映画「集団左遷」

集団左遷集団左遷
中村敦夫、柴田恭兵、河原崎建三            柴田恭兵、中村敦夫

今回は梶間俊一監督1994年製作「集団左遷」をピックアップする。
本作はバブル崩壊直後の大手不動産会社を舞台に、社員のリストラを強引に進めようとする会社側と見限られたサラリーマンたちが、意地とプライドを賭けて危機に立ち向かっていく姿を描いたものだ。90年代に入り東映は、アニメーション映画のヒットは続けるものの、劇映画のヒット作が出ず、日本映画の一時代を画した任侠映画が「首領を殺った男(1994年/監督:中島貞夫  出演:松方弘樹)」の興行不振を持って製作を中止した。それに代わる新路線としてサラリーマンを映画館に呼び込む”サラリーマン路線”を看板にしようと企業のリストラをテーマに本作の製作を決めた。しかし興行は大惨敗に終わり、路線化は中止された経緯がある。

集団左遷集団左遷
津川雅彦                         高島礼子

【ストリー】
バブル絶頂期に抱えた大量の不動産物権並びに余剰人員により企業経営の危機に瀕していた太陽不動産では、副社長である横山(津川雅彦)の提案により、大胆なリストラ計画が実行された。《首都圏特販部》という新規事業部を創設、そこに50人の余剰人員を送り込み、達成不可能な販売目標を課して人員削減を図ろうというものである。本部長にと横山から名指しされたのは、かつて横山の目にあまる不正を直訴しようとしたが揉み消された経歴を持つ篠田洋(中村敦夫)。その他、バブル期には活躍したがトラブルを抱え、総務部へ左遷されていた滝川(柴田恭兵)、娘の結婚を控え退職間近の花沢(小坂一也)、妻、良子(佳那晃子)の癌を機に家庭人間となった柳町(河原崎建三)らが送り込まれた。その中でかつて横山の愛人だったという今村春子(高島礼子)だけが唯一、自ら進んでやって来ていた。いったんは退職を考えた篠田は本来の仕事に目覚め滝川らと共に攻勢に転じるが、営業予算も宣伝費もゼロ、おまけに横山とその一派の執拗な嫌がらせに合い、秘かに情報も漏れて契約寸前の仕事を横取りされたりと、業績は一向に上がらない。だが、滝川が元恋人だった住宅情報誌の編集長・原俊子(萬田久子)に頼んで書いてもらった記事により、特販部が″左遷集団″としてセンセーショナルに扱われたことで逆に世間の注目を浴び、特販部内は活気づいていく。滝川は大型ディスカウント店チェーンのオーナー・藤尾(伊東四朗)に接近し倉庫と社員寮の契約を進めていくが、娘の将来のためにと横山のスパイとなっていた花沢が、社員寮として契約してもらおうとしていた厚木の分譲地に火を点けてしまい、篠田の必死の消火も空しく20戸のうち5戸が消失してしまう。事情を知った滝川は自分の過ちに気づいた花沢を連れ藤尾の元を訪ね、何とか契約にこぎつけることが出来たが、目標の売上には結局届かなかった。予定通り特販部員の首切りを主張する横山に対し、篠田は会社再建には特販部のような社員こそ必要で、自分の利益のみを考える役員こそ解任すべきだと主張。春子の証言により横山の数々の不正も遂に白日のもとに晒され、横山派は一掃される。それは社長や、親会社の意向でもあった。名誉を賭けた戦いは篠田らの勝利に終わった。

