映画「女死刑囚の脱獄」

女死刑囚の脱獄女死刑囚の脱獄
高倉みゆき

今回は中川信夫監督1960年製作「女死刑囚の脱獄」をピックアップする。
「父親殺しの濡れ衣で死刑宣告された京子は、真犯人を探すべく盛岡刑務所を脱走する。」という設定だが、雑居房でのレズビアンを描いているのには驚いた。日本では死刑囚を刑務所の雑居房ではなく拘置所の独居房に収容する事実に対し、設定が無理失理の脚本だが、セットの見事さ、俯瞰のスタイルが良かった。新東宝作品は退屈しなかった。

女死刑囚の脱獄女死刑囚の脱獄

【ストリー】
島製菓の次男明夫(和田桂之助)と娘京子(高倉みゆき)の縁談をすすめていた資産家の今井有通(林寛)は、娘に赤尾荘一(寺島達夫)という恋人がいるときかされて激怒した夜、急逝した。死体からは青酸加里が検出されたが、京子の義理の母美鳥(宮田文子)や義妹の美奈子(三田泰子)の、京子に殺害の動機があるという証言に加え、京子の化粧品の中から青酸加里が出て来たことから、京子の犯行は決定的なものとなった。無罪を主張する京子は尊属殺人罪として死刑の判決をうけ、盛岡の女囚刑務所に送られた。刑務所を訪ねた赤尾は、結婚を断わられた明夫が京子を陥れるために企んだ犯行だと京子に告げた。明夫への報復を決意した京子は、明夫が盛岡支店に転勤になったことを知ると同房の君江(若杉嘉津子)と脱獄を敢行した。しかし島製菓の社員寮に京子が勢い込んで訪ねた明夫は、京子を罠に仕組んだ男ではなかった。京子の無罪を信じる明夫は京子を変装させて、厳重な張込みの中を無事東京につれ帰った。京子の脱獄を知って狼狽する美鳥と美奈子の態度に、訪ねた宮田警部は不審を抱いた。そして脱獄犯人隠避罪をかぶってまでも京子のために奔走する明夫を見て、事件の再調査を始めた。しかしホテルから赤尾にかけた電話から足がついて、京子と明夫(和田桂之助)は捕えられた。赤尾の身を洗い、彼が美鳥と肉体関係のあることを知った警部は、美奈子を連行して美鳥と赤尾の密会現場に向った。美奈子は白状した。京子の恋人だった赤尾と肉体関係のあった美鳥は、実の娘美奈子も赤尾を愛していることを知ると、美奈子をそそのかし、夫の有通を殺害して罪を京子になすりつけて刑務所に送り込み、しかも美奈子の眼を盗んでは赤尾と密会を続けていたのであった。真犯人として赤尾、美鳥、美奈子の三人が逮捕された。無実を証した京子は、一時とはいえ疑念を抱いたことを詫び、明夫と再出発を誓うのだった。

女死刑囚の脱獄女死刑囚の脱獄
和田桂之助、沼田曜一

題名:女死刑囚の脱獄
監督:中川信夫
製作:大蔵貢
企画:津田勝二
脚本:石川義寛
撮影:吉田重業
照明:関川次郎
美術:黒沢治安
録音:泉田正雄
編集:神島帰美
音楽:松村禎三
製作主任:川口倫ニ
助監督:石川義寛
出演:高倉みゆき、寺島達夫、沼田曜一、和田桂之助、三田泰子、林寛、宮田文子、高村洋三、由木城太郎、池月正、菊地双三郎、松方信、高松政雄、泉田洋志、若杉嘉津子、浜野桂子、美谷早百合、津路清子、渡辺高光、杉山弘太郎、広瀬康治、岡竜弘、千曲みどり、朝倉彩子
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ78分35mmフィルム

女死刑囚の脱獄女死刑囚の脱獄
宮田文子、寺島達夫

映画「爆弾を抱く女怪盗」

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」高倉みゆき
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
高倉みゆき                      菅原文太

今回は土居通芳監督1960年製作「爆弾を抱く女怪盗」をピックアップする。
新東宝時代(1958~1961年在籍)の菅原文太さんが、鉄道公安官と海上保安庁捜査官を演じている。その後の東映時代とは全く違うキャラであるのが目新しい。ヒロインは1957年に新東宝社長の大蔵貢氏によってスカウトされた高倉みゆきさんである。「天皇・皇后と日清戦争(1958年/並木鏡太郎監督)」「明治大帝と乃木将軍(1959年/小森白監督)」で皇后役に起用され「皇后女優」と呼ばれたそうだが、本作の様なクライムサスペンスものも難なくこなしている。画面サイズは、新東宝最大のヒット作である「明治天皇と日露大戦争(1957年/渡辺邦男監督)」で初めて採用されたシネマスコープ・レンズを使用している。

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」三条魔子(シークレット・フェイスとしてタイトルされている)
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
三条魔子                        吉田輝雄

