映画「血染の代紋」

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、梅宮辰夫          待田京介、曽根晴美、 室田日出男、菅原文太

今回は深作欣二監督1969年製作「血染の代紋」をピックアップする。
1970年1月31日に公開された本作の舞台は横浜、厳しい警察の取り締まりにより資金源を押さえられた暴力集団が、コンビナート拡張にからむ利権をめぐって、新しい抗争を始めようとしていた。その最中、生まれ故郷の横浜に戻ってきた元ボクサーは、幼友達が浜本組の組長となったことを知る。二人は利権抗争の中で、心ならずも敵味方となるが、横浜を食い物にしようとする組織に対し、命を賭けた戦いを開始する――。

血染の代紋血染の代紋
鶴田浩二                       渡辺文雄

【ストリー】
横浜・浜安組の新組長を襲名した郡司健策(菅原文太)は、岩切組組長岩切(内田朝雄)の勧めで、倉庫業への転身を計画した。だが、この計画実行には、アンコ達の住むスラムを壊さなければならなかった。説得に当る郡司の前に幼な友だちで元ボクサーの速水(梅宮辰夫)が立ちふさがった。速水は、混血のジョージ(ケン・サンダース)に自分の夢を託して育てていたが、ジョージの怪我を治す金欲しさから大門組に買収されていた。それに大門(渡辺文雄)もまた倉庫の利権を狙っていたのだ。そんなある日、浜安組の元代貸・黒木(鶴田浩二)が刑期を終えて出所して来た。郡司と黒木の説得で、スラムの住人・大将(長門勇)やドモ竹(砂塚秀夫)も協力を約束し、立退きは軌道に乗りはじめた。一方、大門の妨害も激しさを増し、組員の風間(待田京介)が惨殺された。この間に岩切は大門と組んで倉庫の利権をわがものにしようと企んだ。ある夜、大将とジョージが殺された。大門組のしわざと知る速水は、大門への怒りに燃えたった。またこれが浜安組のしわざと思ったスラムの住民は大門組の煽動にのって暴動を起した。大門と岩切の企みを知った黒木は単身岩切組へ殴り込み、岩切と共に命を絶った。この騒ぎの間に大門はまんまと倉庫の利権を握り、新埠頭での起工式に臨んだ。式が終って会場から出る大門と組員たちの前に郡司と速水が立ちはだかった。郡司の短刀が大門の腹を刺した。が、彼の背中にも無数の白刃が襲った。大門に止めをさした速水も銃弾に倒れた。二人は血に染りながら固く手と手を握った。

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、宮園純子                 ケン・サンダース、梅宮辰夫

題名:血染の代紋
監督:深作欣二
企画:俊藤浩滋、太田浩児
脚本:深作欣二、内藤誠
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:松野太三郎
装飾:米沢一弘
記録:宮本依子
編集:祖田富美夫
擬斗:日尾孝司
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
スチール:田中真紀夫
出演:梅宮辰夫、菅原文太、待田京介、宮園純子、鶴田浩二、長門勇、渡辺文雄、鈴木やすし、曽根晴美、内田朝雄、ケン・サンダース(ジョー・山中)、室田日出男、八名信夫、砂塚秀夫、木川哲也、滝島孝二、北川恵一、日尾孝司、藤山浩二、土山登士幸、南廣、久地明、河合絃司、小松方正(Na)
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
血染の代紋 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

血染の代紋血染の代紋
長門勇                        血染の代紋

映画「新 仁義なき戦い」


菅原文太                        池玲子

今回は深作欣二監督1974年製作「新 仁義なき戦い」をピックアップする。
広島ヤクザの抗争を描いた「仁義なき戦いシリーズ」がヒットしたのに続き、舞台は1950年(昭和25年)秋、呉の山守組組員三好万亀夫は浅田組々長を拳銃で撃ち、殺人未遂で8年間刑務所へ収監され、その後仮出所してからの山守組の内紛劇を描いている。


