映画「海潮音」

海潮音海潮音
池部良                         荻野目慶子
海潮音海潮音
山口果林                        泉谷しげる

今回は橋浦方人監督1980年製作「海潮音」をピックアップする。
本作は北陸の海沿いの町のとある旧家を舞台に、行き倒れて記憶を失った女をめぐる大人たちの葛藤を、思春期の少女の視線で描いたATG作品だ。撮影は「砂の女(監督:勅使河原宏/1963年)」「軍旗はためく下に(監督:深作欣二/1971年)」の瀬川浩氏が担当され、照明は「羅生門(監督:黒澤明 撮影:宮川一夫/1951年)」「雨月物語(監督:溝口健二 撮影:宮川一夫/1953年)」「雁の寺(監督:川島雄三 撮影:村井博/1962年)」などを担当された岡本健一氏、美術は「陽炎座(監督:鈴木清順/1981年)」「帝都物語(監督:実相寺昭雄/1988年)」などを担当され、私がコダイでお世話になった池谷仙克氏である。スタッフ、キャストは実力派の布陣である。

海潮音海潮音
浦辺粂子、荻野目慶子                 烏丸せつこ

【ストリー】
北陸の海沿いのある町。実業家で町の実力者でもある旧家、宇島家の主人、理一郎(池部良)は、ある朝、海辺でずぶ濡れになって倒れている記憶を失った女(山口果林)を助けた。このひとりの不思議な女を迎え、宇島家の人々の心は様々に揺れる。一人娘の伊代(荻野目慶子)も少女らしいとまどいと興味を抱いた。女手ひとつでこの家を守ってきた祖母の図世(浦辺粂子)は、息子の嫁を早く失ったこともあり、女を家に置こうとする理一郎に異議を唱えず彼女を看病する。理一郎は次第に女に魅せられていき、伊代は幼い頃の母の記憶に胸を痛めながら、大人たちの成り行きを見守る。ある日、理一郎の亡妻の弟、伊代の叔父にあたる征夫(泉谷しげる)が都会の生活を捨てて、この町に帰ってきた。征夫は理一郎に仕事の世話をしてもらっていたが女を家にとじこめる理一郎に批判的で、やがて二人は対立する。征夫は姉と理一郎の結婚に深い傷痕を残していたのだ。だが、征夫は家を守る男の自信と尊厳のある理一郎にかなうはずもなく、思いを寄せるさちこ(烏丸せつこ)と別れ、ひとり町を去っていく。しばらくして、女に記憶が蘇った。心中したが、男(吉澤健)だけ死に、自分は生き残ってしまった。理一郎の望み通り、この家に留るには辛すぎる記憶。だが、理一郎の女に対する感情は極まっていた。謎の女の出現で、大人たちの未知なる世界に直面した伊代は、幼い体に宿る激しい感受性ゆえに、父や女に殺意も覚えるのだった。

海潮音海潮音
近藤宏、上月左知子                 ひし美ゆり子

題名:海潮音
監督:橋浦方人
企画:多賀祥介
製作:佐々木史朗
脚本:橋浦方人
撮影:瀬川浩
照明:岡本健一
録音:本田孜
音効:福島幸雄 МA:東京テレビセンター
美術:池谷仙克
美粧:小堺なな、古川典子
記録:宮瀬淳子
編集:荒井真琴 ネガ編集:菅野洋子
音楽:深町純
撮影機材:ナック
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所 合成:デン・フィルムエフェクト
プロデューサー:佐々木啓
製作担当:熊田雅彦
製作進行:須藤穣、増田信示
助監督:矢野広成
監督助手:榎戸耕史、平山陽之
応援撮影:山田達郎
撮影助手:石倉隆二、永田鉄男、近藤稔
応援助手:下平元己、吉田真二、塩谷真
照明助手:前田基男、淡路俊之、西池彰、石井和男、吉村泰三、吉田幸充
録音助手:高樹勝義
美術助手:細石照美、矢野穀
方言指導:若杜奏身、冨地扶喜子
車両:鈴木文人
脚本協力:福間健二
ロケ協力:門前町(石川県)、穴水町、門前町黒島町旧角海家住宅
スチール:野上哲夫、竹内健二
出演:池部良、荻野目慶子、山口果林、泉谷しげる、上月左知子、烏丸せつこ、浦辺粂子、近藤宏、ひし美ゆり子、吉澤健、野上祐二、弓恵子、早川雄三、木村元、亜湖
1980年日本・シネマハウト+ATG/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
海潮音 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

