映画「集団左遷」

集団左遷集団左遷
中村敦夫、柴田恭兵、河原崎建三            柴田恭兵、中村敦夫

今回は梶間俊一監督1994年製作「集団左遷」をピックアップする。
本作はバブル崩壊直後の大手不動産会社を舞台に、社員のリストラを強引に進めようとする会社側と見限られたサラリーマンたちが、意地とプライドを賭けて危機に立ち向かっていく姿を描いたものだ。90年代に入り東映は、アニメーション映画のヒットは続けるものの、劇映画のヒット作が出ず、日本映画の一時代を画した任侠映画が「首領を殺った男(1994年/監督:中島貞夫  出演:松方弘樹)」の興行不振を持って製作を中止した。それに代わる新路線としてサラリーマンを映画館に呼び込む”サラリーマン路線”を看板にしようと企業のリストラをテーマに本作の製作を決めた。しかし興行は大惨敗に終わり、路線化は中止された経緯がある。

集団左遷集団左遷
津川雅彦                         高島礼子

【ストリー】
バブル絶頂期に抱えた大量の不動産物権並びに余剰人員により企業経営の危機に瀕していた太陽不動産では、副社長である横山(津川雅彦)の提案により、大胆なリストラ計画が実行された。《首都圏特販部》という新規事業部を創設、そこに50人の余剰人員を送り込み、達成不可能な販売目標を課して人員削減を図ろうというものである。本部長にと横山から名指しされたのは、かつて横山の目にあまる不正を直訴しようとしたが揉み消された経歴を持つ篠田洋(中村敦夫)。その他、バブル期には活躍したがトラブルを抱え、総務部へ左遷されていた滝川(柴田恭兵)、娘の結婚を控え退職間近の花沢(小坂一也)、妻、良子(佳那晃子)の癌を機に家庭人間となった柳町(河原崎建三)らが送り込まれた。その中でかつて横山の愛人だったという今村春子(高島礼子)だけが唯一、自ら進んでやって来ていた。いったんは退職を考えた篠田は本来の仕事に目覚め滝川らと共に攻勢に転じるが、営業予算も宣伝費もゼロ、おまけに横山とその一派の執拗な嫌がらせに合い、秘かに情報も漏れて契約寸前の仕事を横取りされたりと、業績は一向に上がらない。だが、滝川が元恋人だった住宅情報誌の編集長・原俊子(萬田久子)に頼んで書いてもらった記事により、特販部が″左遷集団″としてセンセーショナルに扱われたことで逆に世間の注目を浴び、特販部内は活気づいていく。滝川は大型ディスカウント店チェーンのオーナー・藤尾(伊東四朗)に接近し倉庫と社員寮の契約を進めていくが、娘の将来のためにと横山のスパイとなっていた花沢が、社員寮として契約してもらおうとしていた厚木の分譲地に火を点けてしまい、篠田の必死の消火も空しく20戸のうち5戸が消失してしまう。事情を知った滝川は自分の過ちに気づいた花沢を連れ藤尾の元を訪ね、何とか契約にこぎつけることが出来たが、目標の売上には結局届かなかった。予定通り特販部員の首切りを主張する横山に対し、篠田は会社再建には特販部のような社員こそ必要で、自分の利益のみを考える役員こそ解任すべきだと主張。春子の証言により横山の数々の不正も遂に白日のもとに晒され、横山派は一掃される。それは社長や、親会社の意向でもあった。名誉を賭けた戦いは篠田らの勝利に終わった。