若山富三郎                      松尾和子

【ストリー】
昭和25年秋、呉・山守組若衆三好万亀夫(菅原文太)は、親分山守義雄(金子信雄)に敵対する土田組々長を襲撃、逮捕され11年の刑を宣告された。三好が刑務所生活を続ける内に、山守組は膨張し、やがて派閥ができた。山守組長をバックアップする坂上元派、山守を凌ぐ勢いの若頭青木尚武派、そして中立を守る難波茂春派である。分の悪い山守は、近く出所予定の三好を自分の陣営に入れるために画策した。昭和34年春、三好が仮出所した。彼を出迎えたのは、彼を慕う若者北見登(渡瀬恒彦)だけだった。数日後、名古屋の料亭で三好の放免祝いが行なわれたが、意外にも山守、青木(若山富三郎)、坂上(田中邦衛)、難波(中谷一郎)等が呉越同舟し、それぞれ三好を自分の陣営に入れるべく働きかけるのだった。数日後、広島最大の海津組に接近し山守に加勢しようとした難波を青木が殺した。そして、青木自身が海津組に接近、対山守の後楯になるよう計った。それから間もなく青木は三好を呉に誘った。これを青木の策謀と見ぬいた三好は、恋人同然の朝鮮人ホステス恵子(池玲子)を、いざという時の弾よけとして連れて呉へ向かった。青木は三好を歓待するが、その裏では子分たちに三好襲撃を命じた。恵子は三好の行動から自分が楯に使われている事を知り、三好を激しく罵ると彼のもとを去った。一方、青木は海津組々長に通じ、しかも自分の意に添う難波組若衆頭野崎満州男と縁組、さらに三好に圧力をかけ、四国・松山に後退させておいて、ついに山守を引退に追いやった。その上、難波組二代目に野崎を押し、これに反対する関勝を襲撃、重傷を負わせた。一方、権謀術策に長ける山守の巻き返しが着々と進行していた。山守は坂上を走らせ、関勝の報復を餌に、三好に青木暗殺を促した。三好は山守の魂胆を見抜くが、ここは己れが殺るか殺られるかの瀬戸際と見て取り、自らの指を詰めて海津にさし出し、青木の後楯を立ち切らせておいて、舎弟の北見及び関の残党に青木襲撃の策をさずけた。昭和34年秋、青木の主催する興行開催の日、多数の警備に囲まれて陣頭指揮する青木めがけて北見たちは突進した。壮絶な死闘が展開され、青木のとどめは、突如現われた繃帯姿の関勝が射った。数日後、山守の家で祝盃があげられ、涙を流して喜ぶ山守は、憮然とする三好に何度も頬ずりして感謝した。「有難と。有難と。わりゃあ、日本一の極道よのう」……。


菅原文太、渡瀬恒彦                若山富三郎、菅原文太

題名:新 仁義なき戦い
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:神波史男、荒井美三雄
撮影:吉田貞次
照明:中山治雄
録音:溝口正義
美術:雨森義允
装置:吉岡茂一
装飾:松原邦四郎
背景:西村和比古
衣装:岩道保
編集:宮本信太郎
記録:田中美佐江
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:上田正道
助監督:藤原敏之
スチール:中山健司
出演:菅原文太、松方弘樹、若山富三郎、渡瀬恒彦、池玲子、中原早苗、松尾和子、金子信雄、中谷一郎、田中邦衛、宍戸錠、内田朝雄、山城新伍、名和宏、安藤昇、室田日出男、八名信夫、志賀勝、川谷拓三
1974年日本・東映/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
新・仁義なき戦い -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「新 仁義なき戦い」松方弘樹             若山富三郎

映画「火宅の人」

火宅の人火宅の人
緒形拳                        原田美枝子
火宅の人火宅の人
いしだあゆみ                     松坂慶子

今回は深作欣二監督1986年製作「火宅の人」をピックアップする。
本作は、檀一雄氏原作の同名小説を映画化したもので、妻と5人の子を持ちながら、新劇女優を愛人にして、通俗小説を量産しながら放浪を続けた自由奔放な作者自身の生き方を曝け出す事によって、倫理や因襲、思惑の中で生きる現代人に、人間とは何ものかと問いかける内容だ。煩悩に身を焦がし、不安の絶えないさまを火災にあった家にたとえて「火宅」という。桂一雄の母親を演じている檀ふみさんは、檀一雄氏の実娘である。

