映画「悪名一代」


勝新太郎                        田宮二郎

今回は安田公義監督1967年製作「悪名一代」をピックアップする。
本作は、勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。素手で相手を倒す事をモットーとする朝吉が、遂にドスを使ってしまったという”悪名シリーズ”の異色作になる。

悪名シリーズ


長門勇                              森光子


森光子、上田吉二郎、勝山まゆみ              浜田ゆう子

【ストリー】
行先も定めずふらりと山陰線の汽車に乗った朝吉(勝新太郎)は、渡り仲居のお澄(森光子)に初恋の男と間違われた。朝吉は人の善いお澄に勧められるままに、彼女の勤める旅館に泊った。ところがそこには、近くアメリカから帰国する伯母から三億円の遺産を相続することになっているという蔦江(浜田ゆう子)が軟禁されていた。見張りは女高校生環(勝山まゆみ)で、彼女の父はかつて朝吉に悪事をあばかれた沖縄の源八(上田吉二郎)だった。源八は朝吉に、3億円に目をつけた二代目シルクハット(長門勇)が蔦江を無理に妾にしたので助け出したのだと語ったが、朝吉は蔦江を奪って、シルクハットの家へ乗り込んだ。意外にも、そこには清次(田宮二郎)がシルクハットの妹お美津(坪内ミキ子)を女房にして住んでいた。朝吉はシルクハットを詰問したが、とても一筋縄でいく男ではなく、様子を見るため、当分の間居候することにした。一方、1年前、刃物を使って親分の朝吉に怒鳴られ、姿を消した清次は、朝吉の怒りを解こうと懸命だった。その頃、源八は3億を山分けすることにして新興やくざのお十夜一家にこの話を持ち込んだ。やがて、盆踊りの太鼓が鳴り出した日、蔦江の伯母お菊(本間文子)が帰ってきた。蔦江を押さえているシルクハット、お菊を抱き込もうする源八とお十夜一家。小さな町にやくざの策略と陰謀が入乱れた。その有様を静観していた朝吉だったが、清次がだまし討ちにあって重傷を負い、しかもお美津までが斬り殺されるに及んで立ち上った。お十夜一家に、乗り込み、初めてドスを手にして暴れ回った。その朝吉にお十夜(小池朝雄)は倒され、助け出されたお菊は蔦江と涙ながらの対面をするのだった。一方、シルクハットは妹のお美津の死にショックを受け、3億円を諦めた。朝吉はこうしてすべてが終った後、ひとり自首するために出ていくのだった。


坪内ミキ子                      勝新太郎

題名:悪名一代
監督:安田公義
企画:奥田久司
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:加藤茂
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村井昭彦
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、田宮二郎、森光子、長門勇、浜田ゆう子、坪内ミキ子、勝山まゆみ、上田吉二郎、小池朝雄、本間文子、早川雄三、北城寿太郎、毛利郁子
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
悪名一代 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山陰本線C57蒸機

映画「悪名太鼓」

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1964年製作「悪名太鼓」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第9作になる。
前作「悪名一番」に続いて出張篇となる本作は、清次が九州の狼王会に太鼓を貸出し、その貸し賃で、八尾の祭りを盛り上げようという事から始まる。ところが、九州から清次が死んだとの電報が届く。驚いた朝吉は九州に駆け付けるが、葬儀に行ってみると死んだのは別人。ここから密輸絡みの物語が展開するという内容だ。ゲストに歌手の田端義夫さんが出演している。

悪名シリーズ

悪名太鼓悪名太鼓
朝丘雪路                     浜田ゆう子、勝新太郎

【ストリー】
河内の夏祭りの資金を手に入れるため、清次(田宮二郎)が朝吉(勝新太郎)の大事にしていた太鼓を売ったことに気づいたのは、清次が太鼓と共に九州の狼王会のもとに出発した直後だった。すぐ後を追った朝吉がトラックの上で清次ととっ組みあいをする内に、狼王会の若者の匕首が、太鼓の皮を破ってしまった。そのうえ、朝吉はトラックから落ちて、太鼓はとうとう九州へ運ばれた。憤懣やるかたない朝吉のもとへ、「セイジコロサレタ」の電報が届くや、胸のうちは、逆上して、朝吉は関門トンネルを越えた。花輪に囲まれた清次の告別式。だが、祭壇の写真は、清次とは別人の顔。朝吉の名前を聞くなり、姿を消した喪服に真珠をつけた女。奇妙な雰囲気の葬式に、一きわ大きな花輪は、清次が太鼓を貸した相手“狼王会菊沢”の名前であった。死んだ清次という男の女房宏子(朝丘雪路)から、朝吉は、宏子の夫は密入国人で、菊沢(見明凡太朗)から清次の戸籍を買うと、香港ルートの密輸グループに誘われたが、断わったために殺されたと聞かされた。一方、清次は、太鼓の胴に5億円の密輸品をつめて、関西ルートに流すと聞かされて驚愕したものの、戸籍を失った今、菊沢の言う通り動くより仕方がなく、宏子を連れ出す手助けをする中に、朝吉と出逢った。宏子の息子で養護施設にいるタカシを、誘拐しようとした菊沢は、朝吉の出現で失敗した。朝吉は、菊沢の影の女で、告別式に居た真珠の女、紅杏子(浜田ゆう子)から、菊沢の片棒をかつぐよう誘われたが、断わった。一方、菊沢に朝吉を狙うよう命令された清次は、拳銃で殺したかのように見せかけると、朝吉を海に逃がした。丁度香港のボスを迎えて、菊沢がはる宴会の席上にかけつけた朝吉と清次の奮闘で5億円の札束は無事保護され、悪党は一人残らず逮捕された。数日後、朝吉の叩く太鼓の音が、晴ればれと響いていった。

