映画「続・悪名」

続・悪名
「続・悪名」田宮二郎、勝新太郎
続・悪名続・悪名
勝新太郎                        中村玉緒

今回は田中徳三監督1961年製作「続・悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第2作は、前作「悪名」からの続編であるが、弟分モートルの貞(田宮二郎)は死んでしまい朝吉(勝新太郎)は招集され戦地に行って終わる内容は、シリーズ化を想定しないようである。尚、夫婦役を演じた勝新太郎さんと中村玉緒さんは、翌年の春に結婚の運びになった。

悪名シリーズ

続・悪名続・悪名
田宮二郎、勝新太郎                 水谷良重、勝新太郎

【ストリー】
満州事変の頃、やくざの世界から何くわぬ顔で故郷の河内に帰った朝吉(勝新太郎)は、女房お絹(中村玉緒)と百姓仕事を始めたが、ある日、弟分モートルの貞(田宮二郎)の時ならぬ訪問で忽ち化けの皮がはげ、これ幸いと大阪へ逆戻り。今は見るかげもない吉岡親分(山茶花究)を見舞った朝吉と貞は、そこの居候で貞の弟分河太郎(南都雄二)を預かった。河太郎と女房チェリー(長谷川季子)が難波新地の親分沖縄の源八(上田吉二郎)に欺されたいきさつを聞くと、朝吉は単身源八の家へ乗り込み、スゴ味をきかして勘定をとり立てた。彼はまた、吉岡を窮地に陥しいれた松島の長五郎(山路義人)の非道に憤激、貞となぐり込みをかけて長五郎を半殺しの目にあわせた。これを機会に足を洗うつもりの朝吉だが、彼の度胸に惚れ込んだ松島一家の元締(中村鴈治郎)から、長五郎の縄張りと子分衆を押しつけられようとは!その夜酔って帰った貞は自分の子を宿したお照と間違えて、チェリーを抱いたため大騒動。一方、朝吉はやくざの親分になったことや昔の女琴糸(水谷良重)の写真のことやらで、お絹にとっちめられた。売り出しの朝吉に喧嘩状を突きつけたのが、沖縄の源八だ。その結果は意外にも、源八の縄張りと子分まで、朝吉が引き受ける羽目になった。そんな朝吉の許へお絹が琴糸をつれて現れた。琴糸は東京で男に捨てられ、因島のイト(浪花千栄子)親分の家へ帰りたがっている。朝吉と貞は琴糸を因島へ送ってやった。大阪へ帰った朝吉は、チェリーの足ぬきのことから新興やくざ新世界のカポネ一家と対立したが、松島の元締は、利用価値のうすれた朝吉に見切りをつけ、助ッ人を断った。朝吉が自分の一家だけで闘おうと、悲壮な決意を固めた折も折、召集令状が届いた。出発の前夜、朝吉は貞にやくざの世界の醜さを説き、子分たちにも正業につかせるよう訓した。やがて父になる貞を犬死させたくないからだが、数日後、貞はチンピラに刺されて死んだ。戦争とは国と国の縄張り争いみたいなものである。朝吉は「こうゴツイ出入りではムシケラ同然や」と自嘲しながら、果てしない暗黒のぬかるみ道を行軍するのだった。

続・悪名続・悪名
藤原礼子、田宮二郎                    勝新太郎、田宮二郎、藤原礼子、中村玉緒、長谷川季子

題名:続・悪名
監督:田中徳三
企画:鈴木晰成
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:土井茂
衣裳考証:上野芳生
色彩技術:田中省三 (色彩計測)
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、中村玉緒、水谷良重、中村鴈治郎、長谷川季子、藤原礼子、浪花千栄子、浦路洋子、山茶花究、南都雄二、須賀不二男、上田吉二郎、山路義人、小松みどり
1961年日本・大映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
続・悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・悪名続・悪名
浪花千栄子、勝新太郎                  中村鴈治郎
続・悪名続・悪名
上田吉二郎                   長谷川季子、南都雄二、田宮二郎
続・悪名
「続・悪名」撮影風景
続・悪名続・悪名
撮影:宮川一夫氏 監督:田中徳三氏       「続・悪名」撮影風景