集団左遷
「集団左遷」高島礼子、津川雅彦
集団左遷集団左遷
江波杏子                         萬田久子

題名:集団左遷
監督:梶間俊一
企画:坂上順
製作:佐藤和之、野村敏哉
原作:江波戸哲夫
脚本:野沢尚
撮影:鈴木達夫
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚 リーレコ:上田武志
美術:桑名忠之
装置:石貝桝夫
背景:松下潔
装飾:湯沢幸夫
衣裳:有馬達也
美粧:青井美和
配役:福岡康裕
記録:勝原繁子
編集:西東清明 ネガ編集:水間正勝
音楽:小玉和文 音楽プロデューサー:石川光
現像:東映化学
進行主任:菊池淳夫
製作進行:斎藤寛、原田良晴、松本佳子
助監督:香月秀之
監督助手:金祐彦、宮村敏正、山内健嗣
撮影助手:今井裕二、新妻宏昭、小林嘉弘
別班撮影:福本文一、西浦清、伊藤昭裕
撮影効果:多正行、川克憲、古川元裕
照明助手:石川末八、臼井将成、中島淳司、森野茂樹、堤義典
録音助手典佐藤聡、永井重生、新開賢
音効助手:真道正樹
編集助手典大園淳二
美術助手:福澤勝広、室岡秀信
装飾助手:片岸雅浩、高橋美香、吉田吉木
特殊効果:大平特殊通過、坂本佐幸
セット付:霜野勝行
スタイリスト:鈴木智子 (萬田久子)
ヘアメイク:馬場利弘 (萬田久子)
ヘアメイク助手:矢吹和子
車両:ホリオート
音楽事務:新井明美、薄井洋明
宣伝プロデューサー:舛添要一
宣伝担当:遠藤茂行、小出真佐樹、稲本千春、又木たみえ
スチール:遠藤功
出演:柴田恭兵、中村敦夫、津川雅彦、高島礼子、江波杏子、萬田久子、佳那晃子、神山繁、伊東四朗、小坂一也、河原崎建三、下絛アトム、北村総一朗、河原さぶ、丹波義隆、亀石征一郎、浜田滉一
1994年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー107分35mmフィルム
集団左遷 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

集団左遷集団左遷
佳那晃子                       小坂一也
集団左遷集団左遷
伊東四朗                     津川雅彦、神山繁

映画「コミック雑誌なんかいらない!」


「コミック雑誌なんかいらない!」内田裕也

内田裕也                         麻生祐未

今回は滝田洋二郎監督1985年製作「コミック雑誌なんかいらない!」をピックアップする。
本作は、獅子プロダクションで助監督として入門し、ピンク映画で監督昇進した滝田洋二郎監督が、主演と企画・脚本を務めた内田裕也さんに指名されて制作した作品である。虚実入り混じった斬新な構成で、一般映画第一作という事もあり、力の入った演出は高い評価を受け、後の2008年「おくりびと」では、日本映画初の第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞している。

本作は、1985年に実際に日本で起きた事件をバックグラウンドに、テレビ業界とジャーナリズムの嘘を問いかける内容だ。
豊田商事事件は事実を精査して描き出し、クライマックスの会長刺殺においてのビートたけしさんの狂気がよりリアルなものにしている。ロス疑惑事件では、渦中の三浦和義氏の自然なやり取りが芝居だという事に驚き、山口組と一和会の抗争については、VTRのキネコ映像であったが、芝居ではなく現実の画であった。芸能人のスキャンダルは全て仕込みだが、本人が何組か登場しているのも凄い。これらの出来事をリアルタイムで見ていた者にとって、事件現場に役者を放り投げる手法は、衝撃的で新しかった。しかしこれは、内田裕也さんだから出来たのだと思う。顔つきも物腰も柔和な今時の役者では、想像すら出来ない。
本作を見返して、2019年3月17日に他界された事がほんとに残念だと思う。合掌。

※本作は1985年秋に東映化工で初号試写をし完成したが、翌年2月公開まで配給先が決まらなかった。

【1985年に登場する事件等】
豊田商事事件、豊田商事会長刺殺事件
日航ジャンボ機墜落事故
山口組と一和会の抗争(山一抗争)
ロス疑惑(三浦和義氏が作品内に出演)
松田聖子さんと神田正輝さんの結婚(松田さんと以前交際していたとされる郷ひろみさんが出演)
桃井かおりさんと高平哲郎さんとの交際(桃井さんが作品内に出演)


