映画「東京の暴れん坊」


小林旭                        浅丘ルリ子

今回は斎藤武市監督1960年製作「東京の暴れん坊」をピックアップする。
本作は当時共演が多かった小林旭さんと浅丘ルリ子さんの息の合ったマシンガン・トークが見ものだ。さらに銀座の銀座四丁目交差点 服部時計店などや文京区の後楽園球場(現:東京ドーム)、小田原市箱根町芦ノ湖のロケなど時代の貴重な背景にも価値がある様に思う。


小川虎之助、近藤宏

【ストリー】
銀座のキッチン「次郎」の若主人清水次郎(小林旭)は、パリー帰りのフランス料理の名人で、元レスリング選手の美男子である。銭湯松の湯で彼が鼻うたを歌うと、女湯ではバーのマダム、リラ子や他の女たちが大騒ぎである。松の湯の娘秀子(浅丘ルリ子)は次郎の大学の後輩である。彼女の一家は、銭湯を改造して大ソープランドを作ろうとする代議士浅井(三島雅夫)の誘惑をうけていた。浅井の息子隆三(相原巨典)は秀子に求婚していた。キッチン「次郎」に、元総理大臣で政界の黒幕である一本槍鬼左衛門(小川虎之助)がやってきた。新聞記者やお供などが彼を追いかけてきて大騒ぎである。次郎は厳然として彼の非礼をたしなめた。この事件で鬼左衛門はすっかり次郎が気に入ってしまった。翌日ぐれん隊台風くらぶの幹部千吉(近藤宏)と小西(弘松三郎)がが、このことをネタに鬼左衛門をユスリに出かけたが、やってきた次郎に撃退された。キッチン「次郎」は鬼左衛門のきもいりで日本一の料理店に改装された。開店祝いの日、リラ子(中原早苗)が店にかけこんできた。次郎は彼女をめぐる三人の男たちの争いをおさめてやった。ぐれん隊の千吉は次郎の部下になった。ある日、女給のトシ子(千代侑子)が中村清という男にすてられて自殺を計った。次郎はトシ子をなぐさめ、相手の男を探しに行った。ところが意外に中村は子もちで、女房のいる男だった。だが次郎は、中村が実は身代りの男で、実際のトシ子の相手は浅井隆三なのを見破った。次郎は策を用いて、秀子と隆三の結婚式に身代り花嫁としてトシ子を送りこんだ。一本槍老の計いでトシ子は隆三と結ばれた。浅井代議士は台風くらぶの連中を使って「次郎」の店をこわしたが、一本槍老は、再び丈夫な建物を作ってやると笑うのだった。


「東京の暴れん坊」銀座四丁目交差点(1960年)の実景

「東京の暴れん坊」日活撮影所内オープンセット

中原早苗、十朱久雄、小沢昭一、藤村有弘

題名:東京の暴れん坊
監督:斎藤武市
企画:岩井金男
原作:松浦健郎
脚本:石郷岡豪
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:中村公彦
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:小林旭「ノーチサヨン節」「東京かっぽれ」
現像:東洋現像所
製作主任:栗橋正敏
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:石川久宜
出演:小林旭、浅丘ルリ子、中原早苗、藤村有弘、近藤宏、小沢昭一、内田良平、小川虎之助、十朱久雄、三島雅夫、野呂圭介、森川信、相原巨典、弘松三郎、千代侑子
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
東京の暴れん坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


東京の暴れん坊

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
吉岡秀隆                        後藤久美子

2019年12月27日に全国公開された山田洋次監督「男はつらいよ お帰り 寅さん」をTOHOシネマズ府中スクリーン8で30日に観て来た。本作はいわゆる総集編ではなく、満男(吉岡秀隆)と家族、初恋の人だったイズミ(後藤久美子)の現在形の中に寅次郎(渥美清)を思い起こすという内容だ。寅次郎(渥美清)の出演シーンは過去の48作からの4Kスキャンであり、無理な設定をせずに吟味して繋がれているのに好感が持てた。実写もデジタルシネマで撮影されている事と相まってトーンの統一が図られている。(少々Yが残ってたが)館内はシニア層の観客が圧倒的だったが、何故か渥美清さんが出てくるだけで笑いが起きる。今も寅次郎は映画の中で生き続けているなと実感した。

