映画「非行少女」

非行少女非行少女
和泉雅子                        浜田光夫

今回は浦山桐郎監督1963年製作「非行少女」をピックアップする。
本作は、森山啓氏の原作を映画化しヒットした作品だが、主演の和泉雅子さんが、監督のシゴキ演出に耐え切れず、「ウラ公(浦山監督)を殺して、オレも死ぬ」と、思いつめた伝説の作品でもあり和泉雅子さんが輝いている作品である。内容は石川県の内灘を舞台に、母の死と父の姦通など、絶望的な環境の中で、身も心も荒みきった15歳の少女の非行と立ち直りを描いている。ロケは石川県金沢市、加賀平野、河北潟などで行われたそうだ。

非行少女非行少女
和泉雅子、浜村純                高原駿雄、沢村貞子、和泉雅子

【ストリー】
15歳の若枝(和泉雅子)はうす汚ないバーで酔客と酒を飲み、ヤケクソのように女給のハイヒールをかっぱらってとび出した。東京で仕事に失敗して帰って来た21歳の三郎(浜田光夫)は、職安通いの空虚な毎日を送っていた。暗く陰うつな北陸の空、金沢の映画館の前で幼ななじみの二人は再会した。三郎はうらぶれた彼女に、なけなしの金からスカートを買ってやった。喜んだ若枝は、のんだくれの父親長吉(浜村純)と、いやな継母のいる家をとび出したわけを話した。若枝をこれ以上堕落させまいと決心した三郎は、翌日から少しずつおくれた勉強を教えてやった。若枝の心にやすらぎがよみがえり、三郎はうれし泣きする彼女の涙をそっとすすってやるのだった…。

非行少女非行少女
今井和子、高原駿雄                    小沢昭一

題名:非行少女
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:森山啓 「三郎と若枝」
脚本:石堂淑朗、浦山桐郎
撮影:高村倉太郎
照明:熊谷秀夫
美術:中村公彦
録音:神保小四郎
擬斗:三杉健
記録:中川初子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:大木崇史
方言指導:佐々木守(脚本家)
スチール:式田高一
出演:和泉雅子、浜田光夫、香月美奈子、杉山俊夫、高原駿雄、浜村純、小池朝雄、加原武門、河上信夫、高田敏江、佐々木すみ江、佐藤オリエ、小林昭二、野呂圭介、藤岡重慶、鈴木瑞穂、北林谷栄、小林トシ子、沢村貞子、小夜福子、小沢昭一
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ114分35mmフィルム

非行少女非行少女
和泉雅子、浜田光夫

映画「座頭市の歌が聞える」

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       小川真由美

今回は田中徳三監督1966年製作「座頭市の歌が聞える」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第13作目になる。第一作より満を持しての再登場となる天知茂さんとの対決を見ることができる本作は、タイトルとは裏腹に座頭市自身は歌を歌わないが、道中で出会う座頭市と同じ、目が不自由な琵琶法師が、市にあれこれ禅問答のようなことを言う場面が際立つ作品である。

座頭市シリーズ

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
天知茂                         佐藤慶

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は高崎で殺気を漂わせた浪人黒部玄八郎(天知茂)とすれ違った。市はその日、宿外れでやくざに襲われた為吉(堀北幸夫)を救ったが、すでに深手を負っていて、市に財布を託すと言切れた。市は盲目の琵琶法師(浜村純)と道連れになった。一の宮は祭礼なのに門前の店はほとんど閉じていた。おかん婆さん(吉川満子)の茶店に入った市は、おかんが為吉の母だと知った。市は為吉の息子太一(町田政則)に財布を渡した。町の人は板鼻権造(佐藤慶)一家の暴力に悩んでいた。権造一家は市にいやがらせをした。市はやむを得ず居合の妙技を見せた。太一はそんな市に憧れた。市は宿場女郎のお蝶(小川真由美)にあんまを頼まれた。二人は心の触れあうのを感じた。弥平爺さん(水原浩一)の上洲屋で、市は再び法師に会った。法師は太一がやくざに憧れるのは市のせいだと批判した。構造一家が押しかけてきた時、市は抵抗しなかった。だが、一家が上洲屋の娘お露(小村雪子)をさらおうとするのに怒って居合で斬った。それを太一は見ていた。お蝶の亭主は黒部玄八郎だった。玄八郎はお蝶を身受けするため、権造に五十両で市を斬ると約束した。一家は上洲屋に乱入し、おかんを人質にした。市は仕込杖を捨てた。しかし、一家は弥平を斬り、市をも斬ろうとした。市は太一の助けで仕込杖を手に入れた。だが権造の作戦で八方から太鼓が乱打され、市は聴覚を封じられた。市は法師が、修業とは死ぬことだといった言葉を想い出した。市の心の眼は澄みきった。そして必死に斬りまくり、最後に玄八郎と対決した。一瞬の後、玄八郎は倒れた。市は権造が町の人から無理にとった金を取返し、お蝶の身受けの金も取った。そして隙をみて斬り込んだ権造を斬った。法師は太一に、本当に偉い人はやくざでないと教えた。市はお蝶の家に五十両を届けて去った。お蝶が市の後を追いかけようと外に出た。その時すでに、市は朝焼けの道に消えていた。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎、浜村純                   座頭市の歌が聞える

