映画「暴力金脈」

暴力金脈暴力金脈
梅宮辰夫、松方弘樹                  松方弘樹、小沢栄太郎

今回は中島貞夫監督1975年製作「暴力金脈」をピックアップする。
本作は”東映実録路線”過渡期の異色作で、現代やくざの変種といえる総会屋の生態を描いており、初めての松方弘樹さん主演作品である。

暴力金脈暴力金脈
丹波哲郎                        梅宮辰夫、田中邦衛

【ストリー】
早朝5時、大阪通天閣を朝日が射す頃、総会屋の端くれである中江宏(松方弘樹)は、大平重工の総務部へ出かけ整理券を貰う。会社の始る9時から整理券の順番にそって総務部に出向き、手当を貰う。宏は、そういう付き合いの中から“貰いつづけて30年”〃と自称する古い万才屋・乃木万太郎(小沢栄太郎)と知り合い、総会屋の手ほどきを受ける。総会屋だけでは食えない宏は、合間に三味線とハンバーグの材料にする猫捕りを手伝っていたが、その縁で暴力団・寺岡組の若い衆で、宏とは同郷の奥田寛次(梅宮辰夫)と親しくなる。大物総会屋への野望に燃える宏、日本一の組長をめざす奥田の二人は連係を約する。奥田の腕力と、乃木の協力を得た中江は、関西で実力一の総会屋・神野(田中邦衛)と対決し、浪花相互銀行を事件にし、その熾烈な戦いで乃木は死んだ。やがて、頭取の不正融資をネタに3,000万円脅し取った宏は、東京に進出した。八方破れな行動力に目をつけた綜合商社・東商物産副社長の長尾(大滝秀治)は、買収に失敗し続けている東亜制作所の攻撃を宏に依頼した。長尾の後には曽宮社長(若山富三郎)に対する反社長派の常務・三浦(嵯峨善兵)の画策があった。しかし、東亜制作所についている総会屋は、その名も知られた西島一光(丹波哲郎)だった。彼は暴力団・綿志会を背景に敢然たる勢力を持っていた。西島には綿志会が、中江のバックには奥田が寺岡組を率いて上京し、それぞれ眠みをきかせた。曽宮の愛人関係を調べていた中江は、クラブのママ、上原アヤ(池玲子)の存在を知った。アヤには父は無く、たった一人の母も死に、曽宮の世話を受けながら、彼の異常な性欲のハケロになっていた。宏はそんなアヤを抱いた。そしてアヤを調査しているうちに彼女は曽宮の実の子である事を知った。そしてアヤは証拠物件である母親の日記を宏に渡して自殺した。総会前夜、宏は曽宮に会い、アヤの死と、彼女が実の娘であった事を告げた。そして総会。宏の工作は西島に敵わなかった。だが、曽宮は一身上の都合を理由に社長を退陣した。闘いは終った。しかし東亜制作所はビクともせず厳然と残る。新たな野望に燃える宏は会場を後に力強く歩き出した。

暴力金脈暴力金脈
若山富三郎、池玲子                  絵沢萠子
暴力金脈暴力金脈
若山富三郎                     松方弘樹、室田日出男

題名:暴力金脈
監督:中島貞夫
企画:日下部五朗、佐藤雅夫
脚本:野上龍雄、笠原和夫
撮影:増田敏雄
照明:北口光三郎
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:吉岡茂一
装飾:西村和比古
背景:松原邦四郎
美粧:長友初生
結髪:白鳥里子
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
現像:東映化学
進行主任:上田正直
監督補佐:清水彰
助監督:藤原敏之
演技事務:森本英次
スチール:中山健司
出演:松方弘樹、梅宮辰夫、池玲子、小沢栄太郎、田中邦衛、若山富三郎、丹波哲郎、山城新伍、大滝秀治、伊吹吾郎、絵沢萠子、室田日出男、川谷拓三、森田めぐみ、橘麻紀、浜田寅彦、嵯峨善兵、片桐竜次、汐路章、志賀勝
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
暴力金脈 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暴力金脈暴力金脈
池玲子                         松方弘樹