映画「蜘蛛巣城」


三船敏郎                         山田五十鈴

今回は黒澤明監督1956年製作「蜘蛛巣城」をピックアップする。
シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた内容の本作は、製作日数・製作費共に破格のスケールで作られ、1957年1月15日に劇場公開された。富士山の2合目・太郎坊の火山灰地に、蜘蛛巣城の巨大なセットを建設し、城の内側は東宝撮影所近くの農場にオープンセットを組み、室内は所内でスタジオ撮影をしたそうだ。


三船敏郎、千秋実                     志村喬

【ストリー】
戦国時代、難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城内では城主都築国春(佐々木孝丸)を中に軍師小田倉則保(志村喬)ら諸将が北の館藤巻の謀叛に遭い籠城の覚悟を決めていた。その時、使者が駆込み、一の砦の鷲津武時(三船敏郎)と二の砦の三木義明(千秋実)が敵を破ったと報じた。主家の危急を救った武時と義明は主君に召され蜘蛛巣城に帰るべく城の前にある蜘蛛手の森に入った。ところが道に迷い雷鳴の中を森を抜け出そうと進むうち二人は一軒の小屋を見つけた。小屋の中から老婆(浪花千栄子)が現れた。驚く二人に老婆は「武時は北の館の主に、やがて蜘蛛巣城の城主になり、義明は一の砦の大将に、また義明の子はやがて蜘蛛巣城の城主になる」と不思議な予言をした。その夜、武時は北の館の主に、義明は一の砦の大将に任ぜられた。武時の妻浅茅(山田五十鈴)は冷い女。義明が森の予言を国春に洩らしたら一大事と、夫に国春を殺し城主になれと唆かす。悪魔のような囁きに武時は動揺するが、遂に国春を刺し蜘蛛巣城の城主となる。子のない武時は、予言に従いやがて義明の子義照を世継ぎにしようと考えた。ところが栄華の欲望にとりつかれた浅茅に反対され更に彼女が懐妊を告げて再び唆かすと武時は義明を討った。主君と親友を殺した武時は良心の呵責に半狂乱となり城中にも不安が漲った。大嵐の夜、浅茅は死産し重態に陥った。と、その時、一の砦から使者が来て、武時の手を逃れた国春の一子国丸(太刀川洋一)を奉じて小田倉則保と義明の子義照(久保明)が大将となって城に押寄せたと告げた。凶報相次ぐ蜘蛛巣城内の部将たちは戦意も喪失したが武時は、ふと森の老婆を思い出し武運を占わせようと蜘蛛手の森に駈け入った。老婆が現われ、「蜘蛛手の森が動き城へ押寄せぬ限り武時は敗れぬ」と再び予言した。狂喜した武時は城に帰った。が将兵は依然不安に戦き浅茅は遂に発狂した。時も時、城内に叫びが起った。蜘蛛手の森が城に押寄せたというのだ。軍兵たちは武時に裏切者の声を浴びせ、恐怖のうち矢を射られ城から転落した。蜘蛛巣城に朝日が輝いた。動く森と見えたのは全軍木の枝で擬装した則保の軍勢であった。


浪花千栄子                        三船敏郎

題名:蜘蛛巣城
監督:黒澤明
製作:黒澤明、本木荘二郎
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」
脚本:小国英雄、橋本忍、菊島隆三、黒澤明
撮影:中井朝一
照明:岸田九一郎
録音:矢野口文雄
音効:三縄一郎
特殊技術:円谷英二、東宝特殊技術部
美術:村木与四郎 美術考証:江崎孝坪
小道具:浜村幸一
衣裳:森太樹
結髪:松本好子
美髪:山田順二郎
記録:野上照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
現像:東宝現像所
製作担当:根津博
チーフ助監督:野長瀬三摩地
監督助手:清水勝弥、田実泰良、金子敏治、佐野健、坂野義光
撮影助手:斎藤孝雄、梁井潤
照明助手:羽田昭三
録音助手:上原正直
美術助手:本多好文
経理担当:橋本活道
スチール:副田正男
流鏑馬指導:金子家教(大日本弓馬会藩士)
出演:三船敏郎、山田五十鈴、志村喬、千秋実、久保明、太刀川洋一、浪花千栄子、佐々木孝丸、上田吉二郎、藤木悠、土屋嘉男、稲葉義男、井上昭文、小池朝雄、木村功、宮口精二、中村伸郎
1956年日本・東宝/スタンダートサイズ・モノクロ110分35mmフィルム
蜘蛛巣城 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三船敏郎                         蜘蛛巣城