火宅の人
檀ふみ                       緒形拳、真田広之、岡田裕介

【ストリー】
作家、桂一雄(緒形拳)は、最初の妻リツ子に死なれ、後妻としてヨリ子(いしだあゆみ)をもらった。ヨリ子は腹ちがいの一郎(利根川龍二)をはじめ、次郎(一柳信之)、弥太(大熊敏志)、フミ子(米沢由香)、サト子(岡村真美)と5人の子供を育ててきた。1956年夏、一雄は新劇女優、矢島恵子(原田美枝子)と事をおこした。8年前の秋、彼女が知人の紹介状を持って訪ねて来て以来、その率直さに心魅かれていたのだ。恵子はその後、一雄の忙しい時に原稿の清書を手伝ったりしていた。26年に「長恨歌」で直木賞を受けた一雄は、受賞の喜びよりも恵子の嬉しげな笑顔の方が、心に残る。だが、指一本触れたことがなかった。そんな時、一雄の身辺に凶事が重なった。一昨年の夏は、奥秩父で落石に遭い助骨3本を骨折。昨年の夏は、次郎が日本脳炎にかかり、言葉も手足も麻痺してしまう。そして今年の夏。一雄は太宰治の文学碑の除幕式に参列するための青森行に、恵子を誘ってしまった。ヨリ子は次郎の事があってから、怪しげな宗教の力にすがるようになっていた。一雄はある局面に向って走り出した。40年前、一雄の母(檀ふみ)は、神経衰弱の父(石橋蓮司)と幼い妹二人を残して、年下の大学生と駆けおちしたのである。青森から帰った一雄から、全てを打ち明けられたヨリ子は、翌日家出した。一週間すぎても連絡はない。一雄は若々しい恵子との情事のとりこになっていった。ある嵐の夜、ヨリ子は一生、次郎と子供たちのために生きる覚悟を決めたと戻ってきた。入れ替わりに一雄は家を出、浅草の小さなアパートで恵子と新しい生活をはじめる。一郎がそのアパートに空巣に入るという騒ぎ、恵子が某怪人物に溺愛されているとの噂に、嫉妬に狂った一雄が京都公演中におしかける事件などの後、恵子が妊娠した。堕胎を決意した彼女は、一雄に同行を求めるが、彼にはそんな時間の余裕はなかった。その夜、二人は派手な喧嘩をした。逃げるように東京を離れた一雄は、五島列島行の連絡船にとび乗った。彼はそこで、京都で怪我をした時に介抱してくれた女性、葉子(松坂慶子)に再会した。義父(山谷初男)に犯された暗い過去を持つ彼女は、10年ぶりに里帰りしたのだ。葉子は、あてのない一雄の旅の道連れとなったが、クリスマスの夜、求婚されていた華僑への返事を、これ以上のばせないと一人で旅立って行った。東京へ戻り、久々に正月を家族と過ごすことになった一雄のもとに、次郎の死が知らされる。次郎の葬儀の日、恵子から一雄の荷物が届けられた。

火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、松坂慶子
火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                  いしだあゆみ、緒形拳

題名:火宅の人
監督:深作欣二
企画:高岩淡、佐藤雅夫
製作:豊島泉、中山正久
原作:檀一雄
脚本:神波史男、深作欣二
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:佐野義和
装置:稲田源兵衛、井筒恒雄
装飾:渡辺源三、山本重治、大西功
背景:西村三郎
衣裳:森譲、山崎武、古賀博隆
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
ヘアーメイク:福田高広(アートメイクトキ)
衣裳コーディネイト:加藤悦子
擬斗:菅原俊夫
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:井上尭之 音楽プロデューサー:高桑忠男 主題歌:嵯峨美子「火宅の人」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東映化学、イマジカ
進行主任:長岡功
製作進行:天野和人
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
助監督:藤原敏之
監督助手:長岡鉦司、鈴木清
撮影助手:信坂利文、山下弘之、田中勇二、清久素延
照明助手:伊藤昭、沢田敏夫、田畑功、花村浩、佐藤才輔、鹿野克己
美術助手:小林勝美、秋好泰海
録音助手:木村益夫、四方裕幸
編集助手:荒木健夫、小磯真佐美
方言指導:大矢敬典、徳永まゆみ
企画協力:檀太郎
スチール:大木茂
出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子、松坂慶子、檀ふみ、真田広之、岡田裕介、石橋蓮司、蟹江敬三、山谷初男、宮内順子、荒井注、下元勉、井川比佐志、下絛アトム、相馬剛三、利根川龍二、一柳信之、大熊敏志、米沢由香、岡村真美
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー132分35mmフィルム
火宅の人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                 火宅の人

1 2 3 9