「コミック雑誌なんかいらない!」桃井かおり

桃井かおり、内田裕也               三浦和義、内田裕也

【ストリー】
テレビワイドショーのレポーター、キナメリ(内田裕也)は突撃取材で人気がある。妻(渡辺えり子)は生コマーシャル・タレントだが、二人の時間帯はまったくかみ合わない。ハードなスケジュールで動くキナメリは、朝食ではパンにビタミン剤をはさんで食べている。その日も、成田から飛び立つ桃井かおりに、放送作家の高平哲郎氏との恋愛についてマイクを向けていたが、まるで相手にされなかった。しかし、ワイドショーの司会者(小松方正)はそのコケにされ方がいいと誉める。キナメリは、あるときは運送屋に変装して人気タレントを追い、バリ島から帰ってきた三浦和義を成田で待ちうけた。町を歩けば娘たちにサインを求められる。ある晩、キナメリは馴染みのバーに入ると、そこにはロックン・ローラーの桑名正博と安岡力也がおり、かつて大麻で捕ったときに、二人はキナメリに手痛い目に合わされたことがあった。二人はキナメリにからみ、店から追い出してしまう。キナメリの表情は思いを内に秘めたようにクールだ。松田聖子、神田正輝の結婚式が近づいており、キナメリは聖子の家に張り込み、彼女が喜びのあまり、風呂場で唄う「お嫁サンバ」を録音することに成功するが、電信柱に昇っているところを警官に捕ってしまう。警察ではこっぴどく叱られ、始末書を書かされるが、プロデューサー(原田芳雄)はどんどん過激にやれ、後の面倒は局が見るからとキナメリを煽る。キナメリは聖子・正輝の結娘式ではガードマンに殴られ、準備中と札の出ているフルハムロード・ヨシエに入って三浦和義にマイクを向けてコーラを浴びせかけられてしまう。彼は大阪に向かい、山口組、一和会の抗争の取材もする。その頃、彼のマンションの隣りに住む老人(殿山泰司)が、セールス・ウーマンから金を2,000万円で買ったという話を聞く。疑問を抱いたキナメリは独自に、金の信用販売会社を捜索し始めた。その頃、キナメリの取材が行き過ぎということで、彼は夜の番組に移されることになり、風俗産業をレポートすることになる。その番組で、金の信用販売についてレポートしたいとプロデューサーに提案するが相手にされない。夜の新宿を歩くキナメリは、アルタの壁面のビデオで三浦が逮捕されたことを知った。ある日、ホストクラブを取材し、一日ホストを勤めた彼は、ある女(志水季里子)に買われホテルに入る。女は激しく体を求め、終ると、金の替りに数百万円の金の証明書を彼に渡した。数日後、テレビのニュースで女が、ガス爆発で自殺したことを知り、彼はハッとして隣りの老人のドアを叩くが返事はなく、数日分の新聞がたまっていた。日航機の堕落を取材したキナメリは東京に戻り、金の信用販売会社、社長のマンションに向かうと、そこに二人組の男が現れ、取材陣の前で窓を破って中に入ると、アッという間に社長を刺殺してしまう。後を追って中に入ったキナメリも傷を負ってしまう。部屋から出て来たキナメリに、他の取材陣は室内の情況を訊くが、彼は口を開かない。取材陣がキナメリをののしると、彼はポツリと“I can’t speek fucking Japanese”と呟いた。