集団左遷
「集団左遷」高島礼子、津川雅彦
集団左遷集団左遷
江波杏子                         萬田久子

題名:集団左遷
監督:梶間俊一
企画:坂上順
製作:佐藤和之、野村敏哉
原作:江波戸哲夫
脚本:野沢尚
撮影:鈴木達夫
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚 リーレコ:上田武志
美術:桑名忠之
装置:石貝桝夫
背景:松下潔
装飾:湯沢幸夫
衣裳:有馬達也
美粧:青井美和
配役:福岡康裕
記録:勝原繁子
編集:西東清明 ネガ編集:水間正勝
音楽:小玉和文 音楽プロデューサー:石川光
現像:東映化学
進行主任:菊池淳夫
製作進行:斎藤寛、原田良晴、松本佳子
助監督:香月秀之
監督助手:金祐彦、宮村敏正、山内健嗣
撮影助手:今井裕二、新妻宏昭、小林嘉弘
別班撮影:福本文一、西浦清、伊藤昭裕
撮影効果:多正行、川克憲、古川元裕
照明助手:石川末八、臼井将成、中島淳司、森野茂樹、堤義典
録音助手典佐藤聡、永井重生、新開賢
音効助手:真道正樹
編集助手典大園淳二
美術助手:福澤勝広、室岡秀信
装飾助手:片岸雅浩、高橋美香、吉田吉木
特殊効果:大平特殊通過、坂本佐幸
セット付:霜野勝行
スタイリスト:鈴木智子 (萬田久子)
ヘアメイク:馬場利弘 (萬田久子)
ヘアメイク助手:矢吹和子
車両:ホリオート
音楽事務:新井明美、薄井洋明
宣伝プロデューサー:舛添要一
宣伝担当:遠藤茂行、小出真佐樹、稲本千春、又木たみえ
スチール:遠藤功
出演:柴田恭兵、中村敦夫、津川雅彦、高島礼子、江波杏子、萬田久子、佳那晃子、神山繁、伊東四朗、小坂一也、河原崎建三、下絛アトム、北村総一朗、河原さぶ、丹波義隆、亀石征一郎、浜田滉一
1994年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー107分35mmフィルム
集団左遷 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

集団左遷集団左遷
佳那晃子                       小坂一也
集団左遷集団左遷
伊東四朗                     津川雅彦、神山繁

映画「悪名一番勝負」

悪名一番勝負悪名一番勝負
勝新太郎                        江波杏子

「悪名一番勝負」江波杏子
悪名一番勝負
安田道代                        小川真由美

今回はマキノ雅弘監督1969年製作「悪名一番勝負」をピックアップする。
本作は”悪名シリーズ最終作”の第15作になる。今まで勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴えた”悪名シリーズ”だったが、唯一本作は、田宮二郎さんが出演していない。田宮二郎さんは1968年「不信のとき(監督:今井正)」」の宣伝ポスター序列で、大映首脳部と揉め退社する事になった為だ。”悪名シリーズ”最終作は、豪華俳優陣で補完する様に作られているが、異質なものとなっている。

悪名シリーズ

悪名一番勝負
「悪名一番勝負」安田道代
悪名一番勝負悪名一番勝負
田村高廣                     津川雅彦、勝新太郎

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は、大西の賭場で暴れ、長屋の住人たちの用心棒になった。そこへ放れ駒の政吉(田村高廣)が旅から帰ってきた。朝吉は、大西(河津清三郎)の賭場で負けた。旅の女賭博師おりん(江波杏子)が、いかさまを見破って金を返したが、朝吉は受け取らなかった。大西は、花島(山本学)の縄張りに新設される貨物の停車場の荷役の権利を狙って、関西鉄道の島田常務(内田朝雄)を抱き込み、花島を潰すため朝吉を子分にしようとしたが、朝吉は断わった。花島卯之助は渡世のことは何も知らず、代貸の白石(水島道太郎)が組を仕切っていた。白石も大西へ色目を使っていて、花島の女房お妙(小川真由美)だけが気をもんでいた。遂に長屋の測量を始めたので、住人たちは騒然となった。その頃朝吉は、河内の親分河徳(辰巳柳太郎)を訪ねて助力を頼んでいた。朝吉に心を寄せるやとなのお浜(安田道代)は、長屋を救うため、大西の女になる決心をしたが、なぜかおりんが助けた。そんな折、朝吉の弟分仙次(津川雅彦)がトラックにひかれて川に流された。それを見舞った花島は帰途、大西の許を訪ね、話をつけようとしたが、白石に斬られた。それを知った政吉は、殴り込みをかけたが、古傷の眼が痛みだし、何も見えず、大西の子分に斬り殺された。怒った朝吉は長屋を飛びだしたが、おりんが立ちはだかり、朝吉を傷つけて止めた。しかし、朝吉は傷をおさえ、大西の家に乗り込み、白石を斬り、大西を追いつめると長屋の連中のために誓約書を書かせた。

悪名一番勝負悪名一番勝負
芦屋小雁                        辰巳柳太郎 
悪名一番勝負悪名一番勝負
内田朝雄、河津清三郎                 水島道太郎
悪名一番勝負
江波杏子                     江波杏子、勝新太郎

監督:マキノ雅弘
企画:早川雅浩
原作:今東光
脚本:マキノ雅弘、宮川一郎
撮影:今井ひろし
照明:山下礼二郎
録音:海原幸夫
美術:加藤茂
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:稲垣雅彦
助監督:黒田義之
スチール:都筑輝孝
出演:勝新太郎、江波杏子、安田道代、田村高廣、津川雅彦、小川真由美、山本学、辰巳柳太郎、河津清三郎、水島道太郎、金子信雄、石山健二郎、内田朝雄、芦屋小雁
1969年日本・大映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
悪名一番勝負 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「山口組外伝 九州進攻作戦」


