映画「赤い蕾と白い花」


吉永小百合

吉永小百合                     浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作「赤い蕾と白い花」をピックアップする。
本作は、石坂洋次郎氏の原作「寒い朝」を映画化したもので、1959年に松竹製作で「若い素顔(監督:大庭秀雄/主演:桑野みゆき)」に続いて2度目の映画化となるが、高峰三枝子さんが、同じ岩淵真知子役で演じている。本作のロケは、東京都大田区田園調布、羽田空港、世田谷区二子玉川などで行っている。


高峰三枝子                     金子信雄

【ストリー】
三輪重夫(浜田光夫)と岩淵とみ子(吉永小百合)は高校三年仲の良いクラスメイトである。重夫は小さい時に母親を亡くし、とみ子は父親を亡くして母親に育てられた。似たような境遇が、二人を一層親密にさせた。彼等には片親の子にあり勝ちな暗い影はみじんもなかった。或る日、とみ子の母親真知子(高峰三枝子)が風邪をひいて寝こんだ。とみ子は三輪医院に電話した。それから毎日、重夫の父貞一(金子信雄)が真知子の診察に来た。重夫ととみ子は、父と母がそれぞれ仲良くつきあっていけるようにいろいろと気を使った。そんな頃、とみ子の祖母おかね(北林谷栄)が上京して来た。真知子は貞一と語らっておかねを羽田空港へ連れてゆき、遊覧飛行機に乗せた。その時、真知子が捻挫したため、貞一が彼女を抱いているところを、真知子が校長をしているドレス・センターの生徒達が写真に撮った。その写真は家に送られて来た。ちょうど、重夫ととみ子が試験勉強をしている時だったので、とみ子はその写真をみた。スカートから白い足を露わに貞一に抱かれている写真なのでとみ子は、「汚らしいわ!」と言うと泣き出した。とみ子は親たちへのレジスタンスのために家出を決意した。重夫も不承不承同意した。重夫は、とみ子一人に家出させるのは危険と思ったのだ。真知子は二人の書き置きをみて仰天した。真知子は早速貞一の家にかけつけた。ちょうど、そこに旅館“柳家”のお内儀(武智豊子)から電話がかかってきた。お内儀が三輪医院の患者で、偶然重夫の顔を見知っていたのであった。貞一と真知子がかつけると、二人は一室で寝ていた。部屋の隅と隅にフトンが敷かれ、真中には机が置かれてあった。安心した貞一と真知子も“柳家”で一泊することにした。翌朝、重夫、とみ子の二人は旅館に近い堤防で自然に抱きあうのだった。


武智豊子                       北林谷栄

金子信雄                       左卜全

題名:赤い蕾と白い花
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎「寒い朝」
脚本:池田一朗
撮影:岩佐一泉
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
美術:佐谷三平
記録:新関良子
編集:鈴木暁
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:二反田実
助監督:白鳥信一
色彩計測:小栗準之助
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、高峰三枝子、金子信雄、北林谷栄、左卜全、武智豊子
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
赤い蕾と白い花 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰三枝子、金子信雄              吉永小百合、浜田光夫

映画「愛と死をみつめて」


吉永小百合                       浜田光夫

今回は斎藤武市監督1964年製作「愛と死をみつめて」をピックアップする。
本作は1963年に出版された河野実さんと大島みち子さんの書簡集が原作の映画化になる。事実に基づいて脚色された作品であるだけに、当時相当の話題になったのを幼心に記憶する。ロケーション撮影は、大阪市、大阪駅、中之島公園、通天閣、京都市、京都御所、御所の築地塀、実景のみを長野県信州駒ケ岳頂上付近で行われたそうだ。