作品リスト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
美保純、倍賞千恵子、桜田ひより、佐藤蛾次郎       吉岡秀隆、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟

【ストリー】
小説家になる夢が叶った満男(吉岡秀隆)は、亡くなった妻の七回忌の法要で久しぶりに葛飾にある実家を訪れる。親戚がかつて営んでいた団子屋「くるまや」はカフェに生まれ変わっていたが、家族や親戚は昔と変わらず、満男は法事のあと、彼らとの会話に花を咲かせるなかで伯父・寅次郎(渥美清)との日々を思い出す。そんなある日、書店で新作のサイン会を行う満男の前に、初恋の相手イズミ(後藤久美子)が姿を現す。

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
後藤久美子、吉岡秀隆、浅丘ルリ子           池脇千鶴、吉岡秀隆

題名:男はつらいよ お帰り 寅さん
監督:山田洋次
製作:深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
撮影:近森眞史
照明:土山正人
録音:岸田和美
美術:倉田智子、吉澤祥子
美術監修:出川三男
音楽:山本直純、山本純ノ介
オープニング主題歌:桑田佳祐 主題歌:渥美清
編集:石井巌 、 石島一秀
撮影機材:アリフレックス アレクサ
現像・4Kスキャン:東京現像所
出演:渥美清、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、桜田ひより、夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、池脇千鶴、笹野高史、橋爪功、小林稔侍、濱田マリ、竹山隆範
2019年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー115分デジタルシネマ
公式サイト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
倍賞千恵子、美保純、桜田ひより              渥美清

映画「君は恋人」

君は恋人
「君は恋人」太田雅子(梶芽衣子)、浜田光夫
君は恋人君は恋人
浜田光夫                        和泉雅子

今回は斎藤武市監督1967年製作「君は恋人」をピックアップする。
本作は、1966年7月に名古屋で暴漢に襲われ目を負傷した浜田光夫さんが、奇跡のカムバックを果たした再起第1作になる。
友情出演に当時の日活専属俳優総動員の他、GSブームで人気絶頂だったザ・スパイダースと歌謡界のヒット歌手が参加している。内容は、全快した浜田光夫さんが東京調布の日活撮影所に戻り、本作の映画撮影を再開するところから始まる。シナリオライターが渡哲也さん、映画監督が石原裕次郎さんという顔ぶれだ。虚実入り混じった劇中劇だが、豪華俳優陣が一堂に会するのは壮観だ。

君は恋人君は恋人
林家こん平、山内賢                     清川虹子、浜田光夫
君は恋人君は恋人
和泉雅子、ジャニーズ                  蕃ユミ

【ストリー】
浜田光夫は1年4ケ月ぶりに、「君は恋人」の主役でカメラの前に立った。石崎監督(石原裕次郎)や、スタッフの人たちは温かく彼を迎えてくれた。撮影も半ばを過ぎたある日、浜田は仲の良いスパイダースと会い、クライマックス・シーンの筋を話すと、スパイダースは話が暗い、と反対、みんなで脚本家の赤井(渡哲也)の所に押しかけ、「なおせ、なおせ」と夜通しコーラス攻勢をかけ、とうとう台本を書直させてしまった。その物語とは……工員の光夫は貧乏暮しを嫌い、母のさち(清川虹子)にも相談せず、やくざの仲間に入った。彼の夢は、宍戸組の幹部になり、どこにいるか分らない初恋の百合(吉永小百合)と一緒になることなのである。そんな光夫を、とんかつ屋の雅子(和泉雅子)が温かく見守っていた。ある日、宍戸組の仇敵の深江組親分(深江章喜)が出所することになり、宍戸組の大幹部の大野(戸田皓久)は、光夫に深江暗殺を命じた。出世の機会と勇んだ光夫だったが、ドタン場で尻込み、大野が深江を殺した。ともかくも事を達成した光夫は組の中堅に出世したが、さちや雅子は心を痛めていた。折りも折り、宍戸組の暴力に抗し立ち上がった流しの仲間の指導者で7人組のひとり井上(克美しげる)を、光夫は命令で刺した。だがそのため、光夫は用済みの存在となり、仲間に狙われ始めた。この時、初めて、光夫はやくざの卑劣さに気づき、目を覚ましたのだった。井上を見舞った光夫は彼が、快方に向っていると知って安心し、昔の工員仲間を連れ出して、宍戸組に殴り込みをかけ、大野たちに思うさま鉄拳制裁を加えたのだった。一方、光夫を不起訴にすると決めた井上は、彼の更生のためにレコード・ディレクターの須藤(小林旭)と葉川(葉山良二)に頼み、歌手としてデビューさせることになった。間もなく、立ち直った光夫は、百合が結婚していると知ってがっかりしたが、雅子の愛に包まれて、新しい道を歩き出して行った。