【ストリー】
暗夜を西下する急行“銀河”。鉄道公安官・朝倉伸男(菅原文太)は網棚からボストンバッグを抜き取ろうとしている二人連れの置き引きを取り押えようとしたが、美貌の女にさえぎられた。不思議なことに女の手にボストンバッグが握られていた。それを被害者の東洋貿易専務・吉沢文雄(岬洋二)にかえした朝倉は女を取り調べるため乗務車掌室に入ったが、麻薬をかがされ逃げられてしまった。朝倉は責任をとって辞表を出した。その夜、芝浦海岸の東洋貿易が襲われた。その一団を指揮していたのが謎の女だった。かねてから密輸のうたがいで張り込んでいた朝倉はその女に不二ホテルへつれ込まれた。そこで謎の女を首領にしたこの一団が東洋貿易社長・立花竜太郎(沼田曜一)の仕事を妨げるため暗躍していることを知った。興味を持った朝倉はすすめられるまま協力することとなった。立花は取り調べの刑事に5,000万円相当のダイヤを奪われたと申し立てたが実はダイヤは地下の秘密金庫にあった。その夜、このダイヤを秘密裏に神戸に送るトラックが襲われダイヤは奪われた。謎の女の一団だった。ところが翌朝ダイヤはふたたび立花の手に返った。一団の一人島崎(御木本伸介)の裏切からだった。その島崎が殺された。警察の追求をのがれるため山小屋にひそんだ時、朝倉は彼女が元北支開発の副総裁だった三ノ宮伯爵令嬢・雅子(高倉みゆき)であることを知らされた。父を殺し三ノ宮家の財産を横領した元執事の立花に復讐しようとしていたのだ。これをたすけたのが立花の秘書に入り込んだ星野久美(三条魔子)だった。不二ホテルを密輸の巣と密告して外国に脱れんとする立花一味の動きを知った雅子はヘリコプターで城ヶ島に向った。そして逃亡寸前の立花らをとらえたが不覚にも拳銃を奪われてしまった。ダイナマイトをくくりつけられた雅子と久美のあわやという一瞬、巡視艇に乗った朝倉がかけつけ、立花一味はとらえられた。

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」菅原文太
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
三原葉子

題名:爆弾を抱く女怪盗
監督:土居通芳
製作:大蔵貢
企画:佐川滉、中塚光男
原案:室町加納
脚本:土居通芳、大貫正義
撮影:森田守
照明:平岡岩治、岡庭正隆
美術:加藤雅俊
録音:鈴木勇
編集:鹿島秀男
音楽:渡辺宙明
製作主任:奥原徳太郎
助監督:大貫正義
出演:高倉みゆき、菅原文太、三原葉子、三条魔子(シークレット・フェイス)、沼田曜一、吉田輝雄、御木本伸介、岬洋二、高松政雄、浅見比呂志、九重京司、渡辺高光、村山京司
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ79分35mmフィルム

爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗

映画「華麗なる追跡」


志穂美悦子                         マッハ文朱

今回は鈴木則文監督1975年製作「華麗なる追跡」をピックアップする。
JAC(ジャパンアクションクラブ)が初めて輩出した女優・志穂美悦子さん主演第4作である本作は、多羅尾伴内的七変化でコスプレを楽しませてくれる。アクション・シーンは、千葉真一さんが推挙するだけあり、他の追随を許さない活劇を魅せてくれる。彼女は、1987年8月に歌手の長渕剛さんと結婚し、山田洋次監督1986年「男はつらいよ・幸福の青い鳥」が最後の映画出演となっている。


菅野直行、大森不二香                                           郷鍈治、志穂美悦子

【ストリー】
鈴鹿サーキット。轟音を響かせて爆走するレーシング・カーの中に、紅一点の矢代忍(志穂美悦子)の姿があった。アメリカのレースで優勝経験のある忍は、日本でのデビュー戦でも見事優勝する。忍の父、正之(浜田寅彦)は猪俣船舶の船長で東南アジア航路を担当していたのだが、その船から大量の麻薬が発見されたため、逮捕され、獄中で謎の自殺を遂げたのだった。一人娘の忍は、父の無実を信じ、冤罪を晴らすべくTESO(東南アジア特別調査機関)に所属していた。忍は父が入っていた刑務所の元看守で、現在は退職して派手にギャンブル場に出入りしているヘンリー中谷(山本昌平)を追っていたが、中谷は、パシフィック興業社長・尾野沢要介(石橋雅史)、高級ナイトクラブ経営・本屋敷義一(沼田曜一)の手下に殺害された。刑務所長であった尾野沢は中谷を使って忍の父を殺し、今、その事を隠蔽するために中谷をも抹殺したのだった。当時、麻薬運搬の責任者であった本屋敷とともに尾野沢は、現在、シンジケートの黒幕である国会議員の猪俣赴夫(天津敏)の懐刀となっているのである。忍が住んでいるマンションの一階に忍のレーシング・カーの整備をしている新平(菅野直行)と妹の凪子(大森不二香)が花屋を経営している。忍と協力して組織を追求する兄妹に、悪の手が襲いかかり、二人は虐殺された。忍はとある事から女子プロレスラー、マッハ文朱(本人)と知り合い、彼女の協力を得て、組織のチンピラを相手に大暴れ。忍は得意の変装で徐々に組織の仮面をひきはがしていき、遂に猪俣の豪邸に乗り込み、組織の用心棒として潜入していたTESOの白崎(郷鍈治)の協力も得て、組織を壊滅させるのだった。


渡辺文雄

題名:華麗なる追跡
監督:鈴木則文
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:掛札昌裕、金子武郎
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:酒井喬ニ
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:福崎清吾
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:八木正生
現像:東映化学
製作主任:松本可則
演技事務:石原啓二
助監督:澤井信一郎
ファッション・コーディネーター:北本正孟(志穂美悦子)
協力:伊豆長岡エイトランド、池袋東武百貨店(衣装)
スチール:藤井善男
出演:志穂美悦子、マッハ文朱、郷鍈治、菅野直行、大森不二香、石橋雅史、円山理映子、天津敏、山本昌平、沼田曜一、渡辺文雄、由利徹、苅谷俊介、安岡力也、日尾孝司、田中久子、浜田寅彦
1975年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
華麗なる追跡 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


志穂美悦子

1 2 3 5