内藤武敏                        笠智衆

【ストリー】
高野誠(浜田光夫)が小島道子(吉永小百合)に会ったのは、誠が浪人中、阪大病院に入院したときであった。知的な美しい瞳と、清純な顔は、その日から誠の心の中に好感をもってむかえられた。一見健康そうにみえた道子は、誠が東京の大学に入って二年目に再会したときも、病院生活を送っていた。二人の文通は続けられた。入院生活を続ける道子の不安は、誠の手紙によって力づけられていた。高校をどうにか卒業した道子は、希望の大学に入学したが、軟骨肉腫の再発で四度目の入院をした。アルバイトで大阪に来た誠は、病院を訪れては、信州の山々の美しさや、野球の話に楽しい時間を過した。道子も、不安を抱きながらも、強いて明朗にふるまっていた。9月になって、誠は東京に帰ったが、道子は主治医のすすめで、大学を退学すると本格的な、闘病生活に入った。日本には、まだデータのない不治の病と聞かされた道子は、誠に別れの手紙を出すと、淋しく、病室に横たわった。手紙を受け取った誠は、病院にかけつけるとくじける道子の気持を責めた。道子も誠の誠実な愛情に号泣するのだった。一方主治医(内藤武敏)は、道子の生命を守るために、道子の顔半分がつぶれるという、大手術が必要だと言った。話を聞いた道子の動揺は激しかった。だが誠の愛情の大きさに、ついに道子は決意をきめて、手術を受けた。元気になって社会奉仕をしたい、道子の願いは、病床の中で強く燃えあがった。大手術のあと、容態は順調であった。道子の顔は左半分、白いガーゼで覆われたが、日増しに明るくなっていった。だがある日、道子は健康な右半分に、骨が出て来たのに気づき、愕然とした。再び、手術台の上で道子は21歳の誕生日を迎えた。手術半ば、道子はこの世を去った。道子の日記帳には誠との楽しい生活を夢みた、数々の青春の悲しみと喜びが記してあった。


ミヤコ蝶々、笠置シヅ子                宇野重吉

題名:愛と死をみつめて
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:大島みち子、河野実
脚本:八木保太郎
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎 主題歌:吉永小百合「愛と死のテーマ」
製作主任:櫻井宏信
助監督:鍛冶昇
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、浜田光夫、北林谷栄、内藤武敏、笠置シヅ子、初井言栄、ミヤコ蝶々、宇野重吉、笠智衆、原恵子、河上信夫、滝沢修、山田禅二、杉山元
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
愛と死をみつめて -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浜田光夫、吉永小百合              吉永小百合、浜田光夫

映画「君は恋人」

君は恋人
「君は恋人」太田雅子(梶芽衣子)、浜田光夫
君は恋人君は恋人
浜田光夫                        和泉雅子

今回は斎藤武市監督1967年製作「君は恋人」をピックアップする。
本作は、1966年7月に名古屋で暴漢に襲われ目を負傷した浜田光夫さんが、奇跡のカムバックを果たした再起第1作になる。
友情出演に当時の日活専属俳優総動員の他、GSブームで人気絶頂だったザ・スパイダースと歌謡界のヒット歌手が参加している。内容は、全快した浜田光夫さんが東京調布の日活撮影所に戻り、本作の映画撮影を再開するところから始まる。シナリオライターが渡哲也さん、映画監督が石原裕次郎さんという顔ぶれだ。虚実入り混じった劇中劇だが、豪華俳優陣が一堂に会するのは壮観だ。

君は恋人君は恋人
林家こん平、山内賢                     清川虹子、浜田光夫
君は恋人君は恋人
和泉雅子、ジャニーズ                  蕃ユミ

【ストリー】
浜田光夫は1年4ケ月ぶりに、「君は恋人」の主役でカメラの前に立った。石崎監督(石原裕次郎)や、スタッフの人たちは温かく彼を迎えてくれた。撮影も半ばを過ぎたある日、浜田は仲の良いスパイダースと会い、クライマックス・シーンの筋を話すと、スパイダースは話が暗い、と反対、みんなで脚本家の赤井(渡哲也)の所に押しかけ、「なおせ、なおせ」と夜通しコーラス攻勢をかけ、とうとう台本を書直させてしまった。その物語とは……工員の光夫は貧乏暮しを嫌い、母のさち(清川虹子)にも相談せず、やくざの仲間に入った。彼の夢は、宍戸組の幹部になり、どこにいるか分らない初恋の百合(吉永小百合)と一緒になることなのである。そんな光夫を、とんかつ屋の雅子(和泉雅子)が温かく見守っていた。ある日、宍戸組の仇敵の深江組親分(深江章喜)が出所することになり、宍戸組の大幹部の大野(戸田皓久)は、光夫に深江暗殺を命じた。出世の機会と勇んだ光夫だったが、ドタン場で尻込み、大野が深江を殺した。ともかくも事を達成した光夫は組の中堅に出世したが、さちや雅子は心を痛めていた。折りも折り、宍戸組の暴力に抗し立ち上がった流しの仲間の指導者で7人組のひとり井上(克美しげる)を、光夫は命令で刺した。だがそのため、光夫は用済みの存在となり、仲間に狙われ始めた。この時、初めて、光夫はやくざの卑劣さに気づき、目を覚ましたのだった。井上を見舞った光夫は彼が、快方に向っていると知って安心し、昔の工員仲間を連れ出して、宍戸組に殴り込みをかけ、大野たちに思うさま鉄拳制裁を加えたのだった。一方、光夫を不起訴にすると決めた井上は、彼の更生のためにレコード・ディレクターの須藤(小林旭)と葉川(葉山良二)に頼み、歌手としてデビューさせることになった。間もなく、立ち直った光夫は、百合が結婚していると知ってがっかりしたが、雅子の愛に包まれて、新しい道を歩き出して行った。