小松方正、内田裕也、原田芳雄              渡辺えり子

題名:コミック雑誌なんかいらない!
監督:滝田洋二郎
企画:内田裕也
製作総指揮:海野義幸
製作:多賀英典、内野二郎、岡田裕
脚本:内田裕也、高木功
撮影:志賀葉一
照明:金沢正夫
特機:N.K特機
録音:杉崎喬
美術:大澤稔
装飾:石田登、矢ノ口栄子
美粧:榊原あけみ
衣裳:岡敏明
記録:高山秀子
編集:酒井正次
音楽:大野克夫
撮影機材:日本映機
照明機材:ハイ・ライト
現像:東映化学
製作主任:田中雅夫
製作進行:望月政雄、竹内正樹
演技事務:杉田広、木原昌彦
助監督:藤原幣吉
監督助手:佐々部清、小久保利巳、山田吉紀
撮影助手:栢野直樹、坂江正明、片山浩
照明助手:吉角荘介、井上英一、渡辺豊
録音助手:辻健太郎、和田覚
編集助手:高藤雅志
制作協力:増田通二
スチール:中島俊雄
出演:内田裕也、麻生祐未、渡辺えり子、村上里佳子、小田かおる、片桐はいり、おニャン子クラブ、桑名正博、安岡力也、逸見政孝、嶋大輔、片岡鶴太郎、殿山泰司、常田富士男、河原さぶ、小松方正、港雄一、久保新ニ、篠原勝之、下元史朗、螢雪次郎、ルパン鈴木、池島ゆたか、桃井かおり、原田芳雄、横澤彪、三浦和義、ビートたけし、スティービー原田、郷ひろみ
1985年日本・ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー124分35mmフィルム
コミック雑誌なんかいらない! -DVD-
2019年4月現在、DVDレンタルはありません。


郷ひろみ                   おニャン子クラブ、内田裕也

安岡力也、内田裕也                内田裕也、殿山泰司

内田裕也、ビートたけし               内田裕也

「コミック雑誌なんかいらない!」ビートたけし

内田裕也                    コミック雑誌なんかいらない!

映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」


倍賞美津子                       平田満

今回は森崎東監督1985年製作「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」をピックアップする。
本作の時代背景は、1979年に起きたスリーマイル島原発事故以降、原発に対する不安が世界的に高まり原発への信頼は急激に揺らぐ中、本作公開の翌年に歴史上最大の原発事故が、ロシアのチェルノブイリ原発で起きる。そして2011年3月11日に起こった東日本大震災は、15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1~5号機で全交流電源を喪失し、原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生し、大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故である。これで原発は絶対安全という神話は根底から崩壊した。

本作は、時代を先取りし正しい視点に立った作品であり、原発ジプシー、ジャパユキサン(出稼ぎに来た女性外国人労働者)、コザ暴動(1970年12月20日)、校内暴力など深刻な社会問題をプロットに組み入れ、問題提起した優秀な作品だ。

【追記・訃報】
「喜劇・女は度胸」「時代屋の女房」など庶民の反骨精神を明るく描いてきた映画監督の森崎東(もりさき・あずま)さんが2020年7月16日死去した。92歳だった。1956年に松竹入社。野村芳太郎や山田洋次の助監督に付き、69年、「男はつらいよ」第1作の脚本を山田とともに執筆する。初監督は同年、山田の原案になる泥臭い人情ドラマ「喜劇・女は度胸」。翌年には「男はつらいよ フーテンの寅」を監督するが、過激な描写が寅さんの雰囲気に合わないとして、シリーズからはずされる。その後、「喜劇・女は男のふるさとヨ」「喜劇・女生きてます」など人情豊かな喜劇を監督。「喜劇ではなく怒劇」と自ら称するように、社会から虐げられている庶民の怒りを代弁する作品を生涯撮り続けた。75年フリーになり、「黒木太郎の愛と冒険」を発表するも不遇が続く。83年に古巣松竹で撮った夏目雅子主演の「時代屋の女房」がヒット。85年の「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」も話題を集めた。04年の「ニワトリはハダシだ」で芸術選奨文部科学大臣賞。認知症の母親の介護を明るくつづった13年公開の「ペコロスの母に会いに行く」が、キネマ旬報ベスト・テンの1位に選ばれた。これが最後の作品になった。
2020.7/17(金)12:00配信 朝日新聞デジタル