映画「必殺仕掛人」


田宮二郎                      高橋幸治、田宮二郎、山村聰

今回は渡邊祐介監督1973年製作「必殺仕掛人」をピックアップする。
本作は、1972年9月から1973年4月まで朝日放送と松竹京都撮影所で制作された人気テレビ映画(16mm)「必殺仕掛人(全33話)」を映画化したものだ。藤枝梅安役は、テレビ版の緒形拳さんから田宮二郎さんが映画第1作で演じている。その後1973年に映画版「必殺仕掛人 梅安蟻地獄」1974年「必殺仕掛人 春雪仕掛針」で再び藤枝梅安役を緒形拳さんが演じている。


川地民夫、野際陽子                    森次晃嗣

【ストリー】
鍼医者・藤枝梅安(田宮二郎)は、仕掛人の元締・音羽屋半右衛門(山村聡)から前金二十五両と引換えに日本橋蝋燭問屋・辻屋文吉の後添いお照(川崎あかね)を殺した。お照は、盗っ人稼業駿府の音蔵の娘で、音蔵が乾分の徳次郎(浜田寅彦)に殺された後は、孫八(川地民夫)と組んで悪事を重ねていた。その上、老い先短い文吉(穂積隆信)をたぶらかして後妻に入り込み辻屋の身代を狙っていた。文吉がお照の仕掛を依頼したのもそのためであった。翌日、梅安は血の匂いを消すため、今では梅安の助っ人となっている徳次郎を連れて甲州へ旅立った。二人の後を、梅安のお照殺しを目撃していた孫八が尾けていた。その夜、徳次郎は裏切者として孫八に殺された。仕掛人西村左内(高橋幸治)は研師を稼業としていたが、その喧嘩さばきを買われて、八丁堀同心峯山又十郎(室田日出男)から町方同心になることをすすめられていた。ただし、与力、組頭への手土産として三十両が必要だという。だが、それは又十郎の地位利用のユスリタカリだった。街はずれの私娼宿の女将・お吉(野際陽子)は、上野界隈を縄張りとする香具師・三の松の平十(河村憲一郎)の妾だが、今では平十の乾分になっている孫八とも深い仲であった。やがて、病弱な平十は、度々難癖つけてユスっていた又十郎の殺しを音羽屋に依頼して息を引き取った。平十の弟分・聖天の大五郎(三津田健)もあらためて又十郎殺しと、そしてお吉の仕掛を依頼した。音羽屋は、又十郎を左内に、お吉の仕掛を梅安に命じた。左内の大刀が一閃した。又十郎は愛妾の絶叫を聞きながら死んでいった。一方、梅安は、お吉と孫八が情欲の後、熟睡している時を狙って殺した。平十の遺児・為吉(森次晃嗣)は、お吉、孫八、又十郎と邪魔者が亡くなって平十の縄張りを継いだ。ところが、大五郎はかねてからの計画通りに、為吉を殺し、縄張りを手中にした。だが、大五郎に利用されたと知った音羽屋は、大五郎を許さなかった。音羽屋の白扇の柄からスッと抜かれた細い刃が一閃した……。数日後、音羽屋、梅安、左内が酒を交わしていた。そして、梅安が淋しそうに言った。「あのお吉の目が、おふくろの目にそっくりだったんですよ……。」