菅原文太                        渡瀬恒彦

今回は山下耕作監督1974年製作「山口組外伝 九州進攻作戦」をピックアップする。
本作は「仁義なき戦いシリーズ」の大ヒット以降、東映が実録ヤクザ路線と銘打ち、各地の暴力団抗争をモデルとした映画を製作した。特に同年「山口組三代目」が大ヒットし、山口組の全国進攻は実録路線の元ネタとしては最適であった為、これを題材とする映画を次々製作したが、このうち山口組の急先鋒として西日本を暴れまわった伝説の男・夜桜銀次(本名:平岡国人)をモデルとしてその一生を描いたものが本作である。
(ウィキペディア参照)


渚まゆみ                        佐藤慶

【ストリー】
夜桜銀次こと平尾国人(菅原文太)と、石野組々長・石野一郎(梅宮辰夫)は、愚連隊時代からの兄弟分であった。昭和32年3月、別府市で開催される博覧会の施設の利権をめぐって、新興石野組と旧勢力坂口組が対立した。銀次は石野が坂口組に狙撃され、重傷を負ったために、坂口組幹部を殺害し、内妻のふさ子(渚まゆみ)を伴って九州を脱出、大阪の柳川組々長・大東武司(室田日出男)の許へ身を寄せた。そんなある日、パチンコ店で暴れていたチンピラ真三(渡瀬恒彦)を引きとった銀次は、何かと面倒を見るようになった。昭和33年3月、石野は神戸兵藤組三代目・田岡一雄の盃をうけて若衆となり、兵藤組の力を借りて北九州制覇を企んだ。しかし、兵藤組七人衆の山地行雄(佐藤慶)、関本貫一(伊吹吾郎)、吉村弘(津川雅彦)、郡司正一(松方弘樹)らに低姿勢な西野を見た銭次は、彼の真意が理解できず、不愉快だった。急速に勢力を拡大してきた元達文率いる大阪双竜連合会は、大阪市内いたるところで暴虐のかぎりをつくしており、ついにクラブで遊んでいた田岡一雄に徐甲竜ら天竜会組員が喧嘩を売り、兵藤組と双竜会は真っ向から対立することになった。兵藤組系の柳川組、石野組をはじめとしてえりぬきの精鋭が秘かに大阪に集結した。そんな時、しばらく消息を絶っていた銀次が現われ、野獣のように双竜会の子分を傷めつけていった。やがて、郡司が徐を倒したことによって、この抗争も終結した。元達文が全面降伏をしたのである。警察当局の厳しい追求から逃れ、銀次は、博多の兵藤組若衆・海津健三の許に身を寄せることになった。福岡においても銀次は暴れまくった。鹿谷組々長・鹿谷弥肋の情婦・陽子を横取りし、さらに温厚な高須組々長・高須有三が後見する運送会社を破壊した。さらに、鹿谷組の賭場で侮辱をうけた鉄次は、賭場を荒しまくった。そして、恐怖にかられた鹿谷は河島組々長・河島元哉に助けを求めたため、事態は急変していった。一触即発の空気が福岡に流れた昭和36年1月16日午前11時、陽子と一緒に旅行の準備をしていた銀次は、久留米の二人の米田組々員が放った4発の銃弾に撃たれて即死した……。こうして銀次暗殺事件により史上最大規模といわれた、兵藤組九州進攻作戦の火ぶたが切って落された……。


室田日出男                       梅宮辰夫

題名:山口組外伝 九州進攻作戦
監督:山下耕作
企画:日下部五朗、田岡満、今川行雄、橋本慶一
原作:飯干晃一
脚本:高田宏治
撮影:山岸長樹
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:温井弘司
装飾:松原邦四郎
背景:西村和比古
美粧・結髪:東和美粧
衣装:松田孝
技斗:三好郁夫
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:八木正生
フイルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
演技事務:西秋節生
ナレーション:酒井哲
スチール:中山健司
出演:菅原文太、渡瀬恒彦、渚まゆみ、伊吹吾郎、津川雅彦、堀越陽子、三島ゆり子、橘麻紀、佐藤慶、梅宮辰夫、志村喬、葉山良二、松方弘樹、内田朝雄、室田日出男、渡辺文雄、戸浦六宏、川谷拓三、志賀勝、山本麟一、片桐竜次、天津敏
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
山口組外伝 九州進攻作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


菅原文太、内田朝雄                  菅原文太

1 2 3 11