題名:座頭市の歌が聞える
監督:田中徳三
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:高岩肇
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
制作主任:村井昭彦
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、天知茂、小川真由美、佐藤慶、浜村純、東三千、吉川満子、小村雪子、水原浩一、伊達三郎、堀北幸夫、町田政則
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市の歌が聞える -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       座頭市の歌が聞える

映画「妖怪百物語」


藤巻潤                      吉田義夫、高田美和

今回は安田公義監督1968年製作「妖怪百物語」をピックアップする。
当時妖怪ブームを巻き起こした作品で、油すまし、ろくろ首、ぬらりひょんなど日本古来の妖怪たちが勢揃いするが、全く怖くない内容だったが、光学合成(オプチカル)処理はレベルが高い。


坪内ミキ子、高田美和                 ルーキー新一

【ストリー】
豪商利右衛門(神田隆)は豊前守(五味龍太郎)や町内の権力者を招き、百物語という怪談の会を催した。これは、怪談がひとつ終るごとに灯をひとつずつ消していくもので、最後の灯が消えたとき妖怪が出ると言われている。そのため、終りには、必ず、つきもの落しのおまじないをすることになっていた。利右衛門は寺社奉行の豊前守と結託して、貸した金のかたに下町の甚兵衛(花布辰男)の長屋を取り壊し、岡場所をつくろうとしていたのだが長屋の人たちの反対にあっていた。そこでこの会を催したのだが、百物語が終っても利右衛門はおまじないもせず、来客に小判の包みを土産にして帰した。異変はすぐに起った。来客はその帰途、“おいてけ堀”の不気味な声におどされ小判はすべて堀の中に吸い込まれていったのだ。一方、忍び込んでいた長屋の浪人安太郎(藤巻潤)は話の終る前に、小判の包みを持ち出して甚兵衛に渡していた。甚兵衛はその金で借金を返したが、利右衛門は甚兵衛を重助に殺させて証文を奮ってしまった。一方、甚兵衛の娘おきく(高田美和)は、好色な豊前守の餌食になりかけていたところを、安太郎に救われた。しかし、長屋は、作業員たちによって取り壊されようとしていた。その時、様々な妖怪が作業員の目にうつり、彼らはおびえて逃げ出してしまった。その知らせに、利右衛門と重助(吉田義夫)は現場に急いだが、甚兵衛を殺した場所から巨大な“大首”が現われ、この妖怪に翻弄されて、二人はお互に相手を刺して死んでしまった。ちょうどその頃、豊前守の家にも妖怪が現われていた。狂ったように妖怪を斬ろうとする豊前守を見ていた安太郎は、寺社奉行の不正の証拠書類をつきつけたが、絶望した豊前守は自害して果てた。安太郎は幕府の目付役だったのだ。


妖怪百物語

題名:妖怪百物語
監督:安田公義
企画:八尋大和
脚本:吉田哲郎
撮影:竹村康和、田中省三
照明:伊藤貞一、美間博
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信、加藤茂
造型:八木正夫、エキスプロダクション
線画:ピー・プロダクション
技斗:楠本栄一
特技監督:黒田義之
特撮:森田富士郎
編集:菅沼完二
音楽:渡辺宙明
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:太田昭和
スチール:小山田輝男
出演:藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子、平泉征、ルーキー新一、林家正蔵、吉田義夫、浜村純、神田隆、五味龍太郎、花布辰男
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
妖怪百物語 -DVD販売-
妖怪百物語[DMMレンタル]


妖怪百物語                  坪内ミキ子、藤巻潤、高田美和

1 2 3 7