映画「新座頭市 破れ!唐人剣」


勝新太郎                         王羽

今回は安田公義監督1970年製作「新座頭市 破れ!唐人剣」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズの第22作で勝プロダクションとゴールデン・ハーベスト(香港)との合作になる。その為に日本公開版と香港公開版があり、ラストシーンの座頭市と王(王羽)の対決は、二通りになった。日本公開版は座頭市が勝ち、香港公開版は王剛が勝つというバージョンである。香港公開版は、香港のトップスターであるジミー・ウォング(王羽)の代表作、片腕必殺剣(獨臂刀)シリーズの第3作目としている。

座頭市シリーズ


勝新太郎、浜木綿子                    寺田路恵

【ストリー】
襲いくる杉戸一家のやくざを叩っ斬り、今日も、御法度の裏街道を旅していた座頭市(勝新太郎)は、瀕死の唐人から小栄(香川雅人)という子供を預けられた。街道筋で南部藩といさかいを起こして追われる身となった王(王羽)という唐人剣士が小栄の知人であることを知った市は王を救い小栄を渡してやった。一夜の宿に、と入った水車小屋で市は再び二人に出合い、小栄のカタコトの通訳で王が福龍寺に友人をたずねていくと知った市は、心よく案内役を買ってでた。寺へいく途中、親切な与作(花澤徳衛)、お米(寺田路恵)の親子から、懸賞金ほしさに王を追っている藤兵ヱ一家の探索が続いていることを知った市は、二人を親子にかくまってもらうことにした。王、小栄の食料を求めて町にでた間に、藤兵ヱ一家に襲われ、やっと市がたどりついた時はすでに与作夫婦は斬殺されお米、王、小栄の三人の姿は見えなかった。その足で藤兵ヱの家に馳け込んだ市は得意の居合でお米を助けだしたが、お米に裏切者との思いもかけぬ言葉をぶつけられて茫然とした。やりきれぬ思いを酒でまぎらわせる市に、酌婦お仙(浜木綿子)は、あでやかな姿で言いたってきたが、これも杉戸一家生き残りの為助と用心棒の片捧をかつぐ手管だった。スキをうかがい斬りつけてきた為助(森章二)らを、目にも止まらぬ居合で斬り捨てた市は、わずかな望みを胸に、福龍寺をたずね王、小栄の無事を聞き安心したものの、王が市を裏切者と思いこんでいるとは夢にも考えてはみなかった。だが王と小栄を売ったのは、親友と信じていた福龍寺の覚全(南原宏治)であり、覚全の手引きで不意を襲ってきた南部藩士に、不覚にも小栄を奪われてしまった王は、小栄奪回のために菩提ヶ原へ乗り込んでいき、南部藩士たちと凄惨な闘いを展開していった。一方お仙の宿に逃げ込んできたお米から、王、小栄の危機を告げられた市は、お米と少々頭のいかれた、波の市(三波伸介)、新七(伊東四朗)、亀(戸塚睦夫)の手を借りて策を練った。盲の利を生かし、夜の街道を急ぐ唐丸篭護送隊に斬り込んみ、小栄を救い出して、お米に託した市は、懸命に菩提ヶ原に向った。市を必死にはばむ藤兵ヱ一家は、荷車、分銅ぐさりなどの武器で市の行手をはばんだが怒りに燃えた市を倒すことはできなかった。藩士の死体の横たわる菩提ヶ原にたどりついた市の前に、死闘のあともなまなましい王の凄惨な姿が現われた。市は王の無事を喜んだものの、誤解のとけない王は、市に血だらけの剣を向けて闘いを挑んできた。語りかけることのできない目と話しかけても通じない言葉が、非情な剣の対決に二人を陥しいれた。勝負は一瞬のうちに決まり、王の体は静かに崩れ落ちていった。


南原宏治                勝新太郎、伊東四朗、三波伸介、戸塚睦夫

題名:新座頭市 破れ!唐人剣
監督:安田公義
製作:勝新太郎
原作:子母沢寛
脚本:安田公義、山田隆之
撮影:牧浦地志
照明:美間博
録音:大谷巖
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
擬斗:楠木栄一
編集:谷口登司夫
音楽:富田勲
現像:東洋現像所
製作補佐:西岡弘善
製作主任:眞田正典
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、王羽(ジミー・ウォング)、浜木綿子、南原宏治、寺田路恵、安部徹、花澤徳衛、てんぷくトリオ(三波伸介、伊東四朗、戸塚睦夫)、佐々木孝丸、山本一郎、森章二、大前均、橋本力、香川雅人、汪玲
1970年日本・香港・勝プロダクション+ゴールデン・ハーベスト/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
新座頭市 破れ!唐人剣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎                            王羽

王羽、勝新太郎                                                新座頭市 破れ!唐人剣

映画「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」


川地民夫、菅原文太                    浜木綿子

今回は山下耕作監督1973年製作「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第5作になる。同時上映は「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」であった。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