映画「古都」



岩下志麻(千重子)                    岩下志麻(苗子)

今回は中村登監督1962年製作「古都」bestをピックアップする。
本作は、川端康成氏の原作を名匠中村登監督が映画化した作品で、岩下志麻さんの卓越した演技、しかも双子の姉妹という難しい二役を見事に演じ分け、観る者の感情移入を誘う名作であるが、撮影と照明が、巨匠成島東一郎氏と佐野武治氏である。前にも書いたが、私の見習い時代に成島東一郎氏のキャビネット・オブ・エヌで、佐野武治氏とは、キャメラマンになってからCF撮影でお世話になった事がある。流石の映像美!50年以上前に撮られているにも係わらず色褪せていない。なお「古都」は1980年に東宝で市川崑監督(主演:山口百恵、三浦友和)、2016年にYuki Saito監督(主演:松雪泰子)でリメイクされている。


吉田輝雄                           早川保、岩下志麻

【ストリー】
京都平安神宮のみごとに咲いたしだれ桜の下で、佐田千重子(岩下志麻)は幼な友達の水木真一(早川保)に突然「あたしは捨子どしたんえ」と言った。呉服問屋の一人娘として何不自由なく育ったが、自分は店の前のべんがら格子の下に捨てられていたのだと……。とはいっても親娘の愛は細やかだった。父の太吉郎(宮口精二)は名人気質の人で、ひとり嵯峨にこもって下絵に凝っていた。西陣の織屋の息子秀男(長門裕之)は秘かに千重子を慕っており、見事な帯を織り上げて太吉郎を驚かした。ある日千重子は、清滝川に沿って奥へ入った北山杉のある村を訪ねた。そして杉の丸太を磨いている女達の中に自分そっくりの顔を見い出した。夏が来た。祇園祭の谷山に賑う四条通を歩いていた千重子は北山杉の娘苗子(岩下志麻)に出会った。娘は「あんた姉さんや」と声をふるわせた。千重子と苗子は双子の姉妹だった。しかし父も母もすでにこの世にはいない、と告げると苗子は身分の違うことを思い雑踏に姿を消した。その苗子を見た秀男が千重子と間違えて、帯を織らせてくれと頼むのだった。一方自分の数奇な運命に沈む千重子は、四条大橋の上で真一に声をかけられ兄の竜助(吉田輝雄)を紹介された。八月の末、千重子は苗子を訪ねた。にわか雨の中で抱きあった二人の身体の中に姉妹の実感がひしひしと迫ってきた。秋が訪れるころ、秀男は千重子に約束した帯を苗子のもとにとどけ、時代祭の日に再会した苗子に結婚を申し込むのだった。しかし、苗子は秀男が自分の中に千重子の面影を求めていることを知っていた。冬のある日、以前から千重子を愛していた竜助が太吉郎を訪ねて求婚し、翌日から経営の思わしくない店を手伝いはじめた。その夜、苗子が泊りに来た。二階に並べた床の中で千重子は言うのだった。「二人はどっちの幻でもあらしまへん、好きやったら結婚おしやす。私も結婚します」と。


宮口精二                                  長門裕之

題名:古都
監督:中村登
製作:桑田良太郎
原作:川端康成
脚本:権藤利英
撮影:成島東一郎
照明:佐野武治
録音:福安賢洋
美術:大角純一
装置:中村良三
装飾:田尻善一
衣装:加藤春江
技髪:坂上章太郎
結髪:木村よし子
編集:相良久
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作進行:内藤誠
助監督:丹羽康二
色彩計測:野村治平
スチール:田中利男
出演:岩下志麻、吉田輝雄、早川保、長門裕之、宮口精二、中村芳子、東野英治郎、浪花千栄子、田中春男、環三千世、柳永二郎、千之赫子
1962年日本・松竹京都太秦撮影所/シネスコサイズ・カラー106分35mmフィルム
古都(1963年) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻、中村芳子                            古都

1962年「古都」撮影風景

1 2 3