悪名太鼓悪名太鼓
芦屋雁之助、芦屋小雁                 若松和子

題名:悪名太鼓
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:藤本義一
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:川口隆
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:大洲斉
スチール:三浦康寛
出演:新太郎、田宮二郎、朝丘雪路、若松和子、浜田ゆう子、芦屋雁之助、芦屋小雁、田端義夫、島田竜三、杉田康、見明凡太朗
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
悪名太鼓 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎                      田端義夫
悪名太鼓悪名太鼓
勝新太郎、田宮二郎                  悪名太鼓

映画「新・悪名」



勝新太郎                                                                田宮二郎

今回は森一生監督1962年製作「新・悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第3作になる。東映とは違うティストの任侠映画は、生まれ故郷の河内を追われた着流しヤクザ八尾の朝吉(勝新太郎)と、その弟分でハンチング帽にスカジャン、話の節々に英語を挟みインテリぶるチンピラの清次(田宮二郎)とが、彼らの放浪先、出所先で暗躍するヤクザ、偽善者、権力者を成敗する。

悪名シリーズ


万里昌代                                                      勝新太郎、浜田ゆう子

中村玉緒

【ストリー】
復員してきた朝吉(勝新太郎)は一変した日本の姿に呆然となった。河内では彼は戦死したことになっていて、女房のお絹(中村玉緒)は再婚していた。がっかりの朝吉は、死んだモートルの貞の女房お照(藤原礼子)を訪ねた。お照は大阪の闇市で大福餅を売っていた。自分の身代りとなった貞を思って朝吉は四国に貞の生家を訪れ、うらぶれはてた老母ふく(武智豊子)を伴って家へ帰って来た。貞に代って孝行しようというのである。或る夜、村で朝吉の歓迎宴が開かれた。それに参加した月枝(浜田ゆう子)は進駐軍に暴行され姿を消した。月枝は朝吉の幼友達弥吉の妹で、弥吉は戦死していた。朝吉は月枝を探しに大阪へおふくを伴って出かけた。月枝は釜ケ崎でパンパンになっていた。その元締は、清次(田宮二郎)という男で、情婦お雪(万里昌代)が采配を振っていた。この清次は死んだ貞の弟であったが、そのガメツさかげんに朝吉も手を焼いた。朝吉はしかたなく、昔のヤクザ気質をまるだしに月枝を清次の手から取り返した。月枝は忽ち朝吉に惚れてしまった。清次は外国人のボス金子(沢村宗之助)から、闇市の土地の権利を買いとろうと金を貯めていた。だが、金子は大淀組の勝(須賀不二男)と組んで闇市を乗っ取ろうとしていて、清次のことなど眼中になかった。勝と金子はヤクザを使って闇市の強制立退きを図りはじめた。だまされたと知った清次は、二連銃をもって殴り込むが逆に監禁されてしまった。これを知った朝吉は大淀組へ単身のりこんだ。手榴弾をとり出す朝吉をみて、勝と金子はあおくなった。話はついた。闇市は保障され清次は朝吉によって救い出された。清次は朝吉の乾分となったが、それは貞そっくりの姿だった。


勝新太郎、藤原礼子                                     武智豊子、勝新太郎、藤原礼子

新・悪名                                                      浜田ゆう子、勝新太郎

題名:新・悪名
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:岡本健一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:林米松
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:井上昭
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、中村玉緒、万里昌代、浜田ゆう子、藤原礼子、須賀不二男、沢村宗之助、武智豊子、小松みどり
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
新・悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「新・悪名」スタジオ撮影現場(列車)

「新・悪名」オープンセット撮影現場

「新・悪名」ロケ撮影現場

森一生監督

1 2