君は恋人君は恋人
石原裕次郎                        渡哲也 
君は恋人君は恋人
克美しげる、小林旭                   吉永小百合
君は恋人君は恋人
川地民夫、松原智恵子                  浅丘ルリ子
君は恋人君は恋人
芦川いづみ                         山本陽子
君は恋人君は恋人
宍戸錠                          和田浩治
君は恋人君は恋人
葉山良二                      二谷英明
君は恋人君は恋人
岡田眞澄                      舟木一夫
君は恋人君は恋人
田辺昭知とザ・スパイダース、浜田光夫(中央)   井上順、堺正章(ザ・スパイダース)
君は恋人君は恋人
荒木一郎                       黛ジュン
君は恋人君は恋人
坂本九、浜田光夫                  君は恋人

題名:君は恋人
監督:斎藤武市
企画:水の江滝子
脚本:若井基成
撮影:山崎善弘
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
擬斗:高瀬将敏
振付:浦辺日佐夫
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:中村八大、小野寺孝輔 主題歌:浜田光夫「君は恋人」「旅に出るなら」
挿入歌:舟木一夫「愛につつまれて」ジャニーズ「いつか何処かで」克美しげる「さすらい」「愛すればこそ君に」
荒木一郎「君に捧げん」「いとしのマックス」ザ・スパイダース「アヒルの行進」「バン・バン」黛 ジュン「恋のハレルヤ」
現像:東洋現像所
製作担当:長谷川朝次郎
助監督:樋口頴一
色彩計測:畠中照夫
スチール:荻野昇
出演:浜田光夫、和泉雅子、克美しげる、林家こん平、山内賢、戸田皓久、近藤宏、南寿美子、蕃ユミ、清川虹子、深江章喜、戸田皓久
友情出演:舟木一夫、田辺昭知とザ・スパイダース、荒木一郎、ジャニーズ、吉永小百合、宍戸錠、黛ジュン、殿岡ハツエ、スタジオNo1ダンサーズ、岡田眞澄、中村八大、坂本九、石原裕次郎、小林旭、浅丘ルリ子、芦川いづみ、高橋英樹、渡哲也、松原智恵子、山本陽子、和田浩治、川地民夫、二谷英明、葉山良二、太田雅子(梶芽衣子)
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
君は恋人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

君は恋人
「君は恋人」和泉雅子
君は恋人
「君は恋人」吉永小百合
君は恋人
「君は恋人」川地民夫、松原智恵子

君は恋人
「君は恋人」林家こん平、浜田光夫

新宿歌舞伎町のシーンで、右上に「嵐を呼ぶプロファイター(WHY GO ON KILLIGE?)」という映画看板がある。
これは1967年9月16日に公開されたアンソニー・ステファンが主演するマカロニ・ウエスタンである事から、撮影はそれ以降に行われた様だ。世界的ヒット作「夕陽のガンマン(FOR A FEW DOLLARS MORE)」は、1967年1月に日本で劇場公開された。父に連れられ観た強烈な記憶がある。残念ながら当時の映画興行収入は、低迷する邦画よりマカロニ・ウエスタンの方が圧倒的に勝っていたと記憶する。


アンソニー・ステファン         嵐を呼ぶプロファイター(WHY GO ON KILLIGE?)

1 2 3 8