渡瀬恒彦                         ひし美ゆり子

【ストリー】
刑務所を釈放されたばかりの、まむしのゴロ政(菅原文太)は弟分の不死身の勝次(川地民夫)と神戸へ繰り込んだ。ところがバー“ユキコ”のママ、倉石優子(浜木綿子)にひと目惚れし、優子の4歳になる娘を、名古屋で水上生活を送るおばあちゃんのたか(三益愛子)が、預ったまま返してくれないと聞いた政と勝は名古屋へと向かった。名古屋へ着いた二人は、早速、暴力バーやインチキソープランドに引っかかり、大暴れしたものの、痛めつけられ放り出された。その二人を助けてくれたのが、たかだった。翌日、政と勝次は先日の暴力バーのマスター真吉(渡瀬恒彦)がたかの息子だと知る。そして、その真吉に芝江組が狙いをつけ、ショバ代を捲き上げようと責めたてていた。そんなある日、神戸から優子自らユキコ(鎌田知佐)を引きとりに来たが、たかは、赤ん坊を捨ててとび出した女には可愛いい孫を渡せぬ、と頑強に拒否。思いあまった優子はユキコの父親、芝江組々長の多三郎(小松方正)に会うが、冷たく突っぱねられ、挙句の果てに、組員たちに凌辱されてしまった。ぼろ布のようになって帰って来た優子を見たたかは「私が悪かった」と詫びるのだった。怒った政と勝次は、持ち前のしつこさで、何度も何度も芝江組に殴り込むうちに政が警察に掴ってしまった。一方、芝江組の脅迫を受けて、優子、ユキコ、たか、真吉らは神戸へ逃げ出そうとしたが、追って来た子分に真吉が殺されてしまった。やがて、出所した政と勝次は、盗んだパトカーで芝江の邸宅へ突っ込み、奪った猟銃や拳銃で大暴れ、真吉の仇を討つのだった。


三益愛子                     曽根晴美、渡瀬恒彦

小松方正                              川地民夫、菅原文太、女屋実和子、三島ゆり子、浜木綿子

題名:まむしの兄弟 刑務所暮し四年半
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、武久芳三
原案:斯波道男
脚本:野上龍雄
撮影:山岸長樹
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:上野隆三
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
進行主任:植田正直
助監督:俵坂昭康
演技事務:西秋節生
スチール:諸角義雄
出演:菅原文太、川地民夫、渡瀬恒彦、三益愛子、浜木綿子、三島ゆり子、女屋実和子、ひし美ゆり子、遠藤辰雄、小松方正、南利明、曽根晴美、大泉滉、鎌田知佐
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
まむしの兄弟 刑務所暮し四年半 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡瀬恒彦、ひし美ゆり子               菅原文太、菅原文太

映画「ゴー!ゴー!若大将」


「ゴー!ゴー!若大将」星由里子

加山雄三                                  星由里子

今回は岩内克己監督1967年製作「ゴー!ゴー!若大将」をピックアップする。
若大将シリーズ第11弾の本作は、若大将がラリー競技に参戦する。
ラリーシーンは鈴鹿サーキット、京都、琵琶湖、飛騨、高山など中部関西地方でロケーションされ名古屋工業大学の自動車部がエキストラで参加し、全面協力した日産自動車からも新車5台が参加したそうだ。


田中邦衛                               浜木綿子

【ストリー】
京南大学陸上競技部のホープ雄一(加山雄三)は、町内会の夜まわりにかり出され、その晩起こった小さな事件からガソリンスタンドに勤める澄子(星由里子)を知った。彼女の可れんさに雄一はすっかり心を奪われてしまった。澄子の方も、大学祭で歌い踊る雄一に、次第に惹かれていった。ある日、自動車部の江口が全日本学生ラリーに出場するはずの石山(田中邦衛)の事故の代りとして、雄一に出場を頼んできた。雄一は早速スタート地点である京都に向った。そんな雄一を祇園の芸者京奴(浜木綿子)が、何かと世話をやき、応援に来ていた澄子の嫉妬心をかきたてるのだった。間もなく、ラリーが始まった。澄子たちの声援を背に、雄一はスタートし、快調に車を進めたが、途中、雄一の車はダンプの悪質な妨害を受けてしまった。そのため、雄一は5位に終ってしまった。東京に帰った雄一は、京奴との誤解をとくため澄子を招待したが、雄一の父久太郎(有島一郎)は、ちょうど家に訪ねてきた京奴を雄一の恋人と勘違いしてしまい、大袈裟に歓待し澄子を玄関払いするという、失敗をやってしまった。正月の琵琶湖一周駅伝をひかえた雄一はすっかりヤケを起してしまった。一方、雄一との恋に破れた澄子は、親切にしてくれる石山との結婚を考えてはみるが、雄一が忘れられず、京奴を訪ねて、真相を尋ねてみた。京奴は澄子に、雄一が愛しているのは澄子だと言い、澄子を励ましてくれた。澄子は、ちょうど駅伝に出場している雄一のもとに駆けつけた。雄一はライバルの西北大に大差をつけられ、苦戦しているところだった。そこへ、誤解をといた澄子が、晴ればれとした声で雄一に声援を送った。勇躍した雄一はたちまち、ライバルとの差をつめ、ゴール寸前のデッド・ヒートで、ついに西北大を破ってゴールにとび込んでいった。


有島一郎                              飯田蝶子

題名:ゴー!ゴー!若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄
脚本:田波靖男
撮影:斎藤孝雄
照明:下村一夫
録音:鴛海晄次
美術:松山崇
振付:岡正躬
編集:小川信夫
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「幻のアマリリア」
現像:東洋現像所
製作担当:根津博、鈴木政雄
監督助手:小川信夫
スチール:池上恭介
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、浜木綿子、有島一郎、飯田蝶子、江原達怡、中真千子、曽我廼家五郎八
1967年日本・東宝+宝塚映画/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
ゴー!ゴー!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ゴー!ゴー!若大将」星由里子

星由里子、田中邦衛                       加山雄三

1 2