海潮音海潮音
池部良、山口果林                    吉澤健
海潮音海潮音
泉谷しげる、荻野目慶子                荻野目慶子

映画「しなの川」


由美かおる                           岡田裕介

今回は野村芳太郎監督1973年製作「しなの川」をピックアップする。
由美かおるさんの瑞々しいヌードは話題になった本作は、昭和初期の信濃川を舞台に、名家の娘の波乱に満ちた愛の遍歴と彼女に思いを寄せる丁稚青年の心情を綴った内容だ。


仲雅美、由美かおる                    仲谷昇

【ストリー】
昭和3年、信濃川上流の山間集落に小作人の倅として育った朝田竜吉(仲雅美)は、十日町の高野家に丁稚奉公することになった。17歳の時だった。気苦労の多い丁稚生活の中で、竜吉の安らぎは、高野家の一人娘で女学校3年の雪絵(由美かおる)の美しい存在だった。ある日、雪絵は母(岩崎加根子)が13年前、番頭と駆落ちしたということを知った。問いつめても黙っている父(仲谷昇)に業を煮やした雪絵は、衝動的に竜吉を土蔵に引き入れ激しいキスを交わした。番頭の辰之助(山本豊三)の進言で、雪絵は長岡の女学校に転校することになった。雪絵は出発前に自分のすべてを竜吉に与えようとして二人は土蔵に入った、が、一足先に土蔵に入った竜吉は、中で雪絵の父と辰之助が男同志で抱き合っている姿を見た。雪絵が入ろうとするのを止めた竜吉は、雪絵には口が裂けても、このことは言うまいと誓うのだった。昭和5年、転校した雪絵は、情熱的な左翼シンパの国語教師・沖島雄介(岡田裕介)に急速に接近した。校長に呼び出された父は、雪絵を十日町へ連れ帰った。沖島は、結婚を申し込みに十日町まで来たが、父は即座に拒否した。沖島と雪絵は駆落ちした。その二人の姿を遠くで見ていた竜吉は、雪絵との思い出の写真を信濃川に捨てた。沖島と雪絵は刑事に捕わり、沖島は父のいる伊豆へ、雪絵は十日町へと強引に帰らせられた。途中、再び逃げた雪絵は伊豆へ行った。激情の中で抱き合う二人、雪絵は処女を捧げた。しかし、雪絵は何故か、沖島から離れて行く自分を感じていた。何事もなかったかのように十日町に帰って来た雪絵は、高野家が金融恐慌のため莫大な借金を背負っていることを知った。夏祭りの夜、雪絵と竜吉は再会した。「死にたい」雪絵が呟いた。「お嬢さんが死ぬなら私も死にます……」雪絵の頬に涙が流れ、二人は信濃川に身を投げた。が、幸か不幸か助けられた……。雪絵の青春は終りかけていた。塩沢の大きな買いつぎ店に政略結婚同様に嫁いだ。彼女の花嫁行列を、じっと見送る一人の青年がいた。単身満州へ渡ろうとする旅姿の竜吉だった。


岩崎加根子                          由美かおる、岡田裕介

題名:しなの川
監督:野村芳太郎
企画:西野皓三
製作:樋口清
原作:岡崎英夫、上村一夫
脚本:ジェームス三木、野村芳太郎
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:川添膳治
装飾:印南昇
衣装:松竹衣装
衣装考証:柳生悦子
編集:太田和夫
音楽:富田勲 主題歌:由美かおる「しなの川」
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
製作進行:柴田忠
助監督:大江英夫
スチール:長谷川宗平
出演:由美かおる、仲雅美、岡田裕介、仲谷昇、岩崎加根子、加藤嘉、財津一郎、穂積隆信、山本豊三、浦辺粂子、進千賀子、佐々木孝丸
1973年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
しなの川 -あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


