹である。この二人は大の仲良しで、いつも行動を共にしている。徳之助には、錦糸町でバーを経営するごひいきの藤子(淡路恵子)がいるが、この藤子にダブル・ベットを買ってやったことから、家庭騒動が起きそうな気配だ。或る日、徳之助は孫作から、かつての恋人景子(淡島千景)の消息を知らされた。今は夫とも死別し両国に帰って来た景子のために、店をもたせようと徳之助は奔走した。そんな時、孫作の家では大騒動がもちあがった。孫作の家に「マゴサク」とネームの入ったガウンと「フジコ」とネームの入った下着が届いたのだ。怒った妻の千代(京塚昌子)はフジコなる女を捜す為、満子の所に走った。それがあのダブルベット事件の足立藤子と同一人と睨んだ満子は、早速錦糸町におもむき、バー「ふじ」で孫作も徳之助も現行犯でつかまえた。徳之助のおかげで全部自分の責任にされた孫作は、おさまらなかった。そこで孫作は満子に景子のこと、そして養子縁組と思っていた次郎(フランキー堺)の相手、染太郎(池内淳子)も実は景子の妹だと告白した。とんだとばっちりをうけた次郎と染太郎は置き手紙をして駈け落ちした。行く先は、伯父の力造のいる銚子だ。徳之助と満子、孫作と千代それに景子(淡島千景)と菊太郎(沢村貞子)の奇妙な関係の六人は呉越同舟で一路銚子へと向った。が、力造(加東大介)の家でも、二人を捜してもう6時間もたつという。しょんぼりした力造の家では、満子も折れて、次郎と染太郎はめでたく結婚を認められた。丁度そこえのんきに帰って来た二人。三枝(中尾ミエ)の音頭で大漁節の歌声の中、次郎のかわりに養子に行く、力造の息子和男(峰健二)と二人のカップルが明るく出発していった。


森繁久彌、淡島千景、沢村貞子、京塚昌子、森光子

加東大介                            大空真弓

池内淳子、フランキー堺                      峰健二(峰岸徹)、池内淳子

題名:喜劇 駅前女将
監督:佐伯幸三
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:黒田徳三
照明:比留川大助
録音:長岡憲治
整音:西尾昇
美術:狩野健
編集:広瀬千鶴
音楽:松井八郎
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
助監督:松本あきら
協力:銚子民芸千鳥会
スチール:大谷晟
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、森光子、三木のり平、山茶花究、淡島千景、淡路恵子、池内淳子、加東大介、京塚昌子、大空真弓、乙羽信子、沢村貞子、中尾ミエ、峰健二(峰岸徹)
1964年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
喜劇 駅前女将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中尾ミエ                           淡路恵子、森繁久彌

映画「悪名桜」

悪名桜悪名桜
田宮二郎、勝新太郎                   市原悦子

今回は田中徳三監督1966年製作「悪名桜」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。
今作は、朝吉と清次のコンビが堅気となって街の一角でやきとり屋を営んでいる事から始まる。毎作、拳銃などで武装した暴力団に素手で立ち向かう設定に違和感が残るが、不良少年を更生させようとしたり、朝吉の幼馴染である菊枝(市原悦子)が押しかけ女房になったりとプロットにマンネリ回避の試みが見られる。

悪名シリーズ

悪名桜悪名桜
藤岡琢也                        沢村貞子

【ストリー】
大阪周辺の繁華街でやきとり屋になっていた朝吉(勝新太郎)と清次(田宮二郎)は暴力団に襲われた新聞記者(浜田雄史)を助けて一躍街の英雄にされたが、朝吉を刺しにきた愚連隊の少年猛(酒井修)は、逆に朝吉に捕まってーやきとり屋を手伝わされることになった。また、八尾からやってきた幼馴染の菊枝(市原悦子)は、朝吉の父の死水をとってきたといい、その遺言で女房にしてほしいと居坐ってしまった。悪名の報いで父の墓参さえ許されぬ朝吉だけに、猛をまともにしてやりたく、その親沢村亀之助(多々良純)をたずねた。ところが、朝吉らの家主であり界隈の大地主でもある沢村は、妻房枝(沢村貞子)と共に体面ばかりを重んじて、朝吉の意をくまぬばかりか、息子猛がやきとり屋にいることを嫌い、なじみのやくざ大鯛組に取戻し方を頼んだ。朝吉は意地でも猛を真人間に叩きあげる決意をした。だが、ある日大鯛組が大挙してやきとり屋になぐり込み、朝吉や清次の奪戦も空しく、家はこわされ猛は脱走してしまった。そんな折も折、清次は菊枝が妊娠しているのを知り、朝吉の子だと誤解し、愛相をつかして去っていった。しかし、菊枝はいきずりの男にだまされて子をはらんでいたのだ。そんなこととは知らぬ清次は、出かけの駄賃にと、大鯛組の後藤(須賀不二男)をおどし、20万円を捲きあげて朝吉の家へ投げこんだ。また猛は大鯛組のやくざと争って一人を傷つけ、ABCクラブへ駆けこんだ。ABCクラブの組長乾は猛をダシに沢村と手を握り、界隈に娯楽センターを作り、その共同経営をすすめた。やがて大鯛組、ABCクラブ、沢村、それに朝吉とそれぞれの思惑が入乱れ、虚々実実のかけ引きが展開された。そんなある目、ABC幹部におだてられだ猛は、大鯛組の幹部後藤を射殺し、朝吉の家へとびこんできた。朝吉は誤解をとき、舞いもどってきた清次同道で猛を自首させることにしたが、途中猛はABC組員に射殺された。憤懣やるかたない朝吉は、菊枝を八尾に送りかえすと、清次とともに、ABCクラブ、次いで大鯛組となぐりこみ完膚なきまでに二つの組をたたきのめし、旅にでていった。それから数日、朝吉と清次のもとに、菊枝から三つ児が生れたという、明るい知せが届いた。

悪名桜悪名桜
多々良純                        酒井修
悪名桜悪名桜
須賀不二男                       悪名桜

題名:悪名桜
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大角正夫
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、市原悦子、須賀不二男、藤岡琢也、沢村貞子、多々良純、酒井修、守田学、高杉玄、浜田雄史
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名桜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名桜悪名桜
市原悦子                     勝新太郎、田宮二郎

1 2 3 5