映画「華麗なる追跡」


志穂美悦子                         マッハ文朱

今回は鈴木則文監督1975年製作「華麗なる追跡」をピックアップする。
JAC(ジャパンアクションクラブ)が初めて輩出した女優・志穂美悦子さん主演第4作である本作は、多羅尾伴内的七変化でコスプレを楽しませてくれる。アクション・シーンは、千葉真一さんが推挙するだけあり、他の追随を許さない活劇を魅せてくれる。彼女は、1987年8月に歌手の長渕剛さんと結婚し、山田洋次監督1986年「男はつらいよ・幸福の青い鳥」が最後の映画出演となっている。


菅野直行、大森不二香                                           郷鍈治、志穂美悦子

【ストリー】
鈴鹿サーキット。轟音を響かせて爆走するレーシング・カーの中に、紅一点の矢代忍(志穂美悦子)の姿があった。アメリカのレースで優勝経験のある忍は、日本でのデビュー戦でも見事優勝する。忍の父、正之(浜田寅彦)は猪俣船舶の船長で東南アジア航路を担当していたのだが、その船から大量の麻薬が発見されたため、逮捕され、獄中で謎の自殺を遂げたのだった。一人娘の忍は、父の無実を信じ、冤罪を晴らすべくTESO(東南アジア特別調査機関)に所属していた。忍は父が入っていた刑務所の元看守で、現在は退職して派手にギャンブル場に出入りしているヘンリー中谷(山本昌平)を追っていたが、中谷は、パシフィック興業社長・尾野沢要介(石橋雅史)、高級ナイトクラブ経営・本屋敷義一(沼田曜一)の手下に殺害された。刑務所長であった尾野沢は中谷を使って忍の父を殺し、今、その事を隠蔽するために中谷をも抹殺したのだった。当時、麻薬運搬の責任者であった本屋敷とともに尾野沢は、現在、シンジケートの黒幕である国会議員の猪俣赴夫(天津敏)の懐刀となっているのである。忍が住んでいるマンションの一階に忍のレーシング・カーの整備をしている新平(菅野直行)と妹の凪子(大森不二香)が花屋を経営している。忍と協力して組織を追求する兄妹に、悪の手が襲いかかり、二人は虐殺された。忍はとある事から女子プロレスラー、マッハ文朱(本人)と知り合い、彼女の協力を得て、組織のチンピラを相手に大暴れ。忍は得意の変装で徐々に組織の仮面をひきはがしていき、遂に猪俣の豪邸に乗り込み、組織の用心棒として潜入していたTESOの白崎(郷鍈治)の協力も得て、組織を壊滅させるのだった。


渡辺文雄

題名:華麗なる追跡
監督:鈴木則文
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:掛札昌裕、金子武郎
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:酒井喬ニ
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:福崎清吾
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:八木正生
現像:東映化学
製作主任:松本可則
演技事務:石原啓二
助監督:澤井信一郎
ファッション・コーディネーター:北本正孟(志穂美悦子)
協力:伊豆長岡エイトランド、池袋東武百貨店(衣装)
スチール:藤井善男
出演:志穂美悦子、マッハ文朱、郷鍈治、菅野直行、大森不二香、石橋雅史、円山理映子、天津敏、山本昌平、沼田曜一、渡辺文雄、由利徹、苅谷俊介、安岡力也、日尾孝司、田中久子、浜田寅彦
1975年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
華麗なる追跡 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


志穂美悦子

映画「不良番長 送り狼」


菅原文、梅宮辰夫                   梅宮辰夫、谷隼人

今回は内藤誠監督1969年製作「不良番長 送り狼」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第4弾で、内藤監督のデビュー作である。
内藤監督は、喜劇的な内容にしないと不良番長シリーズが持たないと京都撮影所所属の山城新伍さんを大泉に呼んだ。
山城さんも京都撮影所には錚々たるメンバーがいて上が突っかえているが、東京撮影所は手薄と判断して東京に出てきた。
東映岡田茂社長から「山城新伍の起用は見事であった」とのお墨付きを得て、山城さんはそのまま東京に居付いたそうだ。
(ウィキペディア参照)