野際陽子                                                                  浜田寅彦

題名:必殺仕掛人
監督:渡邊祐介
製作:織田明
原作:池波正太郎
脚本:安倍徹郎、渡邊祐介
撮影:小杉正雄
照明:佐久間丈彦
録音:中村寛
調音:小尾幸魚
美術:森田郷平、佐藤之俊
装置:小島勝男
装飾:宗田八郎
衣裳:松竹衣装
かつら:八木かつら店
刺青:北島一男
擬斗:湯浅謙太郎
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創 主題曲「荒野の果てに」
現像:東映化学
製作主任:峰順一
製作進行:柴田忠
助監督:白木慶二
スチール:長谷川宗平
出演:田宮二郎、高橋幸治、山村聰、野際陽子、川地民夫、津坂匡章(秋野太作)、森次晃嗣、浜田寅彦、三津田健、室田日出男、谷村昌彦、穂積隆信、川崎あかね
1973年日本・松竹京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
必殺仕掛人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高橋幸治、室田日出                   必殺仕掛人

映画「化石の森」

化石の森
化石の森
化石の森化石の森
萩原健一                       二宮さよ子

今回は篠田正浩監督1973年製作「化石の森」をピックアップする。
本作は、石原慎太郎氏の同名小説を映画化したものだが、篠田正浩監督の演出が冴え、岡崎宏三氏の撮影が人物の心のうごめき、欲望を映し出した傑作だ。また二宮さよ子さんのデビュー作であり、文学座で師事していた杉村春子さんと師弟競演しているのが興味深いし、芝居に見応えがある。

化石の森化石の森
杉村春子

【ストリー】
緋本治夫(萩原健一)25歳。大都会のある大学病院で病理学を専攻しているインターンである。病院では、塩見菊江(八木昌子)の一人息子、和彦(亀田秀紀)の脳手術を、宮地教授(浜田寅彦)が行おうとしていた。治夫は、この医学の権威を背負っているような尊大な宮地に対して憤りを覚えていた。ある日、治夫は高校で同級だった井沢英子(二宮さよ子)と再会した。英子は都心の地下街にある高級理髪店でマニキュア・ガールをしている。治夫はその店のマスターが英子と関係があるのを感じ、英子をマスターから奪う決心をした。夜、二人は酒を飲み、英子のアパートで抱きあった。治夫は、英子の成熟しきった肉体に陶酔し、昂まりゆく行為の中で、眠っていた獣性が目覚めてきた……。一方、治夫の母・多津子(杉村春子)は郊外のモテルで働いていた。彼女は長年にわたる放浪のすえ、長男である治夫との生活を願っていた。しかし、治夫は七年前、多津子の姦通の現場を見て以来、親子の縁は切ったつもりだった。マスターを殺したい程憎んでいる、と言う英子に治夫は「憎い奴は殺すまで憎め」と言い放つ。やがて、英子は治夫の言う通り、毒薬をマスターの瓜にしみ込ませ殺してしまった。二人は完全犯罪に酔った。だが、その陶酔が去った後、二人の間に亀裂ができはじめた。英子が女房気取りになり始めたのである。治夫は英子から逃れるように、子供のことから親しくなった菊江(八木昌子)に接近していった。だが、嫉妬した菊江の夫・雄二(日下武史)は英子に、全てをバラしてしまった。治夫が自分から離れたことを知った英子は、多津子にマスター殺しを打ち明けた。さらに、警察にも知らせようとした。多津子は、そんな英子に優しくふるまいながら、英子を毒殺した。そして、多津子は治夫に、英子を殺したと告げた。なぜ? と問いかける治夫に、多津子は、これで自分も息子と同罪になれた、と答えるのだった……。

化石の森化石の森
二宮さよ子                    八木昌子

題名:化石の森
監督:篠田正浩
製作:貝山知弘
原作:石原慎太郎
脚本:山田信夫
撮影:岡崎宏三
照明:榊原庸介
録音:西崎英雄
美術:粟津潔
編集:山地早智子
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
助監督:奥村正彦
スチール:中尾孝
出演:萩原健一、二宮さよ子、杉村春子、八木昌子、岩下志麻、田中明夫、日下武史、岸田森、浜田寅彦、亀田秀紀
1973年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー117分35mmフィルム
化石の森 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

化石の森化石の森

1 2