由美かおる                              しなの川

映画「あに・いもうと」


京マチ子                      久我美子

今回は成瀬巳喜男監督1953年製作「あに・いもうと」をピックアップする。
本作は、成瀬監督が大映で撮った2作品(本作と「稲妻」)で当時、映画監督を志していた女優の田中絹代さんが監督見習いとして参加し、成瀬監督から映画作法、演出術を学んでいたそうだ。

【追記。訃報】
女優の京マチ子(本名・矢野元子=やの・もとこ)さんが、2019年5月12日に心不全のため都内の病院で亡くなったと、14日、東宝が発表した。享年95。京さんの生前の遺志により、この日、石井ふく子さん(92)ら数名の友人の立ち会いのもと、密葬が営まれた。石井さんによると、数年前、京さんがハワイへ赴き、自ら手配したお墓に入るという。京さんは49年に映画会社の大映に入社し、女優デビュー。映画「羅生門(1950年)」「雨月物語(1953年)」など数々の名作に出演した。遺作は2006年の舞台「女たちの忠臣蔵(石井ふく子演出)」。
スポーツ報知5/14(火) 17:25配信


森雅之、久我美子

【ストリー】
昔は川師の親方として名を売った赤座(山本礼三郎)も、堤防の工事を県にとられて以来落ち目である。それに娘のもん(京マチ子)が奉公先で学生の小畑(船越英二)と関係し、妊娠して家に戻って来たので、近頃特に機嫌が悪い。末娘のさん(久我美子)は姉の送金で看護婦の学校へ行っており、うどん屋の養子鯛一(堀雄二)と一緒になりたい気持があるが、もんの不始末が知れた以上望みはない。兄の伊之吉(森雅之)はもんを可愛がっていただげに余計腹が立ち、身重のもんへ悪態を浴びせ、居たたまれなくなったもんは居所も知らさず家を出て行く。或る日、小畑がお詑びに訪ねて来たが、伊之吉はその帰り途小畑を殴ってしまった。鯛一は他の女との縁組を迫られ、さんと駈け落ちしようと決心するが、さんは二人が勇気さえ持っていれば駈け落ちまでしなくてもとたしなめて学校へ帰ってゆく。--それから暫く赤座の家は、もんもさんも戻って来ず淋しげだった。翌年のお盆、久し振り二人が帰って来た。鯛一は結婚してうどん屋の若主人に納っており、さんも今はその話をひとごとに聞ける様になっていた。伊之吉はもんの顔を見ると相変らず悪態をつき、小畑を殴ったことまで言ってしまう。もんは今ではいかがわしい暮しで毎日を送っている女であり、伊之吉の悪態をも聞き流していたが、小畑が殴られたと聞いては黙っていられなかった。別に今更小畑とどうのこうのと考えはしないが。--翌日、もんとさんは又家を後にする。兄妹喧嘩はしてもやはり二人は家が懐しかった。


山本禮三郎、浦辺粂子                  船越英二

題名:あに・いもうと
監督:成瀬巳喜男
企画:三浦信夫
原作:室生犀星
脚本:水木洋子
撮影:峰重義
照明:安藤真之助
録音:西井憲一
音効:花岡勝次郎
美術:仲美喜雄
装置:小宮清
装飾:尾上芳夫
小道具:永川勇吉
衣裳:堀口照孝
結髪:篠崎卯女賀
記録:堀本日出
編集:鈴木東陽
音楽:齋藤一郎
製作主任:西沢康正
助監督:西條文喜
撮影助手:中尾利太郎
製作進行:坂根慶一
監督見習い:田中絹代
スチール:椎名勇
出演:京マチ子、久我美子、森雅之、山本禮三郎、浦辺粂子、船越英二、潮万太郎、堀雄二、宮島健一、本間文子、高品格
1953年日本・大映/スタンダードサイズ・モノクロ86分35mmフィルム
あに・いもうと -DVD-
2019年7月現在、DVDレンタルはありません。


浦辺粂子、森雅之

京マチ子

1 2 3 4