倍賞美津子、原田芳雄               平田満、倍賞美津子、上原由恵

【ストリー】
旅回りのストリッパー、バーバラ(倍賞美津子)が名古屋に帰って来た。沖縄集落の中のタケ子(小林トシ江)が経営する飯み屋の二階が彼女の住居で、内縁の夫・宮里(原田芳雄)と親友のアイコ(上原由恵)が待っているはずだった。その日は、バーバラの弟の正(片石隆弘)とタケ子の娘、タマ枝(竹本幸恵)、和男(久野真平)の不良中学生三人が修学旅行からはずされた腹イセに積立金強奪騒動を起こし、人質の野呂教諭(平田満)が縛られ、物干し台に転がされていた。宮里は原発を転々と渡り歩く労働者・原発ジプシーでヤクザの仲間入りをしている。バーバラとは沖縄のコザ暴動以来の間柄で、彼女はそろそろ、二人で堅気の仕事に就いて結婚したがっていた。バーバラは宮里の顔を見るや、アイコのことを聞く。アイコは福井の美浜で原発労働者相手の娼婦をさせられていて、宮里の手引きで逃げて来たが、前日、美浜へ帰ってしまっていた。バーバラは、宮里がやくざに寝返ってアイコを帰したと思い込み、学校をクビになった野呂を鞄持ちとして再びドサ回りの旅に出た。そして、美浜に向かう。殺されたと思っていたアイコは元気だった。彼女は好きな男、安次(泉谷しげる)を葬ったところであった。学校を追われた正たちも宮里と共に美浜に来ていた。事故で死んだという安次は、本当は原発で作業中に廃液漏れで被爆し、事故隠しの為にボート小屋に監禁されたのだった。アイコは一計を案じ、安次を死んだことにして埋葬するが、後日、やくざの目を盗んで安次を墓から掘り出し、バーバラと野呂を仲人に墓場で結婚式をあげる。二人は浜を急ぐが、海上の船から銃で撃たれてしまう。バーバラや正たちは、アイコと同じ境遇にあるフィリッピン女性のマリア(ジュビー・シバリオス)にもやくざの魔の手が迫っているのを知り、マリアを連れて名古屋にもどる。そして、老船長(殿山泰司)の船でフィリピンまでマリアを連れて密航しようと考えた。マリアを追ってやって来たやくざの戸張(小林稔侍)は、宮里にアイコ殺しの代人として自首しろという。宮里は拒否し、戸張を銃で撃つが、暫く後、戸張の子分に撃たれてしまう。よろよろと外に出る宮里をやくざとつながっている鎧刑事(梅宮辰夫)が待っていた。そして、瀕死の宮里から銃をもぎ取ったバーバラが刑事めがけて発砲する。


殿山泰司                         左とん平 

題名:生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言
監督:森崎東
製作:木下茂三郎
脚本:近藤昭二、大原清秀、森崎東
撮影:浜田毅
照明:長田達也
特機:NK特機
録音:武進
整音:席勇次郎
音効:帆苅幸雄 (東洋音響)
美術:高橋章
装飾:佐藤結樹、遠藤光男、中山誠
美粧:小張えり子 (STUDIO 717)
衣裳:京都衣裳
特効:大平火薬
記録:森田溶子
編集:菅野善雄 ネガ編集:辻井好子
音楽:宇崎竜童 主題歌:五木ひろし「あほう鳥」
現像:東洋現像所
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
録音スタジオ:アオイスタジオ
プロデューサー:中沢敏明
製作担当:越智貞夫
製作進行:山口吉郎、中島一
企画協力:市川康満
監督補:下村優
助監督:武内孝吉
監督助手:室岡信明、元波正平、当摩寿史、早川喜貴
撮影助手:井上明夫、図書紀芳、田中潤
照明助手:渡辺孝一、岡尾正行、豊見山明長
録音助手:中村淳、飴田秀彦、岩橋政志
美術助手:正田俊一郎
編集助手:阿部浩英
スチール:竹内健二
出演:倍賞美津子、原田芳雄、平田満、片石隆弘、竹本幸恵、久野真平、小林トシ江、ジュビー・シバリオス、上原由恵、乱孝寿、梅宮辰夫、河原さぶ、小林稔侍、左とん平、殿山泰司、泉谷しげる
1985年日本・キノシタ映画+ATG/ビスタサイズ・カラー105分35mmフィルム
生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子