梅宮辰夫、山城新伍                    赤座美代子

【ストリー】
神坂(梅宮辰夫)が率いるカポネ団は新宿を根城とする不良グループ。彼らがデートクラブを始めたことから、赤線廃止以来の伝統を誇る同業者紅バラ会と対立する羽目になった。神坂は紅バラ会会長大森あい(丹下キヨ子)の娘桂子(赤座美代子)を人質に、商売仇をゆすったが効き目はなかった。というのも、桂子がこの一帯を牛耳る関東挺心会会長川島(安部徹)の女だったから。だが、川島はこの二つのクラブを傘下に収めようと算段していた。神坂は、川島の圧力に屈しあっさり廃業。サラリーマン金融業に転じたが、これも挺心会の領分を犯したという理由で、廃業のやむなきにいたった。一方、挺心会の邪魔にねをあげた大森は、学生の暴力とストライキで廃校寸前に追いやれらた城南短大を買収、マンション売春をしようと理事長の江藤(上田吉二郎)と話を進めていた。だが、時を同じくしてこの短大を狙う挺心会は、形勢不利とみて大森を殺害してしまった。そんな時、失職中の神坂に江藤の不正を暴いたのが城南短大経理課の秋山(大辻伺郎)。神坂は大森の息子西条文男(菅原文太)と共に、江藤を脅迫、江藤のビルを乗取った。だが、挺心会は、桂子を人質に、ビル譲渡契約書にサインをさせた。神坂らが桂子を取戻したのも束の間、その契約書が偽せと気づいた挺心会は怒り、カポネ団員、それに西条を葬った。生き残った神坂と金丸(山城新伍)に残されたものは団員の復讐ただ一つ。やがて、二人は川島を射止め、会心の微笑を交した。


上田吉二郎                       丹下キヨ子

題名:不良番長 送り狼
監督:内藤誠
企画:吉田達、矢部恒
脚本:松本功、山本英明
撮影:星島一郎
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:藤田博
装置:石井正男
装飾:上原光男
擬斗:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:長沢嘉樹
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:伊藤源郎
助監督:三堀篤
スチール:遠藤努
出演:梅宮辰夫、谷隼人、赤座美代子、夏珠美、菅原文太、山城新伍、鈴木ヤスシ、安部徹、丹下キヨ子、大辻伺郎、小松政夫、団巌、三原葉子、沼田曜一、春川ますみ、上田吉二郎、保高重信、長井浩二、八名信夫、左とん平、大泉滉、南利明、藤山浩二
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
不良番長 送り狼 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


大辻伺郎                        安部徹

不良番長 送り狼

映画「不良番長 猪の鹿お蝶」


梅宮辰夫                      千葉真一、曽根晴美

今回は野田幸男監督1968年製作「不良番長 猪の鹿お蝶」をピックアップする。
1969年1月に公開された本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第2弾になる。
前作のスマッシュヒットにより制作され、全16作のシリーズ化となった。



菅原文太                       宮園純子

谷隼人、夏珠美                   克美しげる

【ストリー】
神坂(梅宮辰夫)の率いる不良グループは、新宿を根城に、悪事を働いていたが、暴力組織に殴り込みをかけたことから刑務所入りとなってしまった。それから5年。再び沙姿に出た神坂たちは、女を喰いものにする音楽舞踏研究所を開いた。彼らの目的はスカウトした女性を踊り子にしたてて海外に売りとばすことだった。ある日、神坂は、ゴーゴー喫茶の踊り子奈々子(賀川雪絵)を引抜いたことから、住田組の福田(曽根晴美)や、関東挺身会の挑戦を受けた。度重なるいやがらせに発憤した神坂は、住田一家に乗りこんだが、バックの関東挺身会会長大場(河津清三郎)に、軽くあしらわれる始末だった。その夜、一家の賭場に足を入れた神坂は、いかさま博奕を見破った女札師・猪の鹿お蝶(宮園純子)に助けられた。やがて、神坂の舞踊研究所は住田一家の迫害にあって困窮するようになった。資金源に苦しむ神坂グループは、車を盗んだ。ところが、それは大場の車で、そこには、重要書類が置き忘れてあった。それは、関西の総会屋小日向(水島道太郎)が国原建設をゆするために使う決算書だった。国原建設の経理部員(三原葉子)を抱込み、事の一部始終を知った神坂は、国原(永井秀明)との取引に成功した。だが、意気揚々と引上げる神坂は、一家に襲撃され、弟分の五郎(克美しげる)が小日向の息子であることが分った。五郎の自供により、書類を奪い返した住田一家は、国原を脅迫した。神坂はその様子を撮影したフィルムをもとに、一家の上前をはねようとしたが、仲間を殺されてしまった。復讐に立上る神坂にお蝶も合流。オートバイで関東挺身会へ乗り込んだ仲間たちは、拳銃で、火焔放射器で、敵を絶滅させるのだった。


梅宮辰夫、由利徹                   三原葉子

題名:不良番長 猪の鹿お蝶
監督:野田幸男
企画:吉田達、矢部恒
原作:凡天太郎
脚本:山本英明、松本功
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:江野慎一
装置:吉田喜義
装飾:武井正二
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
進行主任:清河朝友
助監督:山口和彦
スチール:丸川忠士
出演:梅宮辰夫、千葉真一、菅原文太、宮園純子、谷隼人、夏珠美、橘ますみ、曽根晴美、克美しげる、団巌、三原葉子、賀川雪絵、由利徹、水島道太郎、河津清三郎、沢彰謙、左とん平、大泉滉、沼田曜一、永井秀明、相馬剛三
1968年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
不良番長 猪の鹿お蝶 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梅宮辰夫                    宮園純子、梅宮辰夫

1 2 3 5