君は恋人君は恋人
石原裕次郎                        渡哲也 
君は恋人君は恋人
克美しげる、小林旭                   吉永小百合
君は恋人君は恋人
川地民夫、松原智恵子                  浅丘ルリ子
君は恋人君は恋人
芦川いづみ                         山本陽子
君は恋人君は恋人
宍戸錠                          和田浩治
君は恋人君は恋人
葉山良二                      二谷英明
君は恋人君は恋人
岡田眞澄                      舟木一夫
君は恋人君は恋人
田辺昭知とザ・スパイダース、浜田光夫(中央)   井上順、堺正章(ザ・スパイダース)
君は恋人君は恋人
荒木一郎                       黛ジュン
君は恋人君は恋人
坂本九、浜田光夫                  君は恋人

題名:君は恋人
監督:斎藤武市
企画:水の江滝子
脚本:若井基成
撮影:山崎善弘
照明:大西美津男
録音:高橋三郎
美術:坂口武玄
擬斗:高瀬将敏
振付:浦辺日佐夫
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:中村八大、小野寺孝輔 主題歌:浜田光夫「君は恋人」「旅に出るなら」
挿入歌:舟木一夫「愛につつまれて」ジャニーズ「いつか何処かで」克美しげる「さすらい」「愛すればこそ君に」
荒木一郎「君に捧げん」「いとしのマックス」ザ・スパイダース「アヒルの行進」「バン・バン」黛 ジュン「恋のハレルヤ」
現像:東洋現像所
製作担当:長谷川朝次郎
助監督:樋口頴一
色彩計測:畠中照夫
スチール:荻野昇
出演:浜田光夫、和泉雅子、克美しげる、林家こん平、山内賢、戸田皓久、近藤宏、南寿美子、蕃ユミ、清川虹子、深江章喜、戸田皓久
友情出演:舟木一夫、田辺昭知とザ・スパイダース、荒木一郎、ジャニーズ、吉永小百合、宍戸錠、黛ジュン、殿岡ハツエ、スタジオNo1ダンサーズ、岡田眞澄、中村八大、坂本九、石原裕次郎、小林旭、浅丘ルリ子、芦川いづみ、高橋英樹、渡哲也、松原智恵子、山本陽子、和田浩治、川地民夫、二谷英明、葉山良二、太田雅子(梶芽衣子)
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
君は恋人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

君は恋人
「君は恋人」和泉雅子
君は恋人
「君は恋人」吉永小百合
君は恋人
「君は恋人」川地民夫、松原智恵子

君は恋人
「君は恋人」林家こん平、浜田光夫

新宿歌舞伎町のシーンで、右上に「嵐を呼ぶプロファイター(WHY GO ON KILLIGE?)」という映画看板がある。
これは1967年9月16日に公開されたアンソニー・ステファンが主演するマカロニ・ウエスタンである事から、撮影はそれ以降に行われた様だ。世界的ヒット作「夕陽のガンマン(FOR A FEW DOLLARS MORE)」は、1967年1月に日本で劇場公開された。父に連れられ観た強烈な記憶がある。残念ながら当時の映画興行収入は、低迷する邦画よりマカロニ・ウエスタンの方が圧倒的に勝っていたと記憶する。


アンソニー・ステファン         嵐を呼ぶプロファイター(WHY GO ON KILLIGE?)

1 2 3 5